夫の祖母が亡くなり「家族だけで葬儀を行う」ということで、夫と私で出席してきました。
義祖母と義両親は同居、義実家までは車で3時間半ほどの距離です。
先日葬儀を終えてきたのですが、その時のことを実母に話すと「あんたはいったい何をやってるの!?あぁ、恥ずかしい…」と言われてしまいました。

友引等の関係もあり、亡くなられてから3日後に葬儀。
家族葬で、いわゆる「小さなお葬式」というものだったようです。
通夜・告別式等はなく、義実家のリビングに簡単な祭壇を作り、火葬の日は葬儀屋さん一人と家族9人で火葬場まで行き、お骨を拾って終わりでした。
その後、レストランで食事して解散。

実母に叱られたのは以下の行動です。
私は非常識だったでしょうか?

【すぐに駆けつけなかった】
義祖母は何年も寝たきりでほとんど意識がなく、ここ2ヶ月くらいは肺炎で入院されていました。
今回、容態が急変してすぐに亡くなられたようで、夫は夜10時くらいに「さっき亡くなった」と連絡を受けていました。
義父から「詳しいことはあとで連絡する」と言われたまま次の日の朝になり「葬儀は明後日、家族だけで行う」と言われました。
私と夫は共働きで「式があるわけでもないのに、3日も仕事を休めない」と判断し、葬儀の前日の夜に義実家に向かうことにして、お互い仕事へ行きました。
(特に私は義祖母とほぼ面識がなく、夫はまだしも嫁である私がそこまでしなくても…との夫の判断)
一応、義実家にも「それでいい」と言われたそうですが。
これについて母は「何と言われても、夜中すぐに駆けつけるのが当たり前。遅くとも次の日には行かないと」と御立腹。
夫の兄弟(無職の兄、たまたま仕事が休みだった妹)は翌日義実家に着いたそうです。
確かに、行けば何かお手伝いできることもあったかもしれません…

【私と夫だけホテルをとった】
義実家は2LDKです。
そこに義両親と夫の兄・妹、義父の妹の5人が寝ることが決まっていました。
義祖母も安置されているそこに私たち夫婦が宿泊すればさすがに狭く、何よりも数回しか会ったことのない嫁がいれば気を使わせるでしょうし、家族だけなら「ご飯も風呂も布団も適当でいいや」となるところを「嫁がいてはそうもいかない」となってしまうのでは?と思ったのですが。
母には「一晩中徹夜で、みんなで火を絶やさないようにするのが常識。あんたたちだけぬくぬくとホテルだなんてとんでもない!」と言われてしまいました。
夫が義実家に聞いたところ「みんなで雑魚寝だった。うちは泊まってくれてもホテルでも、どっちでも良かったよ」とのことでしたが、母は「そういう問題ではない!」と。
※もちろん、宿泊費は私たち夫婦で負担しました。

【香典の金額】
私たち夫婦で1万円包みました。
これも母からは「少なすぎる!なんて非常識な!結婚して30代の孫夫婦なら3万円に決まってる!」と…

【手土産】
いつもは義両親の好きなお菓子などを持っていくのですが「葬儀に出席するのに土産というのも浮かれているようで…」と思い、今回は持参しませんでした。
しかし母は「土産というよりは供物。祭壇にお供えするように果物や饅頭などを買っていくもの」だと言います。
私が見た限り、祭壇に食べ物はありませんでしたが(フェイクの団子と、来られなかった方たちからの香典袋・電報・お花はありました)土産を持参すべきだったでしょうか…

また、今回いわゆる「お手伝い」のようなことを何もできていません。
前日は夜9時くらいに義実家に到着し、義祖母に手をあわせてお茶を一杯いただいて当日の段取りを確認しホテルへ。
次の日は朝9時出棺とのことで8時に義実家へ。
お坊さんやお客様はいらっしゃらず、葬儀屋さんと段取りの確認・御遺体にお花を飾る・祭壇や棺の移動などをして火葬場へ。
(葬儀屋さんの車に全員は乗れず、私の車で夫の兄弟たちと一緒に)
すぐに焼香が始まり、流れ作業的に火葬。
待合室で1時間ほど待機している間に、用意されていたお茶とお菓子を配りました。
↑これが唯一のお手伝いらしきことです。
その後はレストランで食事をして、義父に「今日はみんな来てくれてありがとう」と言われて、そのまま解散でした。
(この時の会計は義父がしてくれました)
一応、叔父と叔母を車で15分ほどの駅まで送ってから帰りましたが。
夫に「もっと手伝えることあったかな?」と聞いてみましたが「いやー、葬儀屋さんが来てたし特にやることないんじゃない?車も出して運転手もしたんだから、それでいいよ」と。

これらについて、義両親は「とにかく大げさにはしたくなかったから、何も気にする必要はない」と言ってくれていたそうですが(夫談)、母には「そんなの気を使ってそう言ってるのに決まってるでしょ!なんでもかんでも鵜呑みにしてると失礼ばかりになる!嫁という立場をわかっていない!」とこっぴどく叱られました。

うちの母は生まれてからずっと超田舎暮らしなので、葬儀等ではかなり大げさに動き回るタイプです。
家族葬というものも経験したことがないようで、出席人数を聞いて「何かの間違いでしょ?」と何度も聞いてきました。
そんな母の話を全て信じるのもどうかとは思うのですが…みなさんはどう思われますか?
また、どのように振舞えば良かったでしょうか?
みなさんのお叱りを覚悟で質問しています。
今後のために、御指導よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

NO18です。


お礼ありがとうございました。

思っていた以上にフランクでビックリしました。
レストランで、サラダバー?って、多分あまりないと思います。
本当にくだけた形(くだけすぎくらい?)でされたのですね。
それでしたら、義両親の言うとおりで本当に良かったのかもしれません。
多分、ご実家のお母様の言う通りにされたら鬱陶しがられたでしょう。

ご兄弟はご結婚されていないのですね。
それでは香典も包まないですよね。
ご両親と同じ家ですから。
まぁ今回は初めてのことだし、大丈夫ですよ。
義両親の言う通りでいいと思います。
その家のやり方があるのでしょうから。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

>思っていた以上にフランクでビックリしました
やっぱりそうですよね(笑)

会社の人にも軽く相談してみたのですが、やはり詳しく話すまで直葬の雰囲気はわかりにくいようでした。
始めは「お香典は3万よ~」と言っていた方も、直葬だと理解されると「あぁ、うーん…じゃあ、1万円もアリ…かな…?」と。
「すぐに行ってお手伝いしないと、後で何をわかったもんじゃないわよ!」と言う方も「それだったら…確かに行っても邪魔なだけかも…?」と悩んでおられました。
一般的に考えるとかなりイレギュラーな葬儀形式だったようです。
あまり「葬儀の常識」が通用しない感じだったのですね。

さすがに今回と同じ振る舞いを他の葬儀で行うわけにはいかなさそうなので、みなさんのお話は本当に参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/21 18:00

私は凄く都会から凄く田舎に嫁にきました。


だから、どちらの言うことも分かる気がしますね。
それでもって、何が正解かというと正解なんてないんだと思います。
「常識」とか「一般的に」なんて言葉を私達はよく使う訳ですが、それってその人の価値観だったり環境だったりで随分違います。
こういう場合、喪主の方の言葉に従うのがいいのだと思いますよ。

【すぐに駆けつけなかった】
→まぁ、夜は微妙ですが、翌日に駆けつけても良かったかもしれませんね。
ただ、ご質問者様は孫の立場ですから、一目散にかけつけなくてもいいよということだったのでしょう。
田舎だったら朝一に行くかもしれませんね。

【私と夫だけホテルをとった】
→どちらでも・・・ということだったみたいですが、一応雑魚寝に行った方がよかったかも。
 ただ、ご質問者様は寝てよかったと思いますけどね。
 大体寝ずの番は、実子か男性がやることが多いですね。女性は食事の準備とか違う役割がありますから。

【香典の金額】
→通夜と葬式だけならこの金額でもいいかもしれませんが、お膳も食べてきたとなるとちょっと少なかったかも。
 レストランで出たのは初七日のお膳ですよね?
 好きなものを頼んで会計して・・・じゃないですよね?
 通夜で包んだものとは別に2~3万くらい包んでも良かったかもしれませんね。

【手土産】
→供物ですよね。これはどうでしょうね?
 急なことだと持って行かないこともあるかもしれません。
 田舎の方では線香セットみたいなのが売られていて、そういうのを持参する場合もありますね。
 供物もありますが、お通夜などのときは急なので持ってこられない場合の方が多かったかも(私がみた限り)。
 四十九日や法事の時は持参しているときもありますけど、それもその家によるんじゃないかと思います。

振る舞い方なんて、そこによって違いますよ。
うちは180度違うので、例えば私の実家の葬儀の時にあれこれすることがよいことだと思っている義母がしゃしゃり出てきたら超迷惑(笑)。
逆に、義実家側の葬儀でうちの実家があまり何もしないと「あの家は何もしない」と言われるんでしょうね。

次に葬儀などがあったら、義両親に話を聞くだけでなく、ご主人のご兄弟にも聞いてみたら如何ですか?
「親父はこうでいいよって言っていたんだけど、兄さんはどうするの?俺はこうでいいかな?」とか「兄さんはいくら包むの?じゃあ皆〇万でいいか」とかそういう会話はできますよね?兄弟で足並みを揃えれば、そんなに変なことにならないと思いますけど。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ここで質問して、ありがたいことに本当にたくさんの回答をいただきました。
一番強く感じたのは「人・地域によって全然違うんだなぁ」ということ。
私が全面的に違うと仰る方、何も間違っていないという方、○○はいいけど△△はだめ、などなど…
難しいですね、本当に難しい。
私はまだ嫁1年生ですが、みなさんこれを何年も何度もクリアしてきているんだと思うと「すごい!」の一言です。

>好きなものを頼んで会計して・・・じゃないですよね?
いえ、まさにこれです(笑)
「あまりお腹がすいていない」という叔母はパンケーキ、それ以外の人たちはみんな800~900円くらいのランチセットを選んでいました。
平日の洋食レストラン、サラリーマンや主婦に混じって、喪服の集団がサラダバー前であーでもないこーでもないとやっている、ちょっと不思議な光景でしたよ(笑)

>ご主人のご兄弟にも聞いてみたら
そうですね、今回はちょっと連携がなっていなかったかもしれません。
次の日に着いていたというのも、実際に義実家を訪問して初めて知りましたし。
香典の額については夫が義兄に聞いてみたのですが「俺は出さないよ。妹も出さないし、いらないんじゃない?」と言われてしまって。
いやいや、さすがに結婚している私達が出さないわけにはいかないだろう(義兄と義妹は独身です)…でも他の兄弟とあんまり差があっても…ということで、1万円にしてみました。

お礼日時:2013/05/20 14:36

時代がどんどん変化し、ネットで世界の葬儀等も瞬時にわかるようになり、無駄をはぶき、個人の自由と思想を第一に考える時代になったのだと思います。

貴方のした事、全然悪くないです。「千の風」になるのか「すぐ生まれ変わる」のかは知らないけれど・・・・

この5月に母が亡くなりました90歳でした。私は喪主になるので質問者さんの義父と同じ立場です。私も貴方の義両親のような、お葬式で済ませました。自分の家の葬儀でもよその家の葬儀でも、いやな思い出しかなく、「もし自分の家族の葬儀はどうしよう」とずっと考えて調べていました。

日本は法治国家であり、人が亡くなってやるべきことは医者の「死亡診断書」と「火葬又は埋葬許可証」だけです。亡くなってから24時間過ぎる必要はありますが。

最近は、都会を中心に直葬や小さなお葬式が増えているようで、私もそれに決めたしだいです。問題は親戚や知り合い等のつきあいや、感情や、利害(損得)がからんで来る事です。「人のうわさも75日」とかいいますから、気にしない事です。だから私もこうしてネットをしたりテレビを楽しんだり、故人を偲んでみたりしています。

仏教界のしている事も、釈尊の教えとはかなりかけ離れているようです。キリシタン弾圧による檀家制度が、紆余曲折しながら今日にいたり、檀家が少なくなった現在、住職等の収入源の為のお経や戒名と言えるでしょう。

統一教会の霊感商法を批判しておきながら、仏教界の布施等を問題視しない日本共産党(宗教を批判するはずの)とは何を考えているのかと思っているしだいです。昔、はやった「幸福の手紙」じゃないですが「よくないことはやめるべき」だと思います。千里の道も一歩からといいますから。

葬儀を否定しているのではなく、時間と費用と労力がかかりすぎると思うからです。つきあいや名刺交換や酒等が好きな方や葬儀関係で甘い汁を吸っている方もいらっしゃるとは思いますが・・・・
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

実はこの週末、葬儀とはまったく無関係な用事で再び夫の実家を訪問しました。
お仏壇もありませんので、お骨だけが義父の手作りの棚にこじんまりと、でも綺麗なお花に囲まれて置いてあって、「こういうのもいいな」としみじみと思いました。

>無駄をはぶき、個人の自由と思想を第一に考える時代
>葬儀を否定しているのではなく、時間と費用と労力がかかりすぎる
私もまったく同感です。
それぞれが、故人や家族の想うように行えばいいのであって、「こうでなければおかしい!」というものではないのでは?と。

そういえば、型破りかな?と思うことがもう一つ。
義母が葬儀の後に「切花は手入れも面倒ですぐ枯れちゃうし、鉢植えのお花があるといいわね。おばあちゃんはおしゃれなのが好きだったから、あまり辛気臭くない、かわいいのを買ってこようかしら」と言っていたので、ハート型の鉢植えに植えられたセロシアケイトウを買っていきました。
花言葉が「おしゃれ」だとお花屋さんに伺ったので、ちょうどいいかと。
義母は「まあ、かわいい!ありがとう、おばあちゃんもすごく喜ぶよ!」と言ってくれました。

ただ、うーん、これもやっぱり母に話したら「もっときちんとしたお花を贈りなさい!」と叱られるのかなぁ…

お礼日時:2013/05/20 14:18

ひとまずはっきりいえることはすべて今回は義実家側の事なので


義両親さんがすぐに駆け付ける事を要求しなかった訳なので貴方たちの高度は間違っていませんね。

お母様はご自分の立場で考えておりますが葬儀は義実家の事なのでこれは義実家に意見に合わせるべき事です。


ただ貴方たちご夫婦でマナーに反するということは香典の額。

食事もある。そして孫夫婦という立場で「1万」あり得ません。
身内の葬儀でなくても食事がある場合は一人1万の額ですね。
それを今回は夫婦で1万では義実家では正直赤字。冠婚葬祭は相手が赤字にならないように包むのがマナーです。

身内の葬儀などに夫婦で1万って普通はなかなか有りませんよ。

お母様が言うとおり3万は必要だと思います。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

他のお答えにもいくつかありましたが、香典の額、やっぱりちょっと少なかったみたいですね…

>食事がある場合は一人1万
>婦で1万では義実家では正直赤字
今回については大丈夫です。
お昼時でしたので、食事はレストランといいますか昔ながらの洋食屋?で、みんな800~900円台のランチセットでした。
総勢9人でしたので、1万円で全員分まかなってもお釣りがきます。

でも、食事の有無で香典の金額を考慮しないといけないというのは考えたこともなかったので参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2013/05/20 13:55

拝見させて頂きましたが、特に問題があったものとは思いません。



そうですね、ただ連絡があった以上は本来ならご主人の身内ですから、その夜や翌日にご主人だけは顔見せさせるべきだったかも知れません。

仕事の都合上、どうしてもはずせないことは誰しもがあるものです。ただ父母・祖父母というのは、その人たちがいなければ自分自身がここに存在していることはないのです。死んだ人間より生きている人間のほうが大事と話がでることもありますが、亡くなられて人の形をしている残り少ない最後の時間についてはきちんとご挨拶をする時間をとるのも必要ではないかと思うのです。

他のご兄弟は翌日に来られているとのこと。葬儀をしないから前日でいいやではなく、本来なら来訪するスケジュールをあわせておくべきだったかなと感じます。また葬儀の際に宿泊できる場所がなくて、別の場所に泊まることは構いません。

香典と供物についてはこの場合は任意です。もし供物をもっていくのなら、これは一旦仏前に供えた後、あとで皆で分けられるようなお菓子類などがあれば丁寧です。

今は葬儀の形態もだいぶ変わってきました。お母様の仰ることも正しいことです。恐らくだいぶ苦労されてきた方ではないでしょうか。叱られたという形にはなりますが、冠婚葬祭においてはこうするのだときちんと教えてくださっているわけで、話は聞いておいてあげてください。むろんその時々のケースがありますから、それによって対応を変えていくのもありなんです。相手様が望んでいないような形をとってしまえば、かえって失礼にあたってしまうこともありがちなんです。

長文失礼いたしました。ご主人の祖母様のご冥福をお祈りいたします。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>ご主人だけは顔見せさせるべきだったかも
これも考えたのですが、そうすると私が夫の実家に向かう手段がなくなってしまうもので…
夫の実家は自家用車以外で訪れることはかなり難しいのです。
我が家からだと地下鉄に乗り、特急列車に乗り、バスに乗り換えて降りてからは徒歩20分といった感じでしょうか。
乗り換え時間がスムーズにいったとしても4時間はかかってしまいます。
…というのは言い訳で、行こうと思えば行けないことはないのですが…お義兄さんは現在無職とはいえ飛行機で来てくれていたわけですし…

母は結婚当初、冠婚葬祭が嫌で嫌でしかたなかったそうです。
父の実家は親戚がとても多く、特に葬儀となるとかなり大掛かりなもので、母は勝手がわからないなりに頑張っていたようなのですが「あの嫁は何もできない」「常識がない」と言われ続けたようで。
相当苦労したみたいです。
話を聞いていて、自分の親戚ながら「なんて意地悪な人たちだろう」と腹がたちました。
わからないなら教えてあげればいいのに。

あ、お礼を申し上げる場なのに、なんだか愚痴っぽくなってしまいました。
>話は聞いておいてあげてください。
はい、先日母に電話して「今回は向こうの指示に従う形を取ったけど、今度何かあった時はお母さんの話を思い出してやってみるよ」と言っておきました。
それでも「まったく何も知らないんだから…」とブツブツ言っていましたが(笑)ひとまず納得してくれたみたいです。

お礼日時:2013/05/20 13:48

 #4です。



 私自身、実母をほぼ密葬状態で送ったのですが、業者に頼む方がずっと楽だなあと思います。
全部家族で、とりあえずの流れを行うことになると、面倒なことも出てきます。
 つまりは、雑魚寝する際に寒くないか布団は足りるか・・・・おなかが空いたら誰が食事を作るのかとか。
 戒名をつけるのにいくらかかるとか、火葬場の時間を取るのも大変だし・・・。人手があって困ることはないんですよ。

 葬祭場だとお通夜から全部やってもらえますからねえ。

 色々な葬儀の形式を見て、経験していますが、様々です。
 お返しは要らないから包む金額も少なくするというシステムもあるし、一切受け付けないと申し出ておく場合もあるし。

 ただ、田舎だから、昔の人の考えだからと「今」の葬儀のスタイルに合っていないのかというのはないと考えます。

 お母さんのいうことはもっとも常識的であって古いけれど間違いではない指摘です。

 それを今回は夫と舅との話し合いでなんとかなっただけですから、今回のことが次回にも適用できるかというのはまた違ってきます。

 まだ締め切らないということは、納得されていないのか、たくさんの意見が聞きたいのかどちらかでしょうが、しかし過去のことなので今更改めて考える必要はないでしょう。
 それってどうなの?と問われれば、「普通」はこうするという良いアドバイスを受けたのだと思っておくのが一番かと思います。

 何も知らないまま陰口をきかされるよりはずっといいでしょう?

 今後たくさんのことが起こりますから、その際にこの経験を生かせばよいのでは?

 
 
 

 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

>業者に頼む方がずっと楽だなあと思います
今回の葬儀を見ていて、私も本当にそう思いました。
設置、スケジューリング、交渉、全部やってくれますもんね。
(ちなみに戒名はつけなかったようです)

>お母さんのいうことはもっとも常識的であって古いけれど間違いではない
きっと私の実家のほうでは、母の言うとおりに行動しなければ大変なことになるのでしょう。

>まだ締め切らない
あ、すみません、見るたびに新しい回答を頂いているので「もしもどなたかが回答を書いている最中に締め切ってしまっては申し訳ない」という思いから締め切っていないだけです。
落ち着いたら、きちんと締め切ります。

>今後たくさんのことが起こります
そうですね。
いい大人なのですから、気を引き締めて頑張ります!

お礼日時:2013/05/17 17:40

回答たくさんで盛況ですね。



私の考え、経験にもとづく一般論ですが、、、

【すぐに駆けつけなかった】
これで良いと思いますよ。義両親が亡くなったのなら別ですが、
義理のおばあさんではね。。それに駆けつけたとしても
真夜中になるだろうし、そんな時間に孫嫁が来たら実家の方々の
疲れが倍増するだけです。
駆け付けたとしても旦那さんだけです。

【私と夫だけホテルをとった】
これも至極当然です。ほとんど交流のない人が中に入ると
返って疲れますし、歓迎もされません。
そもそも物理的に寝れないし、雑魚寝なんて年配者でも
嫌がるものです。

【香典の金額】
さすがに1万円は少ないでしょうね。。次回法事の際に
盛れば良いと思います。

【手土産】
お供えのことだと思いますが、これはケースバイケース。
最近は告別式をホールを借りてする場合もあるので、
式が終われば即解散なので、わざわざ当日にお供え持参で
行く人はありません。
実家での葬儀といえども、どうなんでしょうね?私は近親者から
葬儀(あるいは通夜)当日にお供えを出してもらった記憶がありません。
地域性などあるんでしょうね。

その他、お土産というかちょっと腹ごなしのおやつ的なものは
あると助かりますよ。遺族はあんまり食べる時間がないので、
台所などでちょっとつまめる物があればうれしいものです。
そういうお土産のことかな?

まあ義理の嫁っていう立場はいろいろ難しいですね。
実家筋の兄弟姉妹も居て、なおかつ同居の長男の嫁とかまでいたり
なんかすると案外身動き出来ないものです。
私から見れば交流も薄いのにへんにシャシャリ出るよりも、
少々控え目な方が好感持てますね。
欲を言えば、旦那さんがもう少し兄弟姉妹と義両親間で連携取って
あなたをリードするなりして欲しいですね。

次回がんばればいいことです。ドンマイ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私の考え方、だいたい良かった…ってことでいいんでしょうか?
香典はもうちょっと考えるべきでしたね…

>交流も薄いのにへんにシャシャリ出る
私もこれを気にしていたのですが、線引きは本当に難しいですね。
何度も「お手伝いします」と言うのもしつこいでしょうし…

>旦那さんがもう少し兄弟姉妹と義両親間で連携取って
義父がものすごくへこんでしまっていて、何も決まらないという状態が続いていたようです。
夫は何度も義父に「日程は?段取りは?」「手伝えることは?」「誰々が来るの?」など電話してくれていたのですが、泣きながら「ちょっと考えがまとまらない…」とか「それどころじゃなくて…」といった感じだったようです。
義母や兄弟に連絡しても「お義父さんが決めてくれないとなんとも…」と。

>次回がんばればいいことです。ドンマイ。
葬儀に関して「次回は頑張る!」と意気込むのもちょっとアレですがそうします!
ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/17 17:18

実母さんの言う事も一理あるでしょう。


貴女の婚家への義理立てを考えての事だと思います。

ただ、実母さんの判断基準が一寸古すぎるというか、20年30年も昔なら常識だたかも知れません。

でも、男女共働きの時代になっているのですから、義祖母の葬儀に、専業主婦でもなければ、早々に飛んで行って5~6日もお手伝いするという事は、そうしたいと思っても、難しいでしょう。

お勤めの会社の就業規則を見て下さい。
慶弔で特別休暇が取れるのは、法事の場合、例えば、。。。
1.社員の配偶者、父母又は子の死亡の場合は、XX労働日
2.社員の祖父母、孫、配偶者の父母、又は、社員或は配偶者の兄弟姉妹の死亡の場合は、YY労働日
等と載っていると思います。
この例を良く見ると、社員本人の祖父母の場合は、特別休暇がありますが、社員の配偶者の祖父母の場合は、特別休暇は取れません。

社員の配偶者の場合は、2親等までと線引きされていますので、仕事が暇な時期や有給休暇が取り易い会社でないとなかなか難しいですよね。
つまり、配偶者の祖父母の葬儀であれば、施主は社員の親なるのが一般的であるからだろうと思いますので、義孫の立場であれば、縁が薄いだろうという事でもあるのでしょう。

また、個人主義が定着して、核家族化されているので、貴女達やご主人の家族の方が現代的、合理的な考え方なのではないかと思います。
「新しい酒は、新しい革袋に盛れ」という諺(聖書の一節?)があるように、新しい時代には新しい考え方で、若い世代の人が、無理なく実行出来るようなアドバイスをして欲しいものです。

でも、貴女のお母さんは貴女の可愛さあまって、自分の娘は何処へ行っても落ちなく、後ろ指を差されないようにとの思いからのアドバイスだと思います。
その辺の事も理解してあげると良いのではないかと思います。

また、香典の金額、手土産、ホテル宿泊等の個々の事については、相手を思いやる気持ちを持って決め、ご自分達の無理のない範囲で行ったことであれば、それで良いのはないかと思います。
世間相場や常識と言われているものもありますが、時代と共に変化して行くものですから、そういうものを参考にするとしても、自分達決めるという事の方が大切ではないかと思います。

ですから、お母さんのアドバイスに、あまり拘る事もないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

仰るとおり、私には慶弔特別休暇はなく、有休を取得して出席しました。
夫は通夜と葬儀の分ということで、2日間の特別休暇があったようです。
最初私の会社に「3日間お休みするかもしれない」と連絡したところ「休暇はかまわないけど、3日も有休使うことになっちゃうよ?年度は始まったばかりだし(有休は年度毎に付与され繰越はなし)これから何があるかもわからないし、大丈夫?」と心配されました。
私の会社では、義理の祖父母の葬儀に3日間の休暇というのはあまり一般的ではなかったようです。

母は結婚した際に、冠婚葬祭でずいぶんと苦労したようです。
「嫁のくせに何もしない」「常識がない」など陰口を叩かれ。
きっと私にそんな思いはさせたくなかったのでしょうね。

私だったら、遠くから仕事を休んでまで来てくれた人に対して「わざわざありがとう」と感謝の気持ちはあっても、まさか「こんな遅くに来て」とか「香典これっぽっち?」なんて意地悪なこと、絶対に思わないのに…

お礼日時:2013/05/17 12:01

【すぐに駆けつけなかった】


すぐに駆けつけるのは近くに住んでいる方です。昔の風習では近所の他人も含まれます。

【私と夫だけホテルをとった】
寝ずの番は大人5人もいれば足りることです。実際にそれをなさっていたのかも定かではありません。通夜がないと聞けばそう判断いたしますが如何でしょう。
加えて車で3時間半の道のりはとても疲れますね。

【香典の金額】
通夜も告別式もないのであれば十分な金額かと存じます。香典には亡くなった方へのご冥福の気持ちもありますが、喪家への金銭的援助の目的もございます。ですから地域によっては身内ほど多額の金額を包んで喪主を支えております。

【手土産】
手土産に代わって供物をお持ちするのが宜しかったでしょうね。

「お手伝い」
他にどのような手伝いができたのでしょうか。


考えますところ、お母様にとっては簡素化された葬儀そのものが納得できないし認めたくないのかもしれません。質問者様もご存じの通り、昔ながらの葬儀というものはそれはそれは大変なものです。それに慣れ、それが正しいとしてしまっているお母様には全てが非常識に映ってしまってもおかしくはありませんね。

実はそうした風習を残している地域でさえ、高齢化なども関与して葬儀をもっと楽にすませたいと思っておられるのが本音なんです。しかしそれをしてしまうと周囲からどういった目で見られることか。だから出来ないんですね。

時代は変わっています。質問には昔の風習に則り回答することが多いのですが、杓子定規に当てはめ、周囲が苦しむのであれば風習など無視するのが良いと思っています。
今回も質問者様ご夫婦が疲れた身体で夜中に車で駆けつけ、事故でもされていたらどうなります。
そうならなくて良かったと、心から思う次第です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

結局「義父が喘息だから」という理由で線香はほとんど焚かず、寝ずの番もなかったようです。
これはさすがに特殊すぎる例であると思いますが。

香典に限らず、冠婚葬祭の金額は難しいですね。
全国一律で「○○は○○円」と決まっていてくれれば楽なのですが(笑)
ちなみに夫の兄・妹からの香典はなかったようです。
これは実家を離れているとはいえ、二人とも独身だからでしょうか?

>昔ながらの葬儀というものはそれはそれは大変
やっぱりそうなんですね。
私の実家近辺での葬儀は、町内会も巻き込み本当に大変そうです。
私の父など、月に2回は葬儀に出席しているのではないでしょうか。

>葬儀をもっと楽にすませたいと思っておられるのが本音
「それならみんなでそうすればいいのに」と思ってしまうのは、私の精神年齢が幼いからなのでしょうね。

>夜中に車で駆けつけ、事故でもされていたら
そこまで頭が回っていなかったので、はっとしました。
特に夫は夜勤後すぐに通常勤務というハードスケジュールの後でしたので、そのまま出発していたら相当危険だったかもしれません。
私たちが怪我でもしたら、それこそ祖母にあわせる顔がありませんものね。

お礼日時:2013/05/17 10:41

田舎の葬儀しか知らないお母さんから見ると


イレギュラー尽くしで理解不能ゆえ、こんな
発言に直結したのだと思います。

ただ、今回は家族葬よりさらに簡素なようですし
あなたも相談しながら行動していたのですから
そこまで批判の対象にはならないと思いますよ。

この中で、私だったら・・・・
共稼ぎであっても、もう少し早くかけつけます。
人が集まれば、大変なのは食事の支度です。
ここは義母を休ませ、妹と相談しながら料理なり
準備したと思います。
となると、当然、夫実家に泊まりです。
車なら、多少、寝具は持参します。
香典も、義父が喪主の葬儀に、夫婦揃って参列で
1万はちょっと少ないかも。
そして、お土産ではなく御供えやお花は持参します。

まぁ、後は地方や、家々によってやり方がありますから
相談しながら経験していくしかありませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

・すぐに駆けつける
・夫の実家に泊まる
こちらの判断をされる方が多いようですね。
どうするのが正解か、まったくわからない状態でしたので大変参考になりました。
どうも私は「宿泊する=その家の方に手間をかけさせてしまう」という考えが強すぎたようです。
自分の家に誰かが泊まるとなると「できることは手伝うよ」と言われても、「掃除だ食事だ洗濯だと面倒だな…」と思ってしまうので、その裏返しですよね、今後直していかなければ。
香典の金額はどのくらいが妥当でしたでしょうか?
2万円では「2」という数字は良くないかなと思いますので、やはり母の言うように3万円でしょうか?

お礼日時:2013/05/17 10:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報