初代プリウスと2代目プリウスの燃費の差について。

現在プリウスの購入を検討中です。
価格が手頃になってきた2代目プリウスを考えていたのですが、初代プリウスだとさらにそれの半額近い値段で買えてしまいます。

よくバッテリーが交換時期だから結局出費がかさむと聴きますが、一方ではトヨタが無償で交換してくれるとも聴きます。

勝手なイメージで2代プリウスの燃費の差については22キロ程度で、初代は16キロと思っていたところ、初代も20以上は普通とも聴きます。

性能で大差なければ初代を買いたいのですが、実際どうなのでしょうか。

街中でも初代、2代目ともにタクシーとして元気に走っております。

A 回答 (3件)

プリウスの初代と2代目、エンジンは基本同じなのですが、モーターの出力アップや制御システムをTHSからTHS-IIに発展させた事で燃費向上に対応しています。



燃費向上以外で、自分が思う2代目の方が良くなっている主な点は、以下の3点。
1.基本的に車格が1ランク上になっている事もあって運転している時の感覚・乗り心地が改良され、"ハイブリッド=特別な車"という意識をさせない車に進化。
2.バッテリー稼動のエアコンになったため信号待ちでもエアコンが効く。
  (初代では信号待ちなどでエンジン停止の時にエアコンも停止していた)
3.トランクスルーが使えるようになり長物の収納が可能となった。

逆に初代の方が良かったと思える点は、5ナンバーサイズのコンパクトなボディくらいでしょうか。

初代プリウスのバッテリー無償交換の件ですが、これには条件があり「年に1度の定期点検をトヨタで受けていること」だったと思います。トヨタ以外で点検した場合がどうなのか、また、初代には前期型(NWH-10)とマイナーチェンジ後の後期型(NWH-11)がありますが、無償交換の件が後期型にも適用されるのかはよく知りません。
バッテリーの単価も初代に比べて2代目はかなり値下げされたという話もあったと思います。それでも確かリサイクルバッテリーで10万以上だったと思いますが…
まぁ、この辺りは実際にトヨタに確認されるのが一番でしょう。

プリウスのような技術を売りにしている車を購入するにあたっては、基本的には新しければ新しいほど良いと言っていいと思います。
    • good
    • 1

当然ですが、初代から二代目は、素人にはわからない機能的な進化があるはずです。


初代の失敗をベースに、当然二代目はその部分を改良されているはず。
また、当然、その二代目の失敗をベースにして、現在の現行型へと進化している。
それが、ハイブットなので、当然の様に、新しければ新しいほど、性能はどんどん良くなってるいはずです。
予算的な都合があるようですが、そろそろ初代プリウスも、まだまだとはいっても、これだけ新しい技術が開発されている中、果たしてハイプットとしての価値はいかがなもんでしょうか?

また、購入後数年の後々の売却を考えるなら、予算的にちょっと厳しくても、やはり、年式的にも新しい方を選択された方がよいかと思います。
さしあたって、機能的な大きな違いは無いにしても、やはり車には違いないので、たとえハイブリットでも、使用年数はごまかせないかと思います。

まあ、個人的な思考なので、後は当事者である貴方が結論付けるはずなので、それ以上の事は言いませんが、一つだけ助言すると、あやふやな情報をまともに信じてはいけません。
何処で仕入れた情報かは分かりませんが、ネット上の噂の大半は嘘半分、ほんと半分のある意味都市伝説的な噂が大半です。

バッテリー問題に関しても、直接トヨタのディラーお客様相談窓口などで問い合わせるのが、最も正しい情報を得る早道だと思います。
バッテリーは消耗品ですから、補償対象外だと思います。
無償で交換は、新車購入後だけだと思います。
それ以降は、実費になると思います。
それと、燃費の差ですが、同じ年式の同一の車でも、乗り方次第で大きく変化しますので、初代、二代目と燃費が違うかに関しては、一概には何とも答えられないかと思います。

ハイブリットでも、ガソリン車同様、乗り方次第で良くも悪くも変化しますよ。

後、補足としてタクシーは、年数経過とそれに見合った走行距離が合わない限り、乗り換えはしないので、コストの面で、初代と二代目が多い理由は、まだまだ使用できる走行距離と年数だからだと思います。
それに、コストともにらめっこ。経営的に、タクシー業界は今、真冬ですからね。
    • good
    • 2

初代プリウスと2代目プリウスとでは、モーター制御電圧、モーター出力、エンジンパワーが異なります。



初代プリウスを2代目プリウスと同等に走らせると、燃費は悪化します。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリウスの高速走行について

そろそろ燃費を気にしてハイブリッドカーに変えようかとおもっっているものです。
高速道路を走っていて疑問に思うことがあります。
街中ではよく見かけるプリウスが 高速道路の右側車線(追越車線)を走っているのをめったに見かけけず、走行車線でマイペースで走っているプリウスをよく見かけます。

100km/h以上出して走っているプリウスが少ないのは、
・私の使っている地域(兵庫県中西部)だけなのか
・プリウスの乗っている方は法令遵守の精神が高いのか
・プリウスは高速では急激に燃費が悪くなるので80km/hくらいに抑えているのか
・高速になればうるさくなるのでうるさくない速度で走行しているのか
プリウスの乗っておられる方 お教えください。

プリウスの試乗を何度しましたがあまりパワーがなく路面の音と外からの音が異常に大きく感じ 買い替える気になりませんでした。高速での走行は少しだけしましたがあまり感覚がわかりませんでした。 もう一度真剣にプリウスを購入しようとしています。プリウスに乗っておられる方の感想をお教えください。

Aベストアンサー

プリウスって数年前にマスコミのエコカーブームという煽りに乗せられて、買わなくてもいい人達までも、我先にと買いましたよね。低燃費を実現するためには様々な犠牲が必要で、まず徹底的な軽量化をはかるためにたまにかかるエンジン音は無視して遮音材を省いたため、タイヤノイズはもろに入ってきますし、ホンダのインサイトを真似したデザインにより、後部座席のヘッドクリアランスはないですし、安っぽいインパネもすべて、低燃費と地球環境保護のために、今まで車に求めてきたロマンだとかを捨ててしまった感じがしました。それが時代の流れといわれれば仕方ないですが、魅力的な車がないから買わないという、車離れの原因にもなっている気がします。さて本題ですが、プリウスは高速走行だとエンジンがかかりっ放しになりやすいので、急減に燃費が悪化するため、ただひたすら低燃費を求めるユーザーはおとなしくトラックペースで走行します。しかし実際は結構追い越し車線を無茶なスピードで飛ばすプリウスは多いですね。あくまで想像ですが、市街地ではエコ運転で自分を抑圧していたのが、高速でどうせエンジンがかかりっ放しになるならと、抑圧から一気に解放されてバカみたいに飛ばすのではないでしようか。そりゃあペラペラの軽いボディに1800ccのエンジン、さらに電気モーターがターボみたいに余分につくから、その気になればスピードは簡単にでます。

プリウスって数年前にマスコミのエコカーブームという煽りに乗せられて、買わなくてもいい人達までも、我先にと買いましたよね。低燃費を実現するためには様々な犠牲が必要で、まず徹底的な軽量化をはかるためにたまにかかるエンジン音は無視して遮音材を省いたため、タイヤノイズはもろに入ってきますし、ホンダのインサイトを真似したデザインにより、後部座席のヘッドクリアランスはないですし、安っぽいインパネもすべて、低燃費と地球環境保護のために、今まで車に求めてきたロマンだとかを捨ててしまった感...続きを読む

Q自動車購入。燃費の差は。アイドリングストップ

現在、軽自動車の買い替えを考えている所です
候補はムーブ(ステラ)、MRワゴン、モコになります。
10・15モードでの表記ですが

ムーブ:30km/L
MRワゴン 通常:25.5km/L
MRワゴン アイドリングストップ;30.0km/L
モコ 通常;25.5km/L
モコ アイドリングストップ:27km/l

となります。
車体価格も考えるとムーブのお得感が半端ないですが、内装がアイボリーというのがネックになっています。
さて、単純に燃費だけを考えたら ムーブ=MRワゴン アイドリングストップ>モコアイドリングストップ>MRワゴン・モコ 通常

という等号関係になります。
上記のカタログ値もあくまで理想的な状態での値でしかないというのも理解できますが
その状態ですらアイドリングストップの効果として5km程の差が出てきます。

この5kmの差は長い目で見たら大きいでしょうか?
特に市内ですと信号等で停止する事が多いですし、機能としてあるか無いかで大分燃費(ガソリン代)が変わってくるのかな?と想うのですが


MRワゴンに絞って考えると同じ値段で
アイドリングストップ仕様車の最低グレードだと燃費は良いが、エアコンがアナログ
通常使用の中堅グレードにすると、エアコンがデジタルになるが燃費は悪い
予算の関係で燃費を取るか、見た目を取るか・・・・で悩んでいます。
アイドリングストップってそんなに良いのでしょうか

現在、軽自動車の買い替えを考えている所です
候補はムーブ(ステラ)、MRワゴン、モコになります。
10・15モードでの表記ですが

ムーブ:30km/L
MRワゴン 通常:25.5km/L
MRワゴン アイドリングストップ;30.0km/L
モコ 通常;25.5km/L
モコ アイドリングストップ:27km/l

となります。
車体価格も考えるとムーブのお得感が半端ないですが、内装がアイボリーというのがネックになっています。
さて、単純に燃費だけを考えたら ムーブ=MRワゴン アイドリングストップ>モコアイドリングストップ>MRワゴン・...続きを読む

Aベストアンサー

 燃費はたしかに重要かもしれません。
 しかしアイドリングストップ仕様車はその分割高なのでは?

 燃費の差が購入価格の差額を上回るのにどれだけかかるか、ということです。

 MRワゴンのグレードECO-X(アイドリングストップ仕様)とX(アイドリングストップなし)の差額は約10万円。
 1リッターを145円で計算すると、
 リッターあたり30キロの場合、1キロ当たりのガソリン代は4.8円。
 リッターあたり25.5キロの場合、1キロ当たりのガソリン代は5.7円。
 その差は0.89円です。

 10万円の差額が発生するまで車を走らせると、実に112359キロも走らなければなりません。
 10万キロ以上走るのに、あなたは何年かかります?
 私は4,5年かかります。
 そしてその頃には別の新しい高性能な車が気になりだすのです。

 また質問者さんの仰るように、メーカーは割高感を抑えるために、アイドリングストップ仕様車のこまかなところを安っぽい仕様にしたり、快適装備を減らしたりしていますから、ただアイドリングストップが付いているというだけで、あまりお得にはならない可能性もあります。
 実売では10万円の差額でも、中身の快適装備には価格以上の差があるのではないでしょうか。
 通常グレードに比べて実感としてかなり安っぽいものを買わされることになりそうです。

 アイドリングストップなしの車種を買ったほうが、私は賢い選択と思います。

 燃費はたしかに重要かもしれません。
 しかしアイドリングストップ仕様車はその分割高なのでは?

 燃費の差が購入価格の差額を上回るのにどれだけかかるか、ということです。

 MRワゴンのグレードECO-X(アイドリングストップ仕様)とX(アイドリングストップなし)の差額は約10万円。
 1リッターを145円で計算すると、
 リッターあたり30キロの場合、1キロ当たりのガソリン代は4.8円。
 リッターあたり25.5キロの場合、1キロ当たりのガソリン代は5.7円。
 その差は0.89円で...続きを読む

Q初代プリウスと2代目プリウスの燃費の差について。

初代プリウスと2代目プリウスの燃費の差について。

現在プリウスの購入を検討中です。
価格が手頃になってきた2代目プリウスを考えていたのですが、初代プリウスだとさらにそれの半額近い値段で買えてしまいます。

よくバッテリーが交換時期だから結局出費がかさむと聴きますが、一方ではトヨタが無償で交換してくれるとも聴きます。

勝手なイメージで2代プリウスの燃費の差については22キロ程度で、初代は16キロと思っていたところ、初代も20以上は普通とも聴きます。

性能で大差なければ初代を買いたいのですが、実際どうなのでしょうか。

街中でも初代、2代目ともにタクシーとして元気に走っております。

Aベストアンサー

プリウスの初代と2代目、エンジンは基本同じなのですが、モーターの出力アップや制御システムをTHSからTHS-IIに発展させた事で燃費向上に対応しています。

燃費向上以外で、自分が思う2代目の方が良くなっている主な点は、以下の3点。
1.基本的に車格が1ランク上になっている事もあって運転している時の感覚・乗り心地が改良され、"ハイブリッド=特別な車"という意識をさせない車に進化。
2.バッテリー稼動のエアコンになったため信号待ちでもエアコンが効く。
  (初代では信号待ちなどでエンジン停止の時にエアコンも停止していた)
3.トランクスルーが使えるようになり長物の収納が可能となった。

逆に初代の方が良かったと思える点は、5ナンバーサイズのコンパクトなボディくらいでしょうか。

初代プリウスのバッテリー無償交換の件ですが、これには条件があり「年に1度の定期点検をトヨタで受けていること」だったと思います。トヨタ以外で点検した場合がどうなのか、また、初代には前期型(NWH-10)とマイナーチェンジ後の後期型(NWH-11)がありますが、無償交換の件が後期型にも適用されるのかはよく知りません。
バッテリーの単価も初代に比べて2代目はかなり値下げされたという話もあったと思います。それでも確かリサイクルバッテリーで10万以上だったと思いますが…
まぁ、この辺りは実際にトヨタに確認されるのが一番でしょう。

プリウスのような技術を売りにしている車を購入するにあたっては、基本的には新しければ新しいほど良いと言っていいと思います。

プリウスの初代と2代目、エンジンは基本同じなのですが、モーターの出力アップや制御システムをTHSからTHS-IIに発展させた事で燃費向上に対応しています。

燃費向上以外で、自分が思う2代目の方が良くなっている主な点は、以下の3点。
1.基本的に車格が1ランク上になっている事もあって運転している時の感覚・乗り心地が改良され、"ハイブリッド=特別な車"という意識をさせない車に進化。
2.バッテリー稼動のエアコンになったため信号待ちでもエアコンが効く。
  (初代では信号待ちなどでエンジン停...続きを読む

Q初代10系プリウスに14インチホイールの装着は可能でしょうか。 応急的

初代10系プリウスに14インチホイールの装着は可能でしょうか。 応急的なので、メーター誤差や外観、走行等は気にしません。 よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

可能なようです。
サイズとしては、175-70-R14が多いようです。

参考URL:http://priusbbs.jonasun.com/c-board/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=7993;id=nhw10

Qレガシィとプリウス

スバル レガシィB4 2.0R アルカンターラ・セレクション 4WD最高出力 190ps(140kW)/7100rpm
最大トルク 20.0kg・m(196N・m)/4400rpm
とプリウスどちらが加速良いですか?
解答で…トルクがわずか20キロですので
加速はきわめて悪いです。
プリウスには遙か及ばないくらいです。...
と答えた人がいるんですがほんとにレガシィはプリウスより加速はきわめて悪いんでしょうか?

Aベストアンサー

加速力はプリウスかもしれませんね。
しかし、最高速度はどっちもどっちだろうか?自動車って走行安定性が高くないと怖くてスピード出せません。
FFと4WDの違いやタイヤサイズの違いもあります。
仮に高速道路で長距離を走ったら、NAのレガシイのほうが楽にたどり着くことができるのに一票入れます。
このレガシイも先代のレガシイも最高速でリミッターに到達するはずです。
(単に加速力で選ぶ車ではないんです。)

4WDでなければ安定性が悪くて不満!どんな状況下でもマイペースで快適に走りたい!という人が選ぶべき車ですよ。
加速を言うならターボ付です。

Q軽自動車のスタッドレスタイヤを購入検討中です。タイヤ一本の価格とは・・・?

スタッドレスタイヤを買おうと思っていますが、量販店で売られているタイヤ一本の価格は、タイヤのみであって、ホイールはつかないと解すればよいのでしょうか?
また、そのときのホイールはどういうホイールが使われるのでしょうか?(こちらの希望が通るのか否か、高いのを履かされるのかなど)

また、ホンダライフなのですが、これにホイール付のスタッドレスを履かせるのに、トータルで8万円は安いでしょうか高いでしょうか?

Aベストアンサー

アルミホイールつきで3万

アルミホイールつきでタイヤはいいのをつければ5万

Qプリウスの旧モデルって、安くなってます?

新型プリウス発売後、旧型のプリウスって、価格は下がったのでしょうか?

また、今、プリウスを買うかどうか迷っているのですが、あまりにも周りにプリウスだらけになるのも、どうかと思うので、もっと別のエコカーもでるのかと、期待しています。
他メーカーも併せて、この数年で、あたらしいエコカーは、発売されると思われるでしょうか。

Aベストアンサー

No.3の方が、おっしゃっているように旧型プリウスの装備を削った廉価版が
「プリウスEX」と言う名称で発売されてます。
主に法人向け(タクシー、社用者、教習者)で装備が簡略化されてます。

ホンダが今年中にCR-Z、来年の後半にフィットのハイブリッドを発売予定のようです。
トヨタは年内にSAI(セダンの新モデル)、来年にオーリスのハイブリッドを発売予定のようです。

新車に拘りがなければ、旧型プリウスの中古車が市場に出回ると思いますので、それを購入するのもありかと思います。

Qプリウスの燃費

今月半ばに半年待ってプリウスが来ました。

アップダウンが激しい場所に住んでいるので仕方ない面もあるのですが、
燃費が思っていたほど伸びません。
500km走って18.5km/L くらいでしょうか。
私が職場の往復と買い物に使うくらいでまだ遠出はしていません。
エコモードにして、それなりのエコ運転も心がけてますが
ずっとこのくらいの燃費でいくんでしょうか。
もう少し上の数値を期待していたのでちょっとガッカリです。

何か運転方法、操作等で良いアドバイスがあればお願いします。

Aベストアンサー

燃費ってほんのちょっとの乗り方で変わってしまいます。
アルトのMTで長距離通勤をしていますが。
春・秋の気候のいいとき、エアコンもつけない暖房もしない。
気をつけて運転すれば23~24Km/L走りますが、ちょと気を許すと22Km/L以下まで下がります。

かなり燃費の良い車と思いますが、それでもチョイ乗りをすれば18.5Km/Lは走らないと思います。
それを考えれば十分な燃費ではないでしょうか?

仰っているのは新型プリウスの話でしょうが、一つ前のプリウスでは普通の運転では20Km/L行けば良いほうだと聞きました。

知り合いにちょっと鼻につく言い方をする人が居て「俺のプリウスは28Km/Lを下らない」といつも自慢していました。
私以上の長距離運転でしたから、そのくらい走っても不思議ではないのかも知れません。

あくまでも、エアコンをつけないエンジンが十分に温まった状態で計測するのがカタログに書いてある「10.15モード燃費」です。
それなりのエコ運転を心がけて居られるようですから、もう少し様子を見ても良いと思います。

よく言われることですが、一定速度になったらアクセルを踏んでいる右足の力を少し抜く。
アクセルを少し戻すと言うとちょっとニュアンスが違うんですよ。
右足の力をちょっと抜いた感じで、わずかにアクセルが戻ってる。
一定速度で走るとき、これを心がけると燃費は変わります。

私の車でそれを常に気をつけたら、25Km/L行くんですけどね。
私の性格ではそれをずっと続けるのはストレスの元ですけどね。(笑)
右足がつりそうになりますが、一度試して見られても良いかもしれません。

燃費ってほんのちょっとの乗り方で変わってしまいます。
アルトのMTで長距離通勤をしていますが。
春・秋の気候のいいとき、エアコンもつけない暖房もしない。
気をつけて運転すれば23~24Km/L走りますが、ちょと気を許すと22Km/L以下まで下がります。

かなり燃費の良い車と思いますが、それでもチョイ乗りをすれば18.5Km/Lは走らないと思います。
それを考えれば十分な燃費ではないでしょうか?

仰っているのは新型プリウスの話でしょうが、一つ前のプリウスでは普通の運転では20Km/L行けば良いほうだ...続きを読む

Q20代でプリウスに乗るのはダサいですか?

プリウスに乗ってる人は40歳以上の年配のイメージがありますが、20代でプリウスに乗るのはダサいですか?
プリウスは車体価格は高いけど低燃費でエコでいいかなと思いますが、皆さんはどうおもいますか?

Aベストアンサー

別にダサくはありません。

>低燃費でエコでいいかな

プリウスのエコはエコロジーで「環境に配慮」です。そこを間違えると「ダサい」です。

Qプリウスの燃費

注文して7ヶ月も待ってやっと納車されたプリウスGツーリングセレクション。
燃費が想像以上に悪い。1ヶ月走って平均16km。
通勤に使っている為出勤時・帰宅時にはある程度の渋滞に遭ってはいるが片道10kmで坂道は無く平坦な道ばかり。
この時期当然エアコンは25度で設定している。
せめて20~22・23km/L程度は走ると思っていたが私の運転の仕方が悪いのか?
皆さんは如何でしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1875804
そんなもんです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング