中堅の住宅会社の建て売り住宅って、何年くらい持つものなのでしょうか?
25年ローンで買って、ローンを払い終わったら建て替えしなければならないように思うのですが?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

住み方にもよるのではないでしょうか?


こまめに手直しすれば50年以上いけると思いますが、
僕の以前住んでいた家は20年で水周りがダメになりました。どこも大体その位で台所や風呂場などの配管や床材がダメになるみたいですネ。補修する時にアレモこれもという事になり、リフォームに数百万かかりました、むかしの、木造家屋の場合は風呂場とか台所の作りが簡単だつたり、風呂場だけ外にあったりで返って長持ちするのんじゃないですかネー?、参考になれば幸いです。
以上
    • good
    • 0

 雨漏りがひどいとかシロアリに食われてだめになっていない限り25年って事は


無いと思いますよ。それより以前にリフォームすることが多いと思います。
 子供が大きくなって部屋がほしいと言ったり、キッチンを、はやりのものに変えたいとか
家を少しリフォームするだけでも何百万ってお金がかかりますから
家のローンを返し終わる頃には次のローンが始まっているなんて事はざらですよ。
 ちなみに現在日本の世帯数は約4390万世帯(1995年)だそうです。
年間に約120万戸家が建っているということですから平均36年で立て替えられていると言うことでしょうか?参考になりましたか?
    • good
    • 0

木造軸組み工法で、普通に建っていて普通にメンテナンスしてると、


50年ぐらいは持ちますよ。

台風で瓦がズレたりとかの雨もりの補修なんかはしなきゃいけないかも知れ
ませんが、湿地帯にでも建ってない限り25年で立て替え何てことには
なりません。

時々床下が全部コンクリ打ちで、湿地になってる家ありますからそんなときは
注意ですね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建物の実際の耐用年数についてです。

一棟マンションや一棟アパートの耐用年数についてお伺いします。RCなら47年、鉄骨なら34年、木造なら22年などと法的に耐用年数が決められているようですが、実際には建物として、何年程利用できるのでしょうか。ヨーロッパなどの建築は200年も建っているなどと聞きましたが・・・。もちろん手入れをすればするほど耐用年数はUPするとは思いますが、地震などの天地災害を除けば、そんなに簡単には潰れないと思うのですがいかがでしょうか。水漏れから始まり、素材が腐り倒れるのでしょうか。中古の一棟マンションや一棟アパートの耐用年数を見分けるポイントはありませんか。外見からではわかりませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■水漏れ
(アスファルトやシート)防水は10年保証なので当然10年ごとに更新が必要です。(壁塗装の保証は5年など)
水漏れで原因究明が難しいのは鉄筋コンクリート造です。
一度水が躯体内に廻り始めると鉄筋を伝いどこまでも流れます。
木造や鉄骨造は屋根材が薄いので漏れている場所から原因の場所をすぐに特定できます。

■建物倒壊
地震・火事などを除けば倒れる原因は木造のシロアリや土台や柱の腐りなどに限られると思います。
ただ瓦屋根の古い木造はやや注意が必要です。
同じ地震でも瓦屋根でないものより倒壊の可能性は高まります。

■地盤
いくら建物が丈夫でも地盤が悪く地業工事がいい加減であれば建物は徐々に傾きます。
建物周囲が沈下していないかチェックしましょう。
あるいは建物が不同沈下していないかもチェックしましょう。

■構造面
1981年(昭和56年)6月1日に建築基準法施行令が改正され現在の新耐震基準に変わったので,築30年以上なら旧耐震で構造的には現行法に比べて弱いと思って下さい。

■外壁
例えば鉄骨造で外壁がALCなどの場合は大震災ではいくらかは割れると考えてください。
ある程度の揺れには建物に追随して揺れますが限界があります。

ジョイントなどにコーキング(シーリング)などを打っているものは経年劣化によって打ち替えないと浸水する場合があるので外装改修の時に打ち替えた方が良いです。
そういう意味では最初からコーキングを打たずに済む収まりに成っている方がメンテ費用が割安になります。

■水漏れ
(アスファルトやシート)防水は10年保証なので当然10年ごとに更新が必要です。(壁塗装の保証は5年など)
水漏れで原因究明が難しいのは鉄筋コンクリート造です。
一度水が躯体内に廻り始めると鉄筋を伝いどこまでも流れます。
木造や鉄骨造は屋根材が薄いので漏れている場所から原因の場所をすぐに特定できます。

■建物倒壊
地震・火事などを除けば倒れる原因は木造のシロアリや土台や柱の腐りなどに限られると思います。
ただ瓦屋根の古い木造はやや注意が必要です。
同じ地震でも瓦屋根でな...続きを読む

Q住宅ローン返済中の建て替え時のローンは可能か?

住宅ローン返済中。建て替えに伴う新規ローンの借り入れについて教えてください。

中古住宅(抵当権あり)のローンを月約12万支払い中です。残り約1700万・約13年の残債があります。
夫42才、年収430万+妻パート70万の世帯年収です。子供は4月から中学一年・小学生2人です
老朽化に伴い建て替えを検討していますが、込みこみ総額2000万円以内の予算でと漠然と考えています。頭金1000万円は何とか用意できそうで残り1000万円と現在の住宅ローン残債分の合計額を新規にローンで借りることは可能でしょうか?返済期間も30~35年に延長できますか?ハウスメーカーの提携先の銀行での借り入れを考えています。
それとも建て替えは無理そうですか?(今の家では住み続ける事も無理があります)
何か気をつけたほうが良いことや、良い方法のお知恵がありましたらご助言お願いします。

Aベストアンサー

まず、現在利用の銀行でそんな商品があるか聞いて見ましょう。
それから具体的に相談してください。
理由は抵当権のやり替えと、ローン支払いの実績で有利になるからです。

そこが、中古購入時のローンを含めて、建替えローンを扱っていれば問題はありませんが、ほかの銀行でローンを申し込みして、勝手に家を壊すとローン契約違反(担保物件の善管義務に違反する)でローンの全額請求されても、文句言えないことになります。

もし金利などの条件で他行に浮気するなら、絶対途中でばれないようにすることが必要です。

>返済期間も30~35年に延長できますか?
ご主人の年齢から完済時が77歳と団信の切れるのがネックになるかも知れません。

それと購入分の残り13年を含んで、長期に扱えるかが疑問あります。
当局(金融)は条件緩和と解釈するので、これにマッチするローン商品を持っているか、よく聞いてみてください。

Q店舗併用住宅の建物耐用年数は?

友人の代理質問です
よろしくお願いします

友人が去年新築しましたが、店舗併用住宅で
一部賃貸住宅と自己使用住宅です(青色の個人事業者です)
建物の耐用年数を店舗にするのか住宅なのかが分かりません

地下と一階が小売店舗  (建物全体に対する使用割合)40%
二階が賃貸住宅(一戸)               20%
三、四階が自己使用です               40%

店舗は店舗の耐用年数39年で減価償却計上し
賃貸収入の申告は住宅47年で減価償却費計上にするのでしょうか?
それともどちらか一つに統一するのでしょうか?
その場合は使用割合が同じなのですが
どちらを選択したらよいでしょうか
本を見ても書かれていないので困っています。
どうかよろしくお願い致します

Aベストアンサー

一つの建物で、各階の用途が異なる場合の減価償却の耐用年数は、各階それぞれの耐用年数を使用することはできません。基本的な考えは、一つの建物につき一つの耐用年数となっているからです。ご質問をみる限り、建物の使用割合の住宅用(賃貸含む)が二、三、四階で60%となっていますので、主たる使用目的が「住宅用」に該当しますので、ご質問にある「住宅用の47年を適用」することになります。

結論としては、
(1)地下と一階(小売店舗) 47年
(2)二階(賃貸住宅) 47年
になると考えるのが妥当でしょう。

一つの建物に一つの耐用年数です。
例外もありますが、あなたのご質問の場合は、例外には該当しないと考えます。
(例外とは、建物一部について特別な内装をした場合です。劇場などが該当します。)

参考になれば幸いです。

Q分譲住宅・建て売り(売りたて)住宅・注文住宅・・・

題名の通りなのですが、上記の3点の違いを分かり易く教えて欲しいと聞かれ、答えられませんでした。

この場合は、どのような部分を要点に置いて話をしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

違いの本質は、契約形態なのです。どの契約がなされるかをポイントとして説明することです。

家と土地の建築・販売形態は2つしかありません。

(1)「土地の売買契約」+「家屋の建築請負契約」=通称「注文住宅」
(2)「土地の売買契約」+「家屋の売買契約」=通称「建売住宅」

(1)の場合、土地の売買と建築請負契約は時間的にも契約相手としても独立してもよいのですが、(2)の場合は自分が別に買った土地に「商品としての家が建ってから買う」というのは極めて極めて稀ですので、実際は土地と建物の売買契約が同時になされます。

「分譲住宅」という言葉は契約形態ではなくて、販売の方法です。あるまとまった単位の土地や住宅、マンションを業者が買手に割り振る、というものです。ですから、分譲住宅の中には建売住宅も注文住宅もありえます。

「建て売り」と「売り建て」はとちらも上記の(2)で変わりがありません。契約時点で家が完成している(建売)のか、完成していない(売建)のか、だけの違いです。

「建築条件付土地」は(1)です。土地の売買契約を行い、次に建築請負契約を行うことは(1)なのですが、請負契約先と契約までの期間の条件があるのです。

「建築条件付土地の販売」を「建売住宅の販売」としてしまう業者の手口は、「建築請負契約」を「家屋の売買契約」にすりかえてしまうものなのです。

違いの本質は、契約形態なのです。どの契約がなされるかをポイントとして説明することです。

家と土地の建築・販売形態は2つしかありません。

(1)「土地の売買契約」+「家屋の建築請負契約」=通称「注文住宅」
(2)「土地の売買契約」+「家屋の売買契約」=通称「建売住宅」

(1)の場合、土地の売買と建築請負契約は時間的にも契約相手としても独立してもよいのですが、(2)の場合は自分が別に買った土地に「商品としての家が建ってから買う」というのは極めて極めて稀ですので、実際は土地と建物の売...続きを読む

Q建物の耐用年数

鉄筋コンクリート5階建ての分譲住宅に38年住んでいますが、
建物の耐用年数は、どのような法律で何年とか、決められているのでしょうか、教えて下さい。

Aベストアンサー

法定というと減価償却する際の耐用年数がありますよね。
http://www.m-net.ne.jp/~k-web/genkasyokyaku/genka-tatemono.htm

実際にはもちろんこれ以上の年数が経過しているところに住んでいる方も多いですし、完全に建物として用をなさなくなった時と考えるともっと長いと思いますがこれは法で定められているとは思いません。
今にも崩れそうな状況だとかすると行政から使用中止などの命令を受けることはあると思いますけど、耐用年数を定めたものとは異なりますよね。

Q住宅ローンと建て替えについて

教えてください。
中古住宅を購入しようとしています。
3000万円程度の借入、30年・長期固定で
ローンを組もうと思っています。

一方で、数年後の建て替えを予定しております。
建て替え費用も、全額ではありませんが
ある程度の借入が必要になると思います。

この場合、建て替えが不可能なケースとは、
どのような場合でしょうか?
あるいは、そもそも最初にローンを組んでいる
時点で、建て替えは不可能なのでしょうか?

「将来の建て替えを見越して」という話を
よく耳にするところではあるのですが・・・

Aベストアンサー

まず、建て替えの時に現在のローンの一括返済を求められます。
たとえば3000万円が立替の時点で2500万円になっていたら、この2500万円を返済して、新しく借入を行うということになります。
但し、返済は難しいと思うので、新しい建物の建築費用に返済費用を加算して新しい借入を起こすのですが、ここからは金額などにより銀行の判断基準が変わってきます。
借り換え自体は不可能ではないのですが、
1.新しい借入に必要な年収等の返済基準を満たしているのか
2.借入金額に相応する物件の評価が得られるのか
この2つが問題になります。
特に2については銀行毎で判断に大きな開きがあります。
物件の評価額を基準とする場合、時価相場の1.5倍でも可能・・・等と大きな差が出てきます。
また1の内容が満たされていて、それ以上に所得があるのであれば2についてはあまり問題にしない銀行もあります。

どちらにしても、借り換えが出来ない可能性があるという前提で購入を検討された方が良いと思いますよ。

Q建物の耐用年数

建物の耐用年数で、鉄筋50年? 木造20年?
とあるそうですが、建ってから、この年数が経過したら住めなくなるんですか?
それとも、売買ができなくなるんですか?
詳しい方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

耐用年数は、あくまでも目安の数値です。

会計上、建物を取得した際には、
以後使うと思われる期間まで、
その取得価額を費用として計上しなければいけません。
(減価償却費と言います)

例えば、1,000万円の鉄筋の建物を今年買ったのであれば、
以後使うと想定される期間にわたり、費用にしていきます。

この期間を、各社が勝手に決めたら不公平なので、
目安として耐用年数というのを定めて、それにしたがって計算しなさいとなってます。

なので、住めなくなるとか、売買ができなくなるとかとは全くの別物です。

Q住宅ローン何年固定がいいのか?悩んでいます。

2年前に中古マンションを1700万円25年
ローンで購入し、現在1600万ぐらい残ってます。
現在は2年固定でボーナスなしで6万6千円
払っています。
来月切り替えで何年に使用か迷ってます。

2年1.65%69000円、
3年2%71700円、
5年2.65%76700円、
7年3.15%8万8千円、
10年3.2%81200円 です。

安いにこしたことはないですが、
金利がどんどん上がるのも怖いです。

夫は50歳定年なしの会社です。
来春私も働きに行く予定。
年収は500万ぐらいですが、経費も自腹なので
350万ぐらいです。
会社員ですが、自営業扱いの会社で
国民年金(二人分)・国民健康保険(4万3千円)・
も払っていて、正直生活はしんどいです。
預金は200万ぐらいです。
0歳1歳3歳と子供も小さく、
先々不安です。

夫は2年でいいのでは?と言ってますが、
これで良いのか?とっても不安です。
皆さんのご意見、決め手教えて下さい。

Aベストアンサー

金利の上昇は間違いないので一番いいのは10年なのでしょうが急上昇もしないとは思います。
でも4%ぐらいまでは将来的にはあがると思ってた方がいいかもしれません。実際そこまであがるかどうか分かりませんが今までの金利の平均で考えると4%何ですよね。(バブル期は8%前後です。)
ですからせめて3年か5年の固定のものにして働かれるようなのでその分を教育費&繰り上げ返済用に貯蓄し次回切り替え時に繰り上げ返済というのが理想です。
2年と3年固定では月の支払額の差額が3千円弱ですし5年~10年固定の物の支払いが厳しいのであればせめて3年固定にする方ががいいと思います。

Q建物の耐用年数 「骨格材の肉厚」?

所得税の確定申告書(不動産所得)を作成しています。
建物(倉庫)の耐用年数についての質問です。
鉄骨の倉庫を賃貸しています。
耐用年数表では、骨格材の肉厚によって年数が異なるっているのですが、
「骨格材」、「肉厚」とはなんのことでしょうか?
ご教示ください。

Aベストアンサー

柱の種類、鉄骨の厚さになります。ミリメートルで表示されています。

http://www.zaimu.com/t_buz_contens/genka/shokyaku01-1.htm

Q住宅ローンの固定金利選択型は何年もので設定するのがいいのでしょうか?

現在新築予定で間取りを考えている段階です。

○夫婦とも20代後半、共働き、現在子供なし(将来的には2人希望)
○夫の年収:約550万(勤続約7年)
○妻の年収:約300万(勤続約3年)
○現在ローン、借金ともになし
○産休、育休がとれる職場なので出産後も仕事を辞める予定なし(ずっと共働き予定)
○借り入れ希望額:3,500万円→事前審査で借り入れ可能との返事あり
○土地建物ともに共有名義→主を夫、私(妻)を連帯債務者にする予定
○固定金利選択型を希望

☆最大優遇幅である0.35%の優遇が受けられる
☆繰り上げ返済の手数料がかからず、少しづつでも繰り上げ返済ができる
というメリットがあるため、ろうきんで考えております。

そこで今後の本審査にあたってなのですが
固定金利選択型にした場合、何年ものがいいのでしょうか?
設定としては4種類、最大優遇幅0.35%を引くと
 (1)2年もの:1.75%→1.4%
 (2)3年もの:1.85%→1.5%
 (3)5年もの:2.25%→1.9%
 (4)10年もの:3.05%→2.7%
です。

「もうすぐ消費税も上がるだろう」「金利は今が底」
「次の選挙が終わったら金利はきっと上がるよ」
など周りからは色んな意見を耳にします。

ろうきんの方にも色々聞いたのですが、
「これは何とも言えない。上がるかもしれないし下がるかもしれない。
その時になってみないとわからない」と言われました。
全くその通りだと思うのですが・・・。

短い設定年数にして金利の様子を見るほうがいいのか、長い設定年数にの方がいいのか・・・。
みなさんならどうされますか?色々なご意見をお聞かせください!
よろしくお願い致します。

現在新築予定で間取りを考えている段階です。

○夫婦とも20代後半、共働き、現在子供なし(将来的には2人希望)
○夫の年収:約550万(勤続約7年)
○妻の年収:約300万(勤続約3年)
○現在ローン、借金ともになし
○産休、育休がとれる職場なので出産後も仕事を辞める予定なし(ずっと共働き予定)
○借り入れ希望額:3,500万円→事前審査で借り入れ可能との返事あり
○土地建物ともに共有名義→主を夫、私(妻)を連帯債務者にする予定
○固定金利選択型を希望

☆最大優遇幅である0.35%の優遇が受けられる
...続きを読む

Aベストアンサー

 私、ろうきんで借り入れしましたが、全期間1%優遇で、事務手数料なし、繰上げ返済手数料無料、保証料月額へ上乗せで、利率1.815でした。ローン契約時は、金銭消費貸借契約書に貼る収入印紙のみ負担しました。なお、財形とカードローン等3つの条件を満たす必要はありましたが・・・
なお、カードローンは口座のみで、借り入れした事はありません。当然キャンペーン金利適用のため、カード決済口座に指定しましたが・・・

 返済期間は長いので、たった5年だけの金利はあまり意味がありません。当然その間も、利息が安いに越した事はありません。繰上げ返済を想定されているのなら、”ろうきん”は大正解です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報