【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

韓国が北朝鮮と休戦状態な事、2~3年の徴兵制がある事は知ってます。

安倍政権になって、国防軍の話題が出た時に日本で徴兵制が復活するのでは?って質問に、現代の軍の武器や武装は取り扱いが難しいから徴兵制をやっても無意味、逆に自衛隊が弱体化するって論を、いくつか見ました。

この論なら、韓国の今の徴兵制は無意味な気がします。
また、韓国は、太平洋戦争時の日本の様に赤紙で招集した急ごしらえの徴集兵では役に立たないから、2~3年間、ごく基礎的なトレーニングを積ませて、有事に備えているのかな?とも思います。

韓国の徴兵制は有効ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

韓国の徴兵制は決して無意味ではありません。

というのは韓国の徴兵制は3つの意味があります。その意味では徴兵制は極めて有効な制度であると評価できます。

1.北朝鮮に対して韓国は北の再侵攻に対する警戒を怠っていないぞという姿勢を誇示して朝鮮戦争の再現を牽制する意味。

韓国は朝鮮戦争の際には朝鮮半島南端にまで押しまくられて、国家崩壊寸前まで追い詰められた悪夢の歴史があります。だから実戦で役に立つかどうかは別としても、嘘でもハッタリでも北に対して警戒を強化しているところを見せつけて、北の軍事侵攻を牽制したいのです。そういう抑止力を見せつける為に米軍と共同軍事演習を公開し、公然と徴兵制を誇示したいのです。その為なら嘘でもハッタリなんでも良い。北の赤化統一の野心を持たせたい為に日米韓の連携を事あるごとに強調するのもその為です。日米韓の連携といったところで実際のところはアメリカがどれほど介入してくれるかわからないし、竹島問題で対立する日本だって本当に助けてくれるのか疑わしい話でもある。それだからこそ、なおさら徴兵制だけが唯一の最後の砦になっています。

2.韓国民に対して、韓国への忠誠心を表明させて旗幟を鮮明にさせる意味。

朝鮮戦争の際には韓国内に北朝鮮の朝鮮労働党に呼応する共産主義勢力がいました。韓国に味方がいる。それが金日成に朝鮮半島赤化統一の野心を持たせた一因であった訳です。北からは北朝鮮軍、銃後からは韓国の共産勢力の挟み撃ちになれば韓国軍はひとたまりもありません。だから韓国は北朝鮮軍の侵攻を警戒するだけでなく自国内の共産勢力の勃興も警戒しています。なんせ韓国も北朝鮮も同じ民族ですから、見た目では全く区別がつきません。隣の人が韓国人なのか、北朝鮮人なのか見分けがつかないのは恐怖です。味方と思っていたら実は敵だったというような有様では戦争などできません。それだからこそ韓国は徴兵制によって自国民に対して自国への忠誠心を試さざるを得ないのです。また韓国人にとっても自国への忠誠心を表明する貴重な機会ですから、徴兵制に反対する理由がない。徴兵制にはそういう効能があることは、日本の反日勢力が徴兵制に対して異常な拒否反応を示すことでも証明されています。日本の反日勢力が徴兵制を恐怖しているのは、それで自分たちの正体が露呈してしまうことを知っているからなのです。

3.韓国軍は北の軍事侵攻に対処する為、極端に陸軍に偏重していて陸軍だけなら徴兵制もある程度は機能します。韓国軍も一応は陸軍・海軍・空軍の三軍体制を持っていますが、戦力は極端に陸軍偏重です。それは朝鮮半島での陸上での北朝鮮軍の軍事侵攻を警戒しているからに他なりません。海軍・空軍が装置産業であり、高度に専門的な熟練が必要なのに対して陸軍は必ずしもそうじゃないんです。陸軍は軍服に着替えただけでも元は百姓でもとりあえず格好がつきます。陸軍はそういう意味では極めて敷居が低くて徴兵制に適した軍だといえます。軍服に着替えて銃を担いで行進しているだけでも様になってしまう。そこが海軍・空軍とは決定的に違う点なのです。逆に言うと韓国軍は、海からの侵攻はあまり警戒していないし海戦・空戦とも手薄だといえます。韓国は竹島問題では思いっきり突っ張った態度を取っていますが、日韓戦争は全く考えてもいないってことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

北朝鮮への牽制というのは納得です。
基本、殆どの国が軍隊を持つのは他国の自国への侵略の抑止という事ですね。

お礼日時:2013/05/14 22:26

>現代の軍の武器や武装は取り扱いが難しいから徴兵制をやっても無意味、



これは近代装備をそろえている日本の自衛隊の水準で判断した結果と思います。
一人当たりのGDPで日本の50%も行かない大韓民国では、日本の自衛隊ほどの最先端兵器はごくわずかで、大半はローテクです。
でも相手が北朝鮮ですから、充分に拮抗できる兵器と言う訳です。

ヨンピョン島砲撃という戦がありましたが、射程20キロ未満の海岸砲の砲撃であったにも関わらず、
「砲弾約170発を発射、90発が海上に落下し、80発が同島に着弾した」と報道された通り、最低の精度です。
海岸砲という固定砲で、島という巨大な固定目標を20キロの射程から打って、半分しか島に着弾しない(笑)。

第二次大戦中の日本軍が聞いたら腹を抱えて笑います。
第二次世界大戦で使われたような「大砲」をつかって、日本軍よりも遥かに低い命中精度で戦をしようってんだな。

この程度の相手なら、徴兵の若者を3カ月も訓練しておけば多少の約には立つでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

各国が持つ兵器の水準については全く知りませんでした。
兵器について調べてみます。

お礼日時:2013/05/14 23:36

 韓国の徴兵制は有効でしょうね。



 今なお戦争中の相手国である北朝鮮の陸軍兵力は約100万人、これだけであの中国陸軍に匹敵する規模です。これに予備役を含めると1000万人超になるといわれますので、韓国という国はたかだか250km程度の38度線という「線」をはさんで歴史上空前絶後の規模の陸軍と対峙していることになります。
 こういう場合、いくら装備の質が勝っていても、兵員の錬度が高くても、圧倒的な数の力に押しつぶされてしまいます。事実、朝鮮戦争では人海戦術にかなりてこずってもいますし。この圧倒的な数に対抗するためには、韓国もそれなりの兵員数をそろえなくてはなりません。だとすると志願兵だけに頼っていては心もとない。
 また38度線ではしばしば実際にドンパチもやってますので、「戦死」が現実の確率として常にあるわけです。だれだって死にたくないですから、徴兵制がないと数は揃わないといっていいと思います。

 これに対し、日本は四方を海に囲まれていますから、対峙すべき敵性勢力の兵員ははるかに少なくなります。仮に中国を例にすると、一度に揚陸できるのは1個師団程度といわれています。1個師団はせいぜい1万人弱ですので、北朝鮮の1/100以下。対抗するのにそんなに数は必要ないですね。またそもそも日本の防衛政策の肝は洋上での阻止ですので、必要なのは航空と洋上の阻止能力、プロのお仕事。
 「いや、多数の陸上兵力が必要なんだ」ってなるのは、多数の敵対陸上兵力と対峙しなければならない場合だけ。将来中国が数十万規模の揚陸能力を持ったときとか、反対に日本が外へ押し出てゆくときだけなんじゃないですか。
 であるならば、「現代の軍の武器や武装は取り扱いが難しいから徴兵制をやっても無意味、逆に自衛隊が弱体化する」ってのは正論だと思います。

 仮に安部政権で9条を改正(どう改正するかが問題なんだけれども)したとして、そういう軍事的な必要性なしに、軍事的・経済的・社会的なデメリットを受け入れてまで徴兵制を発議して、しかも国民の過半がそれを支持するってのは、ものすごく確率が低いことだと思うんですけどね。議会と国民で「外へ押し出していくぞ」って決めちゃったらわかりませんけれども。

 それから、たしかに他の方のおっしゃるように、こういうことを言うのは軍オタが多いんでしょうが、たいてい「純軍事的には」と前提をつけているわけですから、愛国心とか忠誠心とかを考えていないじゃないか、って言ったって仕方のないことです。自分の得意分野の話をしているだけですので、オタクであるからこそ傾聴に値する部分もあると捉えたいですね。
 単純にレッテル貼って蔑視していては本質を見失うかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

朝鮮は、兵士の食料、兵器の燃料も満足にないらしいので砲撃されて死者が出たなら報復攻撃すれば勝てるって思いましたが、戦争になったら、勝てるけど韓国も相応の被害が出るらしいので、攻撃しないみたいですね。

憲法は、外国は何度も改革してるけど日本はしてないって論がありますが、改革に必要な国会議員、国民の賛成数は、外国は日本と同じか、むしろ厳しい気がします。国によって、状況、憲法の内容は違うと思いますが。

憲法改革の前に先ず、義務教育で憲法について教えて欲しいです。
96条改革の話題が出たんで、ネットで検索したら初耳で勉強になる事が多かったです。
私が無知すぎたからかもしれませんが。

お礼日時:2013/05/14 23:25

韓国の徴兵制は有効です。

というより必要です。

なぜなら韓国は「いまだに戦争中の国」だからです。戦時中にも関わらず、徴兵をやめ兵士の供給が危うくなるようなことはできません。

>、ごく基礎的なトレーニングを積ませて、有事に備えているのかな?とも思います。
違います。現在進行形で有事の真っ最中なのが韓国なのです。

つまり「確実に死亡する兵士がいるからこそ、強制的に徴兵している」ということです。2002年の第2延坪海戦では韓国軍兵士4名、2010年のヨンビョン島への北朝鮮の砲撃(韓国軍兵士2名民間人2名死亡)などがあり、また日本では報道されませんが、軍事境界線での小競り合いによる発砲事件などはそれなりにある、ということです。特に今年に入ってから、38度線の前線歩哨の兵士(士官含む)が何人も銃撃されて死亡しています。

ようするに、日本と違って、戦争の真っ只中にいて、兵士の補給をしなければならないのが韓国です。特に下士官である「兵」は20代から30代中盤までの若者である必要があり、常に新陳代謝を繰り返す必要がありますので、徴兵制は絶対に必要です。

日本は国軍を持ったとしても、当面は「自衛」に限定されるでしょうから、徴兵しても費用ばっかりかかって、効率が悪くなります。また日本の自衛隊は、防衛に限定して高度な兵器を使っていますので、徴兵しても高度な兵器を扱えない、というのも一理あります。
なによりも外国への侵攻の可能性も逆に防衛の可能性もほとんどない日本で徴兵制は役に立ちません。

徴兵された兵というのは、数で圧倒しなければならない陸軍などの歩兵になるものです。その場合は、ライフルをもって背嚢を背負って、徒歩で行軍して人数で攻略するから徴兵が有効になるのです。

現在の日本では必要ありませんが、現在進行形で犠牲が出ている韓国では徴兵は必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「有事」は適切な表現ではないと思いましたが、開戦、再戦、、、適当な言葉が思いつかなかったので使いました。すいません。
戦死者(?)が出て兵員を補充するなら職業軍人でないと2~3年の期間限定の徴集兵では難しい気がします。

お礼日時:2013/05/14 23:02

”現代の軍の武器や武装は取り扱いが難しいから徴兵制をやっても無意味、


 逆に自衛隊が弱体化するって論を、いくつか見ました。”
    ↑
こういうことを言うのは軍オタが多く、彼らは
純軍事的見地からしか徴兵を見ていません。
つまり、ドンパチに有効か、ということしか
考えないのです。
#5さんが的確に答えているように、徴兵には色々な
意味があります。

1,対外的
 韓国は、北と臨戦態勢にありますから、徴兵することに
 より、国を挙げて戦うぞ、という姿勢をみせ、戦争を
 抑止する意味があります。
 それは日本も同じです。
 日本が徴兵制を敷いたら、一番驚き、困り反対するのは中韓です。
 中韓が反対し、困る、というのは日本には利益だ、ということです。

2,対内的
 韓国、日本に限らず、国民に危機意識を持たせ、国民を団結
 することに役立ちます。
 特に団結力の乏しい韓国人の国民性を考慮すると、
 韓国においては徴兵制は大きなメリットがあります。
 日本を敵にしないと、団結できない国なんですから。
 
3,経済
 徴兵制は経済効果があまりよくありません。
 働き盛りを軍隊に採られる、というだけでもマイナスです。
 それに徴兵された兵隊が、どの程度実戦の役に立つかも
 問題です。
 つまり金をかけた割には、たいした効果が望めないという
 ことですが、北と臨戦態勢にある韓国はそんなことは
 言っていられません。
 しかし、日本では、それほどの必要性があるか、議論のある
 ところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

敵(ライバル)を作るのは団結力を高める常套手段ですね。
日本が徴兵制を始めると、財政を更に圧迫するのは明白ですし、弛んだ若者を自衛隊で鍛え直すって言ってる政治家、評論家は、自虐史観や学校教育の改善に力を入れて欲しいです。

お礼日時:2013/05/14 22:50

韓国の徴兵制度は、ほとんど意味がない


カネのムダ使いだと思います。

オリンピックや、世界大会での優秀な成績
きわだった活躍をしている場合に、徴兵免除。
と言うことは、優れた身体能力の
人物は、北朝鮮と戦争状態になった場合、
何も出来ないのでは?、訓練していないから。

優れた身体能力を持っていない、
言ってしまえば、カスみたいな集団で
訓練しているようなモノ・・・、だと思います。

なので、韓国の徴兵制度は意味がない、のでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

韓国にはカナダに国籍移したりと一部の人間に兵役逃れ、というのもあるらしいです。

お礼日時:2013/05/14 22:20

詳しくは軍事のお勉強になりますけど、基本陸軍は、頭数が必要です。


なぜなら、「戦線」という概念があるからです。

中東の砂漠の中ならまだしも、平野や都市が散在する戦場では、戦線というものを構築して、敵からの侵攻を食い止めなければいけません。
韓半島はヨーロッパや中国大陸に比べれば狭いですが、それでも東西で何百キロもの戦線を築かないと、軍の部隊と部隊の隙間から、敵の進出を許してしまいます。
ですので、戦線を構築する為に、兵隊の頭数をそろえなくてはならないのです。

韓国と同様、南のエジプトを除いて敵国に囲まれたイスラエルが、徴兵制を維持しているのも同じ理由です。


それに比べて日本は、周囲を海に囲まれているため、大規模な陸軍が必要ありません。
仮に中国のような国が日本を攻めようとした場合、日本の国土を占領するのに必要な大船団を組まなくてはならず、それを迎え撃つのに必要な海軍力と空軍力を揃えれば、韓国のように徴兵制を必要とするほど兵隊の数はいらないのです。

むしろ、どんどんハイテク化する護衛艦や戦闘機を操るには、高度な教育・訓練を施したプロの自衛官の方が、必要なのです。
その辺の適当な若者10人に銃を持たせて訓練させるよりも、同じ人件費で一人の自衛官を育成した方が、より大きな戦力となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

韓国と北朝鮮は陸続きというのは大きい気がします。
国の地理的条件もありますね。

お礼日時:2013/05/14 22:17

何故「徴兵制をやっても無意味、逆に自衛隊が弱体化する」と言う意見が正しいと思われるのでしょうか?



日本でも自衛隊に応募する人が「体育会系のマッチョ」や「ミリタリーオタク」ばかりではないですよ。

どちらかと言うと普通の人たちです。

それでも半年ぐらいの訓練で、十分に武器の操作にも慣れます。みんな、義務教育や高校を卒業しているので、一定の能力はあるのですから。

また「太平洋戦争時の日本の様に赤紙で招集した急ごしらえの徴集兵では役に立たないから」と言うのは、事実誤認があります。

太平洋戦争時には、兵役検査で本来は不適格とされた「乙」「丙」などの人たちまでも徴収し、ろくな装備も持たせず、ろくな訓練もないまま、戦地に派遣したからです。

日本が右翼化に傾き、憲法9条を放棄するようなことがあれば、徴収兵制は復活する可能性はあります。

私見です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>何故「徴兵制をやっても無意味、逆に自衛隊が弱体化する」と言う意見が正しいと思われるので
>しょうか?

正しいとは思いません、疑問が多いです。
役に立たないなら、逆に徴兵して基礎的な訓練をした方が有効だと思いました。
日本は徴兵しないと維持できない戦争はしないと思ってます。

お礼日時:2013/05/14 22:08

韓国の徴兵制は北朝鮮程度には有効でしょう。



自民党は徴兵制には積極ではないとおもいます。
腰掛けは困りますし、企業の方も困ります。
アメリカも徴兵制をやめていますし日本では復活しないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も日本で徴兵制は復活しないと思います。
徴兵しないと維持できない戦争はしないと思うし、集団的自衛権で前線に自衛隊(国防軍?)を派遣するとしたら大問題になると思います。

お礼日時:2013/05/14 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徴兵制は無駄?

現代の軍隊はハイテク化が進んでいるので、素人が集まっても無駄なため徴兵制が日本に導入される事はないし、導入したところで意味がないと聞きます。
では、なぜ韓国や台湾などいろんな国で今でも徴兵制があるのでしょうか?
そういった国々はハイテクではないということなのでしょうか?
アメリカ軍は当然ハイテクであると思うのですが、アメリカでは素人が軍隊に勧誘されて入隊し、その兵士が実際にイラクなどに派兵されているようです。
徴兵と言っても突然戦場に送られるのではなく、訓練を受けるのですから、実際に戦闘となる時は、ズブの素人とは言えないのではないでしょうか。
そもそも初めから玄人である人はいませんし。
個人的には、軍事上無意味だとしても、国民の国防意識、国民であることの意識(義務や権利)、を芽生えさせるあるいは根付かせる意味でも徴兵制はあってもいいかなと思いますが。
やはり、徴兵制は無意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

メリットが少ない上に、デメリットが大きすぎるんです。

日本は周りを海に囲まれているため、防衛上重要なのは海軍と空軍です。
戦闘機の数や空母の数を考えても、そんな何百万の人間は必要ないですよね。
ちなみに航空自衛隊である程度の戦力になるためには、6年くらい訓練が必要なようですよ(このあたり参照:http://mltr.free100.tv/faq12c02.html)
仮に他国と緊張状態になった場合、緊張状態になってから徴兵したって使い物になりません。

では、韓国や台湾の状況はどうでしょう。
忘れがちですが、朝鮮戦争は未だに休戦中なんです。しかも北朝鮮と韓国は陸で国境を接していますから、陸軍が重要です。すなわち数も必要です(質がいらないというわけではありません)
台湾は中国と軍事的緊張状態です。しかも中国に攻められるような状態になれば、他国の支援もそれほどあてになりません(そもそも国際的には国として認められていない)
なので両国は未だに徴兵制なのです。



もし仮に日本で期間が20歳~23歳までの3年程度の徴兵制を敷いたとしましょう。
現在そのあたりの日本人の数が約450万人です。
徴兵とはいえ、いくらか給料を払わなければなりませんので、かなり低く見積もって年間200万だとしても、450万×200万で9兆。
その450万人の訓練用の武器が本体10万としても4500億。
さらにそれを訓練する人の人件費…などなど。
(ちなみに今年度の日本の防衛予算は4兆8016億です)
さらにその年齢の若者が勉強しない・働かないわけです。どれだけ経済に影響が出るでしょうか。
(ものすごく大雑把に数字を出していますので、細かいツッコミはご容赦を(汗)

>国民の国防意識、国民であることの意識(義務や権利)、を芽生えさせるあるいは根付かせる意味

要は現在から防衛費を3倍程度にして、その間の経済へのダメージを考慮してもなお必要かということです。
むしろ国民への意識という意味でしたら、学校教育の場などで行えば良いわけですし。


結論としては、軍事的にはただでさえ大国の軍に徴兵制が必要ないのに、日本は更に必要ない条件が揃っているわけです。
それを上回るメリットがあるのでしたら、無いとは言い切れませんけどね。

メリットが少ない上に、デメリットが大きすぎるんです。

日本は周りを海に囲まれているため、防衛上重要なのは海軍と空軍です。
戦闘機の数や空母の数を考えても、そんな何百万の人間は必要ないですよね。
ちなみに航空自衛隊である程度の戦力になるためには、6年くらい訓練が必要なようですよ(このあたり参照:http://mltr.free100.tv/faq12c02.html)
仮に他国と緊張状態になった場合、緊張状態になってから徴兵したって使い物になりません。

では、韓国や台湾の状況はどうでしょう。
忘れがちですが...続きを読む


人気Q&Aランキング