知り合いからパーマネックスはいいビジネスになる、今がチャンスやと聞きましたが、構造ややり方に釈然としないものがあります。結局アメリカに資本が流れていくだけです。どのような噂があるのか知っている人は教えて下さい。
それとパーマネックスとアムウェーの関係についても教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

これはファーマネックスの事でしょうか?


アメリカに資金が流れていくだけとはどういうことかちょっと分かりませんが、これはアメリカの会社ですから、利益がアメリカに行くのは当然かと。
ただ、海外にも支社があって、個人にビジネスチャンスを与えているという事で、知り合いの方はチャンスといわれたのでは。
PharmanexとAmwayは全く別の会社です。ただ、Amwayがこの業界で一番古く、有名な会社で、その次に長く大きな成功を収めているのが、恐らくPharmanexの親会社であるNuSkinという事で比べられたり、一緒に語られることが多いのでは?
構造や販売方法は、きちんとした説明をできる人から聞かないと、非常に誤解を受けやすいです。日本では特に、マルチ商法で悪質な会社が過去にいくつかあり、すべて悪者に見られています。
あと、投資やビジネスプラン等ちゃんと自己管理できる人でないと、簡単に金儲けできると思って生半可な気持ちでやるとやけどします。でも、本気でやれば、会社員では永久に享受できないような人生を切り開くのも夢ではないです。噂を調べるより事実を調べる方が生産的だと思い、このように回答させていただきました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今就学生ビジネスはチャンス?

いま現在日本にくるまたは来ている外国人の人たちが
高等教育機関に進学を考えてるらしいのですがそれって
ビジネスにつながるのでしょうかね。どなたか詳しい人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

来日してる留学性の多くはアジアからの留学生です。その大部分は、国選留学生や奨学金を利用して留学しているようです。欧米などからは、日本の大学は、実学に弱くキャリアとしてあまり魅力がないようです。
民間のビジネスとして、そこから利益をあげるのは厳しいのでは。

Q士業営業代行ってビジネスはどうでしょう?チャンスありますか?

税理士や会計士、社会保険労務士、行政書士などの士業の方々のビジネスを営業代行してみようかと考えておりますが可能性はどうでしょうか?やってみる前にいくらかでも反応を、意見を知りたいのです。

士業の先生方に特に聞いてみたいです。
例えば、私が営業しますから、制約手数料20%下さいといったら依頼してくれますか?勿論成功報酬でいいのですが、、。
忌憚ないご意見ください。

Aベストアンサー

前略
 税理士や、会計士も基本的に元お客様からの紹介制です。しかも、ある意味質が悪いのもあり、元~OB等が儲かる仕組みになっているともいえます。
 基本的な客層は、自営業者、年収が一定以上の高所得者、企業です。其れと、遺産処理に関わるお方です。
 自立でしているお方は、元お客様からの紹介をフルに活用しているお方であり、見込みは無いでしょう。
 自立していないお方々は、企業に雇われているか、共同事務所をしています。もしかしたら、そういうお方がマーケットになるかもしれませんね。
 消費者としたら、遺産関係で税理士等が必要になったお方でもない限り、紹介無しに税理士、会計士に接触を持つお方は少ないと思います。
 こんな事しか書けなくてごめんなさい。
草々

Q資本の二重化とは?

大学のレポートで「株式会社の資本の二重化とは何か」について調べて論ずるものがあるのですが、いろいろ経済時点やネットで調べても、キーワードにひっかからず、よくわかりません。
どなたかおわかりになる方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

「現実資本」と「擬制資本」が並立することだと思います。

株式会社では、株式の「額面」価格によって集められた「現実資本」と、その会社の企業価値を反映して市場が決める株式の「市場」価格からはじかれる「擬制資本」(いわゆる「時価総額」と表現されるようなもの)が、並立して存在します。
そのことを一般に「資本の二重化」と呼んでいるのではないでしょうか?

以上をヒントに、「現実資本」「擬制資本」等をキーワードに、もう一度調べ直してみませんか・・・。

Qアメリカ資本、勝ち組と負け組

8日に、アメリカの大手ハンバーガーチェーンの「バーガーキング」が再上陸しましたよね?
個人的には、多少価格が高くても味という点ではマクドナルドより、バーガーキングの方が好きなのですが、90年代初頭に日本進出をしたときには、デフレによる価格競争に敗れたようですね。
その他にも、「シナボン」や「ダンキンドーナツ」など日本進出に失敗した(あるいは苦戦している)アメリカ資本の企業は以外と多いと思います。
その一方で、「マクドナルド」や「スターバックス」「東京ディズニーリゾート」など、拡大し続ける企業もあります。
日本進出するアメリカ資本の勝ち組と負け組、この両者の違いとは一体何なのでしょう?
ざっくばらんに、皆さんの個人的なご意見をお寄せください。

Aベストアンサー

単純に言ってしまえば、日本市場の研究でしょう。
アメリカ人と日本人の消費行動はかなり違います。その違いを理解して、日本人にターゲットを絞った戦略を練れているか、アメリカでの成功体験に引きずられているかの違いでは?

Q自己資本比率8割弱なのに上場?メリットは?

ある企業についての質問です。

その企業は地域密着型(関東)インフラの大手企業で
収益力や財務状況が良く、自己資本率も8割弱あります。
今後、大幅な投資活動や急速なビジネス領域の拡大は行わず
手堅い経営を続けていく方針です。

この企業は上場しています。


そこで、質問なのですが、この企業はなぜ上場しているのでしょうか?
資金力が豊富な上に、今後も手堅く経営していく方針の企業なのに
上場しているメリットはあるのでしょうか?

過去に資金が必要で、市場から資金を借り入れ、
現在・将来は市場からの資金が不要なほど経営が安定したが、
惰性で上場を続けているのでしょうか?

海外展開を急ぐメーカーや商社なら上場してマーケットから資金を集めるのは理解できるのですが、
資金力のある地域のインフラ企業が上場を続けるメリットが思いつきません…。

Aベストアンサー

私がかつて在社した会社は、ご質問の会社と同じく資金繰りは全く問題ありませんでしたが、上場しました。当時のオーナーの目的は人材確保だったと思います。
非常上の時はなかなか応募がなかったのが上場後は相手できないほどの応募が来るようになりました。応募者の能力もかなり向上しました。
今では入社が難しい会社としても有名です
また結果的にはオーナーの持ち株の市場価格は飛躍的に上がって大変な資産家になったということも事実です。
更に非上場の時代には想像もできなかったような世界的な事業拡大も出来ました。
それと上場企業は非常上の会社よりも管理面は確実に質が上がります。そうしないと上場できないからです。
たとえ堅実経営でも、より会社を強固で良い会社にするには上場はひとつの方法だと思いますよ。


おすすめ情報