現在、セメント瓦の2階建て木造住宅ですが、瓦の塗装がはげて見栄えも悪く困っていますが、塗装の仕直しや葺き替えって費用面で足場とか入れてどのくらいかかるものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そうですねー、セメント瓦というものは間違った塗り替えをしてしまったおかげで、雨漏りするケースが非常に良くあります。


業者の選び方に気を付けなければいけません、もしよろしければ当社のホームページの「業者の選び方」を参考にして下さい。
また、屋根の葺き替えと住宅塗装の価格を公開していますので是非ご覧下さい。
ちなみに、屋根の勾配が緩く足場を架ける必要のないケースは「m2×1800円」程度で塗りかえられます。葺き替えの場合は状況にもよりますが「m2×8000円」程度を目安にして下さい。
足場っていうのは絶対必要って訳じゃないんですよ。
それでは。

参考URL:http://www.hpmix.com/home/toushin/
    • good
    • 1

塗り直しだけなら、床面積100平方メートルの2階建てで


壁の塗りかえを含めて、100万円を割りました。
というよりも、壁のついでに屋根。ですが。
足場を考えると、屋根だけというのは割高で
半額弱(40万円)ぐらい掛かると思います。

複数の店から見積もりをとって、なぜか金額はほとんど同じでした。
(見積もり計算時の塗装面積はすごく違った)

複数の工務店に、相見積もりだと伝えた上で、
見積もりをもらってみると良いと思います。
    • good
    • 1

これだけの情報では


なんともいえませんが
一般的な住宅で100~300万円位ではないでしょうか。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q☆屋根 「ガルバリウム鋼板」か「カラーベスト」か

屋根の材質についてご助言願います。

現在「商談中」の業者の標準プランでは、屋根は「カラーベスト(コロニアルNEO)を使っているようですが、私としては「ガルバリウム鋼板」を希望しています。
この場合、差額は+約35万円との見積もりだったのですが、実際問題として、この「ガルバリウム鋼板」は「カラーベスト」に比べ、いかがなものでしょうか?

私の知る限りでは「ガルバリウム鋼板」は、耐久性に優れ、軽い為負担が少なく、酸性雨にも耐えうる材質であると。
ここ10年ほど前に建てられた「カラーベスト」仕様の屋根は、軒並みかなり「色落ち」が目立ち、また実際にモデルハウスで見た現物も、新品であるにも関わらず、何とも薄っぺらく頼りない材質のように感じます。
その点「ガルバリウム鋼板」の屋根は、一見「とたん板」風な安っぽさは感じますが、耐久性はなかなか良さそうで、色落ちの心配もなさそうに感じますが・・・。

基本的に、現在のプランとしましては、ほぼ正方形(凹凸なし)の建物で、屋根の形状もシンプルなものです。
勾配もあまり付けるつもりはなく、大屋根(様々な角度に屋根をいくつも付けるのではなく)を望んでいます。

実際に「ガルバリウム鋼板」を使用されました方、いかがなものでしょうか?
この「ガルバリウム鋼板」は、外壁としても利用できるようですが、屋根も外壁も・・・となると、やはり割高になってしまうのでしょうか?
それぞれの「メリット」「デメリット」を教えて頂きたく思います。

私自身、+35万円を別途支払ってまで「ガルバリウム鋼板」にこだわって良いものか・・・悩んでおります。

どうかご助言、宜しくお願い致します。

屋根の材質についてご助言願います。

現在「商談中」の業者の標準プランでは、屋根は「カラーベスト(コロニアルNEO)を使っているようですが、私としては「ガルバリウム鋼板」を希望しています。
この場合、差額は+約35万円との見積もりだったのですが、実際問題として、この「ガルバリウム鋼板」は「カラーベスト」に比べ、いかがなものでしょうか?

私の知る限りでは「ガルバリウム鋼板」は、耐久性に優れ、軽い為負担が少なく、酸性雨にも耐えうる材質であると。
ここ10年ほど前に建てられた「カラーベ...続きを読む

Aベストアンサー

ご要望がありましたので、再度ご回答させていただきます。
次から次へと気になることがでてきてしまうことと思いますが、私からの回答はこれで最後にさせてください。

>そのような、屋根裏の断熱材については、やはり一応業者に確認した方が良いものでしょうか?

気になることはどんな些細なことでも業者と確認を取るべきです。建ってから後悔しないよう遠慮せずに質問しましょう。

>確認するとすれば、一般的にガルバリウム鋼板屋根に必要な屋根裏の工法とは、どういったものがあるのでしょうか?

基本的な考え方としては天井裏に断熱材(多いのはグラスウール100mm程度)を敷き詰めて、その上のスペース(小屋裏)の熱が逃げるように通気層をとります。もし基本を抑えておきたいのであれば、住宅金融公庫が発行している「木造住宅工事共通仕様書」の内容を抑えておくのがおすすめです。融資を受けるときに満たさなければならない性能基準がまとまった仕様書で銀行で買えます。施工業者の提案する住宅がその基準を全て満たすように建ててもらえれば、性能の良い住宅といえるでしょう。

>ちなみに「細長いタイプの通気ガラリ」とはどういったものなのでしょうか?

http://www.fukuvi.co.jp/catalog/pdf/k-124.pdf
このような通気部材のことです。他にも様々な種類があります。

>先日、業者との話の中で、『ガルバリウムを表面にコーティングしたようなタイプの外壁がある』と聞いたのですが・・。
名称ははっきりと覚えておりませんが。

金属サイディングのことかもしれません。名称がわかればメーカーからご自分でカタログや実物カットサンプルを取り寄せられますよ。

>やはり35万円というのは、妥当な金額とはいえないのでしょうか?
業者によって得意不得意な工法がありますので妥当かどうかについてはなんともいえませんが、一般的に標準工法を持っている業者は決められたパターンでどんどん建てる分だけ安い反面、その標準から外れると高くなる場合が多いようです。見積りの詳細を確認して総合的に判断するしかないと思います。

以上、長くなってしまいましたが、良い家になるといいですね。
頑張ってください。

ご要望がありましたので、再度ご回答させていただきます。
次から次へと気になることがでてきてしまうことと思いますが、私からの回答はこれで最後にさせてください。

>そのような、屋根裏の断熱材については、やはり一応業者に確認した方が良いものでしょうか?

気になることはどんな些細なことでも業者と確認を取るべきです。建ってから後悔しないよう遠慮せずに質問しましょう。

>確認するとすれば、一般的にガルバリウム鋼板屋根に必要な屋根裏の工法とは、どういったものがあるのでしょうか?

...続きを読む

Qスレート瓦とセメント瓦

建て売りの家ですがオプションで
スレート瓦(彩色無石綿スレート瓦と書いてある)を
セメント瓦に変更するか聞かれ迷っています。

説明を聞くと
セメント瓦はスレート瓦のように苔がはえることもないし
スレート瓦だと10年くらいで塗装の塗り替えがあるが
セメント瓦は塗り替えもなく重厚感があって見栄えもいいと言われました。

でもいろいろ調べてみるとセメント瓦だって塗り替えが必要なようですよね。
さらに防水性も悪くなりしっかり補修しないと大変なことになるような・・。

塗り替えも同じように10年くらいでした方がいいのなら
スレート瓦の方が扱いやすく費用もかからないのでしょうか?
長い目で見てどちらを選ぶのがいいでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

たとえば、20年、30年あるいはそれ以上と本当に長い目でのコストを重視するとすれば、どちらも選択しません。
選択可能であれば、粘土系の瓦(陶器瓦・いぶし瓦等)を使われることをお勧めします。スレート瓦もセメント瓦も年数が経つと塗装がはげてきて、ほっとけば劣化、風化、苔の問題が出てきます。その点で安心出来るのが粘土系の瓦です、焼き物ですから、塗装の必要も無いし劣化も極めて少ないです。それに見栄えももっといいです。
価格もセメント瓦と同じで出来る物(当方の地区)もありますよ、たとえば、陶器の平板タイプです。
御質問のとうりに回答しますと・・・
初期費用が安いのは、スレート瓦。色あせはどっちもどっちかな。長持ちするのはセメント瓦のほうだと思います。
瓦のページはたくさん有りますが、下記のページが一番分かりやすいかと思いますのでご覧になって下さい。

参考URL:http://www.kawara.net/hekinan/ado/ado_01.shtml

Q表示登記の屋根はガルバリウム鋼?ステン鋼?

現在新築の表示登記で提出する資料を作成しています。

今日HMから表示登記で添付する建築確認の資料をもらったのですが、屋根が「ガルバリウム鋼板」となっていました。

契約時にはガルバより錆びにくい「ステン鋼」でお願いしたのに・・・

それで気になってHMからもらった資料一式を引っくり返して見ると・・・

屋根
 ガルバリウム鋼板
となっていてその横に
 カラーステン ナスコート つや消し
と書かれていました。

結局この屋根はステン製なんでしょうか?ガルバリウム鋼製なんでしょうか?

とりあえず提出する資料は「ガルバリウム鋼」でもっていって法務局にチェックしてもらうときに確認しようとは思いますが・・・・

Aベストアンサー

我が家はガルバリウム鋼板横葺きです。
登記上は,「合金メッキ鋼板ぶき」となります。
ちなみに木造の2階建てであれば「木造合金メッキ鋼板ぶき2階建」となります。
我が家の登記簿には上記の様になっています。

ちなみに不動産登記事務取扱手続準則には下記の様に屋根の種類による区分が規定されています。
・ セメントかわらぶき
・ アルミニューム板ぶき
・ 板ぶき
・ 杉皮ぶき
・ 石板ぶき
・ 銅板ぶき
・ ルーフィングぶき
・ ビニール板ぶき
・ 合金メッキ鋼板ぶき ←ここに該当

Q瓦の葺き替え見積もりについて

2階建ての屋根瓦の葺き替えで見積もり額が65万でした。
内容は特上いぶし瓦 下地はコンパネ貼付 坪数は16坪
工期は5日の内容でしたが、妥当な金額でしょうか?
瓦の単価は100円から700円位の間で有るようですが、見積もりでは単価は不明です。
瓦にはメーカーや型番(品名)が分かるような記号等は入っているのでしょうか?
心配なのは、最低の瓦を使われないか心配です。
素人なのでその辺が分からないです。
見積もり書に必要な事項も教えて下さい。

Aベストアンサー

ウチも昨年、下地の葺き替えをしました。
参考までにホームセンター、親戚の大工、
電話帳で調べた老舗の屋根屋と、
3ヶ所から見積もりを取りました。
実は以前、別の親戚の大工に騙されて、
外壁の塗り替えで工事等で相場の2~3倍のリフォーム代がかかったからです。

家は建坪15坪の総檜の二階で築22年、床面積30坪。場所は東京都23区西部。
業者によって見積もりの平米数はまちまちでした。
けっこうアバウトです。

詳細は、
瓦は既存のモノを使う。
それまで雪止め瓦が無かったので、雪止めを付ける。(結果的に新品83枚を使用)
瓦は一枚350円でした。
下地はルーフィング(黒と緑色の下地剤)を葺き、
その上に更に日本一(ダンボール地の下にゴムがある下地剤で、チャンピオンという名もあります)を二重に葺く。
痛んでいる箇所が有れば、スギ板を補修する。
桟は新品を打つ。
棟は全て積み直し。
ゴミ代。

ホームセンター150万
親戚の大工(の、お抱え屋根屋)70万
老舗の屋根屋50万でした。

親戚の大工のお抱え屋根屋は、何でもその頃、ガングロ娘を1日弟子にして鍛えるTVに出たとか(笑)。
結果的に親戚の大工のお抱え屋根屋と老舗の屋根屋は双方とも50万でした。
親戚の大工がそこに20万(大工の現場監督が来るので)の利益を乗せたわけです。
後に値段交渉で大工が私に言いました。

ホームセンターは妖しくて、「ガルバニウム鉱板にしないか?(140万)」とか
「瓦を全てコーキングで埋めると安い(50万)」とか、
妖しいことを言ってました。
ガルバニウム鉱板は、瓦から換えると雨音が気になるそうです。
瓦を全てコーキングで埋めるのは、最悪です。
善良な屋根職人曰く「後で困るから絶対にやっちゃダメ」だそうです。

また、フリーで営業している業者、
「ピンポーン!見積もりを無料でやっています」って言うのは相手にしてはダメだそうです。

結局、老舗の屋根屋50万に頼み、私も4日間、一緒に屋根に乗りました(笑)。
職人は4人、4人、3人、2人だったと思います。
一軍の職人2~3人と、始めて3ヶ月の子2人と合わせて来て、まあ玉石混合でした。
でも、サービスで波形のスズメ返しをつけてくれて、まあ満足しています。
とにかく、驚くほどスズメの巣のゴミが多く、ビックリしました。
波形のスズメ返しは、都会でも田舎でも必ず必要です!
我が家を新築した親戚の大工は、スズメ返しも雪止めもつけてくれませんでした。

スズメ返しが無いと、全ての隙間に巣を作られるようです。
棟は積み直しでしたが、「熱気がこもる」らしく、棟に最新式の空気抜きをつければよかったかな~?と思います。
「空気抜き」は棟の横の外壁にも3箇所あるのですが、屋根の上でスギ板の穴から出るスゴイ熱気に参りました。

下地剤のルーフィングは3グレードくらいあり、
親戚の大工(の、お抱え屋根屋)が、最初は最上級のを一回葺けばよいと言いましたが、
私の知り合いの、一人親方でやっている屋根職人のお爺さんに聞いたところ、
ルーフィングのグレードを落とし、
その上に「チャンピオン(ゴム式のダンボールの下地剤)か同じ様なものを二重に葺け」
とアドバイスを貰いました。
本当はその一人親方で(奥さんと二人で)やっている屋根職人のお爺さんに
頼みたかったのですが、遠距離だったので近くの業者にしました。

それは正解で、職人はオバケのホチキスで乱暴に叩くので、
葺いたばかりのルーフィングにはキズが付き、そこから水が入ります。
だから二重にして正解でした。

一人親方でやっている屋根職人のお爺さんなら、瓦を全て新品にして同じ工事が
30万円でできるそうです。

そう言う人でないかぎり、やはり業者は高いと思います。
ちなみに大工の日当は2万から2.5万で、
屋根屋は1.8万から2万くらいだそうです。

私もコンパネはオススメしませんが、ウチで補修に使用したスギ板は古いモノより薄く、
なんか頼りない気がしました。

桟はリサイクルのモノ(産廃を固めた黒モノ)を使いましたが、
カラカラに乾いていたらしく、歩くと作業中に全てポキポキ折れて、
ダブルで木の桟を付けさせました。
おそらく私が見ていなかったら、そのままやっていたと思います。

ウチは置き場所があったので全て瓦を下ろしましたが、
場所がないと半分づつ作業するので、その分、作業効率は悪くなります。

主な材料費。
ルーフィングは1×20mのロールで5から8千円くらい、
最上グレードで1万数千円くらいでしょうか。
日本一やチャンピオンも1×20mのロールで7から8千円だったかな?

大きな本屋に行くと、「建築の赤本」というのが売っているらしく、
それに全ての部材の単価が乗っているそうです。

ちなみに私は建築に関してズブの素人です。
色々と騙されて、それでも職人さんに聞いて少しづつ学びました。

騙されないためには、やはり「あいみつ」です。
いくつかの業者から見積もりを取り、検討することです。
おかしいと思ったらすぐに聞く。

時には作業をストップさせてでも、不明な点は確認します。
職人は嫌な顔をしますが、あとでトラブルが起これば、その方が数十倍も嫌な思いをします。

今の9割の職人は、手抜き大好きお金大好き仕事嫌いです。
彼らの名誉のために言えば、1割は「腕の良い昔気質の職人さん」もいます。
まともな職人に当たる確率は、驚くほど低いのです。

彼らの世界もケガと弁当と車は自分持ちで、手間賃を叩かれて気の毒な気もしますが、
作業しながら施主を見て、値踏みしながら手抜きしているのが現状だと思います。
施主と職人の間に入って、ゼネコンのように丸投げする工務店は、わりと儲けているらしい?ですが・・。

泥棒にも三分の利、騙された私も世間知らずでした。
最近では、以前に関わった職人と仲良くなり、
別の工事等で「ちょっと相談したいんだけど~コレっていいの?」
と電話等で聞きます。
他の職業と同様、
彼らも同業の悪口を言うのを嫌いますが、
名前を伏せてあげれば、本当に正しいアドバイスをしてくれます。

職人の手抜きを見抜くのは、やはり職人です。
最近はネットの画面上でも、外壁工事などは建坪から平米数を割り出し、
リフォームの見積もりが出来ますね。
便利になりました。

最後に、
ある腕の良い板金職人の言葉です。
「何で施主が口うるさいか、自分で家を建てて、ようやく分かった」と言ってました。
彼は職人の気持ちと、施主の気持ちと、自らが家を建てて双方の気持ちが分かったのです。

職人が家を持てない時代、まだまだトラブルはあると思います。
これはあくまで、私個人の体験談です。
頑張って下さい。

ウチも昨年、下地の葺き替えをしました。
参考までにホームセンター、親戚の大工、
電話帳で調べた老舗の屋根屋と、
3ヶ所から見積もりを取りました。
実は以前、別の親戚の大工に騙されて、
外壁の塗り替えで工事等で相場の2~3倍のリフォーム代がかかったからです。

家は建坪15坪の総檜の二階で築22年、床面積30坪。場所は東京都23区西部。
業者によって見積もりの平米数はまちまちでした。
けっこうアバウトです。

詳細は、
瓦は既存のモノを使う。
それまで雪止め瓦が無かったので...続きを読む

Qガルバリウムの屋根

Tルーフ等音対策を施したガルバリウムの屋根にするか瓦屋根にするか検討していますがガルバリウムの屋根は雨の音が気になるので止めた方が良いと言われました。実際に使用した方どうでしょうか?

Aベストアンサー

「金属屋根は、雨音がうるさいからいやだ」と言う方は、たしかにみえますが、それは過去の話です。そう言ったクレームの対処方法もでています。
金属屋根に対してそれなりの専用防音材等を使用して防音対策をすれば、雨音は、瓦屋根と同等になります。
金属屋根の防音材は、屋根材の裏に貼るもの、塗るものなどいろいろあります。
詳しくは、金属屋根防音材または、雨音対策で検索してみてください。
建築材料や考え方も電化製品には、劣りますが、確実に進化しています。
その他ガルバリウム屋根材としてこれからは、屋根の温度が暑くなりにくい遮熱鋼板。
屋根の雪を落ちやすくするフッソ鋼板。
などその使用する場所や用途によって使いわけのすることになると思います。
これらのことも参考していただいて、納得してから御使用していただきたいと思います。

Qコンクリート升補修は防水セメント?普通のセメント?

お世話になります

コンクリート升の配管接続部分が欠け、補修を考えています

そのさい使用するセメントは

防水セメントと速乾の普通のセメントどちらを使用すべきでしょうか?

またどちらが 「持ち」が良いのでしょうか?


お教えください

Aベストアンサー

コンクリート升の補修は、穴が開いている部分の外の土を掘って、
土に埋もれている配管を出してその周りにセメンを入れて、上から土をかけて、それから内部を仕上げます。

この場合は早く固まる必要がありますから、速乾のセメントが必要と思います。
セメントが固まる前に水が来ると、セメントが流れて穴が開いてしまうためです。

QDIYでポリカボネートの屋根に、ガルバリウムを。

DIYでポリカボネート製の屋根に、ガルバリウムを貼りたいと思っています。自宅の屋根に合わせ、カーポートのポリカボネート製?の屋根の上からガルバリウムを貼りたいと考えています。ポリカボネートと総取替えと言うのも大変であろうとの事からですが、検索してみますと、『屋根にガルバリウムとポリカボネートに』と言うのがありましたので、見てみますと、当方とは少し違い、この方の場合は、ポリカボネートを、天井からの明かり取りに使用するようで、ガルバリウムも平板のようなものではなく、トタンの波板形状でした。ですので、取り付けもトタンと同じで、波板用の止め具と言うか?釘と言うか?
そのようなものでしたので、参考にはならなかったのですが、当方の場合、ガルバリウム鋼板(波板では無く、平)を、ポリカボネートの上に接着してやろうと考えています。その場合、専用の(ガルバリウム用の)接着剤が必要なのですが、そのような商品は、売られているのでしょうか?また、波板はホームセンターで購入とありましたが、ガルバリウム鋼板(平板)も同じように、手に入るのでしょうか?

Aベストアンサー

ホームセンターで手に入るけど、あなたの技術力が判らないのでできるかどーかなんてわからないよ。

Qエアコン選び:よく木造和室と鉄筋洋室と書かれていますが、木造洋室や鉄筋和室はどうなる

こんにちは

エアコン選びでわからないことがあります。
よく、木造和室や鉄筋洋室での広さの目安が書かれていますが、木造の洋室、鉄筋の和室の場合はどうなるのでしょうか。木造であれば和室も洋室も木造の目安になるのでしょうか?

Aベストアンサー

構造的な面で、木造洋室と木造和室では壁圧が違います。
(和室は薄い)。
それから和室の出入り口は普通なら襖で、洋室はドアです。
一般的な襖であれば、ドアより襖の方が隙間は大きいと考えて良いと思います。

鉄筋の場合は、コンクリートの躯体の内側に部屋を作るので、大きな差はないと考えてよろしいと思います。

木造・鉄筋共に、最下階なのか中間階なのか最上階なのか、鉄筋の場合は妻側住戸であるか無しかということも冷暖房負荷に影響します。
簡単に言うと、外気に晒されている面が大きいほど、当然ながら外気の影響を受けやすいと言うことです。

実際にはその他当該建物の日射時間、地域性(寒い場所か、暖かい場所なのか)等も影響はありますが、あまり細かく考えてもきりがないですし、カタログ値は大まかな目安としてそれなりに正確ですから、そのように考えて購入されるのが良いと思います。

Qガルバリウムのさびについて。ガルバリウム(外壁・屋根)で家を建築中で、

ガルバリウムのさびについて。ガルバリウム(外壁・屋根)で家を建築中で、ガルバリウムの部分は完了したと伝えられました。素人なので板金屋さんの腕の良し悪しはよくわからなかったのですが、片付け等いろいろ雑な所が目につく人で大丈夫なのかなという印象を受けてしまいました。こっそり近づいて仕上がりを良く見てみると、浮いている釘・釘を打ったあとに抜いたままで穴になっている箇所がそれぞれ3・4箇所ありました。ひっかき傷が多いのも気になったのですが、将来的にひっかき傷がさびにつながることはあるのでしょうか?またガルバリウムとサッシのつぎ目にはコーキングしてある箇所としていない箇所があります。ガルバリウムは切断面からさびやすいと聞きました。全部にコーキングすべきと思うのですがどうなのでしょうか?近々足場が外されてしまうので、早めに教えてくださいますと助かります。

Aベストアンサー

ガルバリウム鋼板は素地表し(シルバ-色)それともガルバリウム鋼板の上塗装仕上げ品のなっていますか
(カラ-色)
引っかき傷等はタッチアップした方が良いと思います。叉釘等のだめ穴は確実に補修した方が良いと思います。
叉サッシ枠と外壁たぶん角波等の成形品だと思いますが、単一だと弱いため強度を上げるため通常成形しています。縦コ-キング下コ-キング
上は 立て枠から150cm程度返しまでコ-キングを打ます。入った水を逃がすためといわれています(たて張り)ただ注意しないといけないのは、たぶん外壁材が角波のような形状の場合は山に来る場合と谷に来る場合あります。したがって専門のコ-キング屋さんでないと、コ-キングが切れやすいと思います
叉板厚が薄いので、コ-キングも難しく、叉金属なので熱の動きも非常に大きいです
叉角波のジョイント面も確実にかぶせないとそこからむってくる場合もあります
さらに外壁材のしたにタイベック等の防水通気シ-トがはられていると思いますが、サッシ枠周り
の端末処理を確実に行わないと漏水の可能性があります
簡単そうにみえますが、職人さんがしっかりと施工をしないと、台風時や強風をともなった大雨時
に雨水もれをよくおこします。鉄骨構造の工場や倉庫等でよくしようしていますが、台風シ-ズンに良く
雨漏れが発生しやすいようなきがします。

ガルバリウム鋼板は素地表し(シルバ-色)それともガルバリウム鋼板の上塗装仕上げ品のなっていますか
(カラ-色)
引っかき傷等はタッチアップした方が良いと思います。叉釘等のだめ穴は確実に補修した方が良いと思います。
叉サッシ枠と外壁たぶん角波等の成形品だと思いますが、単一だと弱いため強度を上げるため通常成形しています。縦コ-キング下コ-キング
上は 立て枠から150cm程度返しまでコ-キングを打ます。入った水を逃がすためといわれています(たて張り)ただ注意しないといけないのは、たぶん外壁...続きを読む

Q自宅屋根の葺き替え時期について

 このたび、台風シーズンを前に屋根の葺き替えをしたいと思います。
 しかし、古来盆の月はそういうことをしないほうが良いのではと、
以前聞いたように思います。後で周りの人々にあれやこれや言われる
と嫌ですので、そういうことがあればお教えください。

Aベストアンサー

昔は、屋根は瓦か茅葺きでした。
ある家が屋根を葺き返るというのは、村にとってもちょっとしたイベントでした。
皆総出で手伝いました。村長さんなどいの一番でかけつけました。
屋根ですから仕事は迅速にせねばばなりません。
一度仕事を始めたら一気に終わらねばなりません。
盆の忙しい時また暑い時を避けたほうがよいということかもしれませんね。

でも今は業者に頼みますので、あまり気にしないでよいと思います。
私の家は雨漏りが急に激しくなりましたので、そんな悠長なこと言えませんでしたよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報