ウィルスに感染してしまったので
(ちなみに感染したウィルスはPE_MTX.Aというもので、Sorry_about_yesterday.DOC.pifという添付ファイルがメールで送信されてきました。どなたかご存知ですか?)
対ウィルスソフトメーカーのサイトから
復旧ツールをDLしたんですが、これは
MS-DOSモードでしか出来ないらしいんです
(感染したファイルはいつもWindowsが使用中のため)

使用PCはWINDOWS MEなんです。
DOSには疎くって・・・。
MEの起動ディスクでコマンドプロンプトを起動するまでは分かるんですが、コマンドプロンプトで、作業が終わった時にシャットダウン、通常のWINDOWSの再起動のコマンドはどうすればいいんですか?

それと、MEのクリーンインストールの時に備えて
HDのフォーマット、FDISK、パーティションの切り方、スキャンディスク、レジストリチェッカー、ドライブ間のファイルのコピーの仕方などを教えていただけないでしょうか。


MS-DOSとコマンドプロンプトってどう違うんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>>(ちなみに感染したウィルスはPE_MTX.Aというもので、Sorry_about_yesterday.DOC.pifという添付ファイルがメールで送信されてきました。

どなたかご存知ですか?)
MTX系のバックドアです。
基本的には、メールの送信先にウイルスを同報で打つという悪さしかしませんが、悪質な変種がいつ出ないともかぎりませんので、十分お気をつけください。
参考URLに資料を掲げておきました。
Sorry_about_yesterday.DOC.pif以外にも多数の偽装ファイル名を持っていますので、ご注意を。

コマンドプロンプトからの抜け方ですが、DOSはWindowsと違って、ディスクアクセスをしていない限りいつ電源を落としてもかまわない仕様なので、
1.A:\>_ などのプロンプトが表示されている状態で、
2.FDD、HDDともアクセスランプが完全に消灯しているのを確認し、
3.フロッピーを抜き(重要!)、
4.かまわずリセットスイッチを押してください。


>>HDのフォーマット、FDISK、パーティションの切り方、スキャンディスク、レジストリチェッカー、ドライブ間のファイルのコピーの仕方などを教えていただけないでしょうか。
う~ん、これは書くとものすごく長くなっちゃうので…。
いったん締めて、適切な解説ページがあったらまた追加回答でリンクします。

>>MS-DOSとコマンドプロンプトってどう違うんですか?
同じものです。ただ、Windowsの「MS-DOSプロンプト」がWindowsカーネル上でDOSを擬似的に走らせているだけなのに対し、起動ディスクでブートして立ち上がったDOSは100%純粋なDOS(バックグラウンドでWindowsが動いていない)です。

参考URL:http://www.ritsumei.ac.jp/kic/kyokensys/MTX-mm.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ウィルスも完全駆除できましたし、プロンプトからも抜け出せました。


一度にたくさん質問したのに的確に回答してくださって
本当に助かりました。

お礼日時:2001/05/27 00:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMS-DOSプロンプトの勉強

ウェブ上でMS-DOSプロンプトのコマンド等を
勉強するのに最適なサイトがありましたらご紹介ください。
xpのコマンドプロンプトは微妙に仕様がことなるようですが、それについても同様にお薦めがありましたら教えてください。

コマンド一覧が観やすくまとめられているサイトが理想です。

宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

一覧にはなっていませんし、なぜか第1回がリンク切れですが、とってもやさしく解説されたページです。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/from40pc/mit/command02.htm

QMS-DOS プロンプトの終了方法について

OSはMEです。
以前、PCを修理に出す前には(修理に出して
リカバリをしました)、MS-DOS プロンプトを終了する時には
e とだけ入力すれば終了してくれたのですが、修理後は
exit と入力しなければ終了してくれません。

4文字入力するだけですが、手っ取り早く終了させたい時が
あるので、eを入力するだけで終了できるように、設定する
ことは可能なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

メモ帳で、exitと入力してEnterキーで改行します。
e.batのファイル名でc:\windowsホルダに保存します。
(ファイルの種類はすべてのファイル*.*で保存しないとe.bat.txtになってしまいます。)

QMS-DOSプロンプトの印刷

MS DOS プロンプトを印刷する際、画面のままだと黒地に白抜き文字となります。白黒反転さすとかで見やすく印刷する方法、あったら教えて下さい。

Aベストアンサー

http://pasofaq.jp/windows/command/windowcolor.htm

QMS-DOS プロンプトの画面の大きさについて

こんにちは。
WIN MEを使っているのですが、MS-DOS プロンプトを起動して、
全画面表示にした時に画面全体は黒色になるのですが、
表示の部分は中央の部分だけで全然大きくならないので困っています。
どなたか解決する方法を教えていただけないでしょうか?
また、ウインドウの右上の最大化をクリックしてもウインドウが画面いっぱいにな
らないで、
元のサイズよりも少ししか大きくならないので、
これも画面いっぱいにする方法があれば、教えていただきたいです。
どなたかアドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>DOSの解像度が低い事は承知しているので・・・
もしかして会社のディスプレイは液晶ではないですか? それなら参考URLの回答はどうでしょうか。
液晶ディスプレイでも画面いっぱいに表示できるものもありますが、その場合液晶特有のシャープな表現が無くなりぼやけてしまいますのでCADでの利用には注意が必要です。

>JW-CADの高解像度ドライバーを使って見やすい画面になる可能性が…
これはメーカーに問い合わせなければ分かりません。
DOSが標準OSだった頃にDTPなんて言葉が流行りましたが、この当時ではハードウェアメーカーが高解像度ドライバーをそのアプリケーション向けに用意してあったこともあります。 実際にEPSONのPC486MU(Win3.1)ではそういったDOS用ドライバーが最初から付属してましたが、これもWindows用ではなくあくまでDOSのドライバーでした。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=259539

QMS-DOSコマンド

下記の事を実現できる方法をお教え下さい。

(1)ファイルから複数の文字列を取得
(2)取得した文字列を基にファイルを削除

(1)の文字列はファイル名を取得します。

または、2つのディレクトリで共通のファイルを
削除する場合の方法でも結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

#2の補足に対してお答え致します。

> ファイルの中身は単純にファイル名のみです。パスは記述しません。
この場合は、先にカレントディレクトリを対象ファイルが有る場所まで
移動しておけばOKです。

逆に対象パスが固定(例として E:\CSVDATA\ とすると)なら

for /f "tokens=*" %f in (del_list.txt) do del /q E:\CSVDATA\"%f"

のように書いても行けると思います。

先にカレントディレクトリを移動させるなら

cd /d E:\CSVDATA\
for /f "tokens=*" %f in (del_list.txt) do del /q "%f"

の2段階になります。
但し、この場合は del_list.txt の側を見失わないようにパス付きで
書く必要が有るかも知れません。



> あと、終了を示す「*」なども存在しません。
これは、私が書いた例の
≫ C:\TEMP\MYTMP\*
について言ってます?

この書き方は『ワイルドカード』と言って、この例なら C:\TEMP\MYTMP\
の下に有るファイル全部、という意味です。
色々応用が有って、「*.csv」と書けば拡張子「csv」のファイルを全て
という意味になります。

コマンドライン上で使える標準書式なので、覚えておくと後々便利ですよ。

こんばんは。

#2の補足に対してお答え致します。

> ファイルの中身は単純にファイル名のみです。パスは記述しません。
この場合は、先にカレントディレクトリを対象ファイルが有る場所まで
移動しておけばOKです。

逆に対象パスが固定(例として E:\CSVDATA\ とすると)なら

for /f "tokens=*" %f in (del_list.txt) do del /q E:\CSVDATA\"%f"

のように書いても行けると思います。

先にカレントディレクトリを移動させるなら

cd /d E:\CSVDATA\
for /f "tokens=*" %f in (del_lis...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報