親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

総務部に所属しております。
従業員が勤務中にケガをし、病院で治療を受けた際に健康保険を使用した場合のことです。
法律上、労災を申請する権利は従業員側にあると思いますが、なんらかの理由で従業員側から労災申請はしたくなかったので、健康保険を使用して治療を受けたが、この治療費を会社側でもってほしいと言われたケースです。

会社側で適正に処理するとすれば、病院に労災への変更をお願いするということになると思います。

上記のケースのように労災を使用せずに、健康保険を使用し、更に医療費を会社側でもつことはケースとしてあり得るのでしょうか?

また、その際には普通病院側からの「こうしなければいけない」というような指導のようなものがあるのでしょうか?

あくまで「労災隠し」の定義を会社側の具体的な指示があった場合を前提として、ご教授ください。

A 回答 (4件)

> では、ケガをした労働者に労災の認識がなく、一旦健康保険を使用して医療行為を受け、その後、会社側に医療費を求めてきた場合はいかがでしょうか?



労災として処理しなさいって指示してください。

当人から病院に連絡し、健康保険から労災保険への切り替えを申請してもらいます。
切り替え可能な場合、当人には病院で支払った3割の治療費の返還をしてもらい、代わりに病院へ労災申請の書面を提出。
切り替えが間に合わない場合は、一旦当人に残りの7割を立て替えして支払いしてもらい、保険組合に申請を行ない、健康組合から当人へ医療費返納を受けてもらうと同時に労災保険への請求を行うとかって流れのハズ。

あと、そういう事が再発しないように、他の労働者にも周知とか。

--
・労災でない当人の責任でのケガであったが、手持ちのお金も貯蓄も無いので会社に請求してきた。
・あるいは上の後者のパターンで残り7割の支払いが出来ないので会社に請求してきた。
って場合なら、非常時払の案件で、その仕訳の話とかでしょうか?

労働基準法
| (非常時払)
| 第25条
|  使用者は、労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるために請求する場合においては、支払期日前であつても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない。

基本的には賃金相当になると思いますが、自分は経理は詳しくないし、そういう事例もあんまり見当たらないので、こちらはちょっと分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほどよくわかりました。
そういうケースがあるのですね。助かりました。

お礼日時:2013/05/13 17:08

>一旦健康保険を使用して医療行為を受け、その後、会社側に医療費を求めてきた場合はいかがでしょうか?



直ちに健保へ返還、労災の手続きが基本です。
通常は医師がいつ、どこで、どのような怪我をしたのか聞きますので、レセプトが健保側に上がった時点で、本人に確認書類が送られると思いますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
病院側~健保側はそういうやりとりがあるのですね。
勉強になりました。

お礼日時:2013/05/13 17:09

>労災を使用せずに、健康保険を使用し、更に医療費を会社側でもつことはケースとしてあり得るのでしょうか?


ありえるとか言う問題ではなく、健保の不正使用 詐欺行為です。

業務・通勤災害は労災事故 其れ以外が健保適用です。公的保険使用は法律で定められたとおり、順守しなければなりません。 

>普通病院側からの「こうしなければいけない」というような指導のようなものがあるのでしょうか?
これは患者が受傷原因を正しく申告すれば、病院は労災、健保の使用区別 知ってれば指導はするでしょう。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
>これは患者が受傷原因を正しく申告すれば、病院は労災、健保の使用区別 知ってれば指導はするでしょう。

なるほど、ここはやはり「たられば」の世界なのですね。

ということは、経理上、「福利厚生費・・・治療代」となっているものは、原則労災が適用されたものでなければいけないということですね?

ネットで以下のURLのようなQ&Aを見つけたので整理したいのです。

http://www.otasuke.ne.jp/modules/xhnewbb/viewtop …

補足日時:2013/05/13 15:58
    • good
    • 0

この解釈は間違い。


>法律上、労災を申請する権利は従業員側にあると思いますが、
申請は「会社」ですよ。
http://www.rousai-ric.or.jp/tabid/60/Default.aspx
>使用者が療養補償その他の補償をしなければならない
つまり・・・
使用者が労働者に対して補償をすることが決められていて
その負担軽減するための制度で「労災保険制度」があります。

>なんらかの理由で従業員側から労災申請はしたくなかったので、健康保険を使用して治療を受けたが、
これはあり得ないこと。
これこそ書かれてる「労災隠し」に該当します。
必ず会社側が行う申請ですので「従業員側から労災申請はしたくなかった」は無い話です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
言葉の使い方に語弊がありました。
『労災の申請義務及び労働者の療養補償をする義務は会社側にあり、それらを受ける権利が労働者にはある』ということでよろしいでしょうか?

では、ケガをした労働者に労災の認識がなく、一旦健康保険を使用して医療行為を受け、その後、会社側に医療費を求めてきた場合はいかがでしょうか?

インターネットで調べていく中で、会社側で支払った医療費は『福利厚生費』で計上するという事例を見つけ、労災と健康保険、医療費の仕訳の関係を整理したいのです。

宜しくお願い致します。

補足日時:2013/05/13 15:35
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勤務中の怪我は労災or自費と言われました!

 先日勤務時間中に自分の不注意で怪我をしてしまいました。 
怪我の原因が業務には起因するとはあまり思えず、健康保険にて保険診療を
受けた所、後日健康保険支払い基金センターより、怪我の状況について
詳細に説明するよう文書で求められ、それに答えた所
後日会社の顧問社労士の先生を通じて
なんと健康保険は適応ではないと言われ、診療費を全額払うよう要求されました。

 元々勤務中の怪我は健康保険は使えないとは知らなかったので
保険による診療を受けてしまったのですが、今回怪我の原因が
労災で認定されるかどうかもとても不安なので
社労士の先生に保険診療のままで構わないと
お答えしたのですが、もうレセプトを締め切ってしまったので
そんな事はできないと言われてしまいました。

 もしこれで、労災も認定されなかったら自費扱いになってしまうのでしょうか?
私は毎月社会保険料をきちんと納め、保険証を交付されているにもかかわらず
自費診療になるとは非常に不本意でなりません。
 ですが、自分の知らない所でどうしてこうなってしまったのか
そしてどこに問い合わせをし意見を述べればよいのか分からずとても困っています。

 仕事中の事故は自費or労災のどちらかの選択肢しかないのでしょうか?

 

 先日勤務時間中に自分の不注意で怪我をしてしまいました。 
怪我の原因が業務には起因するとはあまり思えず、健康保険にて保険診療を
受けた所、後日健康保険支払い基金センターより、怪我の状況について
詳細に説明するよう文書で求められ、それに答えた所
後日会社の顧問社労士の先生を通じて
なんと健康保険は適応ではないと言われ、診療費を全額払うよう要求されました。

 元々勤務中の怪我は健康保険は使えないとは知らなかったので
保険による診療を受けてしまったのですが、今回怪我の原因が
...続きを読む

Aベストアンサー

 仕事中の怪我が労災にあたるかどうかは、業務起因性と業務遂行性という二つの基準から法的に扱いが決められます。仕事中だから必ず労災になるとは限らないのです。ですが、労災に当たらないと判断されれば、私傷病にすぎないわけですから、健康保険からの保険給付は受けられると思います。今回の場合、まず労災に当たるかどうかの判断が先になされるため、健康保険の扱いが保留されているにすぎないのではないかと思います。金額の計算の基礎となる点数に割り当てられる診療単価が、労災や第三者行為と私傷病によるものとでは違うためだと聞いたことがあります。それにしても、社会保険労務士の方もよく説明をしないで不安だけをあたえて不適切な対応だと思います。
 ただ健康保険の公的な性格上、給付の制限がある場合がありますので社労士さんによくお尋ねになるとよいでしょう。また、どうしても納得がいかないなどの事態が起こった場合は管轄の労働基準監督署に相談に行くのも一つの手段です。雇用主や社労士は嫌いますが。
 労災の適用については、とてもよいサイトを見つけたのですが、多くが禁無断転載となっておりましたのでURLをご紹介できません。ネット上で「業務遂行性」や「健康保険 給付の制限」などの言葉で検索をかければ、勉強になるサイトがいろいろと見ることができます。お試しあれ。

 仕事中の怪我が労災にあたるかどうかは、業務起因性と業務遂行性という二つの基準から法的に扱いが決められます。仕事中だから必ず労災になるとは限らないのです。ですが、労災に当たらないと判断されれば、私傷病にすぎないわけですから、健康保険からの保険給付は受けられると思います。今回の場合、まず労災に当たるかどうかの判断が先になされるため、健康保険の扱いが保留されているにすぎないのではないかと思います。金額の計算の基礎となる点数に割り当てられる診療単価が、労災や第三者行為と私傷病に...続きを読む

Q労災を使わず治療費を支出する場合

社員が勤務中にスズメ蜂に刺され、労災を使わずに治療費を支出したいのですが、会計処理はどうしたらよいでしょうか?傷病見舞金として福利厚生費としたいところですが、社内規程に該当しません。また、交際費等で支出した場合、給与とみなされてしまいませんか?ご教示お願いします。

Aベストアンサー

勤務中の事故で、会社が費用を支払うなら、労災です。
労災を使わないようにするのは、後はごまかしです。
領収書などはどうするのですか? 健康保険は使用するのですよね?
ごまかす方法は、ここで聞かない方が良いように思います。
 普通にやれば、健康保険を使用して治療を受け、その支払い費用を治療費(福利厚生費)として会社が負担するのでしょう。
 この場合、健康保険組合が内容を知れば、労災保険で処理するように指示が来ます。そうなれば、労災で処理しなくてはいけなくなります。
 それがいやなら、健康保険を使用せずに治療を受けて、全額会社が負担することです。


人気Q&Aランキング