昨年12月にガンの手術、ステージIVaでした。
静脈侵襲もあり、放射線療法を受けましたが、今年4月腰椎に転移が見つかり、痛みがひどく、足にしびれもあり、現在は5分くらいなら立ったり、トイレも行けます、座って食事も摂れますが、ほぼ寝たきりです。
現在は外来で抗がん剤治療を受けながら、緩和的なケアに入っており、看護婦さんからも、ご家族の皆さんが悔いの残らないように今の時間を過ごすことが大事だと言われました。。。
msコンチン30mg服用中です。

前置きがながくなりましたが、すべて父の相談です。



ガンの進行とともに、食欲低下(食べることが苦痛)、体重減少が著しく、筋肉も無くなってきてます。


そのような症状は「悪液質」と呼ばれ、適切な栄養管理を行えば症状を抑えることができる、とある所に書いてあり、まさに父は「悪液質」により炎症がすすんできてるのではないかと思いました。

(余命宣告などはまだ受けておりませんが、今年1月に年単位でかんがえていきましょうと言われてます。最近の血液検査でリンパ球4.5でした。)

「悪液質」になるとと、栄養素がどんどん減っていくらしく、

ビタミンB群、
コエンザイムQ10
,亜鉛、
L-カルニチン、
BCAA、
クエン酸、
銅など。

これらを含む栄養機能食品が存在するらしく、


(1)摂取をすすめるかどうか悩んでます。

(2)副作用は考えられますか?、Dr.にうかがってから摂取すべきでしょうか。
(サプリは安いものなら続けられるし、一般に沢山の人が飲んでるからそういう物ならいいという先生で、その商品は栄養機能食品とあり、1日500円程度の費用みたいです)

(3)転移(腰椎、胸鎖関節、心外膜)、心膜播腫ありますが、摂るなら早い方がいいのでしょうか?



4月から急激に痩せ、気力も落ち、寝たきりのままの生活になんと励ませばいいのかおろおろしてる毎日です。これ以上は食べれないし、痩せていく一方だし、もうどうしたらいいのかわかりません。

なんでもいいですのでアドバイスよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして


タイに住んでます。日本にいる友達が乳がんで抗がん剤治療を受けることになり、タイのマンゴスチンの果皮が、がんに効くと知り送ってあげました。友達が言うには、抗がん剤の副作用のほとんどが改善され、とても喜んでました。また、1月から6月まで飲み続けたところ、7センチあったしこりが2センチほどになり、先週手術を受け、ほんの小さな傷ですみました。100パーセント果物のジュースでおいしいです。 試してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

予後は担当医にしっかり聞いて、あなたの考えをまとめてください。

またサプリメントや民間治療にしても、特別有害でないものならば本人や家族の希望があれば可能な限り許可すべき時期であろうと個人的には想像します。担当看護師あるいは担当医に相談してください。
    • good
    • 1

こんにちわ



私の父の時を思い出して涙が出てしまいました。
父の時はDrに大腸癌で余命3ヶ月って宣告されました。
だからと言って家族として何もしないわけにはいかないでしょ?
何とか少しでも長生きして欲しいって色々やりましたよ。
Drによっては患者の家族の医学的要望を拒否することも・・・
例えば丸山ワクチン
http://vaccine.nms.ac.jp/
あんなインチキ物をやっても意味が無い!ってDrに拒否されました。
Drとしてのプライドがあるのかも知れないけど患者の家族の要望を少しでも聞き入れて欲しかったです。
要望を聞き入れてくれてやってみてダメだったら諦めがつくよね。
私の意見を父が同意して丸山ワクチンの書類を先生に見せたんだけどダメ!の一言で拒否でしたからね~
他にラエンネックってプラセンタ注射もDrに拒否されました。
ラエンネックは肝機能障害、慢性肝炎、肝硬変に使われるプラセンタ注射なんですよ。
抗癌剤によって肝機能が弱ってるから少しでもよくしようと考えてDrに言ったんだけどね~
私の医学的知識がDrにとっては癪に障ったのかも?
こんなDrは信用出来ない!って他の病院に転院を考えたんだけど母が遠いから嫌だって・・・
それで思いついたのはDrに隠れてコッソリ飲ませたサプリメントです。
プラセンタ
マルチビタミン等栄養補助剤

外来で通院出来る時は旅行に連れて行ったりして悔いのないようにしました。
3ヶ月過ぎても大丈夫でしたのでやはりサプリメントが効いたのかしら?って思います。
8ヶ月目で父は病院で風邪を罹患されたのか肺炎になって入院
そのご寝たきりになって一時退院してまた入院の繰り返しでしたがやはり肺炎の影響で咳が続いていました。
病院に行くときはマスクしなさいってあれほど言っても父はマスクは嫌だって言うからね・・・
結局余命宣告を受けて1年半で父は他界しました。
私は肺炎が原因って思ってるけどDrは死亡診断書に大腸癌って書いただけですよ。
プライドを捨てて患者の希望、家族の要望を聞き入れて悔いのない人生のサポートをしてくれるDrを見付けることが大事だと思うよ。
総合病院の院長の息子だからって偉そうにするんじゃないわよ!って言いたくなっちゃうし・・・
頭痛がするって言えば風邪だと簡単に診断するバカだからDrの資格は無いと思うし・・・
くも膜下出血を見落とすし、脳腫瘍の疑いがあるのに風邪だと診断するDrなんて信用出来ないよね?
近所の人達はもう近くの総合病院を信用出来なくなって私に何処の病院に行けばいいの?って聞いてくるんです。
頭痛に関しては私は風邪の場合もあるけど脳は一番大事だから頭痛なら脳神経外科に行きなさいってアドバイスしています。

お父様にとって悔いのない人生を送らせてあげて下さいね。
それと家族にとってあれをやればよかった。これをやればよかったのかも?って後悔することのないようにしてくださいね。
少しでも長生き出来るよう祈念いたします。
    • good
    • 2

もう、後1-2ヶ月でしょう、、、。

おどおどせず、落ち着いた時間を過ごせるよう昔話や、葬儀での希望や、自分のものの処分、ソオイウハナシヲする最後の時ですよ。話し合っておくべきでしょう。

あなたは男性、女性、、。もし、女性なら、いつも綺麗な姿でいてあげてください。

今はいかにして、看取り、人生の最後の時期を一緒に過ごすのか、そちらを考えるべきでしょう。

もし、まだ立てるなら、家族の集合写真をとったり、いろいろできることはあるのでは。

今の時を大切にお過ごしください。特養で、毎年、20名くらい、看取っているものより。

宗教がキリスト教ナラ、神父だっけ、カトリックなら、、、、ソオイウヒトヲヨブトカさ。

安らかにお過ごしください、水分は大目が良いでしょう。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帝王切開 腰椎麻酔 硬膜外麻酔 頭痛 髄液漏れ

家内は帝王切開出産で腰椎麻酔と硬膜外麻酔を受けたのですが、五日経っても頭痛は酷くておきられないです。横になると痛くないです。髄液が漏れた可能性がありといわれました。心配で如何すればよいでしょうか?詳しい方は教
えてください。

Aベストアンサー

結論は急がないで下さいね、可能性としてです。

脳脊髄液減少症が疑われますね。
・頑固な頭痛(座ったり・立っていたりすると頭痛がします)
・吐き気
・ふらつき感
・めまい

鎮痛剤はあまり効果がでません。


原因として
硬膜外麻酔で、脊柱管に針を刺す操作を行うと、髄液が穿刺部位の皮下に漏れ発症します。

診断には
問診、立っていたりすると頭痛がする起立性頭痛があれば疑いは強いです。
造影剤つかったMRIや脳槽造影で診断して行きます。


今は初期段階ですから、安静と点滴の治療で様子見るべきかと思います、10日程度で症状が取れる場合もあります。
症状が全く改善しない場合は最終的にはブラッドパッチと言う治療ですかね、帝王切開の為の硬膜外麻酔
ですから、腰ですから、危険もそれ程高く無いですが、よく相談する事です。


可能性の一例です、今は安静にして様子見る事が大事です。

参考に

http://www.ypch.gr.jp/department/neurosurgery/topics07.html

Q小6の息子が腰椎分離症と腰椎すべり症を併発していると言われて***

小学6年生の息子が先週の木曜日に鉄棒から落ちて腰を打ち病院へ行きレントゲンを撮った結果、腰椎分離症&腰椎すべり症と診断されました。
4年生からサッカーを始め、診断前はチームのサッカー練習及びフットサルスクール等でほぼ毎日休むことなく練習をしていました。
診断結果は3ヶ月~6ヶ月間、歩く動作以外は禁止でコルセット着用という事でした。(今すぐ必要ではないがすべり症が進行すれば手術と言う先生もいました。)
息子はサッカーを半年も休む事や今後の不安で酷く落ち込んでいる状態です。この先の見通し(完治はできるのか。)、よい治療法や今の状態でもできる事、今後気をつける事など、どんな事でも良いので詳しい方や経験者の方、教えて下さい。
数件の病院で診察してもらいましたが、どの先生も見解が今後の方針はバラバラで頭が混乱状態です。この先、サッカーを続けていきたいと言う息子にどうしてあげたらベストなのか...良いアドバイスがありましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>3ヶ月~6ヶ月間、歩く動作以外は禁止でコルセット着用という事でした。(今すぐ必要ではないがすべり症が進行すれば手術と言う先生もいました。)

これが正しいと思います。今しっかり治さないと治らなくなります。
これから先の人生も、ずっと腰痛と仲良くしなければなりません。
子供を説得させるのは難しいですが、今無理をすれば将来サッカーが出来なくな
ることよりも大きなものを失います。

まず子供に怪我の説明をして諭してあげましょう。
骨癒合がうまくいけば、将来はまたサッカーできるようになるかもしれません。
お母さんは精神面で支えてあげてください。

Q骨転移、リンパ転移の治療に強い病院を教えてください

岐阜多治見に住んでいる、61歳、男性です。5年前の膀胱がんが骨とリンパに転移しており、現在放射線と化学療法(GC)を受けております。近くで骨転移、リンパ転移に強い病院を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

全くの素人ですが、私は乳がんになったとき、乳がんの症例数の多い病院が治療に慣れているのでは?と考えて今の病院にたどりつきました。
他人事とは思えず、膀胱がんについて調べてみました。

http://hospia.jp/wp/archives/3057/
これによれば、6位、12位 でしょうか?

http://caloo.jp/dpc/disease/368
このサイトだと9位、22位でしょうか?

乳がんではなく他の部位のガンになった知人の話ですが、地方の病院で相当厳しいことを言われ、夫が安易な気持ちで、私の経験から乳がんの症例数の多い病院を教えたところ、知人は地方からはるばるその東京の病院にセカンドオピニオンでかかり、とても気に入られてそのまま素早く手術を受けて、夫は感謝されました。
初めに告知を受けた病院の治療法とかなり違い、病院によってこんなにも違うのか?と驚いていました。

今の時代、セカンドオピニオンは普通だと思いますので、よさげな病院をお探しになられて、トライしてみるのも一つの手ではないでしょうか。
乳がんでは骨転移、リンパ転移していても、かなり長く生きていらっしゃる方もたくさんいますから、あきらめないで頑張ってください。

全くの素人ですが、私は乳がんになったとき、乳がんの症例数の多い病院が治療に慣れているのでは?と考えて今の病院にたどりつきました。
他人事とは思えず、膀胱がんについて調べてみました。

http://hospia.jp/wp/archives/3057/
これによれば、6位、12位 でしょうか?

http://caloo.jp/dpc/disease/368
このサイトだと9位、22位でしょうか?

乳がんではなく他の部位のガンになった知人の話ですが、地方の病院で相当厳しいことを言われ、夫が安易な気持ちで、私の経験から乳がんの症例数の多い病院を...続きを読む

Qガンの転移について 手術が原因でガン細胞が散って転移する可能性は?

ガンの転移について、以前より気になっていたことを質問します。ガンの手術をすれば誰でもいくらかは出血しますが、その時ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?
つまり、手術によってガンの移転を促進するリスクがあるのでは?と昔からぼんやりと思っていたのですが。

Aベストアンサー

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主治医は「実は、そのリスクがあるんです。」との回答でした。結果、私は他の所見からガンの転移の可能性が高かったので細胞診を受けず直接手術を受けた経緯がありました。術後の切除物の病理検査の結果はガンでした。そして散ったかもしれないガン細胞や取り残された小さなガン細胞を排除するために、手術と平行して免疫療法を受け、そのときから6年以上経っている現在でも免疫療法を受けてます。

「検査のための細胞診」や「手術を行う際に微細に散るかも知れないガン細胞」「取り残されるかも知れない微細なガン細胞」を排除するためにも、免疫療法の併用が有効と私は考えてます。尚、免疫療法に関しては、私の過去の回答を参考になるものがあるかも知れません(下記URLはその一例)。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2285689

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主...続きを読む

Qがんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発

がんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発がんより速いのですか。速いのならどれくらい速いのですか。

Aベストアンサー

⇒速いのならどれくらい速いのですか。
患者の免疫が有るか無いかに因るので,これは医者にも誰にも判らない。癌細胞に訊るしかないと思います。。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報