ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

 日本語を勉強中の中国人です。日本の坊さんは結婚も子どももできるそうですが、日本の尼さんはどうなるのでしょうか。結婚も子どもを生むこともできるでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



日本の尼さんの多くは、夫と死別しり離婚した女性達です。

ですから、仏門に入る前には結婚してましたから、子どもを持った尼さんもいます。

しかし、仏門に入って尼僧(にそう)になった尼さんが結婚したり再婚することはないです。

なお、質問文に特に不自然な表現はありませんが、日本人の多くは「坊さん」とは言わず「お坊さん」と敬意を込めた表現を使います。

反対に「坊さん」をぞんざいに表現する言葉に「坊主(ぼうず)」があります。

また、男性の坊さんを「僧侶(そうりょ)」と言い、女性の尼さんを「尼僧(にそう)」と言うのが礼儀正しい言い方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。ご親切に教えていただきありがとうございます。いろいろとても参考になりました。「坊さん」と「尼さん」について正しい呼称もよくわかりました。助かりました。

お礼日時:2013/05/21 23:36

こんばんは。




はいはいはい。


「日本の尼さん」て、誰。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとう。(^O^)

お礼日時:2013/05/21 23:39

日本の坊さんには、本物と偽物が居ます。



本物の坊さんは、肉食妻帯の禁をまもります。したがって結婚はしません。

ところが、浄土真宗という宗派をはじめとして、偽物の坊さんが沢山います。
この坊さん達は、妻を娶り、セックスをし、子供をもうけ、現世の欲として、寺院の世襲などを実行しております。

共産党の中にも、共産主義でない人間が居て、資本主義的に私腹を肥やす人間が多いのが実態ですが、日本の仏教界はそれと似た状況にあります。

もし、お釈迦様が生きていらしたら、日本の仏教界の腐敗を嘆くことでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただきありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2013/05/21 23:38

宗教ですから、宗派によります。

男性もです。法律的には、勿論出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2013/05/21 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出家して尼になるための、心の準備

こんにちは。

29歳未婚女性です。
もうすぐ30歳、人生を半分、自分の思うまま、自由に過ごしてまいりました。仕事はしておりますが、自分が好きなことをやるんだと意気込み、農業を始めましたがそれだけでは生活できず、レジのアルバイトをしております。それだけではお金がたまらないので、あと二つ、アルバイトをしています。(笑)

目下のところ生活に不満はありませんが、やはりこのまま老いて、なんの役にもたたずに人生を終えることにむなしさを感じる日々です。

結婚し子供を産み育て、親を喜ばせることすらできておりません。

私は生まれてきたことを大変うれしく思いますし、私を育ててくれ、雇ってくれ、頼りにしてくれる社会に感謝しています。少し間違うと気持ち悪い偽善的考えですが、本当にそう思います。

ですが、私は周りに、何の恩も返せていないわけです。このまま老いるだけでは社会のお荷物、そんな思想にずっととりつかれております。

いつかご恩返しがしたい、でもそのやり方がわからないと思っていた矢先、図書館で仏教の本をよみました。外国人にわかりやすく日本の文化を紹介するための超軽い本でしたが、心の中にずしっと残るものがありました。それは二年前のことです。25歳あたりからこういうことを考えていました。べつに病んでるわけではありません。毎日元気です(^^;

まだ足を突っ込もうかどうしようか考えている途中ですが、もし、皆様方の中に、出家するにあたり読んでおいたほうがいい文献をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?サイトや、HPでも結構です。できれば浄土真宗がいいです。実家はそこの檀家(っていうのでしょうか、浄土真宗では)ですので。

これから数年かけて、自分に何ができるのか考えていきたいと思っております。なかなか今の快適な(自由すぎる)生活を変えられないかもしれませんが、長くて遠い目で人生を見ていきたいのです。

軽薄な意志で出家を望む、小娘への叱咤でもかまいません。


よろしくお願いいたします。

こんにちは。

29歳未婚女性です。
もうすぐ30歳、人生を半分、自分の思うまま、自由に過ごしてまいりました。仕事はしておりますが、自分が好きなことをやるんだと意気込み、農業を始めましたがそれだけでは生活できず、レジのアルバイトをしております。それだけではお金がたまらないので、あと二つ、アルバイトをしています。(笑)

目下のところ生活に不満はありませんが、やはりこのまま老いて、なんの役にもたたずに人生を終えることにむなしさを感じる日々です。

結婚し子供を産み育て、親を喜ばせる...続きを読む

Aベストアンサー

今どき、出家と言っても「世を捨てる」というほどのことはありません。そこらの坊さんを見ていれば分かることです。
それに、浄土真宗は、「非僧非俗」と言って、最初から「世を捨てた坊主ではない」と宣言していますから、得度して僧侶の資格を取ってしまえば、あとは心の持ちようだけで、普通のサラリーマンと変わらない生活ができます。

しかし、得度して、坊主としての資格を得るために一定の修行をするについては、これは昔ながらの厳格な修行をします。
浄土真宗とて同じ。
浄土真宗の坊さんの多くは髪の毛を生やしていますが、出家時にはみなきちんと坊主頭になります。
ま、女性はそこまでしていませんが、形だけでも髪を剃る儀式をきちんとします。

そしてその後は、厳格な僧侶の生活が待っています。
それを数ヶ月から数年重ねて、ようやく坊主と名乗ることができるようになります。

お寺の出身者ではない質問者さんが、その先どうなるかはNo.1さんのおっしゃるように、未知数です。

で、坊さんになって、何がしたいのですか。
得度して坊さんになったからといって、社会にどんな貢献ができますか。
もう少し具体的なビジョンがあれば別ですが、質問を読む限りは坊主になって何がしたいか全く見えてきません。

出家さえすれば、私心がなくなって、慈悲の精神に溢れた人間に生まれ変われるわけではありません。
また、坊主だからといって、皆に喜んでもらえる社会奉仕がし放題にできるわけではありませんよ。

このことは、世の中の坊さんを見渡してみれば分かることです。
どれだけの坊さんが奉仕の精神、無償の愛(と仏教に使う用語ではないですが便宜上使います)を持って人々に接しているか。
少なくとも日本の坊さんを見れば、坊主になったからといって社会の役に立つ人間になれるとは、私は思いません。

社会の役に立ちたいというお気持ちは尊いものです。
ですが、そんなことは何も坊主にならないとできないことではありません。
坊主になったらできるようになると思ったら大間違いですよ。

ご自身のその役に立ちたいという気持ちを、そのまま素直に、今、表現すればいいのです。
困っている方は日本中、どこにでもいます。
特に今は、震災のために不自由な生活をしている人、悲しい気持ちで居る人など、助けを求めている人はたくさんいます。
そういう人のためにボランティアをすれば、それで解決するのではないですか。

今、そういう社会に役立つ活動ができないのなら、出家してもできないでしょう。
誤解を恐れずに言えば、出家のための修行は、ボランティア精神を養うための学校でもないし、社会の役に立つ人材を育てるための学校でもありません。

ちなみに体験修行のようなものは、あんまり参考にならないと思います。
金儲けのための客寄せですから。
永平寺あたりの禅寺で、数日泊まり込んでみっちり体験できるものは別ですが、一泊二日程度のものは本当におままごとみたいなものです。

浄土真宗の門徒さんだそうですが、別に永平寺で体験修行をしてはいけないということはありませんから、一度、永平寺へ行ってみては如何ですか。
あそこなら、修行とはどんなものか分かると思いますよ(それでも客寄せ用ではありますけれど)。

今どき、出家と言っても「世を捨てる」というほどのことはありません。そこらの坊さんを見ていれば分かることです。
それに、浄土真宗は、「非僧非俗」と言って、最初から「世を捨てた坊主ではない」と宣言していますから、得度して僧侶の資格を取ってしまえば、あとは心の持ちようだけで、普通のサラリーマンと変わらない生活ができます。

しかし、得度して、坊主としての資格を得るために一定の修行をするについては、これは昔ながらの厳格な修行をします。
浄土真宗とて同じ。
浄土真宗の坊さんの多くは髪の毛...続きを読む

Q49歳独身、セックスしたい時があって・・・

49歳バツイチです。子供は成人しました。
付き合っていた人がいたのですが、別れて半年くらいになります。
人間的に合わなかったので別れたので、後悔などはしていません。

仕事をしていて普段は忙しいのですが、
最近セックスしたいなぁと思うことがあるのです。

今は好きな人も彼もいません。
また、ネット恋愛などで出会うつもりもありません。
仕事の毎日では出会いのチャンスなどもほとんどないので
悶々とする時もあります。

男性みたいに性欲だけの処理ができればいいのですが、
そういうことはしたくないのです。
やっぱり我慢したり、趣味を探すしかないのかな、と
思うのですが、それで解決する問題でもないのかと。

このまま一生セックスしないで終わってしまうのでしょうか…

Aベストアンサー

もしかして酒は少しでもいい飲めますか?飲めるなら、こじんまりしたちっちゃなバーを見つけて飲みに行ってごらん。半年~1年位行ってください。それも1回3,000円前後で済まして帰宅するのです。

僕の経験(体験)からですが、そのような女性を知っています。貴女と同じような人で何時も金曜日にきていました。50歳前後の何処かの奥さんだと思っていました。ある日僕の隣に座りました。

僕は時々会うけれど金曜日が暇なのですか?と尋ねると、いえいえここの店は金曜日が沢山客が来て皆さんと会うのが楽しみだといいました。
その後何回か一緒になって話すことが多くなりました。

そうしたら×1で子供も独立して家族が居ないというのです。悪い事を聞きましたと言うと、実はと言いながら経緯を話しました。子供が18歳になった時旦那が別れたいと言い出したと言うのです。止めることが出来ず別れたと言うのです。

或る日×1僕の友人にその話をしたら会ってみたいと言うのです。友達と勤め先は違うけれど金曜日わざわざ互いの都合をつけてバーへ連れてゆきました。互いに事情を話し、意気投合して交際することにして、半年で結婚しました。式は互いの友人数人に立ち会ってもらい簡単に挙げました。

それから2人で飲みに来るようになりました。飲んだ勢いで子供はまだですか?と尋ねると既に妊娠不能でありました。でもスキン無しで楽しい夜の生活を過ごしています。と言うのです。

この事から諦めたら駄目です。これからは駄目元でチャンスを求めて貴女が出来そうな所へ出掛けてください。只遊び相手の付き合いやお金が絡む付き合いはしないよう。もし相手が出来ても半年~1年の交際をしながら相手の素性(借金等がないかチェック)を確かめこれからの人生を謳歌できるようなものにしてください。(^^♪

もしかして酒は少しでもいい飲めますか?飲めるなら、こじんまりしたちっちゃなバーを見つけて飲みに行ってごらん。半年~1年位行ってください。それも1回3,000円前後で済まして帰宅するのです。

僕の経験(体験)からですが、そのような女性を知っています。貴女と同じような人で何時も金曜日にきていました。50歳前後の何処かの奥さんだと思っていました。ある日僕の隣に座りました。

僕は時々会うけれど金曜日が暇なのですか?と尋ねると、いえいえここの店は金曜日が沢山客が来て皆さんと会う...続きを読む

Q関西の尼寺 女性の出家 のできるところを教えてください!

娘が浮気を繰り返し、治りません。
本人は、その度、いたく反省するのですが、、
おそらくまたやると思います。。
この際、尼寺で修行をさせ、1~2年、社会から
断絶させて、出家させようと思います。。

関西で、受け入れてくれる、尼寺 を教えてください。 

Aベストアンサー

検索したら、こんなの出ましたが。

あと「関西 尼寺」で調べたら「法華寺」(奈良市)と言うのも見つかりました。

本当にいいんですか? 取り敢えず、悩み事のご相談に行かれるだけでもいいと思いますが。

参考URL:http://www.enmanin.com/sou/index.htm

Q「おおざと」と「こざとへん」の区別の起源

「おおざと」と「こざとへん」をよく間違います。

例えば、左にある「こざとへん」を「ひだりざと」、 右にある「おおざと」を「みぎざと」、などのように言えばわかりやすいと思います。

なぜ、「おお」と「こ」で区別することになったのでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも「おおざと」と「こざと」では、それぞれの文字の起源が違い、まず「おおざと」があって、これに対して「こざと」という言い方になったようです。

「おおざと(邑)」は、
 「□(領地)+人の屈服したさま」で、人民の服従するその領地を表す。
 中にふさぎこめるの意を含む。
 のち阝(おおざと)の形となり、町や村、または地名に関する漢字の部首となった。

「こざと(阜)」は、
 もと、ずんぐりとした形に土を積み重ねたさまを描いた象形文字。
 「自+十(あつめる)」で、まるくふくれる意を含む。
 従って、ずんぐりとした形にふくれたおかのこと。

現在は、双方とも似た文字(阝)になっていますが
「おおざと(邑)」の名称は、大きな村里の意を文字通りに示すのに対して、
「こざと(阜)」の名称は、「おおざと(邑)」に対して付けられました。
阝の部首(旁ツクリ・扁ヘン)の位置関係ではないのです。

Q真宗のお坊様とのセックス

お坊様を尊敬し敬いながら、デートをして、日夜そういうことになってしまいました。

抱かれているとき、聖なるものに生贄のように貪られている感覚があり
アンチクリストの儀式を彷彿したほどショックでした

尊敬心がその結果薄れてしまい、男として対処すること、そして仕事上の対面への
気遣いなどから傷心、疲労困憊となり、通常のお付き合いができないこととなり
お断りをしてしまいました。

お坊様として尊敬してやまないのに、女としてしか扱われず、頭の中と体の火照りから
相手にも大変混乱したようすを見せてしまいました。

どんなに崇拝して究極の愛を捧げたかったか
それは言葉にはとうてい表すことができません

神への愛と同じ神聖なものが私の中で崩壊し、穢された気持ちでいっぱいです。
牧師様、僧侶様、私の敬虔な思いを上からやさしく包み込んでくださる超人だと
期待していた私が間違っていたのでしょうか。

実際には、このお坊様は女遊びをされているようで、不誠実な方でした。
二重に深く傷つきその思いを相手にぶつけましたが、理解されませんでした。

真宗では女犯はない、とのことですが、本来仏教おおもとの教義では妻帯どころか
姦淫は許されないと理解しています。パルマの僧侶のように、聖なる修行を積む
そういうのが本来の姿と学んでいました。

寺嫁になれば、僧侶は内面的にも理解をされる寛容な職業という噂を聞き、長い目で
お付き合いを本気に考えていました。

でも、一度抱かれてしまえば、もう一線を越えてしまい、仏を誘惑したという罪悪感と
男女間のどうしようもない錬金術で恋しくて気が狂いそうでした。

私からお別れを申し上げて、そしてとても苦しみました。
今でも尊敬し愛しています。でも、内面の葛藤から私一人では乗り越えられず
相手の僧侶にもその苦しみを理解して欲しいのです。

今となっては相手にこのメッセージを伝えることもできません。
これほど愛したことはありません。尊敬と崇拝と錬金術、忘れることはとうていできないでしょう。

宗教心がなければこれほど苦しまなかったはずです。
お坊様、私の心をご理解ください。

親鸞聖人のようにもっと冷静に受け止めていただきたかった。
残念でした。

みなさま、この話を読んでどう思われるか、そしてどのようにして
相手にこの思いを伝えるべきか、ご指導ください。
参考にさせていただきます。

お坊様を尊敬し敬いながら、デートをして、日夜そういうことになってしまいました。

抱かれているとき、聖なるものに生贄のように貪られている感覚があり
アンチクリストの儀式を彷彿したほどショックでした

尊敬心がその結果薄れてしまい、男として対処すること、そして仕事上の対面への
気遣いなどから傷心、疲労困憊となり、通常のお付き合いができないこととなり
お断りをしてしまいました。

お坊様として尊敬してやまないのに、女としてしか扱われず、頭の中と体の火照りから
相手にも大変混乱したようす...続きを読む

Aベストアンサー

 釣りとしては12点の出来栄えやね。AV作品としても売れない。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q僧侶の妻帯について

日本においては妻帯している僧侶が多いとおもいますが、
各宗派はそれに対してどのような宗教的立場をとっているのでしょうか?

Aベストアンサー

回答があまり出ないようですので、少々ポイントがずれるかも知れませんが、総論として簡単に書かせてもらいます。

浄土真宗など一部の宗派を除く日本の既成仏教各派では、妻帯はいわば現実が先行する形で黙認されており、教義的な位置付けは整っていない、というのが現実ではないでしょうか。

僧侶の妻帯が公式に認められたのは明治5年の太政官布告によるもので、「自今僧侶の肉食妻帯勝手たるべきこと…」とされたことが大きな転換をもたらしました。この布告は仏教の旧弊を正そうとする目的をもったもので、特別に戒律に反する意図はなかったのですが、神仏分離以後の宗教的混乱もあるなか、現実には戒律の骨抜きを後押しする結果となってしまいました。

そもそも僧侶の妻帯が問題になるのは、もちろん戒の問題があるからです。ただ日本人は、伝統的に厳格な戒律に対する生理的な違和感をもっていることもあって、結局戒律というのはごく一部的にしか根付かなかったと言えるでしょう。

本来、小乗仏教での出家授戒は具足戒といい、三師七証(3人の教師と7人の証人)をたてて比丘(男性)ならば250戒、比丘尼(女性)で348戒を受けるものです。この具足戒は、在家に対する出家の生活態度を明確に律するのが特徴です。
異性との性交渉について言えば、出家者はもちろんご法度で、もし破れば波羅夷、すなわち教団から追放されるという重罪でした。

かの鑑真和上が日本に伝えたのもこの具足戒でしたが、いろいろな理由からあまり根付かず、これに対して後代に最澄の死後延暦寺に戒壇院を設けて始められた大乗戒(十重四十八軽戒)がむしろわが国の戒の本流となりました。

重要なことは、小乗では「不淫」であって一切の淫行が否定されていたのが、大乗戒の十重禁戒では菩薩としての生活を意図したために僧俗ともに「不邪淫戒」とされたことです。これによって禁忌の対象が邪淫、つまり“よこしまな淫行”に限定されるものととなったことです。ここに、出家であっても限定的に性交渉が可能になる契機があったといえるでしょう。

最澄は円頓戒と呼んでいますが、比叡山におけるこの大乗戒が影響力を持ち、以降その流れを汲む既成仏教各宗派では、およそこれに準じた戒が採用されています(曹洞宗は十六乗戒で一見独特ですが、禁戒は大乗戒と一緒です)。

総じて、わが国の戒の歴史は、一言で言えば「凝縮」と「理念化」に尽きます。前者はどんどんと煩瑣な項目が削られ落ちて大項目だけに集約されてきたことを指しますし、後者は、その大項目も具体的な行動規範ではなしに理念的に解釈されるようになってきたことを指します。例えば、禅宗であれば「禅戒一如」などと言い、坐禅の中に全ての戒が包含される、といった観念的な解釈が優勢となってきたのです。
ここでは詳述しませんがこのことは色々な社会的状況の結果ではあります。

いずれにしてもこのような背景下では、不邪淫戒が具体的な輪郭を失って、ある幅をもって解釈されるようになるのも当然だったと言えるでしょう。

一方、浄土真宗の「肉食妻帯」肯定はもちろん親鸞に始まるもので、彼の徹底した凡夫性・悪人性の自覚に根ざすものですが、その歴史は必ずしも一条鉄で来たわけではありません。
初期の歴史では、宗派の展開の中でその異端性、反戒律性が、他の仏教諸派に対する対抗言説として積極的に強調されていきました。

しかし後代、上に書いたように他の宗派が戒の解釈を緩めた以上、そのカウンターとしてことさらに「肉食妻帯」を強調する意義も薄まらざるを得ませんでした。
しかも江戸時代の宗教統制にがっちり組み入れられたうえは、ことさらに異端性を強調することがかえって危険なものとなったせいなどもあって、徐々に反戒律性が真っ向から否定されるようになり、親鸞の妻帯は悪人性の結果などではなく宗教的な自己犠牲の精神によるものだ、といった風に宣揚されるに至ります。
歴史的に見ると、真宗内部の「肉食妻帯」の論理はかなりの紆余曲折を経たものなのです。

※ 簡単に書きましたのでわかりにくい点があるかも知れません。必要であればどうぞ補足をして頂きますようお願いします。

回答があまり出ないようですので、少々ポイントがずれるかも知れませんが、総論として簡単に書かせてもらいます。

浄土真宗など一部の宗派を除く日本の既成仏教各派では、妻帯はいわば現実が先行する形で黙認されており、教義的な位置付けは整っていない、というのが現実ではないでしょうか。

僧侶の妻帯が公式に認められたのは明治5年の太政官布告によるもので、「自今僧侶の肉食妻帯勝手たるべきこと…」とされたことが大きな転換をもたらしました。この布告は仏教の旧弊を正そうとする目的をもったもので...続きを読む

Q夫婦のセックスってどのくらいの頻度でしてますか?

あんまり人に聞けないのでここで質問させてもらいます。私は結婚2年目なのですが、1週間~10日に1回くらいです。私も主人も20代後半です。皆さんのところはどのくらいの頻度でしてますか?生活サイクルによってまちまちなのでしょうが、一般的によそのうちはどうなのかな?っておもいまして・・。

Aベストアンサー

あんまり人に聞けないのでここで質問させてもらいます。』
『よそのうちはどうなのかな?っておもいまして・』

確かに、お隣さんに聞きに行く訳にはいきませんよネ。。。。(>_<)
しかし、よそ様は・・・・
知りたいですよネーー  (◎-◎)

一押しの書籍があります。。

「もうお読みでしたら」・・スミマセンデシタ。。。(-_-;)


-----------------------------------

となりの寝室
著者:夫婦仲と性の相談所
価格:¥ 1,470
講談社 (2004/04/22)
内容紹介
既婚女性1600人から根掘り葉掘り聞き出した、かつてなかった夫婦生活白書。
言ってみれば、主婦版モア・リポート
妻のホンネはまじめで深い。
とはいえ、他人の夫婦生活なんて案外知らないもの。
「よそ様はどうしているのかしら?」
そんな疑問に応えます。
●全国アンケート実施。
既婚女性1600人からの回答、プラス40人の体験告白。いろんな夫婦の悩みから、きわどいエッチ話まで、「妻のホンネの集大成」。女性は共感、男性は驚愕の一冊です。

全国の既婚女性1600人から根掘り葉掘り聞き出した 夫婦生活白書!

<結婚前と後でセックスはどう変わりましたか?>
・注文が多くなった。(27歳・結婚7年目)
・興奮するようなことが少なくなった。(27歳・結婚3年目)
・結婚してから誘ってくる回数が増え、ちょっと困っている。(23歳・結婚2年目)
・もっとヤル気を出せと言われ疲れるようになった。(28歳・結婚7年目)
・友達のようになり、なんだかこっぱずかしい。(32歳・結婚7年目)
・義理でするのがほとんどになってしまった。(34歳・結婚5年目)
・パジャマを全部脱がなくなった。(38歳・結婚13年目)
・旦那の態度が全体に横柄になった。(35歳・結婚7年目)
・今は酔っていないと誘ってこない。(29歳・結婚7年目)
・誘うのは私の役目になった。(41歳・結婚15年目) etc
-----------------------------

性の本棚というwebです。。
たいていの専門書が集められています。

http://www.netman2.com/html/030.html

統計資料のページ。
http://www.netman2.com/html/060_060.html

クロネコヤマトのブックサービス
書籍がオンラインで注文できます
人知れず。入手。人知れず、勉強・・・
http://market.bookservice.co.jp/top/ovindex.html

『一般的によそのうちはどうなのかな?っておもいまして・・。』

同上の本棚?の本はたいてい読みました
この世界は、一般的が難しいみたいですね。
書籍名は伏せますが。

「♂32歳♀23歳」で初婚・・・3年後 S○Xレス・・今は60歳近いご夫婦から
34年間 ありませんと言う♀ 一生で3年間・私の♀人生は一体何だったの  ・・悲惨例から

「♂65歳♀28歳「二号様と」」で殆ど毎日・・スーパーマン迄 
て書かれてありました。

となりの寝室に書かれてある事が、平均/一般的かも知れません。

あんまり人に聞けないのでここで質問させてもらいます。』
『よそのうちはどうなのかな?っておもいまして・』

確かに、お隣さんに聞きに行く訳にはいきませんよネ。。。。(>_<)
しかし、よそ様は・・・・
知りたいですよネーー  (◎-◎)

一押しの書籍があります。。

「もうお読みでしたら」・・スミマセンデシタ。。。(-_-;)


-----------------------------------

となりの寝室
著者:夫婦仲と性の相談所
価格:¥ 1,470
講談社 (2004/04/22) ...続きを読む

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む

Q尼僧の修行について

仏教徒の知人は、統合失調症(精神障害)、うつ病、自傷行為があるのですが、未来、旦那さんと死に別れたら出家しようと思っているそうなのです。(彼女は今20代です)

しかし、出家となると修行僧になり、その修行は厳しいものだろうと思いますので、病気持ちの彼女には修行をこなすことができないのではと思います。

また、尼僧の修行がどのようなものか、どのような1日を過ごしているのか、というのがあまり詳しくわからないのです。病気の場合はそれを考慮していただけるのか、なども…(彼女も、そういったことを何も知らないで出家すると言っているのではと思います)

出家した尼さんの厳しい修行のことが詳しくわかるHPなどがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
修行の内容や厳しさは出家される宗派によって全く違ってきますが、一般に出家修行は集団生活になります。他人との集団生活に耐えられない人には無理です。出家修行は基本的に男女で違いはありません。
尼さんというと、テレビドラマでは静かな境内でお茶を飲んだり歌を詠んだり、という優雅な世捨て人のイメージで描かれますが実態とは程遠いと考えて頂いた方が良いと思います。

もし、本当に出家生活に関心があるのであれば、HPをのぞくよりも実際に体験される事をお勧めします。
以下に、ある程度本格的な修行体験ができるお寺のURLを上げてみます。参考になれば幸いです。

比叡山研修道場 居士林
http://www.hieizan.or.jp/enryakuji/jcont/event/kojirin/
曹洞宗大本山永平寺 参禅のしおり
http://www.mitene.or.jp/~katumin/eiheiji/sonota/taiken/taiken.htm
曹洞宗大本山總持寺 参禅会案内
http://www.sojiji.jp/open/sanpai/zan/index.html

曹洞宗の僧侶です。
修行の内容や厳しさは出家される宗派によって全く違ってきますが、一般に出家修行は集団生活になります。他人との集団生活に耐えられない人には無理です。出家修行は基本的に男女で違いはありません。
尼さんというと、テレビドラマでは静かな境内でお茶を飲んだり歌を詠んだり、という優雅な世捨て人のイメージで描かれますが実態とは程遠いと考えて頂いた方が良いと思います。

もし、本当に出家生活に関心があるのであれば、HPをのぞくよりも実際に体験される事をお勧めします。
以...続きを読む


人気Q&Aランキング