12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

先日、高速道路上で追突事故を起こしてしまいました。
相手方の車は、自分が追突する直前に単独事故を起こしており走行車線に停車していたのを、自分が気づかずに追突。
深夜の高速道路上で、ハザードも付けず真っ直ぐ停車していたので近くに来るまで気づかなかったのですが、自分の前方不注意だと反省しています。
ですが、警察の話に納得がいかないのです。
警察が言うには、相手方には一切過失は無く自分に過失傷害として罰金・免停等の処罰がされる…と。
幸い、相手方のケガは通院ですむ程度の軽傷で良かったのですが、先に単独事故を起こし(自走可能でドライバーも無傷)ハザードや三角表示も出さずに止まっていた車に過失はないのでしょうか?
どなたか詳しい方がいらしたら、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

過失に関して警察が話すことは、第三者の戯言です。


気にする必要はありません。
ただ、処分に関しては当然です。
追突して相手が怪我したのですから、相手に過失があろうがなかろうが、ご質問者が加害者として罰金・免停等の処分を受けるのは当然です。

民事の過失割合については、ご自分の保険会社に相談下さい。
    • good
    • 2

 人身事故での減点



 人身事故の場合、治療期間によって事故付加点数が変わります。
  http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menky …

 仮に、相手の車の過失が多少は認められたとしても追突事故ですから、「専ら当該違反行為をした者の不注意によって発生したもの」になります。
 
 警察の言うように相手方に一切の過失が無いかどうかはわかりかねますが、どちらにしても、警察が処理する上での判断に大きな影響はないと思われます。
 このようなことから、警察は専ら~~に該当すると言う意味で、相手に過失は無いという言い方をしたように思います。(あくまでも憶測です)

 相手方が、ハザードや三角表示も出さずに止まっていたことに対する過失ですが、直前の事故ということで、時間的な余裕が無かった可能性もあります。
 直前の事故ではなく、事故から時間が経っているのであれば、過失はあるでしょうが、それでも、追突ですので、違反点数は変わらないと思います。
 
 事故の修理費などについては、保険会社は相手方の過失を求めるかもしれませんね。
 しかしながら、保険会社の過失の計算は、補償を計算する為のものであり、警察で言うところの過失とはずれがあります。

 その後、ムチ打ちなどの症状はでていませんか?
 意外と、追突した方にもあとから症状が出るものです。
 どうぞ、お大事に。
 
    • good
    • 0

過失割合のいろいろなサイトです。


各サイトで、質問の様な高速道上での追突パターンを見て下さい。
http://www.jiko-online.com/kasituwariai.htm
http://kashitsu.e-advice.net/index.html
http://amami.rindo21.com/ks_car/index.html
http://www.gs-hos.com/kasituwariai.html

halu1013 さんの自己情況の主張で判断すると、第一原因はhalu1013 さんの考えどおりに前方不注意ですので、halu1013 さんの過失割合は基本的に6割です。

警察は、相手のハザードや、三角表示板・発炎筒も出す間もない自損事故直後で、halu1013 さんの前方不注意のために過失割合の修正が無いと判断されたのでしょうね。
事故を起した運転手は、自分がどうなったのか事故の直後は、情況判断をするのに時間がかかります。
そして、事故状況が分かると、ハザードや、三角表示板・発炎筒などの防護措置をする判断や、路外へ退避するまでに、また、更に判断の時間がかかります。
この防護措置や、路外へ退避をするまでに、halu1013 さんが追突したかもしれません。


高速道路上では、スピードが出ているために目の前で何が起こるかわかりません。もし、目前で非常事態が起こっても回避が出来る様な、安全運転を心掛けましょう。
    • good
    • 2

あなたが悪いですね。

まずハザードなど三角表示は二次被害を防ぐためです。単純に質問者さんが車間距離をあけて、安全に走行前方確認をすればよかっただけです。
例えば、高速で渋滞で詰まっているのにあなたが詰まっていないと考えてスピードを出していたということ同じでは???前者の事故は関係なく。突っ込んだあなたが悪い。
    • good
    • 0

事故直後だったら三角表示板はおろかハザードだすのも無理ということはあります。


(状況把握するまでにある程度の時間は必要ですし、やたらに車外にでるのも危険です。夜間だとなおさら。)
故障等やむをえない理由で停止している車に注意する義務があるので、余程の非常識ぶりが相手にないと相手の過失は問えないでしょうね。

ところでテールランプもついていなかったのでしょうか?
    • good
    • 1

>>自分が気づかずに追突。



前方不注意ですよね?

100%過失あります。
そもそも前を見てないで、車走らせないで下さい。
    • good
    • 2

あなたの言う過失は民事のでしょ警察関係ねーから

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q追突事故の罰則罰金について  加害者です。

1か月以上前に、信号機で停車中の車に、後部より追突しました。
考え事をしていて、直線の道路でしたが、信号機に気を取られ、正面を見てなかったようです。
その時点では、物損になるような感じでしたが、翌日病院に行かれ、現在まで通院されてたようです。
警察から、電話があったようでしたが、留守していたため話の内容は明日になりますが、多分、診断書を出され、人身扱いになったのではと思ってます。
この場合、私の罰則・罰金はどのように予想されますか?
相手の方が、停車中に携帯を取ろうとしゃがみ腰になった時に、私が追突したようです。[警察を待つ間に話の中に出てきました。]
このことは、事故時には警察には話しておりません。

不安が大きくなるばかりで、宜しかったら回答いただければ助かります。

Aベストアンサー

相手は信号停車中なので、車内での行動や体勢については考えなくていいかと思います。

文章の内容的に相手は軽傷のようですので
安全運転義務違反の2点
治療期間15日未満で責任が重い方で3点
の合計5点、反則金9千円ってとこでしょうか。
もし、相手の診断書が全治15日以上になった場合は、一発免停です。

Q追突事故の加害者になりました。教えて下さい。

先週交通事故(追突)を起こしました。
状況は
*時速5km以下での追突。
*ブレーキの踏み外しによる物。
*相手の車の損傷はバンパーのへこみ(それ程大きくは無い)
*当方と当方の車は無傷。
*事故後相手が腰が痛いとの事で病院へ付き添い、支払いも全て当方が持ちました。(相手の立替の負担を無くす為)
*事故の次の日に相手へ謝罪の電話を入れ穏やかに対応して頂きました。
*何日か後にまた病院へ診断書をもらいに行くとの事で、これも付き添いお支払いも全て当方でしました。
*その時謝罪の菓子折りをお渡ししました。
*その時点で相手から特に何も言われませんでした。
*診断書は腰椎捻挫と頚椎捻挫となっていました。
*そして最後までお見送りをして丁重に謝罪しました。

と、ここまでして最後に病院に行ったその日に相手から電話があり診断書を警察に提出し調書を取った際(事故時点では人身と物損の判断がつかなかった為)
「厳重処分にして下さい」と言って来たと言うのです。
そして「こちらは後遺症に怯えながら生活して行かなくてはならない事を分かっているのか。」と。
「それについて何か言う事ありますか?」と言われたので
「大変申し訳無いという事はもちろんの事、一日も早く安心して生活して頂きたいと思っています。」
と伝えました。

これは誠意が無いと見られているのでしょうか?
こちらは過失は100%認めていますし、相手に対し何も異議は申し立てておりません。
保険会社には「大した事故でなくてもそこまでされたのですから充分でしょう。これ以上は何もする事はありません。」と言われました。
事故直後で相手の気が立っているからなのかとも考えましたが…。
そして警察はその通りにするのでしょうか?
色々と調べた所罰金等は来ない位の事故のようですが。。。

何も分からないので、どなたかアドバイスお願い致します。

先週交通事故(追突)を起こしました。
状況は
*時速5km以下での追突。
*ブレーキの踏み外しによる物。
*相手の車の損傷はバンパーのへこみ(それ程大きくは無い)
*当方と当方の車は無傷。
*事故後相手が腰が痛いとの事で病院へ付き添い、支払いも全て当方が持ちました。(相手の立替の負担を無くす為)
*事故の次の日に相手へ謝罪の電話を入れ穏やかに対応して頂きました。
*何日か後にまた病院へ診断書をもらいに行くとの事で、これも付き添いお支払いも全て当方でしました。
*その時謝罪の菓...続きを読む

Aベストアンサー

私も何年か前に同じような事故を起こしました。

警察へ届け出て、謝ることをしたんですから、
後は保険屋さんに任せておけば大丈夫!

あくまで、質問者さんの質問から得た感じですが、頸椎捻挫なんて医者が一応書いただけのだと思われます。あまりに質問者さんが親切にしすぎたせいで、逆に被害者がつけあがっているとしか思えませんね。

私のケースでは、人身事故として警察に届け出ます。という方にどーぞ気の済むようにしてください。ちゃんと医者に行ってくださいね。と言ったところあいては何もしませんでしたね。

ほとんどのケースで何の罰則もないはずです。
まあ、この手のケースは保険屋さんは熟慮の上だと思いますので、何かあったら保険担当者に相談することです。くれぐれもご自身で行動しないように!

Q過失割合1の人身事故

始めまして。 警察にも相談しましたが不安な事が増えるだけでどうしたらいいか相談させて下さい。
先日 主人が事故に会いました。 主人が直進 相手が危険な回転車です。 片道2斜線 右側渋滞の左斜線を走行(仕事中)していた所、反対車線から、Uターンしようとしたノンストップの車と事故を起こしました。 民事では 1:9(相手)で話がすすんでいます。 
その事故で相手の車の助手席の人が重体になったのです。運転手は何ともないらしく 当日 実況見分もしたようです。後日警察から聞きました。
主人は救急車で運ばれ 事故から2週間ほどたった先日 やっと実況見分できた所です。 相手の運転手の人は事故の際 車から降りていたのに、こちらにかけよる事もなく いまだに1度もその方の声すら聞いた事がありません。主人の車にも同乗者が居たため、主人が自分で救急車を呼んだのです。 重体のご家族がいるようですのでそれも仕方ないと思っていますが、そのような事故で主人の免許がなくなったり 多額の罰金を払わないといけないのか。気になってしかたありません。 
運転の仕事なので もし免許がなくなったりしたら仕事を失い、生活に困ります。
実況見分の際 警察の方に聞いたのですが
「事故自体は明らかに相手が悪いんだけどね~ 怪我人が出てるから。
怪我の具合がのってくるので、免許がなくなるかどうかは今はわからない。 15点超えれば免停なんだけど、それは警察官が決めるんじゃ無いので・・・・・」っとどっちつかずの回答です。
事故自体 明らかに相手が悪いと思っているのに その助手席の方の具合はすべてうちの主人の責任なのですか??
向こうの車の運転手はこちらの怪我のみ 加点対象なのですか???
こちらは2人で乗っていて どちらも10日の診断書です
実況見分した警官は検察官もそういう状況をきちんと判断しますから。と言いますが、その車と当たらないように ハンドルでもきって自損事故にでもしろ。って事でしょうか??
そうするしか その事故は防げなかったと主人は言います。
右が渋滞していたので アクセルは踏まずブレーキに足を乗せていたのに止まれない位の飛び出しです。
同じ様な事故で免許が無くなってしまった方はやはりいらっしゃるのでしょうか???
こちらも 重体と聞いて気分が言い訳ありません。御見舞いに行くべきが保険屋さんに意見を聞いた所 今行くと誤解を招くのでやめて下さい。と言われました 様態を心配している事だけ伝えます。と・・・
向こうからは 容態を気にする電話1つなく 保険屋から通院費の手配をしたとだけ言われました。 しかも初回の病院代 2人分で20万近くです。立て替えろとの事です。
こちらは 相手の状態も心配しつつ 自分達のこれからの生活がどのようになっていくのか、毎日 不安な日々で言い争うこともたまにあります。精神的にまいっています。 
免許がなくなる、仕事がなくなるなどの事態に発展した場合 私たちはただ受け止めるだけしか出来ないのでしょうか?
主人との会話も事故後 お互い不安な為 悪い方向ばかりになり、夫婦の危機さえ感じています。
一歩 間違えが主人が重体だったかもしれないのに。主人は自分が重体、もしくは死亡でもいていれば 私に心配かけずに保険で生活できたのにな。と言う位 悩んでいますし、私もどう声をかけたらよいのかわかりません。 きっと大丈夫としかいいようがないのが辛いです

始めまして。 警察にも相談しましたが不安な事が増えるだけでどうしたらいいか相談させて下さい。
先日 主人が事故に会いました。 主人が直進 相手が危険な回転車です。 片道2斜線 右側渋滞の左斜線を走行(仕事中)していた所、反対車線から、Uターンしようとしたノンストップの車と事故を起こしました。 民事では 1:9(相手)で話がすすんでいます。 
その事故で相手の車の助手席の人が重体になったのです。運転手は何ともないらしく 当日 実況見分もしたようです。後日警察から聞きました。
主...続きを読む

Aベストアンサー

私も事故にあった事がありますが 警察は基本的に最低限の
介入しかしません 後は双方でやってよ が慣例です

とりあえず法テラスあたりの相談されるとよろしいと思います
場合には弁護士の無料相談などの紹介を受けることもできます

http://www.houterasu.or.jp/service/jiko_songaibaishou/mentei_mentori/

Q急な車線変更での交通事故の過失割合について

急な車線変更での交通事故の過失割合について

高速道路で事故に合いました。
私が追越車線を走行中、相手の方は走行車線の後方を当方より早い速度で走行。
次第に併走状態となり、先方車両前部が見えた当たりから、先方が突然に追越車線へ進入。
私はそれに気付き、すぐにブレーキを踏むと同時に右へハンドルを切りましたが、間に合わず接触。
接触箇所は先方の右側中央側面から後部にかけてと、当方左側前輪周辺です。
それを踏まえて2点相談があります。

1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。
2点目は10:0の主張は通らないでしょうか。相手の方の事故の内容に対する主張(言い分)は分からないのですが、証拠となる事実は、接触箇所が先方の右側中央側面から後部にかけてと、当方左側前輪周辺という事だけです。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。

交通事故が発生したときに言われる「過失」とは、刑法の故意・過失の理論から派生したもので、一般的には注意義務違反として、予見可能性や回避可能性を問議することになるため、質問者さんの言われる「事故を未然に防ぐ方法=過失」とはならないことがあります。

道路交通法は、あくまでも道路を走行するときに規定された基本ルールですが、道路交通法もありとあらゆるケースを想定して条文が構成されているものではありません。
一般的な車両等の通行ルールがそこに示されている以上、「自車以外の他の自動車も、ある程度は交通ルールを遵守して走行しているであろう。」と予測することは許されます。
その意味では、著しい交通違反行為を行っている車両は、他の周囲の自動車運転者にとってもそういう違法車両がいることを予測することが困難な状態になるのです。
ただし、ある程度軽微な交通違反車両が存在することは、自動車を運転する上では常識的に予見しておかなければならないと言われます。

まず第一に、質問者さんが高速道路の追越車線を走行していた理由や状況が分かりません。
高速道路は一般的に「走行車線」と「追越車線」があり、客観的に正当な理由がないまま継続して追越車線を走行し、走行車線に戻らない場合は、車両通行帯違反(道路交通法20条1項違反)になります。
この条文の考え方(条理と言います)では、一般車両は道路に車両通行帯がある場合は、一番右側の車線を追越用の車線として空けておかなければならないということになります。
本来、質問者さんが走行車線を走っていれば何の問題もないといえますが、追越車線を走行していて、後続車が質問者さんの車両に追いついた、または、追いつきそうになった場合は、基本的に質問者さんは走行車線に進路を変更して追越車線を空けなければなりません。
また、後続車は、先行車両が走行車線へ進路を変更したことを確認後に、安全に追越行為を終了して走行車線に帰る必要があるのです。
後続車から見ると質問者さんの車両は、車両通行帯違反をしている先行車両という位置づけになり、元々違法状態で走行している車両と評価されてしまうでしょう(具体的に走行車線を走行できない理由がある場合を除く)。
本来、左側追越は違反ですが、後続車は追越車線を違法な状態で走行している先行車の後方で、車間距離を取りながら追従しなければならなくなり、善し悪しは別として、左側追越という手段に出てくる可能性があることは予見できるものです。
また、速度の高い車両は、更に前方の先行車両を追越ために、左側追越を終了したら、再び追越車線に進路を変えてくる可能性もあるといえます。
こうした予見可能性があり、車両通行帯違反が質問者さんにもあるのだから、基本的に無過失ということはありません。
ただし、違反状態にある車両は、違反状態にない車両以上に高度な注意喚起が求められ、周囲の車両の動静(動き)に十分注意しなければなりません。
その場合、当然進路変更時の基本的な動作や安全確認が必要となりますが、お互いに違法走行状態にあるのであれば、特にその動静には注意すべきであるという結論になります。
一般の割り込み事故は、若干その性質を異にします。



>2点目は10:0の主張は通らないでしょうか。

結局、1点目の質問と同じ趣旨の質問です。
民事上の過失責任割合とは、発生した損害の分担を意味し、そこには民事上の「公平な負担の原則」という考え方があります。
また、進路変更事故として認定が可能か、割り込み事故と認定すべきか、追い越し事故として認定すべきか、法律的にその判断も難解な事例と考えてよいと思います。
具体的な割合は、ご自身が加入されている保険会社と十分に相談されてください。


※ 本来的に過失責任の割合を特定するためには、もっと詳細な道路状況や走行状態等が分からなければ、質問者さんの質問には回答できるものではありません。
 また、判例タイムスは裁判官を直接拘束するものではありませんが、保険会社が作成した書類ではなく、専門複数の裁判官が集まって作成している出版物で、ある程度公的にもその価値が認められています。
 このサイトには不用意な発言をする人もありますが、そうした無責任な回答に振り回されないように注意してください。

>1点目は私としては防ぐに防げない事故と思っているのですが、事故を未然に防ぐ方法(過失)があれば教えて頂けないでしょうか。

交通事故が発生したときに言われる「過失」とは、刑法の故意・過失の理論から派生したもので、一般的には注意義務違反として、予見可能性や回避可能性を問議することになるため、質問者さんの言われる「事故を未然に防ぐ方法=過失」とはならないことがあります。

道路交通法は、あくまでも道路を走行するときに規定された基本ルールですが、道路交通法もありとあらゆるケースを想定...続きを読む

Q車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないと

車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないといわれました。
 一週間前くらいに事故られ、100ー0であちらが全てもつ状態になりました。
 首に痛みを感じ、めまい吐き気もあり病院にも通院している状態です。車の修理代は全て向こうの保険会社が負担すると言ったのに関らず、つい先日修理をお願いした車屋から、修理代全てを保険会社が出さない、一部しか出ないと言われました(総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた)残りの金額は自己負担になるといわれて、私はあまりの悔しさに涙がでそうになりました。なぜ、事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか!!
 私は一銭も払うつもりはありません。皆さんが同じ境遇であれば同じように思うとおもうのです。それで、保険屋と徹底抗戦を考えているのですが、なにかアドバイス、法律的なことやこういえば保険屋をギャフンといわせれるなどいった事を教えて欲しいのです><

Aベストアンサー

>総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた…

失礼ですが、何年ほど乗った車ですか。
相手方 100% 責任の事故でも、補償額は事故に遭う前の時価が限度です。
時価を上回る修理額までは出さないのが普通です。

>保険屋をギャフンといわせれるなどいった…

入るときはえびす顔、出るときはえんま顔。
これが保険屋というものですから、ギャフンと言うことはないでしょう。

>事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか…

ですから、保険会社が払わない分は加害者本人に請求すればよいのです。
もちろん修理費用だけでなく、治療費や休業補償も含めてね。
あくまでも事故を起こした責任は保険会社でなく加害者本人なのですから。

Q納得できない 高速道路の落下物事故の過失割合

高速道路上に落下物があり、それに乗り上げ事故になりました。

詳細の状況は下記の通りですが、判例などみると基本的には過失割合が6(落とした側):4(ぶつかった側)になる様です。

判例ではそうでありますが、高速道路上では回避困難ですし、回避しても回避が原因でさらなる重大事故につながる可能性が高いと思います。落下物があったことは見える段階で認識していましたし、危険とも認識できました。ですが今回のケースでは実際にはよけることは非常に困難でした。
(当事者になるとよくわかります。100km/hでは100mを3.6秒で走ります。高速道路の制限速度80km/hでも4秒台です。充分に距離があってもかなり短時間での判断が必要です。)


判例など法律論はともかく、
ぶつかった私個人としては、冷静な視点に立っても、落とした側に圧倒的な過失があると感じています。
次の様な重大事故につながる可能性があるにもかかわらず、少なくとも6:4などといった過失割合にはとうてい納得ができません。
http://www.youtube.com/watch?v=cXSpI7MAmgs&feature=player_embedded#!

死ぬかもしれないという状況になり、痛い思いもして、この過失割合はおかしな話です。
落下物が無ければ今回の事故はそもそも無かったのです。
第三者の率直な意見を聞きました。実感としては10:0に近い意見が殆どです。

修正要素などで過失割合は変わってくるかと思いますが、
今回のケースで最大限相手側に過失を認めるアドバイスをお願いします。
納得できません。宜しくお願いします。


■事故状況
高速道路上に落下物があり、左前後輪を乗り上げ事故。
登坂車線、走行車線、追い越し車線の3車線の路上。
落下物はアルミブリッジ。幅2.2m、高さ25cm、奥行50cm、重さ30kg程度の物。
落下物は、走行車線、追い越し車線にまたがり落下。
横向きに落下。2.2mが塞いでいる状況。
私の目の前での落下ではない。落ちていた。
追い越し車線を走行。
登り(発見が通常より遅くなる)
よそ見などはしていない。見える時から落下物の存在を認識。
走行車線、追い越し車線にまたがり落下物があり、左右に避けるより直進が安全と判断しそのまま走行。→結果、蛇行せず側面にも激突せずに軽傷で済んだ。
左前後輪パンク、ホイール、足回り破損。
乗り上げ後、走行車線を直進、ハザード点滅し走行車線から登坂車線、路肩へ移動、停車。

前方には見える範囲で車両なし。
後続車両は、普通車2台程度、大型2台。いずれも走行車線および登坂車線走行。

私に怪我。頸椎・腰椎捻挫の診断。
人身事故の届け出。

落とし主の身元は把握できてる。
落とし主は落下原因もわからない。落下したことも気づかなかった。(過失では。再発も懸念)
落とした物が大きく重い。後続車に重大な事故を招くおそれがある。(積載方法によほどの過失。重大事故の懸念。過失がかなり大きいのでは。)

高速道路上に落下物があり、それに乗り上げ事故になりました。

詳細の状況は下記の通りですが、判例などみると基本的には過失割合が6(落とした側):4(ぶつかった側)になる様です。

判例ではそうでありますが、高速道路上では回避困難ですし、回避しても回避が原因でさらなる重大事故につながる可能性が高いと思います。落下物があったことは見える段階で認識していましたし、危険とも認識できました。ですが今回のケースでは実際にはよけることは非常に困難でした。
(当事者になるとよくわかります。100k...続きを読む

Aベストアンサー

>判例など法律論はともかく、ぶつかった私個人としては、冷静な視点に立っても、落とした側に圧倒的な過失があると感じています。

 お気持ちはお察ししますが、他人に損害賠償を求めるというのであれば、そこには法律的な裏づけが必要で、質問者さんが「冷静な視点」に立っているとは認められません。
 積載物を落下させる行為は、もちろん道路交通法等の法令に違反する行為ですが、一般道路上においては直接的に交通事故の原因として処理されることはあまりありません。
 一般道路を使用する対象者が車両ばかりとは言えず、歩行者や自転車等のケースもあり、交差点もあれば信号機もある。
 見通しの悪い曲がり角もあれば、横断歩道もある。
 広い幹線道路もあれば狭い裏道もあり、急勾配の坂道もあるなど、その道路環境は様々です。
 運転者には、道路環境や交通の状況に適応するような運転行為が求められるものであって、他の車両等の交通違反があったからといっても、そのすべてが交通事故の原因と評価されることはないといえるのです。
 こうした一般道路上における落下物との衝突は、ほぼ後続車の責任が重いと判断されてしまいます。
 道路交通法の目的は「交通の安全と円滑を保つこと」ですが、一般道路の場合はある程度「交通の安全」を重視せざるを得ない実情があります。
 交通の安全を確保することで、より円滑な交通を保持することを目的とすると理解すると良いでしょう。
 これに対して高速道路は、利用できる当事者を限定し、他の一般道路とインターチェンジを設けて隔離し、安全施設を充実させ、かつ、通行方法も特別の規定を設けています。
 高速道路は、安全施設や規定を充実させることで、「交通の円滑」を重要視していると解すことができるのです。
 この高速道路の特殊性をまったく理解しないままに、素人的な感覚だけで主張をしても説得力のある主張にはなりません。
 ある意味「交通の円滑」を重要視するため、高速道路を通行する場合、車両の運転者には「事前に落下物が存在することを予測した安全な速度と方法で運転すべき義務」はありません。
 言い換えると、電光掲示板等で「落下物注意」等の表示がなされている場合を除いて、道路上に落下物があることを事前に想定して減速・徐行しながら進行すべき注意義務はないということです。
 ここが一般道路上における予見義務と、高速道路上における予見義務の相違点になります。
 高速道路ではこうした予見義務がないという特徴があるとしても、ではどんな運転でもしてよいかというとそれは別問題です。
 高速道路はある程度見通しがよく、遠方からでも落下物の存在を確認できるという特質があり、いかに坂道であったとしても、落下物のすくそばまで進出しないと確認できないという道路設計はなされていません。
 予見義務がない場合でも、衝突事故を回避することは一般道路よりも容易な状態と捉えられています。
 前方の見通し距離が100m程度しかないという高速道路は皆無です。
 高速道路では、落下物の存在に対する予見性は低いが、回避可能性は高いという特質のある道路であるということを、まず理解してください。
 質問者さんが基本過失に疑問を感じたとしても、民事上の基本過失はある程度法的にも妥当性があり、決しておかしな考え方とはいえないのです。


>落下物が無ければ今回の事故はそもそも無かったのです。第三者の率直な意見を聞きました。実感としては10:0に近い意見が殆どです。

 法的に正当な評価を行うためには、その前提となる知識が必要となりますが、こうした第三者の意見は無意味としか評価されないでしょう。
 人は自分の考えに同調する論説を多数派と主張したがる傾向があります。
 他の回答者のみなさんの回答をどう考えますか?


>修正要素などで過失割合は変わってくるかと思いますが、今回のケースで最大限相手側に過失を認めるアドバイスをお願いします。

 民事上の基本過失には、その前提となる条件が設定されています。
 つまり、ある程度遠方からでも落下物の存在を確認できる状態で、発見可能な地点から直ちに適切な回避行為が取られなかったケースを前提としています。
 実際の事故現場の見通し情況は、道路の明るさや天候、落下物の形状や態様などによっても回避可能性は変化します。
 「見える時から落下物の存在を認識。走行車線、追い越し車線にまたがり落下物があり、左右に避けるより直進が安全と判断しそのまま走行。」という判断の妥当性と、落下物の視認性、他の回避方法の選択の可否等が影響するでしょう。
 見えるはずのものを見えないと主張するような、妥当性のない言い訳にならないように、きちんと事実を掌握し、その上で事実に即した理論武装することが大切です。
 ご参考まで・・

>判例など法律論はともかく、ぶつかった私個人としては、冷静な視点に立っても、落とした側に圧倒的な過失があると感じています。

 お気持ちはお察ししますが、他人に損害賠償を求めるというのであれば、そこには法律的な裏づけが必要で、質問者さんが「冷静な視点」に立っているとは認められません。
 積載物を落下させる行為は、もちろん道路交通法等の法令に違反する行為ですが、一般道路上においては直接的に交通事故の原因として処理されることはあまりありません。
 一般道路を使用する対象者が車両ば...続きを読む

Q10:0の事故。車の修理費に疑問が。。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこちらから連絡すると「修理はもう終わっています」とのことで驚きました。なぜ概算見積りが出たときに連絡をくれないのか?というと「修理は止められませんので」と的を得ない回答でした。私は修理を止めるつもりはなかったのですが、概算見積りはとっくに出ていたのに連絡がありませんでした。
少し不信感を持ちつつ概算見積りの金額を聞くと修理費が22~3万で代車費用含めて30万ほどになるとのことでした。

相手の方の車が国産車の限定車でリアバンパーが高く、さらには部品取り寄せに時間がかかって代車の日数も増えたとのことでした。

ここで疑問なのですが、

ディーラーに確認したらリアバンパー代は塗装代込みで約7~8万と言われましたが、修理費に22万も必要でしょうか。
また、部品を取り寄せるのに時間がかかるなら自走可能車でも代車を出すのでしょうか?
これは私が判断することではないのかも知れませんが、バンパー交換は経験上1日で終わりますし、部品を発注している間は自走できるなら代車を出す必要はないと思うのですが。

私が起こした事故ですし、人身に切り替えられなかっただけ有難く思え、人を轢くよりましだろう、と言われるのは覚悟の上ですが、どうしても修理費に疑問があります。
もちろん、必要な修理費は払わせてもらいますが、あまりにも不必要に代金がかかっている気がしてなりません。

現在の状況は、保険会社が派遣したアジャスターと修理先の板金屋が値段交渉をしている最中で、修理費が確定するまで少し待ってほしいと言われています。

また、修理箇所の写真と見積書は保険を使う場合はお見せできない、と言われました。
見せられない内容なのですか?と聞くと「実費で払われるならお見せでます」と言われ、ますます不信感が募りました。
もう実費で払うから板金屋と直接話がしたい(部品代の領収書、工賃や代車の明細を知りたかったので)といったら、それは難しい、と言われました。もし直接話をするなら保険会社は介入できないとも。
詳しくは知りませんがそんなもんなんですかね・・・。自分が一番悪いとはわかっていますが、保険会社の対応も修理先の対応も疑問ばかりです。
ひょっとしたら、中の部品も破損していて値段が跳ね上がったのか、とも考えましたが、本当にコツンと当たった程度で凹みもなかったので考えにくいです。ただ、実際に写真を見てみないとなんとも言えませんが。。。

経験がないのでわかりませんが、自動車事故ってこういうことがよくあるんでしょうか。
今後、どのようにすれば良いのか悩んでいます。
相手に迷惑をかけた慰謝料と思えば良いのかな、とも考えますが、相手ではなく修理先が必要以上に代金を請求している気がしてしまいます。

すみませんが、よろしくお願いします。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたの保険会社が闘わないんなら、そんなモンですね。あなたの懐は変わらないので、被害者である相手によりいい印象を与えるように逆もしているということです。保険会社同士で話し合い決着がついているから、それを覆すなら、裁判でどうぞということですな。値段的には、問題ないと思いますよ。バンパー付近も色あわせでなじむように塗るという「建前」になってると思いますからね。自損なら10万って事ですね。

Q高速道路の走行車線で止まっている車に遭遇したら

何らかの事由で、高速道路の走行車線上に止まってしまっている車に遭遇したら、どうしますか?

後続車としては、自分が初めての遭遇者(車)と思われる場合です。
停止車両には人影が見え(生死、怪我の有無は不明)、ガードレール外には避難している様子は無い場合です。

基本的には、救助の気持ちはあります

自車の停止位置、通報先、通報方法、停止車両内の人への対処

どうするのが、適切でしょうか?

Aベストアンサー

私は3度夜間の経験があります。

すべて様子を確認しながら安全第一で通過 東北道です。

位置ポスト 東京からの距離(道路際に表示)を確認。

いつも110番します。

最大の危険を感じたのは三車線で走行車線を大型が2台連ねていました。

私も走行車線を走っていたのですが130Km/h位なので追いつき第二車線から追い越そうと思った時、

前の2台が相次ぎ左の路肩に寄り通過しました。

変だなと思った瞬間第二車線と第一走行車線を塞ぐように小型のバンがタイヤ部分をこちらに向けて横倒しになっていました。

夜間で下側がこちらに向いているので当然テールランプ ヘッドランプ の灯りも見えませんでした。

急ブレーキ(極端な停止ではありませんが)をかけ すぐに頭に浮かんだのが ハザードランプの点灯です。

右車線に 自分の車の後ろにも他車がいないのを追い越しをかけるときに確認していたので

右バックミラーで追い越し車線に車がいないのを確認して第三追い越し車線に減速して変更しました。

そして自分のヘッドライトの灯りの中に照らされたのが追い越し車線に部品がバラバラ落ちていたことです。

きっと分離帯にぶつかりハンドルを左に切って横倒しとなったのでしょう、

その時止まるかどうか一瞬考えましたが部品の散らばり具合からパンクしてもよいから減速して通過の判断をしました。

そしてハイビームにして通過しようとしたら車の向こう側から男性が出てきて追い越し車線を横断しようとしました。

クラクションを鳴らしパッシングをしたら戻ったので たぶん50Km/h位で通過しました

まあ急停止をしたら止まれたと思いますが、追突されるのが怖くて通過しました。

そして三角表示板 発煙筒 を上げようと思いましたが他車が路肩を通過して来ることを考え

110番しました。 いろいろ聞かれ 次に道路公団からも連絡があり説明をし 少し行ったら 電光板が50Km規制になっていました。

5分くらいたってから反対方向から公団の車 パトカーが通過していきました。  時間のかかりすぎ、

その時聞かれたのが 「けが人は?」でした  公団からの時には「現場を離れてしまったのですか?」 でした、

夜間は 絶対 安全を確認できなければ 連絡して 通過しましょう(私は二次災害を起こすより良いと思います)

  またほかの方でありましたが 連絡は110番 公団の#○○○○ より100Km/hの走行中でもすぐかけられます 

緊急事態は手持ちの通話はOKですので 電話をして捕まることはありません。

昼間は良いですが夜間は 安全な位置まで逃げたほうが良いと思います。

なんといっても玉突き事故で 2~3か所に分けての事故が有るくらいですから

これは2~3人の安全運転の人と多数の前方不注意のバカがいるためで 

昼間ある程度車が多くて自分が減速した時に後ろの.車も減速してくれる場合は路肩(少し前方)停車も良いかもしれませんが私にはまだ自分を犠牲にして他の車がぶつからないようにすることは・・・・・・・・・・・・?

私は3度夜間の経験があります。

すべて様子を確認しながら安全第一で通過 東北道です。

位置ポスト 東京からの距離(道路際に表示)を確認。

いつも110番します。

最大の危険を感じたのは三車線で走行車線を大型が2台連ねていました。

私も走行車線を走っていたのですが130Km/h位なので追いつき第二車線から追い越そうと思った時、

前の2台が相次ぎ左の路肩に寄り通過しました。

変だなと思った瞬間第二車線と第一走行車線を塞ぐように小型のバンがタイヤ部分をこちらに向けて横倒しになっていました...続きを読む

Q過失割合9:1について

先日、交通事故をおこしてしまいました。私が細い道から出て来るところ、すぐ横に駐車車両があったため、見通しが悪く、相手車両に接触してしまいました。接触した際、あまり衝撃がなく、お互い怪我もしていないということで、物損事故扱いになりました。そして、過失割合が9:1(私が9割)と決まった途端、相手が1割払わないとゴネだしました。その後、物損事故だったのが、相手が打撲の診断書を提出したため、人身事故扱いになってしまいました。私が言うのもなんですが、ゴネた後にそんな行動に出るということで、どうしても報復的なやり方だと思ってしまいます。

そして、先日実況見分があり、相手は事故に遭う前に私の車を認識しており、出てきそうだと感じていたと警察に言っていました。

それでもやはり、9:1に納得してくれません。私が悪いのは重々承知しておりますが、私の車を認識していたというのであれば、少し過失はあると思うのですが…また、いろいろゴネているので、話がすすみません。相手は妊娠しているということなので、いろいろと不安です。

Aベストアンサー

追伸
示談のためには9:0示談もケースによってはあります。

早期に解決したいなら、あなた次第です。

Q過失割合が10:0ってあり得るのかあり得ないのか

こんばんは!

車同士の事故で過失割合が10:0はあり得ないと聞きますが
あり得ると言う意見も多数聞きます。
1)実際のところどうなのでしょうか?どういう場合に過失割合が10:0になるんですか?

2)片側一車線の道で、普通に制限速度を守って走っていて、
後ろから暴走車が自分の車+50kmの速度で後ろにぶつかった場合の過失割合は?
こういうのは自分も速度を上げない限り逃げられないと思うんです
片側一車線だと車を止めて先に行かせる事もできませんしどうなんでしょう?

Aベストアンサー

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の状態であっても過失責任を取られることなどは法律の趣旨から鑑みてもあってはならないことなのです。

また立体的に交差する道路上方よりガードレールを突き破って落下してきた車を回避することなども到底不可能でありこれも100:0にしなければ社会通念上おかしなことになりますね。

少し極端な例でしたがこれらに近い状況で回避不可能であることが立証されれば過失責任を取られることはありません。
法律とは常識的な感覚に近いものであるべきであまりにも理不尽なことはそのまま通る筈もありません。

ご参考に

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の...続きを読む


人気Q&Aランキング