米国で上映前からいろいろな意味で話題になっている映画、パールハーバーですが、皆さん、どう思われますか。
個人の意見としては、ディスニー社が最後の20分を日本公開時にはけずるというのかも分かりません。
あるインターネット上のアンケートでは半数以上の方が「見る気はない」と答えていますが、私も見る気はありません。日本公開時には削る内容を、アメリカでの公開では何の説明もなくそのまま上映するのだろうと思うと、監督のこの映画に対する真意が何なのか、私には分かりかねるというのも理由の一つです。
もし収入を考えているならば、日本に都合悪くないように(削除せずに)作ればいいのだし、(何といってもタイタニックの利益の20%は日本からだそうです)もし内容を重視するのなら、そのまま言いたいことを削除せずにあらわせばいいと思います。
アメリカでは明日25日公開ですが、批評が気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

昨年末に初めて予告編を見た時、たしかあおり文句が


「新世紀最初のエンターテイメント!」
とかだったので、
「そうか、パールハーバーってエンターテイメントだったのか!!」
と大笑いしました。
アメリカ版と日本版では違うというのは初めて聞きました。何か…あまり、良い気分はしませんね。でも、原爆展(スミソニアン博物館の、だったかな?)で
「怒りを覚えました。どうしてここに、パールハーバーのことが展示されないのでしょう」
と投書するアメリカ人もいるくらいだから、…まあそれぞれ、というところでしょうか(「ルーズベルトは実は日本軍の奇襲を知っていたのだけれど、その後の世論操作と、戦争介入のために黙って自分の息子を見殺しにしました、と展示するのか?」とつるしあげを内輪でしてしまいましたが…)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまい、すいませんでした。

確かに日本で見る広告やCMでは、削除のことを言っていないので
どうなったのかは分からなくなってしまいました。
アメリカ人でも、その事についての意見が色々違うので、
考えるところが沢山あります。

有り難うございました。

お礼日時:2001/07/02 00:37

私の意見は、結局削られるという事実が変わらず公開になったら、削られた部分も見たいなあとは思いますが、ディズニー社を批判するつもりはありません。


なぜなら、わざわざ批判を受ける映画を批判を受けそうな場所で公開すること自身がナンセンスだと思います。(だって、nick111さんも怒ってらっしゃるじゃないですか)
でもそれでも、日本で公開してくれること自身は感謝すべきだと思います。確かに皆さんが言っているように興行収入のこともまったくないとは言い切れませんが、映画です。芸術です。見せてくれるだけでもありがたいと思いますが・・・

同じことが、日本国内でもありましたね「バトル・ロワイアル」。結局公開されましたが、どう思われますか?あれは、完全な創作ですがやはり批判はありました。

私は、最後の20分は日本に住んでいる、遺族の方々への少なからずの配慮と思っています。
たとえ「日本人を悪く描かれているなら、見せればいいじゃないか!」といっても、受け入れることができない人もいるでしょう。本当に事実しかないとしても反論する人もいるでしょう。「じゃあ、作らなければいいじゃないか。」それは本末転倒でしょう。
「えひめ丸の事故現場近くでよくやるなあ」それはそれ、これはこれだと思います。だって日本だってアメリカに戦後補償せずに、アメリカに設けさせてもらってるじゃないですか。

私は、別にアメリカをかばうつもりはありませんし、いろんな意見をぶつけ合うことは必要だとは思いますが、目先だけの感情・意見に惑わされては、だめだと思います。この映画も20分削ることでいいこともあるだろうということも、わかっておかなければならないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに最後の20分を削るのは、日本の遺族の方々のためだと思います。

この映画も20分削ることでいいこともあるだろうということも、わかっておかなければならないと思います。

「人を傷付けないためのやさしい嘘」と同じ原理でしょうか。
いろいろな方の意見を聞いた上で、私も映画を見比べてみるべきかと考えております。早速明日、行って見ることにします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/26 11:25

(注)ごめんなさい、ちょっと(かなり)過激(というか感情的)な文章です。



「薄ぎたねえ敗戦国ごとき、ほんとなら遠慮する気なんかさらさらねえんだけど、興行収入の関係もあるし・・・ちょっくら内容に配慮しとくか?」
「でもプロデューサー、後ろの20分はどうしてもジャップを悪く撮らないと涙はもらえませんぜ」
「えーい、そんなら、後ろの20分は2種類撮るか?けどいっぱい銭つかっちまったからなぁ・・・いやまてよ、どうせイエローなんか英語もろくに解りゃあしねえんだから切っとけ!」
「そうっすね!それが最良っすね!」

なんていう会話がプロデューサーと監督の間で繰り広げられたのではないかと疑ってしまう話だと思います。たしかに真珠湾攻撃の否は日本側にあると思いますから、存分にそこのところを描いてくれて結構だと思います。見てみなきゃ解りませんが、実際どんな場面が削除されるのでしょうか?アメリカ的な反戦感の固まりが削除されるのではないでしょうか?

だいたいアメリカに存在する「反戦主義者」の大半が掲げている理屈からしておかしいと思いませんか?ベトナム戦争への反戦運動にしても「栄光ある合衆国の未来をになう若者が、これ以上無駄に死んでいくのを見ていられない」ていう理屈が大勢だったはずです。多くのアメリカ反戦主義者にとって、悪いのは「戦争」でなく「身内が死ぬ」ということなのです。だからアメリカ兵士の死者が少なかった湾岸戦争に対しては、批判がほとんど(少しはあったみたいですが)なかったんです。

ちなみに、以前、アメリカで大規模な「原爆展」行われるはずだったのですが、様々な圧力で中止に追い込まれたことがありました。また、原爆の切手がアメリカで販売され、そこに「原爆によって戦争が早く終わり多くの合衆国兵士の命が守られた」とかいうコメントまでご丁寧に添えられていました。たかがイエローが戦争でうけた悲劇は知らなくていいらしいです。自分に関係ないことは悲しくないし、悪くも無いし、知りたくない、いわんや自分達が批判されることおや!って事のようです。

こういうのをアメリカ的な「個人主義」ていうのか?(笑)

まぁ、この映画を見ても無いのに批判しても始まらないのは十分わかってはいるんですが、やましいことがないなら見せろ!っていうのは当然なんじゃないでしょうか?

(追伸)
乱文本当に申し訳ありませんでした。この文章でご気分を悪くされた方も多いかとは思いますが、個人的な主張としてお許しいただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本公開番で削られる部分は、女性の主演の方が、「卑劣な日本の攻撃から、どのようにしてアメリカが勝ったか」を語る部分です。しかし、実際には、日本軍の送った暗号をアメリカがきちんと受け取らなかったのが原因と聞きました。きっとそのあたりも映画にはなっていないのだと思いますが・・・
監督が「これは戦争映画ではなく、恋愛映画だと思って欲しい」というようなことをおっしゃっておりましたが、日本人にとっては、恋愛映画にはなりそうにはありませんね。
どうもありがとうございました。

(追伸)
かなり過激な会話に始め驚きました。
でも自覚していらっしゃるので、よろしいのではありませんか?

お礼日時:2001/05/26 11:16

監督は、日本人・日系人に配慮して映画を作ったと言っているのに日本で公開する物に関したは消去する部分があるというのはおかしいと私は思います。

私は日本公開版、アメリカ公開版両方見たいと思います。

この映画の公開によって、アメリカに住む日本人、日系人はあまりいい気がしていない人がほとんどです。アメリカでの日本人・日系人のイメージが悪くなるだけです。もちろん、歴史上の事で日本人、アメリカ人双方忘れてはならない事ですが、この映画で変な知識を大勢の人にうめこむのはどうかと思います。夢を売る会社のディズニーらしくないです。ディズニーは、この映画に関してはかなりの話題性もあり興行収入の事しか考えていないのだと思います。

参考URL:http://bventertainment.go.com/movies/pearlharbor/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答や回答履歴から察するところstrawberryさんは海外在住のようですね。

日本人・日系人に配慮して映画を作ったと言っているのに日本で公開する物に関したは消去する部分があるというのはおかしい
夢を売る会社のディズニーらしくない

私も同じ意見です。
この事をどれだけのアメリカ人が感じ取っているのか、疑問の残るところです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/25 12:22

>ディスニー社が最後の20分を日本公開時にはけずる



はじめて聞きました。
これで私はかえって見てみようと思いました。以前も戦争のことは深く考えずに、エンタテイメントとして「トラトラトラ!」などを見ていましたから。

この監督じたいも、別に日本に対しての深い意味は考えてないと思います。面白い映画の材料として真珠湾攻撃を取り上げただけで、それを作ったあと一番のお客さんである日本に対して「ちょっとまずかったかな」と思い、けずったんではないですか?nick111さんの言う通り興行収入を考えてのことでしょう。

まあ日本にとってはバカにしていると思っても仕方なことですし、えひめ丸のことも覚めやらぬ中、「よくその当地で盛大な試写会が開けるな」とも思いますが、あれもこれも全て「お金」のためでしょう。アメリカズ・No.1の国ですから、そういう他国への配慮が足りないだけなんだと思います。

その結果、見るのも見ないのも人それぞれでしょう。
私の場合、どの部分でバカにされてるのかしっかり「確認」してこようと思いますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

えひめ丸のことも覚めやらぬ中、「よくその当地で盛大な試写会が開けるな」とも思います

この事では、ハワイやロスアンジェルスの日系人がデモを起こしましたね。彼らの言い分がいたいほど良く分かります。同じアメリカにいる日本人として、戦争の事実を曲げて映画を作られるというのは、この映画を見る人に誤った知識をあたるということであり、とても悲しいことです。
またsydneyhさんのおっしゃる

他国への配慮が足りないだけなんだと思います。

ということですが、いわれてみれば、その通りかもしれないという気もします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/25 11:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報