出産前後の痔にはご注意!

こんにちは

私はもう10年くらいアカミミガメを飼っています
この頃大きくなってきて今の水槽では狭いかなと思ったので
もっと大きな水槽に変えてあげようと思っています
ガラス水槽にしようと思っています
そして今まで車庫で飼っていたのを飼育しやすいように
私の部屋に移動させたいと思っています
部屋は日が当たらなくて年中ひんやりとしています
日を当てようと思ったら地味になら当てられないこともないです

今10センチくらいです

そこで質問なんですが...

・これから先もずっとその水槽で飼うためには
 どのくらいの水槽にすればいいでしょうか?

・ライトなど水槽周りの物など何か必要な物はなんですか?
 水草や砂利などは必要ですか?
 どのようなレイアウトにすればカメさんは過ごしやすいのでしょうか?
 水の量はどれくらい入れればいいでしょうか?

・水槽の水替えはどのくらいの頻度ですればいいでしょうか?
 水替えは普通の魚と同じようにすればいいですか?

他に何か大きな水槽にするにあたって注意しなければならないことや
おすすめのグッズ、アドバイスなどがあれば教えてください><

大きな水槽初心者などでできるだけ詳しく教えてくださると嬉しいです!

A 回答 (2件)

アカミミとクサを15年飼育しています。


私は5年くらい水槽で飼育していましたが、水槽が割れたことを機に衣装ケースでの飼育に切り替えました。
現在は衣装ケースより一回りでかいジャンボタライで飼育しています。
陸場として、植木鉢をさかさまにしてたらいの真ん中に置いています。

ジャンボタライのよいところ
・同サイズの水槽よりはるかに安価
・排水口がついているので水替えが楽
・軽いので持ち運びが楽

私も質問者さんと同じことを疑問に思っていたので、ペットショップやインターネットで質問しました。
諸説あるようですが、あくまで自分が聞いたこと、実践していることを書きます。

どのくらいの大きさが適当か?
亀のことを思えば、自然に近ければ近いほど過ごしやすいかと思われます。
しかし、飼い主の住環境などの事情により制限があると思いますので、できる限り広くとってあげるとよいかと。

必要なものは?
砂利や水草は好みですが、砂利は雑菌の繁殖の温床になりかねないので清潔を保つ自信がなければ避けたほうがよいかと思います。

水の量は?
甲羅が隠れるくらいと聞いています。
あまり深すぎると泳ぎつかれるようです。

水替えの頻度は?
理想は3日に1回全量と聞きました。
私は1週間に1回です。
室内で飼育しているとき、夏場は3日でくさくなりました。
魚のような水合わせは不要です。

注意すること
必要なのは甲羅干しをする陸場と日光です。
ずっと日陰に置いておくと甲羅が柔らかくなってしまいます。
また、ときどきえびや魚、貝類などの生餌もあげるようにするとよいそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ジャンボダライもよさそうですね^^
でもインテリア的にガラス水槽ははずせません;;

家が田舎なのでペットショップないんですよね><

色々と詳しくありがとうございました!

お礼日時:2013/05/23 02:29

こんにちは。



アカミミガメは、最大で甲長30cmほどですが、10年飼育して10cm位というのであれば、寿命が約15年ですので、これから先もそれほど大きくならないと考えられます。
標準の60cm水槽(60×30×36)で十分でしょう。

水深は亀の体が隠れる位にして、甲羅干し用の陸地を作ってやれば、他には何も要りません。日光浴は必ず毎日させてあげてください。
ガラスの底が滑って亀が移動しにくいようでしたら、砂利を敷きましょう(その分メンテナンスに時間はとられますが)。

換水は週一回、全量を。魚じゃないので水温さえ極端に違わなければ、塩素の中和も不要、大雑把でOKです。

60cmのガラス水槽に、多少なりとも水を入れた状態だと、水槽を抱えての移動は困難になります。日光浴の時だけ、亀を専用のタライに入れて外に出しましょう。半分は蓋で覆って日陰にしておいてください(回収を忘れて熱中症で殺してしまわないように要注意です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

亀も熱中症になるんですね!
それに塩気があっても大丈夫とは…

詳しくありがとうございました!

お礼日時:2013/06/17 15:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亀の水槽、みなさんどうされていますか?

種類は多分ミドリガメです。(一般的によく売られているものだと思います)

もう6歳くらいでかなり大きいので、水槽がすごく狭そうなんです。水槽の半分にはレンガを積んで、日光浴のために亀が上がれるようになっています。
だから、亀が動ける部分は半分しかないのですが、はっきりいって泳げません。亀より一回り大きいくらいです。水かきをしても前に進めない亀が可哀相なんですが、
大きい水槽ってなかなかお値段もはるし、他に熱帯魚も飼っているので置き場所が難しいです。

皆さんの亀の水槽はどんな感じですか?やはり泳げるくらい充分な大きさを購入していますか?また、どんな工夫をされていますか?

※また今度旅行で3日ほど家をあけるのですが断食させても平気でしょうか。タイマー付きなど費用のかかるものは買えません。家に人が誰もいなくなる状況が滅多にないので一回のためには買えないのです。

Aベストアンサー

No.1です。
我が家では、陸地はやはりレンガを使用しています。
2000円程度で購入した屋外用収納ケース×レンガで三年ほど飼っていますが、今のところ割れていません。
フタは、使っていないです。はずしたまま。
水をきれいにする機械・・・濾過機ですね。私は、水中ポンプタイプのものを使用しています。いろいろなタイプのものがありますので、今誤使用のものが収納ケースで使えなさそうなら、ペットショップの店員さんにでも相談すれば、ちょうど良いものを教えてくれると思います。

ただし、繰り返しになりますが・・・収納ケースは丈夫なものを購入したほうが良いと思います。水を入れて使用したくらいでそう簡単に壊れるとは思えませんけど、やはりそのために作られた商品ではありませんから・・・。

Qプラ舟でカメなどをビオトープ風に飼っていますが・・

プラ舟1m×70cmに6~7割ほど水を入れたものに、
金魚5匹、メダカ4匹、ホテイアオイ4束、石巻貝20匹
睡蓮2鉢、その他水草や、名前の分からない植物2鉢いれてあります。
ミナミヌマエビ100匹を入れ、田土を底に少しだけひいています。

この中に新たに、5cmのクサカメを入れているのですが、
水替えの必要はどれほどあるでしょうか?

昔カメを飼っていたのですが、あの独特のアンモニア臭はいまのところしません。

できれば自然のままで飼いたいのですが、限界もあると聞きます。
やはり小さいカメでも水替えは頻繁にした方がいいのでしょうか?
水替えは面倒だと思っていませんが、できるだけ、水替えを少なくして、ビオトープを楽しみたいので質問しました。

Aベストアンサー

水棲、半水棲の亀は、特に代謝が大きいので、水は汚れがひどくなります。自然処理能力を超える可能性はありますね。
また、日光の当たり具合によっては、アオコなども発生します。水量がそこまで過多でもないので、汚れ具合、減り具合(自然蒸発の)を見ながら、その状態に合わせて進めていくしかないと思います。

なお、めだかもエビも、餌になる可能性は高いです。むしろ、夏場とかになれば、100匹も入れれば、酸欠になる可能性も高いでしょう。

Qミドリガメが食べて良いエサ

ミドリガメは雑食ですが、食べ物(人間が食べるもの)なら何でも食べられるのでしょうか?

動物によって、犬はネギ類、ニンニク、チョコレート等がダメ・・・など中毒を起こす食品もありますよね。
同じように、ミドリガメも中毒を起こすような食品があるのでしょうか?

現在4ヶ月のチビちゃんを2匹飼育していますが、エサはキョーリンのカメの餌、亀用の乾燥川エビです。ごくたまに、シラスの塩抜きしたものをあげています。食欲旺盛で元気いっぱいなのですが、ふと他のものもあげると喜ぶかな?と思って質問しました。

皆さんのカメさんの好物、食べさせたらいけないものなどありましたら教えて下さい♪

Aベストアンサー

基本的に人間の食べるものはあまりあげない方が良いです。例に挙げられてるネギ、ニンニクなどは中毒を起こすのではなく刺激が強すぎるためです。また猫はイカをあげると神経中枢が影響を受けます。
また犬に鳥の骨をあげると骨の繊維が胃壁に刺さってしまったりします。話をカメに戻すと基本的に毒がなければ結構何でも食べてしまいますが、当然人間の食べ物は人間用の味付けと栄養素が悪影響を起こす場合もあります。 人間もそうですが粗食のほうが長生きします。
普通は生きている物を喜ぶカメが多いです。エサ用のエビ、ザリガニ
なんかはすごく喜びます。ここで注意ですが、生き物が好きだからといって近くの田んぼで捕まえてきたりすると残留農薬が残っていたりします。爬虫類、両生類は生きたままえさにすると寄生虫が居たりします。またイモリ、ヒキガエルは毒がありますので注意が必要です。
あとレプトミンの高いほうは凄く喜びます。ただ変わったエサをあげると偏食する事もあります。

Qクサガメが初めて産卵しました。

クサガメが初めて産卵しました。
13年前に拾ってずっと1匹で飼っているので無精卵です。(よね?)

飼育は水槽の中で,陸地はレンガを2つ並べているくらいです。
今回は水中で産卵してしまいましたが,無精卵であっても産卵場所はつくるべきなのでしょうか?

あと,産んだ卵を親ガメが食べるという話を聞きましたが,食べさせたままでも平気なのでしょうか?
気づいたらすぐ卵を取り除くようにはしますが…

それから,卵はどれくらいの周期で何個ほど産むのでしょうか?
その他,産卵において気をつけた方がいいことはありますか?

初めてのことなので少しあわてています…(>_<)
何か参考になることがあれば教えてくださるとうれしいです!!

Aベストアンサー

クサガメが産卵しましたか♪環境が良いんですね、それに大切に育てて貰ってるから安心しているんですね^^

>無精卵であっても産卵場所はつくるべきなのでしょうか?

これからは産む可能性が高いですから、とりあえず砂場のような所を、作ってあげていた方が良いですね。

>食べさせたままでも平気なのでしょうか?

平気です、何の害も栄養もありません。

>卵はどれくらいの周期で何個ほど産むのでしょうか?

普通の産卵なら、交尾行動は冬眠明けから初夏にかけて行なわれます。

産卵は6~7月にかけてです。土のなかでされ、1回に産む数は3~12個程度。1シーズンには何回か産卵します。

無精卵の場合でも1回に12個産んだびっくり亀さんもいますよ^^

(無精卵なら普通は5個くらいまででしょう)

>産卵において気をつけた方がいいことはありますか?

産卵自体には立ち会いませんから取り分け心配はないんですが、卵が産めずに胎内に残る(詰まる)場合があります。

そんな時はお医者さんに連れて行ってあげて下さい。放っておいても腐っていずれ出て来ますが、苦しんだり腐った菌で病気になったりします。

ご参考までに♪

クサガメが産卵しましたか♪環境が良いんですね、それに大切に育てて貰ってるから安心しているんですね^^

>無精卵であっても産卵場所はつくるべきなのでしょうか?

これからは産む可能性が高いですから、とりあえず砂場のような所を、作ってあげていた方が良いですね。

>食べさせたままでも平気なのでしょうか?

平気です、何の害も栄養もありません。

>卵はどれくらいの周期で何個ほど産むのでしょうか?

普通の産卵なら、交尾行動は冬眠明けから初夏にかけて行なわれます。

産卵は6~7...続きを読む

Qミドリガメの産卵について教えてください

ミドリガメの産卵について教えてください
最近カメの食欲がなくなり水槽の中を暴れまわっています。
原因をネットで調べたところ産卵期で卵を産める場所を探しているという事がわかりました、またそのまま放置すると卵づまりを起こす危険があるということも知りました。

そこで飼育者の皆様にお聞きしたいのですが産卵場所というのはどの様に作っておられますか?
自分はベランダ共有のマンションに住んでいるので掃除時に散らばる砂や砂利などは水槽にあまり入れたくありません。
どうしても必要ならば砂等用意するつもりですが他に方法があれば教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

何センチのミドリガメでしょうか?

ミドリガメとは大抵がミシシッピーアカミミガメの幼生の事です。
暴れているのが産卵の為とは限らないのですが、産卵の為だと仮定して回答してみますね。

産卵は、やわらかい土の陸地で行われますが(野生では最適な場所を探して何キロも歩く個体もいるそうです)水槽の中などで、いい場所がない場合、水の中で産んでしまう個体もいるそうです。その場合、飼育者は卵を採集し、孵卵器で卵を人工孵化させます。これは、温度や湿度の設定、卵をひっくり返さないようになど、それなりに技術が必要です。

私の場合は、庭の池で飼育していますので、カメが陸に上がって、穴を掘り、勝手に産み、自然に孵りますよ。環境さえ用意できればこれが一番楽ですね。

質問者さまの、水槽の大きさがわからないのですが、仮に陸、砂を用意して、そこにカメが卵を産んでも、そのままでは孵らないでしょうから、上記のような孵卵器が必要になります。

Qミドリガメが動かなくなってしまいました

夏祭りでとってきて、約2ヶ月大事に育てていたんですが、昨日夜動かなくなっていました。

最近の様子はとても元気でした。
見過ごしていたりしたのでしょうか・・・

飼育環境は
ミドリガメスターターキットで買った水槽で室内飼育
砂利を敷いてました
スターターキットについていた亀石をどけて最近浮島に変えました
浮島に日中はよく上手に乗って甲羅干ししていました
ヒーター使用 自動調節できるもので毎日朝、晩は25度~26度 日中は30度くらいになることもありました
ご飯は夏は1日2回テトラレプトミンを彼が食べきる分与えてました
最近は生海老も2回ほどあげました
寒くなってきたので最近では1日1回ほどしかご飯を欲しがらないのでそのようにしていました
水換えは基本毎日していました
食事も減ったので水汚れもひどくなく、一昨日の夜はサボってしまいました
そのせいだったりするのでしょうか?朝換えてあげればよかったと後悔しています

思い当たるやっていないことといえば、日光浴です
夏はよく午前中ベランダに水槽ごと出してさせてました。
本人も日陰と亀石の上を交互に気持ちよさそうに伸びて日光浴してました。

寒くなってきてからは出しても水から出てこなくなったので、外に出すのをやめました。
でも水槽は窓際においていたので、最近では浮島に上手に乗って甲羅干ししてました。

ライトが必要かなとも思っていたのですが、上記の様子を見てとりあえずは大丈夫かなと購入を見送っていました。
ガラス隔てていると紫外線が不十分という情報を知っていたのですが、見送ってしまったんです。

週に1度は水槽を掃除して、甲羅も歯ブラシで磨いていました
紫外線不足だと甲羅がおかしくなるとネットで見たので確認もしてましたが、とくに変わった様子もなく、硬いままですし、色も変じゃないと思ってました。
素人目には分からない変化があったのでしょうか・・・

動かなくなった昨日も、朝ごそごそ砂利の上を歩いたり、泳いだりしてカーテンを開けて日の光をいれるとそちらを向いて・・・とにかくいつもと変わらなかったです。

ご飯もきちんと食べてました

日中はアルバイトなので、出かける際にカーテンを水槽に引っ掛ける形で窓の光をカメが受けられるようにしてバイバイしました。
いつもそのようにしています。

帰宅後、いつも夕方は亀石と砂利の間にはさまるような、砂利に軽く埋まるような感じでゆったりしています。寒くなってからは、私が帰ってきて声をかけるとご飯をねだりにくることもなくなったので、そのままにしていました。
自分がご飯を食べ終わったときに、1回も顔を出さないので気になり、水換えしようと思って石をどけたら目をかたく閉じて、手足もだしたまま、動かなくなっていました・・・
首は少し持ち上げたような状態のまま、固まってるという感じです・・・

びっくりして、真っ白になって何度も呼びかけて頭をこんこんつついたのですが動かず・・・

冬眠してしまったのかと淡い期待も捨て切れません
ネットでみたらどうやら冬眠ではなさそうですが・・・分かっているけど、死んでしまった理由が分からないし、なぜ動かないの??という気持ちです
原因が知りたいです

水温はいつもどおり26度でした。
砂利と浮島の間は彼のお気に入り隠れスポットでした

同じ経験がある方、亀に詳しい方、亀を飼っている方、なんでも結構ですので、回答お願いします

夏祭りでとってきて、約2ヶ月大事に育てていたんですが、昨日夜動かなくなっていました。

最近の様子はとても元気でした。
見過ごしていたりしたのでしょうか・・・

飼育環境は
ミドリガメスターターキットで買った水槽で室内飼育
砂利を敷いてました
スターターキットについていた亀石をどけて最近浮島に変えました
浮島に日中はよく上手に乗って甲羅干ししていました
ヒーター使用 自動調節できるもので毎日朝、晩は25度~26度 日中は30度くらいになることもありました
ご飯は夏は1日2回テトラレプ...続きを読む

Aベストアンサー

まず夏祭りでとってきたっていうのは屋台とかですか?

もし飼っていた亀がペットショップなんかで買っていたらまずないんですが。

1.病気 2.寿命 ですかね

ペットショップなんかで買ったものであった場合もあり得るのは

1.病気 2.水が水道水のままだった 3.日に当たりすぎて日射病 4.溺れた 今まで上げたものの合併症

なんかがあげられます。僕の飼っていた亀はおそらく日射病で一匹、カラスや猫、アライグマに襲われ3匹

今も生きてるかもしれませんが病気で一匹別の家にとカメ運が全くありません。大切に育てていても

病気になったり死んでしまったりすることもあるかもしれません。

まだ死んだと決め付けるのは早いです僕の飼ってた亀やカブトムシもそういうことがたまにありました。

もし死んでしまっていたらお墓を作ってあげてください。

参考URL:http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=9985

Qカメの水が白く濁る

ミドリガメを2匹飼っています。
水深は12~3cm程度です。
5月~10月くらいまでが屋外、あとは室内飼育です。

先日水を替えて、夜勤を終えて帰ってきたのですが、先日変えたばかりの水が白く濁っていました。牛乳のように真っ白というのではないのですが、「これは白いぞ!」とわかってしまう程度の濁りようです。
気になったので先ほどまた水をかえました。明日以降どうなるか不安ですが、一体原因は何でしょうか?ご存知の方いらっしゃいませんか?水をかえたときに、一応カルキ抜きはしています。エサは、カメが残さない程度に与え、余っていたら気がついたときには取り除くようにしています。

また、カメの水は週に一度程度の頻度でかえたほうが良いと聞いたのですが、わたしは、10日~2週間前後でかえています。みずをかえる間隔が長すぎるでしょうか?一度、すっかり水をかえるのを忘れていて、1ヶ月くらい忘れていたことがあったのですが、何食わぬ顔をして今でも元気に水槽を泳ぎ回っています。
それを思うと、そう頻繁にかえなくても良いのかな?と思ってしまいます。

Aベストアンサー

ポンプやフィルターなど浄化装置がないならもっと頻繁に水を換えた
方が良いと思います。大きくなれば排泄の量も多くなりますし、彼ら
は自分たちが棲んでいる水を飲んでいるのですから、清潔に保ってや
る必要があります。今後気温が上がればより汚染が早くなりますしね。
因みに私はカメが小さい内(8cm程度)は、60cm水槽に水をいっぱ
い入れ(もちろん陸地は作って)、大型のポンプを24時間回し、浄水
液を入れていましたが、それでも週に1回水を交換していました。
今では大きくなったので衣装ケースに水を張り、毎日交換しています。

Qゼニガメの幼亀が甲羅干しを嫌います

去年の8月に産まれたゼニガメの幼亀を一ヶ月ぐらい前に購入しました。
この幼亀が陸にあがりません。

35cm×20cmぐらいの水槽に入れています。
ヒーターと濾過器と日陰付きの陸場があります。
泳ぐのが好きなようで徐々に水深をあげて7cmぐらいです。背伸びをして十分首がでます。
日の当たらない場所に置いているのでレプティグローコンパクト5.0でUVB対策をしています。
水は毎日交換しています。その際に別容器に入れてライトの下に置いて15分ほど強制的に甲羅干しをさせています。
ペットショップの店員さんに「15分でいいから直射日光をあてさせてね」と言われたので別容器に日射病の予防に日陰付きの陸場を入れるのですが日陰に入ったままで、直射日光の意味がありません。
そして、陸場に置くとすぐに水に潜ってライトに一番近い所で立ち上がって首をだしています。私が近くに寄ると首を引っ込めます。この子なりの紫外線の浴び方なのでしょうか??
本などに特にのっていなかったのでこの子がすごく臆病で陸に上がるのが怖いのでしょうか?
このまま強制的にライトや日光を浴びせてもよいものなのでしょうか?少し心配です。良い対策などありましたらお教えください。よろしくお願いいたします。

去年の8月に産まれたゼニガメの幼亀を一ヶ月ぐらい前に購入しました。
この幼亀が陸にあがりません。

35cm×20cmぐらいの水槽に入れています。
ヒーターと濾過器と日陰付きの陸場があります。
泳ぐのが好きなようで徐々に水深をあげて7cmぐらいです。背伸びをして十分首がでます。
日の当たらない場所に置いているのでレプティグローコンパクト5.0でUVB対策をしています。
水は毎日交換しています。その際に別容器に入れてライトの下に置いて15分ほど強制的に甲羅干しをさせています。
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。私も昨年の9月から、ゼニガメ(クサガメ)を飼育しています。
きっとうちと同じころに生まれた子でしょうね。しぐさや動きがとてもかわいいですよね。
こちらも初心者ながら、気になったのでつたないちぐはぐな内容かもしれませんが書かせていただきますね。

うちもとても臆病で、もう10カ月になりますが先日やっと水槽で干していて目があっても耐えてくれたりするようになったくらいです。
はじめの2カ月くらいは、人のうろうろしない一人?亀部屋に入れてそぉっとのぞいたりしていたくらいです。
いまでもじぃっと見ていたら干しません。
なのでそぉっとしておくと、そろそろ~と上がって自分で干しています。
ほうっておくと、小さいころから2時間くらいは水も飲まずに干しています。
目隠しを水槽に貼ったりして、怖く思わないようにしたり、
ひとによっては広い陸場にシェルターを置いたりしていらっしゃるようです。


陰で干したがるのは、よく聞く光景ですよね~。
うちも「陸場は安全」と思ってくれるまで、根気強く工夫&待っているような状態です。
なので、小さいころからかめさんのブログなどを見させていただいたり、
ショップの店長さんと相談させていただいたりして朝夕1時間半ずつくらい
「強制甲羅干し」などしていました。完全に乾かすこと(皮膚病予防)・
日光浴・がとても重要だからです。日光浴ができなくても、
自分で干してくれるようになるまで乾かす時間は作ってあげてくださいね。
今されていらっしゃるようにUVライトを照射しながらがいいでしょうね。
うちは今も、水場がメインの陸場つきプールごとお外にだしてしまうと怖がって浸かりっぱなしになりますよ~。

はじめのころは、小さい水場を一応入れたたらいで玄関に差す朝日で日光浴をしてもらっていました。
網戸ごしで、外的も心配なくできるので。
この時季は皆様が書かれていらっしゃるように直射日光・脱水症状がとても危険・心配ですので、
される際は必ず目の届く範囲で外的(カラス・猫・人・・・)・
脱走(かめさんは脱走が得意)!!対策もしながら~のお外での甲羅干しをおすすめします。

そして本にもあるように朝の早い時間がおすすめです。

ご存知かと思いますが、プラケースや水槽ごとだされると熱くなりすぎる場合もありますので、
容器をうつしてはじめはこまめに水温・気温チェックをおすすめします。
うちはちなみに一部すだれつき&水場つき&土・流木など安心してもらえる
自然な場所で日中は外に出しています
(午前中のみ日の当たる場所です)。

今は大きくなったので金網(100均)で四方囲った中です。
直射でなくても外にいれば間接的に紫外線が当たるので、一日出しておくなら
陰でも充分・と書いている本もあります。

確かに本はまずたくさん読むととても参考になりますし
しょっちゅう読みますが、こまかい実践はブログで先輩に習うようにしています。
たま~に直接交流で、先輩の意見をうかがったりもしています。
本に書いてある基本は絶対おさえつつ・本に書いていない・
飼われていらっしゃる方の工夫のまねをさせていただいています。
HPもありますが、ブログの情報(量も)のほうが個人的にはとても参考になります。

(夏場前には水場メインのプールに陸場などをつけてだす予定です。
今のやりかただと水が少なく、お湯になって熱中症になりかねないので・・・。)


ご自分のかめさんのペースやようすを見て、本当にすこ~~しずつ試してゆかれるといいかと思います。


あと、補足ですがそろそろもう少し大きな水槽にしてあげて、
陸場もしっかり広くとってあげると干してくれやすくなる気はします。
どのみち容器は大きくしないといけなくなりますし。
一方でお世話が大変にはなりますのでそのへんはご自分と相談しつつ・・・。
大きさの目安は、甲長の5倍の長さの水槽もしくは衣装ケース・などだそうです。
35×20cm水槽は、うちは3cmほどの時に2週間だけ使っていました。

今はごはんの時に汚れ防止にそちらで食べてもらっています。
強制的に日光浴してもらっているうちに、ある日突然水槽に日光がさした時、
干してくれる!!ようになったりしますよ~。
で、今はできるだけそぉっとしておくこと(慣れてくれるまであまり見ない)・
上から見下ろさないこと・あまり不必要に触らないこと・
人がしょっちゅう通る玄関などに水槽をおかないこと・でしょうか。


水深は、しっかりと安全が確保されていらっしゃるなら(浅瀬~陸場などが崩れない
・ずれない・かめさん自身がちゃんとが泳げる!)、
泳ぐのが好きな子なら安心してくれるのであるとよいかと
(うちの場合も同じです)見ていて感じます。ちなみにうちは甲長10cm・
60cm水槽で水深19cmですが・・・。
(じょじょ~にそうなったので、もちろん!!決しておすすめはしません~。
水槽内のレイアウトをしっかり組んで、かめさんのようすを日々
じっくりうちにいる日に時間をかけて観察しながらちょこっとづつ進めないと、
大事故につながりかねないので~。

ちなみにうちも寝てもらうための水の中のシェルターの水深は6~7cmです。


結局安全面を考える&かめさん・自分が楽しいのを追求すると、
先輩かめキーパーさんのレイアウトと同じになりました。)のどをふくらませて、
ぷか~んと自発的に浮ける子なら、「泳げる子」だと個人的には思っています・・・。
じたばた~しているうちはまだこれからさらにもし水深を深くしてゆくには注意が必要だと思います。
だいぶん力が強くなっている大きさだと思いますので、(れんがなどは簡単に動かしてしまいます)
陸場や浅瀬を作ってあげる際は充分気をつけてあげてくださいね。

ヒータは、地域によりますが、そろそろなくても大丈夫かもしれませんね。
できるだけ明るいめのお部屋で飼われるとよいそうです(専門家さんより)。


もうすぐ夏ですし、暑さが心配ですが、無事かめさんが安全に太陽の恩恵で丈夫な甲羅と体を作ってもらえるといいですね。

はじめまして。私も昨年の9月から、ゼニガメ(クサガメ)を飼育しています。
きっとうちと同じころに生まれた子でしょうね。しぐさや動きがとてもかわいいですよね。
こちらも初心者ながら、気になったのでつたないちぐはぐな内容かもしれませんが書かせていただきますね。

うちもとても臆病で、もう10カ月になりますが先日やっと水槽で干していて目があっても耐えてくれたりするようになったくらいです。
はじめの2カ月くらいは、人のうろうろしない一人?亀部屋に入れてそぉっとのぞいたりしていたくらい...続きを読む

Qカメの冬眠と寿命

クサガメについての質問です。

甲羅が8センチ程のカメで、飼い始めて約1年になります。
日光のライトや紫外線のライトなどの設備は整えてある状態です。


冬眠の失敗が怖くて、今シーズンは室内でヒーターを入れ、越冬させました。

しかし、冬眠に関する質問の中には、冬眠させないとストレスになるといぅ回答もあり、やはり冬眠させるべきだったのかなぁ、と悩んでいます。

冬眠させずに冬を越す方法はストレスがかかりカメを短命にしてしまうのでしょうか?

お詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

同じくクサガメ飼育者で、4年前まで冬眠させながら、以後加温飼育している物です。

人間もそうですが、あなたのご家族・身内でお亡くなりになられたお年寄りの死亡年齢を眺めて「我が家の親族は寿命が長い、短い」というのは家計の遺伝・気質も大いに関係はしているでしょうが、それがイコールあなたも長生き・短命とは推測できませんよね?
たまたまのことで、統計としては根拠も統計データとしても対象が少人数すぎます。

同じことでクサガメにしても、飼育環境ひとつ、自然に生きる野生のカメであっても、その寿命は様々で一概に言い切れる物ではありません。
長く生きながらえた物と、短命だった物とを相当数、統計として観察しなければ傾向もつかめません。

「冬眠させずに冬を越す方法はストレスがかかりカメを短命にしてしまうのでしょうか」についても、カメが自身の体調や健康状態を正常に判断できる知能を持ち、かつ言葉で表現できれば「ストレスの有無」も確認できますが、こればかりはわかりませんよね?

それ以上にヒーターでの加温飼育に踏み切ったのは「冬眠の失敗が怖く」と理由があってのことでしょう?
小さい個体のうちは特に冬眠を失敗する危険性が高いのは事実です。

それを思えばその失敗自体が命をかけてまでの大きなストレスであり、それを免れるために加温飼育にされたのでは?

冬眠に失敗する「今期までの短命」を思えば、冬眠なしでも「何年後かの寿命」の方が長寿だと思いますよ。

同じくクサガメ飼育者で、4年前まで冬眠させながら、以後加温飼育している物です。

人間もそうですが、あなたのご家族・身内でお亡くなりになられたお年寄りの死亡年齢を眺めて「我が家の親族は寿命が長い、短い」というのは家計の遺伝・気質も大いに関係はしているでしょうが、それがイコールあなたも長生き・短命とは推測できませんよね?
たまたまのことで、統計としては根拠も統計データとしても対象が少人数すぎます。

同じことでクサガメにしても、飼育環境ひとつ、自然に生きる野生のカメであっても、そ...続きを読む

Qミドリガメ(アカミミ)の真夏の屋外飼育について

現在、ミドリガメ(推定3~5歳)を屋内飼育しています。
大きくなってきて水槽のサイズアップ、餌をたくさん食べるため、水の汚れが激しく室内が臭い等の理由で、今夏から、屋外飼育を検討しています。
屋外飼育に移行すると、現在の45cm水槽から60cm水槽変更、屋外水洗が近くなり水替えが楽になる等のメリットがあります。(今でも一日一回の水替えはしています。)
室内飼育同様、ろ過器を使用するつもりなので、電源が摂れ、屋外水洗が近い場所での飼育が理想なのですが…
問題は日当たりが良い事です。ほぼ一日中日光が当たります。もちろん、すだれなどで日陰を作るつもりですが、それだけで大丈夫でしょうか?どうしても、水が煮立ってしまうような気がしますが…
狭い庭なので、大掛かりな仕掛けは作れません。その中でも出来るだけ、カメに負担がかからない方法があれば教えてください。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

一言で言うなら「非常に危険です。」

お気づきの通り水温管理が決して期待通りには行きません。
日陰を作ろうが、言い換えれば日なたもあるわけで。
地面に掘り込んだ池などならまだしも、設置する床面は土?コンクリート?バルコニーなど作り付けの樹脂製?木材かな?

いずれにしても濾過器など全く本設置と同じ条件で試せれば良いのですが、先ずは空の今度設置する予定の水槽に予定通りに水を張り10日間でも水温および水槽内の気温を計ってみてください。

お仕事?学校?の都合で真っ昼間の温度計測は難しいでしょうか?
温度計の中でその日の最高・最低温度を測れるような物が1000円台から市販されています。
是非とも活用され、計ってみてください。

日陰を作ろうとも前段で確認のように床材によってはその熱、あるいは床と水槽の間に断熱材代わりに発泡スチロールなどを敷き込もうとも、反射熱で水槽内はかなりの高温になります。

水でも空気でも高温になる場合、濾過器などで循環もさせる以上はいわゆる攪拌して温度を均一化させてしまいます。
水槽内全体が均一に暑くなったのでは、カメはなす術がありません。

まだ水も空気も動かさず、暖かい場所と涼しい場所と「ムラ」があった方がカメが自発的に快適な場を行き来し選べます。

小さな池程度に面積空間は広く、高さもあるに越したことはありません。
その上で日が射すのであれば、逆に日陰はスダレなどと言わず板などで完全に日光を遮断してください。
いかに温度ムラを作るかです。

このムラが期待通りに作られたかどうかは実測で確認するしかありません。
お庭に設置とのこと。
願わくば生の土に数センチでも水槽が埋没するように設置するか、土に直置きをお勧めします。
日陰になった土、これほど自然に近い温度管理はありません。

日なたは心配通りいくらでも作れるでしょ?

これまでの濾過や掃除による水質管理以上に、温度管理が難しく危険を抱えることになるのですよ。
頑張ってください。
推測や期待で判断せず「実測!」
これ以上も以下もありません。

もちろん飼育開始後、真夏に向けても温度の確認は怠らずいつでも方針転換、設計変更が可能な柔軟な姿勢で。

一言で言うなら「非常に危険です。」

お気づきの通り水温管理が決して期待通りには行きません。
日陰を作ろうが、言い換えれば日なたもあるわけで。
地面に掘り込んだ池などならまだしも、設置する床面は土?コンクリート?バルコニーなど作り付けの樹脂製?木材かな?

いずれにしても濾過器など全く本設置と同じ条件で試せれば良いのですが、先ずは空の今度設置する予定の水槽に予定通りに水を張り10日間でも水温および水槽内の気温を計ってみてください。

お仕事?学校?の都合で真っ昼間の温度計測は難しい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング