【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

今付き合っている彼からギリシャ正教会で洗礼を受けるように言われています。
彼は結婚を考えているので、洗礼を受けるならギリシャ正教会で、とのことです。
私は宗教とはまったく無関係の家で育ち、倫理の授業以外は宗教との接点はありませんでした。
神様はいると思っていますが、自分が聖書にならってイエス・キリストの様に生きたいとか、救済されて永遠の命がほしいとは思いません。
神様の存在は認めても、特定の宗教に属したくないというのはおかしいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

>神様の存在は認めても、特定の宗教に属したくないというのはおかしいですか?



日本人として、ごく普通の感覚だと思います。日本人の多くは習慣的に八百万の神を感じる(信じるではない)ようになり、山にも喋々にも使い古した箸にだって命とカミサマを感じるようになります。

一時期、はやった「トイレの神様」だって「それぞれの神様が役割分担をする際に、みんな嫌がったトイレを嫌がらずに担当なさった徳の高い神様」という話を素直に受け止めるのが日本人です。

質問者様の彼氏は、外国人でしょうか。

その場合と日本人の場合では話が異なります。
まず日本人の場合は、どこまでを折り合うのか(彼の家は正教だが、自分のうちは仏教なので両親の死後の葬式や法事にどうやって参加するのかなど)を話し合う必要があります。
それで折り合え、なおかつ質問者様が納得するなら洗礼を受ければいいと思います。

外国人の場合は、もう少し丁寧な対応が必要です。
質問者様は日本人であること、日本人の感性として特定の宗派・宗教に帰依するのに抵抗があること。
洗礼を受けなかった場合の結婚生活のあり方や、彼氏の両親・親戚との付き合い方など。
生まれてくる子供をどこで育て、どのような宗教観で育てるのか、などです。

アメリカやヨーロッパの人々の場合、夫と妻の宗教が違う、ということもありえます。複雑なのは同じキリスト教でも宗派が違うと教会のミサに参加できなくなることもある、ということです。
このような場合、あらかじめ話し合いがなされていて、子供をどちらの宗教で育てるかを決めていることも多いようです。
日本人の場合は、子供が洗礼を受けたからと言って、日本で生活をする分にはほとんど支障はないでしょう。ただし、最終的には本人の意思で「なにを信じるか」を決めさせてあげたいところです。

彼の側から見れば、質問者を含めて「信仰する対象を持たない」ということ自体がとても信じられない、人間として不完全な状態であると考えていても不思議はありません。
彼らは生まれてから国外に出るまで「信仰が目に見えない場所」がある、とは考えていないからです。そして日本人に「神を信じますか?」と聞けば「無信仰」だと答える人が多いわけですから、ますます分けが分からないでしょう。多くの欧米人にとって無信仰=無宗教であり、人生を生きる規範を持たないアナーキストに等しいからです。

実際のところ、日本人は無宗教でも無信仰でもありません。最初に書いたように、生まれてすぐにお宮参りし(これは洗礼に相当します)、七五三・正月と神社やお寺にお参りし、クリスマスは素晴らしい神様(実際は救世主キリスト)の誕生日であることを祝い、葬式は仏式で行なうだけです。
つまり一神教と違って、それぞれのときにそれぞれのカミサマにお願いしているのです。

一神教の人々の規範は「神が決めたことを守る」ということです。多神教である日本人の場合は「道徳を守り、カミを敬う」のです。

この違いを説明し、日本人である質問者様が「神様の存在は認めても、特定の宗教に属したくない」とはっきり説明して、おたがいの宗教について納得しあうしかないでしょう。
    • good
    • 0

今正に嫁ぐと言う事を外国人から教えられる逸話です



貴方は別段おかしいとは思いませんが
貴方の結婚する家の人間がそう言っているのならば
その様にして上げれば良いと思いますが
それはそれで出来ないと言う事でしょうか

たかが宗教と言う考え方もあるでしょう
たかが結婚と言う考え方もあるでしょう
貴方の価値判断にお任せいたします

※日本では家族に死人が出てから家の宗派を知る事は別に珍しい事ではありません
※家の宗教と個人の宗教観は別ものです
※拘れば拘るほどに 貴方は混乱する事でしょう
※家族の愛が宗教で変わるというものでもないでしょう
※結婚したいのか結婚したくないのか で考えれば答えは簡単です
※日本人にとっての宗教など 毎日身にまとう衣装ほどにも意味は無い事でしょう
    • good
    • 0

別におかしくありません。


現に私は神様の存在は認めてますが、特定の宗教には属してません。
人がどの宗教を信じようがそれは本人の自由(ただし、カルトと称される類の宗教を信じてしまうと色々と拙いですが・・・。)です。
これは同時に人に対して特定の宗教を押し付ける権利がないことも意味しますし、「宗教なんて信じてはダメ!!」と押し付ける権利がないことも意味します。

彼にはきちんと「私は神様は信じてるけど、特定の宗教には属したくない。」と伝えるべきでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング