中国の「改革・解放政策」についてなのですが、
どうもいまひとつ深く理解できません。
細かく解説していただけないでしょうか。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 まず、字は「改革・開放政策」であると思われます。

この政策を理解するためには、中国の建国から説明する必要があります。
 1949年、毛沢東率いる中国共産党が国民党との内戦に勝利し、中華人民共和国が建国されました。共産党は農民の支持を得るため、地主から土地を没収し、小作人に分け与えました。一方、共産党内には商工業の専門家がほとんどおらず中小の商店や工場については従来の経営者を支配人に任命して従来通りの経営を維持させました。
 内戦の終結によって中国の混乱はおさまり、人心は安定しましたが、毛沢東はゆるやかな経済の復興にごうを煮やし、経済を急激に拡大するため、農地を個人所有から共同の所有とし(人民公社)、農民に対して粗末な溶鉱炉を作ってそこで鉄を生産し、鉄鋼生産量を高めるよう命令しました。しかし、農地が共同所有となったため、農民はやる気をなくし、粗末な溶鉱炉での鉄の生産で農作業はおろそかになり、資源は無駄に消費され、出来た鉄鋼は使い物になりませんでした。そのため、飢饉が発生し、農村は荒廃しました。毛沢東のこのような政策は大躍進政策といいます。
 大躍進政策の失敗によって共産党内で毛沢東に対する批判が高まり、毛沢東は国政の指導権を劉少奇・鄧小平らに譲りました。彼らは「黒い猫でも白い猫でもねずみをとるのが良い猫だ」という言葉をスローガンに、イデオロギーよりも生産性を優先させ、財産の個人所有を一部認め、個人の才覚によってよく働いた者にはその分余分に利益が残るようにしました。
 しかし、劉少奇や鄧小平の政策は貧富の格差を一切認めない共産主義の原則からは逸脱するものでした。そこで、権力回復の機会を狙っていた毛沢東は妻の紅青らと共に純粋な若者を「劉少奇や鄧小平は資本主義の復活を画策している」とたきつけ、劉少奇や鄧小平や彼らに連なる人々を襲撃させました。そして、劉少奇や鄧小平に対する反感を十分高めた後で、彼らを追放し、毛沢東は復権を果たしました。しかし、国内では人々が劉少奇や鄧小平に連なる政府高官に対するリンチに熱中し、リンチの対象は次々に広がり、普通の教師や学者、芸術家、商店主、工場主などにまで拡大しました。中にはデモに参加しなかったという理由でリンチをうけた労働者までいます。その結果、国内経済は混乱し、中国国内は収拾がつかない状況になりました。1970年代に毛沢東が死去すると、毛沢東の権威に隠れて私服を肥やしていた紅青ら4人組と呼ばれる毛沢東の側近が逮捕され、国内の混乱に終止符が打たれました。このような国内の混乱を文化大革命といいます。
 このころ、劉少奇は既に死亡していましたが、鄧小平は生き残っていたため、鄧小平を中心として国内経済の立て直しが図られました。こうして始まったのが「改革・開放政策」です。鄧小平は人民公社を廃止して、農地を各農民のものとし、一定以上の農産物を政府に納めれば残りは自分のものにしても良いと定めました。(生産責任制)また、沿岸部を経済特区とし、そこでは外国の企業と資本を出し合う形で会社を設立してもよいと定めました。これは海外企業の進出を容認したものでした。また、国営とされていた工場や商店を徐々に私有とし、経営は各工場や商店の持ち主に任せ、利益が上がれば、各工場・商店が自分達のものとしても良いが、倒産しても政府は責任をとらないことにしました。これらの政策は事実上、資本主義を復活したものですが、鄧小平は社会主義市場経済と名づけ、共産主義の理念に反しないとしました。政治的には共産党の一党独裁を否定しなかったため、民主化を求める学生の不満が高まり、1989年の天安門事件などが起こりましたが、経済は急成長し、国民生活は上向いたため、国民は基本的に「改革・開放政策」を受け入れました。鄧小平が死亡した後も、その後継者の江沢民国家主席も「改革・開放政策」を踏襲しており、中国が共産主義に戻ることはないでしょう。
ただ、問題は海外企業が進出した沿岸部と開発から取り残された内陸部との間で貧富の格差が拡大し、対立に発展しないかどうか心配です。
 なお、「改革・開放政策」の言葉の由来は改革は国有から私有へと経済の有り方を変えるという意味・開放はアメリカ・日本といった海外の資本主義国の企業でも進出できるよう経済を開放するという意味であると思われます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございました。
歴史性から細かく教えてもらえたので
大変興味深く理解できました。

お礼日時:2001/05/26 00:59

まず、「解放」ではなく「開放」ですね。

全然意味が違います。

毛沢東亡き後、華国鋒が主席になりましたが、毛沢東夫人江青ら文革派4人組が追放されました。その後、華国鋒も実権を失い、鄧小平が最高権力者となりました。70年代後半のことです。彼は毛沢東時代から、毛沢東の「大躍進政策」の失敗の後の経済政策などで力を発揮していました。有名な「黒い猫でも白い猫でも鼠を捕る猫がいい猫だ」というプラグマティックな思想の持ち主で、農民に資本主義的な刺激を与えて生産性を向上させようとしたのです。

最高権力者となった鄧小平は、「改革・開放」を掲げ、
1)外国の資本や技術を導入する。先ず、香港に隣接した深センに経済特別区を建設して実験場とする。
2)小規模な私営企業を認める。
3)人民公社の解体
などを実行に移しました。胡燿邦と趙紫陽が両腕でしたが、結局両名とも失脚させられました。

2)はその後、大規模な私企業も認められ、株式市場やら、億万長者まで生まれました。

1)も、天安門事件直後の「南方講話」で、中国最大の都市上海でも、大規模な投資、近代化、外資導入が行なわれました。上海の変化の凄まじさは驚天動地モノです。

政治的には、天安門事件で分かるとおり、共産党一党独裁が続いています。これを崩そうとする民主勢力も存在しますが、経済的にうまく行っているので、大多数の人は「政治よりゼニ」と言った感じです。

寧ろ、地方や、民族問題の方が問題でしょう。地方政府は中央政府の言うことを聞かなくなってきてるし、少数民族、特にチベット族や、回族は漢族支配に敵対意識を持っています。中国政府か舵取りを誤ると、いつ旧ソ連のようになるとも限りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「解放」じゃなくて、「開放」ですよね。
解説ありがとうございました。
これで、納得ができました。

お礼日時:2001/05/26 01:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の経済開放政策とは?

中学生の地理で中国を勉強しているのですが、「世界の工場になった中国」と題して、そこでの話に1980年以降、シェンチェンなどを経済特区に、ティエンチンなどを沿海開放都市に指定・・・とあるのですが、これはその頃中国が行った経済開放政策の一部ということですか?

そもそも経済開放政策というものを調べてみているのですが、はっきり理解できません。
一体、経済開放政策というものはどのようなものだったのですか?
外国との貿易をしやすくするために、一部の地域を経済特区としてそこの地域は関税などの優遇処置をとるということですか?

経済開放政策とは。。。などと簡単に説明できないものなのでしょうか?

少し長くなってしまったので、
今回教えていただきたいことは、

(1)経済特区とは何か?

(2)対外経済開放政策とは何か?

ということです。

全く知識がないものですから、大変申し訳ない質問になってしまったかもしれません。
どうぞご存知の方ぜひご教授の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中国の国内企業にいくら優遇措置をとっても、海外の技術やお金が入って来なければ、中国の企業は育たないし、中国にお金も落ちません。 よって非常に簡単に説明すれば、「対外経済開放政策」とは、海外の企業や資本が中国に入って来易いように、優遇税制を制定したりインフラを整えることで、「経済特区」とはそういった措置が取られた特別な地域のことです。 簡単すぎて済みません。 

Q中国は社会主義。経済は資本主義?

中国は社会主義国のはずです。しかし昨今の中国経済の成長の話題から、経済は資本主義化していますか?

社会主義国にとは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?

Aベストアンサー

>社会主義国とは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?
 「社会主義」の認識に誤解があるように思うのですが、そもそもこの思想は19世紀の産業革命による経済格差を是正するために生まれた思想です。つまり、資本主義が成熟して社会主義に移行し、最期に共産主義へ到達するというのが思想の柱になっています。ですから社会主義と資本主義は対立関係にありません。

 中国共産党は現状について正式な見解を発表していませんが、政府要人などの発言を聞く限り以下のような解釈(言い訳)で資本主義化を行っていると考えられます。

・現在の資本主義化は理想の共産主義を実現するための過程である。
・資本主義を導入しているのは国民の生活を脅かさない余剰産業の分野である。
・基幹産業は国家が共産主義思想に基づいて行っているため問題ない。

 つまり、共産主義を実現するために国家の経済を豊かにしようというのが資本主義導入の理由であり、国民の生活を支える基幹産業は国家が管理しているので問題はない。そもそも社会主義・共産主義は資本主義の発展系なので、現在の資本主義はあくまでも過渡期である、というのが中国共産党の考え方のようです。

 「時代遅れなのですか?」というご質問ですが、現在の中国は本来の「資本主義→社会主義→共産主義」ではなく、文化大革命によっていきなり社会主義となった(多くの社会主義国家が同様ですが)ため、思想的にはあり得ない「社会主義状態での資本主義導入」という現象が起こっただけです。したがって「時代遅れ」とは別の次元で判断した方がよいでしょう。

 社会主義という思想は格差の是正を目的としているため、「資本家と労働者」という階級闘争に結びつきやすく、国家や官僚による国民の支配を強めてしまう側面があります。中国が抱えるさまざまな問題は、資本主義の導入が原因というよりも、社会主義が持っている問題が抑えきれずに露呈したといえますね。

 ちなみに、日本を含む資本主義社会の多くは、市場経済でありながら平等な生活を求める「混合経済体制」に移行しつつあります。すでにEUなどではゆるやかな社会主義が導入され、資本主義といかに組み合わせるかが課題となっています。そういう意味で、これからの社会は資本主義と社会主義が融合した形がスタンダードになるかもしれません。

>社会主義国とは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか?
 「社会主義」の認識に誤解があるように思うのですが、そもそもこの思想は19世紀の産業革命による経済格差を是正するために生まれた思想です。つまり、資本主義が成熟して社会主義に移行し、最期に共産主義へ到達するというのが思想の柱になっています。ですから社会主義と資本主義は対立関係にありません。

 中国共産党は現状について正式な見解を発表していませんが、政府要人などの発言を聞く限り以下のような解釈(言い...続きを読む

Q中国の社会主義経済とはどんな経済?

授業で中国に興味を持って、自分も興味があったので経済学科の友達と中国の社会主義経済について話す機会がありました。ですが、なかなか難しくあまりわかりませんでした。今度会う時までには少しでも知っておきたいのでどなたか教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

kawakawaさんのご回答を見ていると、中国は相当厳しい経済状況なのだなと思います。
TBS系の「ブロードキャスター」で、ジョージ・フィールズさんが、「中国は国営企業をいかに民営化するかが大切だ。日本のそれに相当するのが特殊法人であって、今の日本は社会主義国家なんです」という言葉が印象に残ります。
もっとも、「社会主義」の定義をどうするかでいくらでも立場を変えることはできるのです。
(ちなみに、あとで述べるマルクス経済学(社会主義経済学という場合もあり)は、高橋洋児氏によれば、「市場経済」「商品経済」「資本制経済」の三者が厳密に使い分けられなければならないのだそうです)

ご存知の通り、中国は建前上、「社会主義」国家でした。
エンゲルスやレーニン(マルクスに非ず)の思想を受け継ぎ、社会主義から共産主義への発展が図られました。
大学の経済学は、Political Economyのみが講じられ、Economicsの入ることは従来ありませんでした。「政治経済学」の語が当てられたそうですが、日本でもマルクス経済学に相当するこの語について、「社会経済学」とするか、「政治経済学」とするかで議論があるようです。
(西部邁氏が提唱する「社会経済学」とは全く概念が異なるので注意)

この間に「大躍進」「文化大革命」という大失敗があり、前者で数千万人、後者でも数十万人(数百万人だったか?)の死者を出したことも記憶しておいてよいかもしれません。
正確な統計はないのですが。

しかし、鄧小平以来、「社会主義市場経済」が取り入れられています。「社会主義」と「市場経済」のどちらに重点を置くかが問題なのですが、実際はほとんど「市場経済」のようです。
これに疑問を抱く人が少なからずいるようですが、毛里和子・早稲田大学政治経済学部教授によると、
「政治的なレトリックがとても得意」
「社会主義とは、「こうあるべき」という理念である」
ということです(早稲田大学ガイドブック2002年版より)。
ですから「社会主義」は理念、「市場経済」は現実、と捉えると、両者は矛盾しなくなるということです。
ですから経済は明らかに市場経済です。

今後の見通しですが、ある分析によれば、経済的には外資に頼らなければならなくなるという論文を読んだことがあります。
国債貿易理論が絡んでくるので、これ以上は要らないでしょう。

詳しくは、中学社会科や高校世界史の教科書を調べてみるとよいかと思います。
この分野の研究者として、小島麗逸(大東文化大学)、岩田昌征(千葉大学)らがいます。

社会主義国が市場経済に移行する過程を「移行経済論」として講ずる大学も出てきました。「移行経済」と名前のつくテキストを繰ってみると面白いかもしれません。

kawakawaさんのご回答を見ていると、中国は相当厳しい経済状況なのだなと思います。
TBS系の「ブロードキャスター」で、ジョージ・フィールズさんが、「中国は国営企業をいかに民営化するかが大切だ。日本のそれに相当するのが特殊法人であって、今の日本は社会主義国家なんです」という言葉が印象に残ります。
もっとも、「社会主義」の定義をどうするかでいくらでも立場を変えることはできるのです。
(ちなみに、あとで述べるマルクス経済学(社会主義経済学という場合もあり)は、高橋洋児氏によれば、「市...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q兌換紙幣と不換紙幣って??

高3です。
日本史の授業で今日先生が言っていた「兌換紙幣」と「不換紙幣」の意味がよくわかりません・・。
金や銀に換えることのできる紙幣、というようなことを言っていたと思うのですが、どういうことなのかいまいちイメージがわかないのです。。
こんな私にもわかるようにかみ砕いて説明して頂けませんか?
よろしくお願いします(>_<)

Aベストアンサー

 再び失礼します、No.7です。

 不換紙幣の発行理由ですが、自信がなかったので検索をかけてみたら、こんなページを見つけました。下の方に書かれています。

 このページは分かりやすいと思います。(わからない部分があれば、また補足をください。可能な限り回答します。)

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0013.htm

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q資本主義経済と市場経済の違い

よく社会評論などの本では、「今の日本は資本主義社会なので~」
などと書いてあるのですが、経済学の本などを読むと、すべての商
品が市場で取引されるのだからこの社会の経済体制は市場経済だと
いうことが書いてあります。

経済の側面から見ると「市場経済」が正しいような気がするのです
が、しかし、「資本主義」も経済体制について言っているのですよ
ね?

両者(資本主義と市場経済)は結局、同じ意味なのでしょうか?
だったら、用語を統一した方が分かりやすいと思うのですが、やは
り違う用語を使っているということは、意味が違うのでしょうか?

各々の用語の正確な意味を教えていただけたら有難いです。
それと、結局、今の日本は、経済の側面から言ったら「何経済社会」
と言うのが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

おそらくほとんど同じ意味なのでは?
またそう解釈してほとんど困ることはないのではと思います。
「市場経済」はちょっと意味合いが弱いような気がします。ロシアなんかもともと共産主義の国でしたが、市場原理が導入されてきて、「市場経済が発達してきた」とか言いますよね。中国なんか国家体制が「共産主義」なのですが、経済は市場原理が導入されて「市場経済」です。

「資本主義」は国家体制までも意味しているような気がします。中国は共産主義で「資本主義」ではないけど、「市場経済」です。

日本は、「市場経済」で「資本主義」とみられますけど、国による規制がまだまだあるし、ちょっと前までは銀行の護送船団方式といっていましたので、本来の「資本主義」ではないかもしれません。

どちらも純粋な形ではなかなかないですよね。

Q国債を小学生にも分かるぐらい分かりやすく教えてください

国債とは何ですか?

小学生でも分かるように簡単に説明してくださいませんか?

Aベストアンサー

普通、国(日本国政府)が高速道路を作ったり、空港を作ったり、ダムを作ったり、ムネオハウスを作ったりするお金は私達納税者(税金を払う人)が払っています。
でも、私達納税者やその代表者である代議士が、「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と、国にあんまり言い過ぎるので税金だけではお金が足りなくなってしまうことがあります。
そこで、国はお金を持っている人からお金を借りることにします。それが国債です。

お金が足りないのなら、がまんすればいいのですが(普通そうしますよね)、なぜか私達納税者とその代表者である代議士はそんなことはしません。
お金がないのを知っていて、相変わらず「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と言いつづけています。なぜかは解りません。
そこで、国はしかたなく今年も去年も一昨年も国債を発行して、私達納税者とその代表者である代議士が気に入るようにがんばって借金をし続けているわけです。

因みに、実は日本では国が国債を発行することはホーリツで禁止されているそうです。

ちょっと古いですが(なにしろ1997年のころのハナシです)↓に少し説明があります
今は、当時よりも~っと悪化しているそうです

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kdns/_wakaran/97/0309.html

普通、国(日本国政府)が高速道路を作ったり、空港を作ったり、ダムを作ったり、ムネオハウスを作ったりするお金は私達納税者(税金を払う人)が払っています。
でも、私達納税者やその代表者である代議士が、「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と、国にあんまり言い過ぎるので税金だけではお金が足りなくなってしまうことがあります。
そこで、国はお金を持っている人からお金を借りることにします。それが国債です。

お金が足りないのなら、がまんすればいいのですが(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報