アメリカの「シカゴ・トリビューン」紙の漫画家・シドニースミスが
かいた「オールド・ドック・ヤック」の中に出てくる雄ヤギについて
かかれているサイトを御存知の方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

何だろう、と思って調べてみたのですが、


スペルは、Old Doc Yak ということがわかり、(戦前のマンガなのですね)
Googleあたりで引っかかるサイトもたくさんあったのですが、
この雄ヤギ?は服を着ているらしいということで、
ひょっとして、この参考URLの2つ目の画像で傘を振り回しているのがそうでしょうかねえ?
「Doc Yak」というくらいだから、その雄ヤギ=Doctorなのかな、と思いまして。
何かの参考になれば幸い。

参考URL:http://www.augustachronicle.com/stories/042797/f …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤギの絵本を探しています。

昔、家にあった絵本を探しています。
多分、売ってしまったんだと思いますが、絵が印象的で忘れられません。
知ってる! って方がいらっしゃったら教えてくださると嬉しいです。

・ヤギが主人公。キャラクターのような可愛い顔ではなくて、「あらしのよるに」のヤギのような…。
・青い空が印象的。雲(だったと思う)は英字新聞をちぎったようなもの。
・ハチとかおばあさんが出てきたと思う。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ガラスめだまときんのつののヤギ」でしょうか?福音館書店の絵本です。(白ロシア民話、田中かな子訳、スズキコージ絵。ISBN:4-8340-0771-5 )

参考URL:http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.jsp?goods_id=430

Q狼と七匹の子ヤギのチョーク

狼と七匹の子ヤギで声がガラガラなのを子ヤギたちに指摘された狼がチョークを食べて滑らかな声になるシーンがありますが、実際のところチョークを食べたら滑らかな声になるんですか?おなかを壊すだけだと思うのですが。
また、チョークで声が良くなるということが全くありえないことだとしたら、どうしてそんなことを書かれたのか教えてください。

Aベストアンサー

調べてみたら過去に同じ質問が見つかりました。
oshiete1.goo.ne.jp/qa1095547.html
(チョークってのどにいいの?)
その回答で、下記リンクを参考に示しています。
http://plaza.rakuten.co.jp/dakidakisakuinu/diary/200403030000/

チョーク(原文ドイツ語で Kreide )は、石灰岩やその主材質の炭酸カルシウムを意味すること、そのころのヨーロッパで喉の薬とする療法があったこと、が書かれています。


ちなみに、ドイツ語の Kreide も英語の chalk も、石灰岩や炭酸カルシウムを意味するほか、それを主原料とした筆記具のチョーク(白墨)の意味でも使うみたいです。
日本でもある種の石灰岩をチョークと呼ぶようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AF_%28%E5%B2%A9%E7%9F%B3%29

Q「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」でヴィーラの出てくる分量を教えてください

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で妖精ヴィーラが出てくるそうですが、どの程度の比重で出てくるのでしょうか? ちょい役でしょうか、メインでしょうか?

お教え頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

たしか、ヴィーラそのものの登場は一瞬です。

でも、「ヴィーラの血を引く美少女」がメインキャラの一人として活躍します。

Q今江祥智さんの「と・き・を・こ・え・て」の収録本

今江祥智さんの「と・き・を・こ・え・て」の収録本
みなさん、こんにちは。
今江祥智さんの「「と・き・を・こ・え・て」という作品を収録した本を探しています。
検索で探したのですが、見つかりませんでしたので、本の題名にはなっていない模様です。
ひょっとすると題名が少々違っているのかもしれません。(大体は合っていると思うのですが)

恐れ入りますが、教えていただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おたずねの作品は、
今江祥智/著『おれたちのおふくろ』(http://www.rironsha.co.jp/search/index.html)の
第1章「と・き・よ・と・ま・れ」ではないでしょうか?

現在、単行本『おれたちのおふくろ』自体は品切れのようで、
購読を希望される場合は、『兄貴』にはじまる“ぼんぼん洋少年の青春四部作”を全て収めた一冊、
『ぼんぼん 全1冊』(http://www.rironsha.co.jp/search/index.html)しかないようです。
4作収録の本なので、価格も6,627円と高価ですが……。


参考になればと思います。

Q柴田よしき『ア・ソング・フォー・ユー』について(ネタバレ有り)

柴田よしきの花咲探偵シリーズ、
『ア・ソング・フォー・ユー』に収録されている、
『骨まで愛して』の内容についての質問です。
一部理解できない部分があったので、
解説をして頂きたいと思っています。

糸井紘子の「交通事故で亡くした弟」が、
途中から「息子」になっていたのがうまく理解できません。
世間に弟と言っていたのが実は息子だった…のか?
とも思ったのですが、年齢が合わないし…。
焼き鳥屋の証言では「子どもはいなかった」となっているのに、
紘子の話しだと「保育園に通わせていた」というし…。

読み落としてる部分があるのかも、と思い再読したのですが
やっぱりよくわからないままでした。
読解力が弱くてすいません。

どうもすっきりしないので、解りやすく解釈してくださる方からの
回答お待ちしております。

Aベストアンサー

>どうもすっきりしないので、解りやすく解釈してくださる方・・・

すっきりと納得されるかどうか判りませんが、これは明らかに著者の書き間違いだと思います。
意地悪な言い方をすれば、忙しさにかまけて手を抜いた結果、ということでしょうか・・・。

この本に収録されている4編は「月間 J-Novel」という雑誌に連載されたものを一冊の単行本にしたものです。

で「骨まで愛して」は約100頁の作品で2007年の3月号~6月号の4ケ月の連載ですから、1ケ月あたり大体25頁前後の分量だったと思います。

ここからは推測ですが、この単行本の384頁の「章の6」から最終回として6月号に掲載されたのだと思います。

その段階で「神保ひかる」くんの父親と糸井紘子さんの関係をなんとかしなければ、というところから、紘子さんの息子とひかるくんが保育園で一緒だったことにしたのでしょう。
前段(前号まで)で、紘子さんが中学の時に小学校3年生の弟という設定だったことを忘れてしまったんですね、忙しすぎて。

もちろん作家に責任があるのは当然ですが、普通このあたりのことは編集者がチェックして「先生、人物の設定が変わっちゃってます・・・」とひと言あってしかるべきです。

でも月刊誌の場合、ひとりの編集者が複数の作家さんを担当していることが多いのではないでしょうか?
そうなると、前号を読み返して、設定や繋がりに齟齬をきたしていないかどうかのチェックが甘くなるのかも・・・。

マンガ家さんみたいにアシスタントやマネージャーさんがいればいいんでしょうが、小説家さんの場合ひとりでやっている人が多いですからね・・・。
でもやはり作家さんに一番の責任があることにかわりはないと思います。
柴田さんも既に気がついていることだと思いますよ。ですから増刷や文庫化の時には、加筆訂正をするのではないでしょうか。

しかし、頻繁ではありませんが柴田さんに限らず、書き下ろしではなく連載を単行本にした場合には時々見受けられるミスです。
かといって個人的には、これで作家さんへの評価を下げてしまうのは、ちょっと気の毒な感じがしてますけど・・・。

>どうもすっきりしないので、解りやすく解釈してくださる方・・・

すっきりと納得されるかどうか判りませんが、これは明らかに著者の書き間違いだと思います。
意地悪な言い方をすれば、忙しさにかまけて手を抜いた結果、ということでしょうか・・・。

この本に収録されている4編は「月間 J-Novel」という雑誌に連載されたものを一冊の単行本にしたものです。

で「骨まで愛して」は約100頁の作品で2007年の3月号~6月号の4ケ月の連載ですから、1ケ月あたり大体25頁前後の分量だっ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報