合板木箱を作って輸出したところ、現地から臭いがすごく、目にしみるという報告が有りました。多分、接着剤が原因だと思うのですが、どなたかお教え下さいませんか。

A 回答 (3件)

合板ということでしたら


ホルムアルデヒド 0.002 mg/g
含有されている。という調査結果があります。
(ホルムアルデヒド水溶液のことをホルマリンといいます)

尿素系の接着剤にはこのホルムアルデヒドが含まれており、
室内汚染の一因となっています。最近はこのホルムアルデヒドを
放散しないような接着剤も開発されつつあるようですが、
現在は、出荷前に製品に支障がない程度にあたためて、
換気して上げるしかないかな?と思います。

ホルムアルデヒドの毒性
http://info.nies.go.jp:8093/kis-plus/kis-net.asp …
    • good
    • 0

合板のホルマリンは宿命みたいなものらしいです。


衣料品の袋に「ホルマリン汚染防止のために開封しないでください」とかいてあるのは、陳列棚の合板から発生したホルマリンが衣料品につかないように、ということだそうです。

発生量は保管状態で変わってくると思いますが、輸出品ということなので、船倉の温度がたかかったのでしょう。
    • good
    • 0

たぶんホルマリンが移送中に高温にさらされ、空気中に飛散したのだと思います。



合板の接着剤にホルマリンが含まれたものを使用したか、仕上にニス塗り等をしている場合にはその塗料に含まれていたのでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国のレア・アースの輸出規制について

中国のレア・アースの輸出規制について

全くの素人で、直感なのですが、
初めて輸出規制のニュースを聞いたとき、
規制で一時的には、日本企業が困っても、
将来的には、寧ろ中国側が損するだけなんじゃないか、と思いました。

実際のところ、どうなんでしょうか?
皆さんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

>中国のレア・アースの輸出規制について

        ↓
自由主義&自由競争社会の日本では国家統制や手厚い保護保証が原則有りませんので、製品開発&生産のコストや原材料調達うあ設計変更に多大な影響があります。
その為に、私企業ですから、レア・アースを求めて、色んな方法や犠牲を強いられても生き残りの為に対応(バーター取引・中国への工場や部材調達先移転・代替物質への転換etc)が余儀なくされると思います。

しかし、長期的には(2~3年)需給面で中国の態度が変化(利用しているのは技術水準の高い国であり、その先進技術を中国は必要)するだろうし、我が国の企業でもリスクヘッジの関係から、戦略的に調達先の変更や多国&分散化が行われ、代替物質や使用量の削減等の技術開発対策が可能だと思います。

>将来的には、寧ろ中国側が損するだけなんじゃないか、と思いました。

世界の工場であり、巨大な人口(将来需要)を抱え、雇用と購入と利用の面で、製品コストや部材不足は中国自らの生産・販売・市場にとってもリスクであり、拡大と成長での格差是正や生活水準や発言力の底上げを図っている中国にシュリンクは、企業家&民衆の反発を招き、共産党独裁政権の政治と経済の矛盾を晒し、政治的な統制と経済合理性の二律背反は自らの基盤を揺るがし首を絞めかねない。

今は、政府の国威発揚・強攻策での船長&船舶奪還で支持されているが、それがコントロールの利かないナショナリズムの沸騰や反日ボイコットまでのレベルに迫ると、商業・工業・農業・漁業・観光等の業種や職種、経営者と作業員や消費者の立場や利害で世論(作られた世論しかないようですが、ネットや本心で徐々に顕在先鋭化してくる)が分裂、政府批判も硬軟、多種多様に分かれて出て来る。
振り上げたコブシの下ろし所とタイミング、民衆の意向と予測、日本政府と国民の反応、国際社会の中国への評価をリサーチ、ウオッチングし、次なる戦略、名と実を有利にどう取るのか模索しているのが現状だと思います。

堂々と中国政府への抗議、WTCへの提訴、代替技術や原材料の開発&調達先の準備(危機管理の一環でもある)を公正並びに国際ルールを主張しながら、臨機応変に進める。
主権の侵害に対する不法不当な制裁処置には、万一の被害に対しては個別補償も視野に、矜持を持ち守り抜く為に臥薪嘗胆を全国民が覚悟する・・・それが世論による中国のイチャモンへの最大の干城であり、政府の外交へのエールとなりサポートだと思います。

>中国のレア・アースの輸出規制について

        ↓
自由主義&自由競争社会の日本では国家統制や手厚い保護保証が原則有りませんので、製品開発&生産のコストや原材料調達うあ設計変更に多大な影響があります。
その為に、私企業ですから、レア・アースを求めて、色んな方法や犠牲を強いられても生き残りの為に対応(バーター取引・中国への工場や部材調達先移転・代替物質への転換etc)が余儀なくされると思います。

しかし、長期的には(2~3年)需給面で中国の態度が変化(利用しているのは技術...続きを読む

Q日本で製作した装置(ファンで静圧をかける装置)を中国に輸出したところ必要な静圧が得られません

インバータで0.75kWのシロッコファンを駆動する装置を日本で製作し、試運転の後に中国へ輸出したところ必要な静圧が得られませんでした。中国の動力電源は380Vを220V(50Hz)に落として使用しています。インバータの出力端子をテスターで当たると、日本では線間で120V、対地で120Vであったのに対し、中国では線間で80V、対地で160Vとなりました。何か考えられる原因はないでしょうか? 小生、電気にはあまり詳しくありませんので、ご教授ください。

Aベストアンサー

インバータ機能の設定内容や出力周波数の調整方法や変圧器容量などに
問題があるような気がします。
現状の詳細を調べる必要があると思いますが、国内のインバータメーカ
の大半が中国に進出しており、サービス拠点もありますので、使用して
いるインバータのサービス拠点等に直接連絡して、現地での電源状態や
インバータの設定内容を調査し、対応してもらうと良いと思います。

Q日本はガソリンの輸出国ですか?

今まで思いも付かなかったのですが、ヒョットすると日本はガソリン・灯油などの「輸出国」だったのではないでしょうか?

Aベストアンサー

面白い発想ですね。
確かに統計上で、ガソリン・灯油・軽油の輸出入のバランスだけで言うと、そう言う言い方が出来る期間は存在します。
1997年に石油製品の輸入自由化が行われた際には、農協・商社がこぞって輸入に走り、一時的にはかなりの量が輸入されていましたが、日本の製品基準(含有硫黄分)が変わって行った事等で、現在製品輸入は殆ど行われていません。
現在の日本の石油製品は世界中の基準を上回るレベルであり、需給関係で逼迫したどの地域でも販売する事が出来るため、去年のカタリーナ被害が発生した時などに輸出が行われています。
一方、元売が製品を輸入する場合、日本に持って来ても規格などで手直しが必要な事から、半製品を原油に混ぜて「原油」として輸入し、製油所で作り直すケース(注ぎ足した分だけ対象製品が多く出来る)が大半です。
そういった理由で、統計上の数字で言えば石油製品の輸出国になる場合がある訳です。

Qスーパー店頭の回収ゴミ箱は

スーパーマーケットの店頭あたりに、資源ごみの回収箱が置いてありますよね。牛乳等の紙パック、PETボトル、ポリウレタンの容器等です。
どのスーパーでもほぼ同じ種類の設置ですが、これは法律や条令等で決まりがあるのでしょうか。それとも業界で統一基準みたいのがあるのでしょうか。気になったものですから、教えてください。

Aベストアンサー

資源再利用(回収、リサイクル)は環境にやさしいということで世界の取り組みです。
自治体もたいていは支援、助成します。需要があればそういうニッチな市場向けに供給する事業者も出てくるでしょう。コストの問題だから先に始めた企業が有利で寡占化規格化共通仕様進みそうです。
http://72.14.235.104/search?q=cache:TfS_iwYiywMJ:www.city.yokohama.jp/me/pcpb/info/gen/registration/pdf/gyousha_youkou.pdf+%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E6%A5%AD%E3%80%80%E8%B3%87%E6%BA%90%E5%9B%9E%E5%8F%8E&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp&lr=lang_ja

スーパーやコンビニなら消費者にいい印象与えるためにも回収ポスト用意しますね。
おかげで(下品な振る舞いだが)歩きながら飲む冷たい飲み物の容器は(以前なら捨て場に困るのでその場で飲むしかなかったが)どこにも捨てられて便利です(^^)

資源再利用(回収、リサイクル)は環境にやさしいということで世界の取り組みです。
自治体もたいていは支援、助成します。需要があればそういうニッチな市場向けに供給する事業者も出てくるでしょう。コストの問題だから先に始めた企業が有利で寡占化規格化共通仕様進みそうです。
http://72.14.235.104/search?q=cache:TfS_iwYiywMJ:www.city.yokohama.jp/me/pcpb/info/gen/registration/pdf/gyousha_youkou.pdf+%E5%B0%8F%E5%A3%B2%E6%A5%AD%E3%80%80%E8%B3%87%E6%BA%90%E5%9B%9E%E5%8F%8E&hl=ja&ct=clnk&cd=...続きを読む

Q木の二酸化炭素吸収率

くすの木や杉などの木の二酸化炭素吸収率を教えてください。
また、二酸化炭素を最もよく吸収する木は何なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、既に知識ある方からのGoodな回答が来ているようですが、
このあたりは、もうご覧になられでしょうか ?

http://websearch.yahoo.co.jp/bin/query?p=CO2%b5%db%bc%fd%ce%a8&hc=0&hs=0

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=CO2%E5%90%B8%E5%8F%8E%E7%8E%87&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

http://www.ne.jp/asahi/doken/home/charoko/kenaf/

適切な回答になっていなく、本当に申し訳ありません。
どうかお許し下さいね。

ちなみに、この 教えてgooのサイトは、分刻みで、質問、そしてそのご回答が
届くようですが、この質問について未だに1件しかない、ということは、
もしかすると待っておられても、もうこれ以上によい回答がないのかも ?
もっとも、あればそれに越したことはないりのですが...

木などの二酸化炭素について、詳しく研究されているようなので..

どうか頑張って下さいね。

参考URL:http://websearch.yahoo.co.jp/bin/query?p=CO2%b5%db%bc%fd%ce%a8&hc=0&hs=0

こんにちは、既に知識ある方からのGoodな回答が来ているようですが、
このあたりは、もうご覧になられでしょうか ?

http://websearch.yahoo.co.jp/bin/query?p=CO2%b5%db%bc%fd%ce%a8&hc=0&hs=0

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=CO2%E5%90%B8%E5%8F%8E%E7%8E%87&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

http://www.ne.jp/asahi/doken/home/charoko/kenaf/

適切な回答になっていなく、本当に申し訳ありません。
どうかお許し下さいね。

ちなみに、この 教えてgooのサイト...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報