自分のお店を開く時の心構えとは? >>

面白いように株高が続いています。
ストップ高銘柄もぞくぞく。

これの根本的な理由はアメリカの株高と
日本の金融緩和(200兆円のお金を
少しづつ市場にばら撒く)といったものでした。

という事は日本は人口が他の先進国ぐらいまで減っても
問題ないと思うんですけど。

むしろ昨日ニュースになっていましたが先進8カ国の24歳以下の若者で
学校にもいかず、職にも就かず、職業訓練も受けてない者が3000万人にも上ったと
言っていました。

だって人口減少で一番痛いのは消費者の減少といいますが
その分、今みたいに税金から企業にお金をばらまけば景気は回復してきます。

何も人が消費しなくてもお金はまわります。
日本で一番人口の多かった2005年、2006年あたりは
不況のまっさい中、日本がバブルで超景気がよかった時は日本の人口は9000万以下。



ふと疑問に思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本が長い間不景気に苛まれた原因にはいくつかありますが、その中に内部留保があります。


これは企業が得た利益を内部に留めたものをいいますが、従業員や設備投資に回さなかったかことで需要が生じず、それによって景気が改善しなかったり、貧富の二極化が進んだとされています。

税金で企業にお金をばら撒いただけでは景気が回復するというのは幻想に過ぎません。
内部に溜め込まれては意味がありません。
そこから先に行かなければ、根本的な回復はありえないのですから。

>何も人が消費しなくてもお金はまわります。
先にも指摘してますが、利益を内部に留めてしまえばそこでお金の流れは止まります。
株や先物取引、外貨のやり取りだけにお金が回るのは、それらを持たない人々にお金が回ってこない事を意味します。
これではそれを持つ者は富み、持たないものは貧しくなるという事になるでしょう。
ですが、それでどうして需要ができるでしょうか?
需要と供給のバランス、これは資本主義を維持するための重要な要素のはずです。
今の日本はそこを忘れて浮かれているような気がしますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

oh納得の回答でした、ベストアンサーにします。

お礼日時:2013/05/23 14:30

今、日本は税収が足りないのでお金をばらまくために国債を発行して借金しています。



現時点では日本の国債を買ってくれる人(お金を貸してくれる人)が居るからいいですが、借金をし過ぎて返すアテが無くなったらお金を借りられなくなります。
借金ができなくなったらヨーロッパのどこぞの国のように大騒ぎになり、終いには国民の預金を没収するような事をしなければいけなくなってしまいます。
返すアテを確保するためにも、将来税金を納めてくれる子供達を確保しなければいけないのでしょう。

また、バブルの頃に比べたら現時点の方が人口は多いですが、人口分布は高年齢の方に偏っていってますので、将来を考えた場合問題があると言う事だと思います。
    • good
    • 0

そもそも


>借金増やして

 とありますが
借金は減ってますよ?

「国の借金」991兆円、3か月で5兆円減少
http://omo-kei.blomaga.jp/articles/9888.html

質問者としては日本の借金は増やしたいの?

この回答への補足

いやいや、まだ日銀総裁は借金増やしてお金をまわすと明言したのは先月ですので
実行してないでしょう。
1年かけて200兆の借金増やして公共事業などにまわすと言ったのですから
来年の今頃は1190兆程度の借金に増えているでしょう。

補足日時:2013/05/23 14:27
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング