人気雑誌が読み放題♪

こんにちは。

最近、「向日葵の咲かない夏」(道尾秀介)を読んでから
暗くて重い小説にはまっています。

現在は「疾走」(重松清)を熟読中です。
重松清さんの本は心にグサグサ刺さるけれど癖になります。

どん底に突き落とされる系を読みあさりたいですw
おすすめの本がありましたら教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

『玄鶴三房』『歯車』等は如何でしょうか。


有名な小説ですので、或いは御読みになっておられるかも解かりませんが、救い様の無い暗さという点で、この小説がふと浮かびました。
    • good
    • 0

新田次郎作『八甲田山死の彷徨』、ゴールディング作『蠅の王』、大岡昇平作『レイテ戦記』、森鴎外作『高瀬舟』。


秀吉や西郷隆盛晩年まで書いた歴史小説、『東海道四谷怪談』もすてがたい。
    • good
    • 2

後味が悪い本として名高い



『隣の家の少女』ジャック・ケッチャム著

はいかがでしょう。
ほんっとうに最後の最後まで重苦しい。
何が悪いって、最後の希望の一滴をぎりぎりまで残しておいて、最後にばっさりあっさり、蜘蛛の糸をさっくり断ち切るように絶望に叩き落されたのが。

外国小説は苦手なんですが、これは気づいたら次々とページをめくってた。まるで人間の、ぎりぎりの人間性に賭ける最後のチャンスにとりすがるように。
このギリギリ具合が本当に絶妙でしたから、最後まで諦めなかったのに。
    • good
    • 0

こんにちは。



私が読んだ中では、桐野夏生さんの本が暗くなります。
数は読んでませんが、「メタボラ」は結構暗くなりました。
暗いながらも面白いのでどんどん読めました。

あとは湊かなえさんの本も暗くなるのが多いです。
    • good
    • 1

お勧めは


「砂の女」安部 公房

お勧めしないけど
「イビサ」「トパーズ」「ライン」村上龍
    • good
    • 8

桜庭センセの「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」はどうですかね。


http://www.amazon.co.jp/dp/4044281041/

一応、もとはラノベで読みやすいことは読みやすく、一応の解決は
示されていますが、澄み切っていながらも全編に漂うどうしようもない
救いのなさは、ほんとに「元ラノベ」と言いたくなるほどです。

小野センセの「魔性の子」も暗いっちゃ~暗い。
http://www.amazon.co.jp/dp/4101240515/

ホラーっちゃ~ホラーの作品ですが、小野センセは「異分子」の話が
好きなようで、そういう異分子に対する人間のエゴイズムを徹底的に
えぐった話として救いがないんですよね。もっとも、これを読んでから
名作「十二国記」を読むと、双方のイメージが変わりますが。
    • good
    • 0

有名なものになりますが…



太宰治 『人間失格』
東野圭吾 『白夜行』 『ダイイング・アイ』
湊かなえ 『告白』

あたりは、いかがでしょう。
私の中では印象深く残っている作品です。
    • good
    • 0

読まなきゃ良かったと思うのは、「頼子のために」 法月 綸太郎 。

    • good
    • 1

『弥勒』 篠田節子



価値観崩壊のジェットコースターです。
重松清なんて、まあお約束な展開&着地なので、ある程度の覚悟は出来ますが、
これは覚悟して読まないと辛いです。

道尾作品は、何処かに優しさを感じますよね。
篠田作品は、本当に容赦ないです。軽くえげつなさぶちこみます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重い小説探してます

重くて暗い内容の小説を探しています。
今まで読んで、重いけど好きな小説は、
「永遠の仔」「沈まぬ太陽」「氷点」がトップ3という感じです。
こういう系統のものでお勧めがあれば教えてください。
グロテスク、狂気すぎるのはちょっと違うかなと思います。

上記以外で最近好きな作家は、雫井修介、三浦しをん、奥田英朗、市川拓司

ほとんど読破しているので避けて欲しい作家は、宮部みゆき、東野圭吾、重松清、高村薫、貫井徳郎、貴志祐介、恩田陸

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遠藤周作の「海と毒薬」はどうでしょうか?
かなり前に読んで、重い気持ちになったのを憶えています。
あなたのトップ3がすべて文庫で2冊以上の大長編だから、「海と毒薬」は薄い本なので、少し物足りないかも・・・。
でも、重厚な雰囲気は充分味わえます。
あと、大岡昇平の「野火」や、系統は違いますが、安部公房の「砂の女」なども、最後に感慨深いものがありお勧めです。
やはりどれも、文庫1冊分の小説ですが、気になったら読んでみてください。

Q救いの無い小説ありますか?

どうしようもないくらい救いの無い小説。
軽く鬱になるような小説探してます。

ジャンルは問いませんが、舞台は現代のほうが感情移入がしやすくていいです。
単に残虐な殺され方をされるだけや、陵辱はご遠慮願います。
また、作品自体が救い様の無い駄作とかは無しです。

読んだ感想なぞも添えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米澤穂信「ボトルネック」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%B1%B3%E6%BE%A4-%E7%A9%82%E4%BF%A1/dp/4103014717
残酷な青春小説です(残虐殺人・陵辱は無し)。
主人公の「僕」が今生きている現実とは微妙にずれがある別世界へ入り込んでしまう話なのですが、全くの異世界ではないのでSF嫌いの人でも抵抗はないと思います。
ずっと暗いまま話は続きますが、読み終わった後の辛さが格別な作品です。
アマゾンのレビューでも評判がいいようですね。

Qおすすめの暗い小説。。

とても暗くて、重く、狂気の世界で後味が悪い。
救いようのないほど酷いもので、しばらく(気持ちが)重くなり憂鬱になる
小説を探しています。
小説だけでなく、映画でも良いものがありましたら教えて下さい。
初めから最後までずっとただ暗いだけのものでもいいです。
具体的でなくてごめんなさい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ノンフィクションです。

○津山三十人殺し~日本犯罪史上空前の惨劇  筑波昭

昭和13年、一夜にして30人の村人を惨殺した空前絶後の事件です。

○子供たちは森に消えた  ロバート・カレン/著 広瀬順弘/訳

ロシアの「ロストフの切り裂き魔」アンドレイ・チカチーロの事件。

当時のロシアの社会問題、50人以上を殺害した犯人の犯行を読むと 暗くなる事、請け合いです。

○サイコ  ロバート・ブロック/著 福島正実/訳

ヒッチコックの映画「サイコ」はこの事件をネタに作られたそうです。

殺人者エドワード・ゲインの狂気と犯行を書いてます。



救いの無いただただ暗く陰惨な事件は、小説より現実の世界に多い様です。

私はノンフィクションの犯罪小説が好きで、結構沢山読みますが 本当、世界には物凄い事件がありますよ。

お好みの内容でなかったら、申し訳ありません。

Q残酷、暗い感じの作品を(小説で)教えてください。

先日、「家族ゲーム」というドラマが放送していたのでなんとなく見てたら、なかなか酷い話だったので思わず笑ってしまいました。そこで他にも同様な雰囲気の作品を小説(原作)で教えてもらいたいです。
↓読みたいジャンル?(この中から回答者さんが、おすすめしてくださる作品を番号で教えてください。

1、明るい日常的な感じから、一気にシリアスや重苦しい展開になるもの(BADENDじゃなくてもOK)
2、始めから暗い、読んでる途中、もしくは読了後に欝になる作品
3、キチガイ作品(まったくわけがわからないもの、読んでて気持ち悪くなるもの)
4、その他
1~2はいいですが3は耐性が全くありません。なので、3の作品を推す人は、比較的にユルいものでお願いします。
↓参考までに好みの作品(アニメやラノベばかりなので参考になるかどうかわかりませんが・・・)

〈アニメ〉
・新世紀EVANGELION(EOE)Air/まごころを君に ジャンル:1 特にAirが好み
・屍鬼          ジャンル:2
・うみねこのなく頃に ジャンル:2 グロシーンがいいです。本編に至ってはアレですが・・・
・エルフェンリート   ジャンル:2
・another        ジャンル:2 
・新世界より     ジャンル:2 少し違うかもですがラストが良かったので。

〈ライトノベル、小説等〉
・イリヤの空、UFOの夏 ジャンル:1 これもまた違う感じですが、こういうのもOKです。
・されど罪人は竜と踊る ジャンル:1 
・クリス・クロス       ジャンル:1
・NHKにようこそ!     ジャンル:1 後半が好きです
・失はれる物語       ジャンル:2 

〈ググった結果気になった作品〉
・ドストエフスキー作品
・村上龍作品
・グロテスク (小説)
・ZOO
・貴志祐介作品
・魍魎の匣
・Sキング?作品
・屍鬼(原作)
・乱歩 「芋虫」
----------------------------------------------------------------------------------
・終わらない夏休み(正直見たくありません)       ジャンルは3かな?
・少女椿     (アニメですが気持ち悪そうなので・・・)    〃
----------------------------------------------------------------------------------
回答者さんのおすすめ作品と、その作品を番号で教えてください。
1~2作品ぐらいお願いします。

先日、「家族ゲーム」というドラマが放送していたのでなんとなく見てたら、なかなか酷い話だったので思わず笑ってしまいました。そこで他にも同様な雰囲気の作品を小説(原作)で教えてもらいたいです。
↓読みたいジャンル?(この中から回答者さんが、おすすめしてくださる作品を番号で教えてください。

1、明るい日常的な感じから、一気にシリアスや重苦しい展開になるもの(BADENDじゃなくてもOK)
2、始めから暗い、読んでる途中、もしくは読了後に欝になる作品
3、キチガイ作品(まったくわけがわからな...続きを読む

Aベストアンサー

夏目漱石作『こころ』『行人』。車谷長吉作『赤目四十八瀧心中未遂』。ラディゲ作『肉体の悪魔』。スタインベック作『ハツカネズミと人間』。フォークナー作『サンクチュアリ』。ジェーン・ブロンテ作「嵐が丘』。遠藤周作作『沈黙』。吉村昭作『ニコライ遭難』。池井戸潤作『空飛ぶタイヤ』。石田衣良作『うつくしい子ども』。川端康成作『十六歳の春』。有吉佐和子作『複合汚染』。吉村昭作『羆嵐』。吉田修一作『flowers』。丸山健二作『夏の流れ』。中上健二作『枯木灘』。金原ひとみ作『蛇にピアス』。S.モーム作『人間の絆』『雨』。多島斗志之作『少年たちのおだやかな日常』。トランボー作『ジョニーは戦場に行った』。菊池寛作『入れ札』。阿部公房作『箱男』。伊藤計劃作『The Indifference Egine』。

伊藤計劃こそ、いつ読むの?、今でしょ!という感じ。

Q孤独や絶望を題材にした小説

読書が好きです。
恋愛ものよりはこの頃
孤独や絶望を題材にした小説が読んでみたいと思っています。

孤独や絶望によりダメになってしまったり
克服し立ち向かったなど

これらをテーマにした話があればぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

私個人のお気に入りではありますが、
ミヒャエル・エンデ作「鏡の中の鏡」「はてしない物語」がおすすめです。

哲学的な風はありますが、
彼の作品はそこはかとなく絶望かつ孤独を感じさせます。
前者は短編集のようなもので、後者は長編のファンタジー小説です。

Q少し重いテーマのオススメの小説は?

読み応えのあるオススメの小説があれば教えて下さい。
・少し重いテーマのものに興味があります。
(でもあまり重すぎて救いようのないドロドロしたものはちょっと、、、ですが。)
・できれば、実際にあった出来事(歴史に絡んでるもの)を元に描かれたものがいいです。
・明治以降の日本と海外の関係とか、戦争、ナチス、日朝(在日)問題、複雑な家庭環境、、、等(その他、オススメのテーマがあればなんでも)。
・ミステリー・サスペンス・いわゆる歴史小説以外で。
・あまり長編でないもの。
・できれば、日本の作家か中国・韓国等の作家のもの。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私のお薦めは『ワイルド・スワン』です。確か中国系の作者の方の自伝みたいな感じで、毛沢東の時代の戦争のころの話です。あまりよく憶えてないのですが条件にヒットしているとは思います。当時中学生だったんですが、夢中で読んだ記憶があります。
変な説明ですみません。

Qシリアスで暗い雰囲気の小説を紹介してください。

シリアスで暗い雰囲気の小説を紹介してください。
救いが少ない話が好きです。ジャンルは何でも良いです。

私が読んだ小説の中で条件に当てはまるもの。
・大石圭「絶望ブランコ」
・坂東眞砂子「狗神」
・遠藤潤子「月桃夜」
・桜庭一樹「私の男」
・貴志祐介作品
・乙一作品

Aベストアンサー

「月桃夜」や貴志祐介、乙一作品は私も読みます。

道尾秀介の作品は如何でしょう?
特に「向日葵の咲かない夏」「球体の蛇」「光媒の花」等 月9ドラマ「月の恋人」の原作者ですが全く趣が違います

湊かなえの作品 映画化された「告白」を始めどれもシリアスで暗いと思います。

Q暗いけど美しい小説

暗いけど美しいというか綺麗な印象を受けた作品があったら教えてください。
ジャンルは推理もの以外であれば何でも良いです
できれば主人公は青年くらいが良いです
べつに綺麗じゃなくても暗い展開のでこれは名作だと思うのがあれば教えてください、
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●大原まり子「スバル星人」
一見、明るくPOPな日常生活の裏に潜む悲劇の影と、それを乗りこえて生きようとする主人公の決意。分野は、一応、SF。美しい。

●栗本薫「レダ」
未来の管理社会と、その中で強く生き抜こうとする少年の物語。分野は明らかにSF。美しい。

●夢枕獏「上弦の月を喰べる獅子」
ふたりの人生がらせん状に絡み合い、海から生まれた生き物が意識として進化を続け、最後にブッダが生まれる。SF。キレイな印象はない。

●エミール・ゾラ「居酒屋」と「ナナ」
自然主義文学の巨匠で、世の中の悪や不合理を書きまくったもの。あまりキレイではない。

●安倍公房「方舟さくら丸」「砂の女」「他人の顔」
日本が誇る天才小説家で、長生きさえすれば、ノーベル賞をとっただろうとされている人物。ドロドロと暗いのではなく、数学的精密さに基づいた不条理感が暗い。全く美しくないが、文章は読みやすい。

●ジャン・ジャック・ルソー「告白」
教科書では自然法思想とからめて紹介される社会哲学者だが、万能の天才とも言える人物。西洋の小説では、勧善懲悪ものや、甘ったるい宮廷恋愛ものや、伝承的民話しかなかった時代に、突如として放たれた自伝にして、自分の過去の悪行をも語ったもの。

●ミヒャエル・エンデ「はてしない物語」
物語の中盤から後半にかけて、暗くなる。一度は王にまでなりかけた主人公が全てを失った時、殺し合いまでしたもう1人の主人公が助けに来てくれるシーンは感動もの。美しい。分野は、児童文学かファンタジー。

●大原まり子「スバル星人」
一見、明るくPOPな日常生活の裏に潜む悲劇の影と、それを乗りこえて生きようとする主人公の決意。分野は、一応、SF。美しい。

●栗本薫「レダ」
未来の管理社会と、その中で強く生き抜こうとする少年の物語。分野は明らかにSF。美しい。

●夢枕獏「上弦の月を喰べる獅子」
ふたりの人生がらせん状に絡み合い、海から生まれた生き物が意識として進化を続け、最後にブッダが生まれる。SF。キレイな印象はない。

●エミール・ゾラ「居酒屋」と「ナナ」
自然主義文学の巨匠で、世...続きを読む

Qとにかく暗いストーリー・・・

とにかく、とても暗い重い題材を扱った小説を探しています。

特に、人間の内面に深く入り込んだようなものが好みですが、例えば、宗教とか、イジメとか、どのようなものでも構いません。
ミステリ、純文学、ホラー・・・など、ジャンルにもこだわりません。
ただし、できれば日本文学で、あまり古典でない作品を希望します。
あと、現在、文庫で手に入るもの。

読み終わった後、呆気にとられるような、逆に、人間の業のようなものを描き切っていて虚しく侘しく、ある意味、切なくなるような小説で、
お薦めの作品があったら教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

吉行淳之介などどうでしょうか。
男女の感情を描いたものなど、なかなかどんよりしています。

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む


人気Q&Aランキング