機内食ってどこで作っているの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

機内食は飛行機で旅行の楽しみですよね、各社もメニューや味付けなどに工夫を凝らしています。

ケータリング会社で作ると言うのはもうでていますね。

航空会社では自社グループ内にケータリング会社やケーらリングができるホテル等を所有しています。自社の機内食だけではなく、日本を出発する際に積み込む外航のケータリングも行っています。
逆に外国→日本のフライトの機内食は外国のケータリング会社に依頼しますので、往復でずいぶんイメージが違うこともあります。
ケータリング会社への指示や、試食などは客室本部、客室サービスなどと呼ばれる各社のキャビンアテンダントも所属する部門で行っています。

代表的なグループ会社を紹介します。

JAL
関空:AASC(AAS CATERING)
http://www.aascatering.co.jp/html/home2.html

ANA
成田:成田全日空ホテル(全日空エンタープライズ)
http://svc.ana.co.jp/group/kigyo/089.htm
羽田:ANAX(エーエヌエーケータリングサービス)
http://svc.ana.co.jp/group/kigyo/075.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとう御座います。

お礼日時:2001/05/28 13:57

機内食はどの航空会社も出発空港の中または近くにあるケータリング会社に委託しています。


近距離国際線などでは往路出発時に復路の分まで積み込んでしまうこともありますが、ほとんどの場合片道分しか積みません。(機体が重くなってしまい旅客を多く乗せられなくなるから)

委託を受けたケータリング会社は、航空会社の希望に添った機内食のサンプルをいくつか作り航空会社に提示します(プレゼンテーション)。

航空会社ではそれらを客室サービス担当の部署で吟味し(試食会?)、問題がなければお客様にお出しすることととなります。
このプレゼンテーションは年に数回開かれます。
    • good
    • 0

こんにちは。



成田発の多くの航空会社の機内食は「東京フライトキッチン」(TFK)で作られていたと思います。 成田空港の敷地内にあります。

大阪は株式会社 朝日エアポートサービスという会社のようです。http://www.aas.co.jp/

ロイヤルでも機内食を作っているようです。
http://www.royal.co.jp/

どうでもいいことですが、機内食ではエールフランスが一番好きです。
エコノミークラスでもウェルカムドリンクでシャンパンが飲めます。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとう御座います。
matildaさんすごいですねー
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/05/25 11:08

例えば成田空港でしたら、成田空港の近くに機内食を専門に作っている会社があって、そこで作ったものを飛行機に乗せて、機内で温めて、乗客に出しているのです。

飛行機の中で作っているわけではありません。色々な会社で機内食を作っています。例えとして、1つだけホームページを入れておきますね。
http://www.tfk.co.jp/

成田エアポートレストハウスでは機内食が食べれますよ。
http://www.apo-resthouse.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

strawberryさんどうもありがとうごぜいます。
参考になりました。

お礼日時:2001/05/25 11:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング