よく見ることが有るのですが
ビンの中に船のプラモデルが入っているなど・・
これはどうやっていれているのか?

A 回答 (2件)

ボトルシップといいます。


ビンの口からパーツをピンセットで入れていき、
組み立てていくのです。

下記URLでは、かんたんにですが
作業の流れが紹介されています。
「ボトルシップ」で結構ヒットしますよ。

参考URL:http://www.lec.netnfu.ne.jp/My-skit/hobby/sakai/ …
    • good
    • 0

正統派ボトルシップはyoyoyoの言われている通りですが



いんちきボトルシップもあります
横になった瓶の下のほうをカットして、
出来上がったプラモデルを中に入れて戻し
縄などを巻いてつなぎ目を見えなくしている物なんか結構見かけます。
瓶全体が見えていないで一部が隠れていたりしたら
いんちきボトルシップの可能性大ですね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラモデルの人間塗装テクニックについて

プラモデルの人間塗装テクニックについて
1/24 ドライバーの塗装を行ってますが、うまく塗装することができません。
(色が乗らなかったり、はみ出したりします)
人間塗装についてのテクニックがあれば教えてください。
また、参考サイト等あれば合わせて教えてください。

↓対象のプラモデル
http://www.1999.co.jp/10000887

Aベストアンサー

そんなに難しいことじゃないんですけどねぇ。

まず、はみ出しは「あって当然、無きゃおかしい」ことですから、フィギュアの塗装では「修正する」のが必須です。

色が乗らないってのは下地の問題(たぶん、手の脂でしょう)でしょうから、洗うことと、サーフェイサーを使うことで解消できます。

実際に塗る場合は、「サラサラに薄めた(イメージとすれば水彩)塗料」を使うのがコツです。
薄い塗料は塗り重ねる必要がある分面倒に感じますが、はみ出しても目立ち難く修正がしやすいというメリットがあります。
したがって「下に塗った色を溶かす塗料は使えない」ってことになります。溶けると困るってのが修正する時で、何度も擦るとどうしても色が混ざってしまう。
ラッカー系で下塗りをやって、エナメルか水性を使うってのがベースでしょうか。

あとは穂先が揃う筆を使うことです。値段は関係ありませんから、使い古しの筆は避けた方がいいかもしれません。

Q船のプラモデルの組み立てかた

最近急にプラモデルが作りたくなり、大和みたいな船のプラモデルを作ろうと思ったんですけど、多分普通にやったんじゃ、うまくつくれないと思うんですよ。で、戦艦とかのプラモデルの作るコツとかって何かありますか?また一般の方がやっているプラモデルのホームページで、見やすいのってどのへんでしょうか?なんて打って検索したらいいのかわからなくて・・・。

昔バイクのプラモデルを、色とか塗ってきれいに作ったことがあるんですけど、ほとんど作ったことがないので、あまりうまくないと思います。

なんか変な文ですが、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

下の人が言っているので大和は基本的には問題ないので(ただ、私の場合基本的には船体を先に塗ってしまいます)、ほかの艦種についての補足などを・・
基本的に上部構造物と船体は別々に仕上げていくというのが大前提です。上部構造物は非常に細かく、かつマストがある船は折れやすいですし(塗装時にうっかり触れて・・・ということが結構あります)、折れると後が大変なので、別々に組んでいきます。これは大和でも共通ですね。最後に上部構造物をくっつける形で作ります。
大体こんな手順でしょうか・・・
1 甲板、船体、船底を接着、塗装
2 上部構造物を組み立て(説明書と相談しながら、マスト等細いものはなるべく後につけるようにします)
3 上部構造物を塗装(日本の艦船ならば大体一色)
4 船体と上部構造物を接着
5 機銃などを塗装した後接着(接着した後塗装という方法もありますが、これはガッチリつ接着できる反面、塗りにくいという弱点があります)
6最終仕上げ
という具合でしょうか。煙突も上部が黒ですから、塗り分けた後に着けたほうがよいかもしれません。
では、それぞれの艦種について・・・
空母:基本的には戦艦と同じです。ただ、甲板が広いため、甲板を別に塗装してから船体と接着という方法が多いです。そうしないと下甲板が塗れなくなったりします(特に日本の空母では、艦首のあたりは支柱で支えている艦が多いので重要です)

巡洋艦:基本的には戦艦と同じです。ただし、全体的に細かいので戦艦よりも取り扱いに気を使います。軽巡洋艦はさらに小さいですし・・・
駆逐艦:とにかく小さいです。塗装をうまくやらないとなんだかオモチャっぽくなりますので、結構難しいです。ある程度ディティールアップができるようになってからのほうがよいかもしれません。
潜水艦:良くも悪くも簡単なつくりが多いです。もともと上部構造物が艦橋くらいしかないので、それほど難しいという印象はないですが、駆逐艦と同じく塗装で見せるという面が大きいです。
なお、練習用の艦としてよいのは・・・重巡洋艦でしょうかね。値段は2000円ちょっとですが、このごろ新規金型で再販が多い艦種ですので、すんなり組みあがります。なので塗装の練習にはよいです(アオシマの鳥海なんかは近年の再販なのでかなり組みやすいです)。
ほかにはイギリス、アメリカの戦艦も安くて結構合わせがよいです。ただしこれらは塗装が「迷彩」のため、きれいに仕上げるには上部構造物も船体もすべてくっつけてから上部構造物の上まできれいにマスキングする技術が要求されるため、かなり大変です(プロモデラーさんもこのあたりは苦戦しているようです)。
軽巡洋艦は、安いのですが金型が昔のままのが多いため(まだ再販されているのが少ないです。重巡洋艦にくらべて人気が薄いのとマイナーなのが原因)、組み立てるときにバリやヒケが結構あるかもしれません。
ですが、そういった合わせ加工なども、練習のうちと思えば、安い艦もよいと思います。
ただ・・・お勧めできないのはアオシマの古いキットですかね。俗に言う「昔のアオシマ」のできというもので、合わせ、ディティールともによくないです・・・

下の人が言っているので大和は基本的には問題ないので(ただ、私の場合基本的には船体を先に塗ってしまいます)、ほかの艦種についての補足などを・・
基本的に上部構造物と船体は別々に仕上げていくというのが大前提です。上部構造物は非常に細かく、かつマストがある船は折れやすいですし(塗装時にうっかり触れて・・・ということが結構あります)、折れると後が大変なので、別々に組んでいきます。これは大和でも共通ですね。最後に上部構造物をくっつける形で作ります。
大体こんな手順でしょうか・・・
...続きを読む

Qプラモデルってみんな作るとき無塗装じゃあり得ないですよね? 車とかのプラモデル無塗装で作るのは嫌です

プラモデルってみんな作るとき無塗装じゃあり得ないですよね?
車とかのプラモデル無塗装で作るのは嫌ですか?
車だけじゃなく戦艦もヘリも飛行機も無塗装で作るのはあり得ないですよね?

Aベストアンサー

自動車工学の大学講師です。

 フォーミュラーSAEという、学生が設計・製造したフォーミュラーカーでのレースがあり(主催はSAE=自動車工学の国際学会という、なかなかアカデミックなイベントです)、その設計スタッフにレーシングカーの構造を説明する教材として、タミヤやプロターのプラモデルを無塗装で組み立てて学生に見せています。F1の1/12シリーズはモノコックシャシの構造やサスペンション/操舵系の作動が実車に近く、3Dグラフィックをスクリーンに映すよりもずっとよい教材になります。
 素材の色が黒い場合は塗装をすることもありますが、その場合はツヤ消しのライトグレー1色です。

Q特攻兵器などのプラモデルなどの販売について

特攻兵器である回天、桜花、特殊潜航艇などのプラモデルや完成品がほしいのですがなかなか町のプラモデル屋さんには置いてありません。通販などで販売しているところはないでしょうか?少量ですが靖国神社にはありましたが。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

完成品に関しては分かりませんが、プラモなら入手出来る物が存在します。

回天や特殊潜航艇はファインモールドから1/72で発売されています。参考URLをご覧下さい。甲標的 甲型は入手難だと思いますが、オークションなどで入手出来る可能性があります。

桜花に関しては、ハセガワ1/72一式陸攻24型丁(ITEM No.E20)に桜花11型が同梱されています。こちらのキットは定番キットですので、模型店で入手出来ます。昔、1/48でアメリカのホークと言うプラモメーカーから発売されていましたが、今では入手は困難だと思います。

ガレージキット(レジンキット)などでも発売されていましたので、探せば見付かる可能性もあります。

参考URL:http://www.finemolds.co.jp/www/newFS.html

Qプラモデルの塗装についての質問です。

プラモデルの塗装についての質問です。
この前、大戦機プラモデルを組み立て、筆で塗装をしたんですがなかなか納得のいく仕上がりになりませんでした。筆塗りのコツのようなものがあれば教えてください。
あと、エアブラシ等を使用して塗装する場合、仕上がりは筆塗りと比べてどうですか?

Aベストアンサー

ほかの方と同意見なんですが
エアブラシ導入した方がいいですよ……
ただし、ガス式の安物は使えません。田宮の安物でいいんで、是非コンプレッサーを。
あとできればシングルはさけてダブルを。
ガンプラくらいならシングルでもべっとり塗っちゃって平気ですが。
航空機みたいに繊細な溝があると、シングルだと埋まっちゃいます。

筆との差はまったくムラがなくなること。
ただ、車でも無い限りあんまりぺっとり一色だとおかしいんで
エアブラシ塗装のあと、あえてうっすーいエナメルなんかでムラをつけてあげますね。
まあこの辺はミリタリー模型のハウツー本一冊買ってくればほぼ書いてあるかと。

Q<プラモデル> タミヤのプラモデル、ポルシェカレラGTを作っています。 そこで、ペイン

<プラモデル>

タミヤのプラモデル、ポルシェカレラGTを作っています。
そこで、ペイントをパープルにしたいのですが、いかにも、スパーカーらしくカッコよく濡れる方法を教えてください。

Aベストアンサー

ボディだけのどんがらにして、古新聞の上に置いて、スプレーする。40センチぐらい離して斜め上からです。練習重ねるほどうまくなります。まだらにならないように注意。完全に乾いたら、光沢剤で艶出しします。ポルシェかっこいいね。友達がGT -3に乗ってます。中年ですけどね。

Qカープラモデルの塗装

カープラモデルの塗装
カープラモデルの塗装ってどのタイミングでやるんですか?パーツごとに塗っていくのか、組み立て終わったら塗るのか教えてください

Aベストアンサー

塗装はどのようにやるか書いた方が良いよ。
筆、缶、エアブラシ・・・・・

まぁ基本的には、効率良くやるのであれば、
仮組みをしてからその部位ごとに塗ったほうが効率的かな。

缶スプレーなら好きな時に塗っても良いとは思うけどね。

こうしなきゃいけない。という事はないから、自分の好きなように(やりたいように)
やってみたら良いよ。

Qプラモデルでのケガキ又はスジ彫りがよく載っている本ってありますか?

プラモデルでのケガキ又はスジ彫りがよく載っている本ってありますか?

こんにちは。以前、ケガキについて質問したことがあるのですが
今度の悩みの種はスジ彫りなのです。
プラモデルへのスジ彫りが詳しく載っている本をご存知の方、
もしよろしければ教えて頂けないでしょうか。  お願いします。

Aベストアンサー

了解。

だったらまずデザインの問題だと思うので、図書館や古本屋なんやで、ホビージャパンとかスターログ、その他の資料を読み漁り、自分で研究するしかないでしょう。工作は技術、クリエイティブな仕事ですから、誰かに聞いてそれでOkとはいきません。なんでも勉強、練習です。納得いくものがすぐ作れるなら、プロもデラーなんていう称号はいりませんから、地道に。

Qプラモデル塗装 エアブラシ

始めまして、プラモデルの塗装を綺麗にしたいなと思い、エアブラシに興味があります。(今まで缶スプレーしか使った事がありません。)
塗装初心者です。
必要な道具や、おすすめの商品等教えて下さい。
プラモデルは主に車を作っています。

Aベストアンサー

Mr.リニアコンプレッサーL5のエアブラシセット 等いかがでしょう?

私も過去質問者様同様に缶で塗装していましたが・・・飛行機等作る時とどうしても
細かいとこが缶では難しくて エアブラシを購入しました。

上記の物を買えば 取り合えずは出来ます。
必要な物としては
・塗装する為の色。(Mr.カラー等)
・薄め液(希釈用及びエアブラシ掃除用)
・パレットや 皿?、空きビン(Mr.カラー等使い終わった物でも良いけど)
(塗装色を混合する時等に使う)
・スポイト
最低限これ位あれば エアブラシで塗装は出来るよ。
(後は 普通に マスキングテープとか 普通にプラモ作るのに必要な物だから)

最初は値が張るかもだけど、これからも塗装をするなら 初期費用をケチらない方が良いと思うよ。

http://www.kenji.to/seisaku/airbrush_01.html
エアブラシやコンプレッサーは違けど、基本的な使い方が載ってますので
参考にしてみてください。

Qガンダムなどのプラモデルを上手く作るために

ガンダムや戦車、飛行機などのプラモデルを上手く作るために

みなさん苦労することはなんでしょうか??

組み立て方、塗装、改造、どの点においてどのように

皆さん苦労されていますか??

Aベストアンサー

腕を磨くためには実際に手を動かさないとならない。
あれこれ、ああしたい、こうしたい、と計画を練るのは楽しいけれど、実際にそれを実行するとなるとストレスだなぁ(笑)。

で、実際に数をこなすとなると、キットもそれ相応に買わなきゃならない。
いつまでも壊しては作り、壊しては作り、なんてできないから。
そのためにお金を稼がなければならない。それが一番苦労する。

改造するために、パーツをスクラッチしたい時。
量産するなら型取りしてレジン複製という手もあるが、どのみち1コか2コなら、近い形状のパーツを形状変更した方が安上がりなので、そのパーツを探してみる。ところがそれがなかなかみつからない。形は近いのに大きさがぁ!とか。ま、これは楽しい苦労です。

で、キットを買ったはいいが、そんなこんなで置く場所の確保が難しい。
部屋の2面が床から天井まで未組み立てプラモデルの箱で埋め尽くされているという笑えない状況。
さて、将来は?というのが一番の悩み。
完成したらいつの間にか手元から消えているので、作ればいいのだが、時間が取れない。しかし、キットの購入資金を得るためには仕事をしなければならない。苦労してます。

腕を磨くためには実際に手を動かさないとならない。
あれこれ、ああしたい、こうしたい、と計画を練るのは楽しいけれど、実際にそれを実行するとなるとストレスだなぁ(笑)。

で、実際に数をこなすとなると、キットもそれ相応に買わなきゃならない。
いつまでも壊しては作り、壊しては作り、なんてできないから。
そのためにお金を稼がなければならない。それが一番苦労する。

改造するために、パーツをスクラッチしたい時。
量産するなら型取りしてレジン複製という手もあるが、どのみち1コか2コなら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報