ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

脾腫と異型リンパがあり、検査結果でサイトメガロウイルス、EBウイルス、マイコプラズマ肺炎全て陽性でした。
医師からは今回の原因はサイトメガロかなぁと言われました。

サイトメガロとEBウイルスは性病らしいですが、ここ最近身におぼえがありません。

実はキャリアで免疫が下がって再発として陽性反応がでたりするものですか?

飛沫感染の可能性はありますか?


1ヶ月前頃は子供が入院中(母子同伴入院)で同室の子供&母親みんな咳込みが酷かったので飛沫感染なら納得がいきます。

2週間ほぼ毎日徹夜で大泣きする子供をずっと抱っこしてたり、寝れても2時間睡眠だったので免疫は確実に下がってたと思います。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

何という検査でどういう値か判からないと判断できません。

発症何日ぐらいでどんな検査をしたのですか?
どの病気か知りたければ、もう1回検査をすれば、3つのうちどれが今回の感染か判定できます・

この回答への補足

発症は多分4/12頃で病院で採血日は4/28です。

*マイコプラズマPA法 160倍(基準40未満)
*EBウイルス 抗EBNA FA法 11倍(基準10倍未満)
*EBウイルス 抗VCA IgM FA法 11倍(基準10倍未満)
*サイトメガロウイルス IgG判定 (+)
U/mL 23(基準4未満(-))
*IgM判定 (+)
index 1.99(基準0.70未満(-))

と記載されてます。

先生は『これはいろいろ症状でるわけですよ…今回サイトメガロが一番の原因かもしれませんね』と言われました。

症状は38℃以上の熱が9日続き、脾腫は通常の3倍、倦怠感、気管支炎、逆流性食道炎(脾腫による)、胃腸炎(脾腫による)、首リンパの腫れでした。

その他不正出血やめまいなどがありましたがこれは自律神経からによるものでした。

先生からサイトメガロの説明書を頂き、性病となっていたので『へ??』と思い質問させて頂きました。

よろしくお願いします。

補足日時:2013/05/12 10:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEBウイルス抗体とサイトメガロウイルス抗体の両方が陽性です

10月下旬より37℃台の微熱と頭痛、首痛が続いたため、11月初旬に総合病院で血液検査をしたところ、EBウイルスとサイトメガロウイルスの両方の抗体が上がっており(EB抗VCA IgG:ELISA7.5、同IgM:ELISA0.7、EB抗EA IgG:ELISA1.8、EB抗EBNA IgG:ELISA2.6、CMV IgG:EIA7.9、同IgM:EIA9.32)、脾臓が肥大、肝炎もおこしていたため1週間ほど入院しました。11月下旬に再度検査したところ、熱は36℃台に下がりましたがまだ肝臓の数値が悪いといわれました(11月初旬:AST139、ALT177、LDH634→11月下旬AST65、ALT108、LDH276)。現在まだ軽い頭痛がするのですが、、両方のウイルスに感染することもあるのでしょうか?担当医はどちらかの抗体反応に引っ張られているとのことでした。また、このような状況で通勤しても大丈夫なのでしょうか。なお、私は事務系等の仕事が中心です。

Aベストアンサー

昔調べた文献では、ELISAの測定系でも異なりますが一部の測定系ではEBとCMVの抗体検査では交叉反応があるようです。よって、両方に感染したのか、どっちかに引っ張られているのかは不明です。CMVに治療しないといけないような状態(CMV肺炎など)の時は、抗体は測定せず、PCRなどの遺伝子検査やAntigenemiaなどの抗原系の検査を行います。
ただ、この場合はCMVとEBに同時に感染したかどうかは治療に関係ないのでこれ以上調べる意味はないかと思います。ただ、基本的にはHIVの検査は念のため、受ける事をお勧めします。

QサイトメガロウイルスとHIV

先日、サイトメガロウイルスによる急性肝炎を罹患しました。
調べたころ、普通、成人の場合、このウイルスで感染症を起こすことはないと。
その要因として、HIVへの感染が挙げられていました。

サイトメガロウイルス感染症を発症した場合、
HIVにも感染している確率が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

基礎疾患のない若い2人のCMVによる肝障害患者を経験しましたが、二人とも、HIVは陰性でした。とくに肝硬変、腎不全といった免疫不全もなかったです。
この経験からは、めんどくさいから調べないだけで、結構、CMVによる一過性肝炎はあるのかなと思います。でも、やっぱりHIVはチェックしてください。

Q夜になると38度に熱が上がります

2月1日から夜になると38度前後の熱が出ます。
朝は平熱なのですが夜になると上がるのでとても辛いです。
昨日内科に行きインフルエンザのキットで検査をしましたがマイナスでインフルエンザでは無かったです。
1月の下旬から派遣社員で働き始めてから少しストレスがたまり気味になっていますがストレスで38度の熱がでることはあるのでしょうか?
あまり休みすぎると会社側に迷惑がかかるので仕事に行きたいのですが、しばらく休みを取って復帰するのと、休み休みでも仕事に通い続けるのとどちらが良いのかが悩みどころです。
既に3日休んでいます…。

Aベストアンサー

夜になると38度を超える熱が出て朝は下がっている・・・という症状が私と一緒だったので回答を入れさせていただきました。

あくまで参考になさってください。

私も夜になると38度~39度台の熱と腰痛が出て朝は平熱か37度くらいに下がる。
仕事は週2程度のパートでしたが寒気を感じる程度だったので出勤していました。
それを2週間くらい繰り返していましたが、病院には行っており風邪薬を処方されていました。

ただそれがなかなか治らないので途中で尿検査(腎臓の方を疑われたそうです)をしました。

がそれが陰性で今度は血液検査をしました。

その結果が出て来院した時には熱も出なくなった頃だったのですが、先生には肺炎だったかもしれないと言われました。

内科の先生でもただの風邪かどうか簡単には判断できないものもあるのかもしれません。

明日病院に行けるならばもう一度先生に相談してみたらいかがですか?
38度の熱はかなり辛いですよね。いまだ続くとなると、お薬が効いているのかどうかも相談が必要じゃないでしょうか?

職場、派遣会社には正直に話して相談もしてみたらいかがでしょうか?

早く治ると良いですね。お大事になさってくださいね。

夜になると38度を超える熱が出て朝は下がっている・・・という症状が私と一緒だったので回答を入れさせていただきました。

あくまで参考になさってください。

私も夜になると38度~39度台の熱と腰痛が出て朝は平熱か37度くらいに下がる。
仕事は週2程度のパートでしたが寒気を感じる程度だったので出勤していました。
それを2週間くらい繰り返していましたが、病院には行っており風邪薬を処方されていました。

ただそれがなかなか治らないので途中で尿検査(腎臓の方を疑われたそうです)をしました。
...続きを読む

Q一向に症状がよくならない

4日間37℃~38℃6くらいの発熱があり、
その後脾臓と、肝臓肥大。数回嘔吐などの症状があり、
EBウイルス、サイトメガロウイルスに感染していると診断されました。
豚インフルは2度検査しましたが、陰性でした。

今も病院に通っていますが、
数日前より胃痛がひどく、立ってられないくらいです。
上記の症状が出たのは、もう3週間ほど前になります。

体調不良が長く続いているので、
本当に日和見菌であるEBウイルスとサイトメガロウイルス
だけが原因なのでしょうか。

一昨日も病院へ行った際、
さらに脾臓が大きくなっていると言われました。
しかもそれは、仕事が原因であると言われました。

仕事は、調理場で天ぷらを主にあげる仕事をしています。
ほぼ1日ずっと立ちっぱなしで、天ぷらを揚げ続けているので、
それが原因で、胃がむかむかしたり、吐き気をもよおしている
とも言われました。

確かに、熱が下がった後は、体調がばっちりでないにも関わらず、
仕事先で人手が足りず、7連勤など連勤が続き、症状が悪化したとも
考えられますが、本当にそれだけなのでしょうか?

日に日に体調がしんどくなっていくばかりで、
病院を変えるべきか、大きな病院で精密検査をしてもらう必要があるのか気になっています。

病院も既に1回変えて、今の病院に通っているので、
そこそこ安心できるところだとは思いますが、
いまいち望むような返答をくれず、困っています。

また、大きな病院で精密検査を受けるとなると、
紹介状があったほうがいいと聞きますが、
セカンドオピニオンということで、
他の病院へ行くとなると、今の病院に
紹介状を書いてもらうのは難しくなりそうです。

症状が良くならないのが、不安なのと、
もし精密検査をするとなると、
どういう手順で受ければよいのかがわからないので、
もし知っておられる方がいましたら、
アドバイスをください。
よろしくお願いいたします。

乱文失礼でいたしますが、ご了承ください。

4日間37℃~38℃6くらいの発熱があり、
その後脾臓と、肝臓肥大。数回嘔吐などの症状があり、
EBウイルス、サイトメガロウイルスに感染していると診断されました。
豚インフルは2度検査しましたが、陰性でした。

今も病院に通っていますが、
数日前より胃痛がひどく、立ってられないくらいです。
上記の症状が出たのは、もう3週間ほど前になります。

体調不良が長く続いているので、
本当に日和見菌であるEBウイルスとサイトメガロウイルス
だけが原因なのでしょうか。

一昨日も病院へ行った際、
...続きを読む

Aベストアンサー

良くならない病状、とても不安でしょうね。

あくまでアドバイスですが、他の病院で別の医師に改めて診断していただくのも方法のひとつです。ただ、既に1度病院を変えてることや現在の病院に対する迷惑といったことは気にせず、現在の医師にきちんと気持ちを伝えて紹介状を書いていただいたほうが良いと思います。精密検査の場合も同じです。医師は患者がうつむいていても、自分の病状に不安なのか、説明に納得がいっていないのか、なかなか理解できないものです。あなたの不安を医師に伝える過程で、会話の中から自然に不安を解消する答えが導き出されることもあります。最終的に他病院でセカンドオピニオンをもらったとして、再び今の病院にかかっても構いません。医師にとっても会話技術など得るところは大きいです。

脾臓増大の原因が仕事であると言われたとのことですが、ほとんどの病気において、充分な睡眠と休養が治療の基本です。休まず仕事ばかりしていると治るものも治らないといった意味でおっしゃったのではないでしょうか?EBウイルス感染症や、サイトメガロウイルス感染症の治療であればなおさらです。下記の参考サイト(国立感染症研究所)を、ざっとで良いのでお読みになってみてください。

蛇足ですが、再受診する時には、以下のようなことも納得するまで聞いてみることをお勧めします。

(1)どうして日和見菌であるEBウイルスとサイトメガロウイルスが原因と判断したのか
(2)他の病気ではないのか
(3)今の治療法以外にどんな治療法があるのか(無いのか)
(4)脾臓の増大を、どうして仕事のせいだと判断したのか

これらの回答を得てから、必要なら他の病院に移られるのが良いかと思います。

無理をなさらず、お大事になさって下さい。

参考URL:http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_23/k03_23.html,http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_15.html

良くならない病状、とても不安でしょうね。

あくまでアドバイスですが、他の病院で別の医師に改めて診断していただくのも方法のひとつです。ただ、既に1度病院を変えてることや現在の病院に対する迷惑といったことは気にせず、現在の医師にきちんと気持ちを伝えて紹介状を書いていただいたほうが良いと思います。精密検査の場合も同じです。医師は患者がうつむいていても、自分の病状に不安なのか、説明に納得がいっていないのか、なかなか理解できないものです。あなたの不安を医師に伝える過程で、会話の中...続きを読む

QEBウイルスと診断され入院中です。

はじめまして。現在21歳 女性です。

医者にEBウイルスと診断され、地元の病院に入院しています。
9月26日に入院し始めてかれこれ3週間経過してます。

最初、9月の上旬に下腹部の痛みを感じ診察してもらったところ、軽い腸炎だろうと診断され薬をもらって今まで通りに仕事をしていました(仕事は販売で立ち仕事です)。

その何日か後、腸炎がよくなってきたと思っていたら今度は38度ほどの発熱と吐き気に襲われ、腸炎と診断された病院とは違う病院に行ったら、ウイルス性肝炎の可能性があると診断され、その日は点滴をして帰宅し、次の日から入院することになりました。

入院し始めは熱もあり、食欲もなく点滴生活が続いていましたが、吐き気もおさまってきて食欲も少し出てきたかな…と思った矢先、今度は耳の下の首のリンパが顔の輪郭がわからなくなるくらいボコボコと熱を持って腫れてきて、扁桃腺も素人の私が鏡で見てもわかるくらいに腫れ、膿を持っていました。飲み物を飲むのも一苦労でした。
その症状が出たので耳鼻科を受診したところ、EBウイルスの可能性が高いと診断されました。
初めて聞く病名だったのでネットでも色々調べました。感染した原因もなんとなく自分でも見当がつきました。
特効薬はなく、うがいをすることと、よく食べよく眠るくらいしかないといわれずっと病院で安静にしていました。
そのおかげで今は扁桃の腫れもリンパの腫れもなくなり、食欲もありすぎるくらいに回復し、血液検査の肝機能の数値も通常の数値に戻ってきていて、自分ではもう退院してもいいんじゃないか?と感じるほどになっています。

しかし、今日エコー検査をしたところ、肝臓は良くなったけど今度は脾臓が少し腫れているとのことで、退院はもう少し待って、と先生に言われてしまいました。

体調等に何の症状も出ていないし、これは仕事は休むにしても、自宅療養ではダメなのでしょうか…?
入院費も安くはないし親にも負担になってしまうし…
何より、点滴やら病院でしかできないようなことは何もしていなくて食事だけ出してもらってひたすらベッドにいるくらいだったら自宅でも良いのでは?と思ってしまったのですが、やっぱり、入院の必要はまだあるんでしょうか…?
病院を信じられないというわけではないですが、これだけ調子が戻っているのに退院が延び延びになっているのがもどかしくて仕方ありません。

あと、話は戻ってしまいますが、脾臓の腫れはEBウイルスと関係しているのでしょうか?

文章力がないため長くなってしまいすみません(~_~;)
どなたか詳しい方、経験された方などいらっしゃったら、よろしくお願いいたします。

はじめまして。現在21歳 女性です。

医者にEBウイルスと診断され、地元の病院に入院しています。
9月26日に入院し始めてかれこれ3週間経過してます。

最初、9月の上旬に下腹部の痛みを感じ診察してもらったところ、軽い腸炎だろうと診断され薬をもらって今まで通りに仕事をしていました(仕事は販売で立ち仕事です)。

その何日か後、腸炎がよくなってきたと思っていたら今度は38度ほどの発熱と吐き気に襲われ、腸炎と診断された病院とは違う病院に行ったら、ウイルス性肝炎の可能性があると診断され、その日は点...続きを読む

Aベストアンサー

だいたい、EBウイルス感染者の0.1~0.5%に脾臓肥大による脾臓破裂がおこります。よって、EBウイルス感染者で脾臓が大きくなった人の運動制限は必要です。
通常の日常生活での破裂はせいぜいEBウイルス発症から3週後くらいまでとされていますので、非接触のスポーツは、3週をこえたら許可することが多いです。
ただ、ラグビーなどの接触するスポーツは、エコーや触診で確認しながら4週くらいから開始します。

3週経過していて脾臓が大きいだけなら、通常は退院は問題ありません。

Q至急!4歳の子がEBウィルスに感染

2、3日前から目が腫れていて(寝過ぎた後の浮腫の様な感じ)、浮腫はいろいろな病気に繋がる事もあるし念の為今日小児科を受診して来ました。小児科で熱を計ったら37.8あり、尿検査もした結果「おそらくEBウィルスです」と言われました。EBウィルスは成人するまでになると言われ、尿検査の結果も異常無しだったので様子を見ましょうとの事でした。
しかし不安になりネットで調べてみると、肝臓や心臓、慢性性や合併症など沢山出て来てすごく不安になりました…
3、4日経っても熱が下がらない場合はまた受診して下さいと言われましたが、尿検査だけで正しい結果は出るのでしょうか?明日受診し(他の小児科でも)血液検査してもらおうと思っていますが、血液検査は通常しないですか?
医師は丁寧に説明してくれる方ですが…不安です。血液検査をしないのは普通ですか?

Aベストアンサー

携帯では見れないようなので下記にコピーします。
愛媛生協病院のホムページより

伝染性単核症

原  因
EBウイルスの感染による

感染経路
唾液などによる経口感染、母子間の垂直感染です。

潜伏期間
20~30日

症  状
主な症状は、発熱、咽頭痛、頸部リンパ節腫脹などです。その他、全身のだるさ、まぶたのはれ、吐き気、鼻づまり、発疹などがみられます。発熱は数日~数週間続き徐々に下降します。通常、予後良好な急性熱性疾患で、多くは 2~3週間で改善しますが、合併症を伴うこともあります。

治  療
特別な 治療法はありません。
発熱には解熱鎮痛薬を、肝障害が著明な場合には肝庇護薬を用います。細菌による二次感染を合併しない限り抗生剤は必要なく、ことに発疹を誘発するとされるペニシリン系抗生剤は避けるのが望ましいとされています。
急激に腫大した扁桃により呼吸障害が生じたもの、心臓または中枢神経系合併症をきたしたものにはステロイドが適応となります。

合 併 症
神経合併症

ギラン・バレー症候群・顔面神経麻痺・髄膜脳炎・横断性脊髄炎・末梢性脊髄炎・視神経炎・重複視・ Reye症候群・亜急性硬化性全脳炎(?)
肝合併症 肝炎・多発性肉芽腫
心合併症 心筋炎・心膜炎
血液合併症 溶血性貧血・血小板減少症・再生不良性貧血・溶血尿毒症候群・ DIC
脾合併症 脾破裂
気管・肺合併症 肺浸潤・気道閉塞症
腎合併症 腎炎

看  護

●特に肝機能障害がある場合は、軽快するまで安静を保つ工夫をしましょう。
●肝臓と脾臓がはれている場合は、打撲によって臓器の破裂をお こすことがある
  ので、激しい運動は禁止です。
●熱や痛みに対しては、解熱・鎮痛剤の頓用や、気持ち良さそうなら氷枕などを
  利用するのもいいでしょう。着せすぎに注意します。
●食事は、栄養悪化の防止のために高タンパク (白身魚や豆腐など)、高ビタミン、
消化の良い物を与えます。ノドの痛みが強い場合は、酸味の強いもの、刺激物
を避け、軟らかくノド越しのよいものを用意します。

乳幼児期の EBウイルス初感染

日本では、乳幼児期に EBウイルスの初感染を受けることが多く、2~3歳児のEBウイルス抗体保有率は80%前後とされています。特徴がなく、無症状~軽い風邪症状で終わることが多いです。

慢性活動性 EBウイルス感染症

EBウイルスは健常人にも潜伏/持続感染をしていますが、かりに再活性化しても免疫能が正常であれば、通常、臨床症状を示すことはありません。しかし、慢性活動性EBウイルス感染症では、EBウイルスが持続的に感染し、さまざまな症状を呈してきます。

症  状

伝染性単核症もしくは EBウイルス初感染に引き続き、慢性症状が持続します。しかし、発生時期が明らかでないことも多いです。ほとんど無症状で長期に経過するものから急速に進行するものまでさまざまです。

主な症状 :
発熱、肝脾腫、リンパ節腫脹

その他症状 :
肝障害、貧血、血小板減少、脾機能亢進症、発疹、ぶどう膜炎、口腔内潰瘍、唾液腺炎、頭蓋内石灰化 近年では、「蚊アレルギー」や種痘様水疱症など、皮膚症状しか目立たない症例の報告も相次いでいます。蚊アレルギーとは、蚊に刺されたあとが、壊死 (黒くなる)、潰瘍(皮膚がえぐれたようになる)といった重症な皮膚症状や、発熱などの全身症状を伴う場合をいいます。

治  療
抗ウイルス薬、免疫賦活療法、細胞療法、免疫抑制療法、免疫化学療法などさまざまな治療法が試されてきましたが、未だ治療法は確立していません。

合 併 症
血球貪食症候群、冠状動脈瘤、肝不全、間質性肺炎、心膜・心筋炎、中枢神経合併症、腸管穿孔、敗血症、悪性リンパ腫などの悪性新生物があります。

携帯では見れないようなので下記にコピーします。
愛媛生協病院のホムページより

伝染性単核症

原  因
EBウイルスの感染による

感染経路
唾液などによる経口感染、母子間の垂直感染です。

潜伏期間
20~30日

症  状
主な症状は、発熱、咽頭痛、頸部リンパ節腫脹などです。その他、全身のだるさ、まぶたのはれ、吐き気、鼻づまり、発疹などがみられます。発熱は数日~数週間続き徐々に下降します。通常、予後良好な急性熱性疾患で、多くは 2~3週間で改善しますが、合併症を伴うこと...続きを読む


人気Q&Aランキング