明日提出のレポートでルソーの書いた社会契約論
の感想を書かなくてはいけません。でも何を書けばいいか
分かりません。時間も無い為手も足も出ません。
わかりやすく簡単な言葉でどんなこといっているのか、
どんなことを感想として書けばいいのか
明解な回答をお願いします!!!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私のうろ覚えの知識でよければ・・・。


 まず、社会契約論とはどういう考えかというところからお話しします。中世、ヨーロッパでは国王の力はそれほど強くなく、有力な貴族たちに支えられてようやく王座を守っている状態でした。しかし、国王の側もそれに甘んじてはいませんでした。国王は次第に有力な貴族を滅ぼしたり、取り込んだりして自分の力を強めていき、国王に権力を集中し、国王こそが国家そのものであるという絶対王政という状態を作り上げました。(フランスのルイ14世がその良い例です)すると、国王がなぜ国王でいられるのか、なぜ、国王が国を統治するのか説明する必要に迫られました。そこで、国王の側は「国王は神様から国を統治する権利を授けられたからだ」と説明しました。これを王権神授説といいます。
 しかし、市民の力が強まり、合理的な考え方が市民の間に広まると、王権神授説は市民に受け入れられなくなっていきます。そして、市民の側は自分達で国王はなぜ国を統治する資格があるのかという問題を考えるようになります。そこで、出てきたのが社会契約説という考え方です。これは大昔、人々が平和に生活するために国王の先祖に国を治める権利を譲ったのだという考え方です。この考えを最初に体系化したのが、イギリスのホッブズです。ホッブズは人間は放っておけば互いに殺し合うものだから、国王に国を統治する権利を譲り、代わりに国民が平和に暮らせるように治安の維持を任せたのだと説きました。(「リバイアサン」)ルソーの「社会契約論」はホッブズの「リバイアサン」をさらにすすめて、市民は良い政治を行ってもらうために国王に国を治める権利を譲ったのだから、もし、国王が市民の望む政治をしなければ、国王をやめさせ、新しい政府を作っても良いと主張しました。ルソーが理想としたのは、故郷、スイスのジュネーブで行われていた共和制でした。当然、当時のフランス王国政府はルソーを弾圧しましたが、ルソーの社会契約論は市民の間で読み継がれ、後のフランス革命を起こす原動力となっていきます。
 以上が、ルソーの社会契約論の内容とその意義ですが、どのような感想を書けばよいでしょうか。まず、このレポートを提出した教官の政治信条について考えましょう。まず、教官が右翼ならば、社会契約論は社会の安定を乱す悪書だとののしりましょう。ただし、こういうことはまれです。多分、教官は左翼か常識的な考えの持ち主であることがほとんどだと思いますので、ルソーの社会契約論によって人類は絶対王政のくびきから解放され、今日民主主義の世の中に生きる事が出来た。その意義たるや、永遠に語り継がれるべきであるといったようなことを書いておけばよいのではないでしょうか。
 なお、余計なことですが、私は大学生のときはレポートは提出期限の最低1週間前には書き終えていました。レポートはなるたけ、早めに準備しましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多元論とルソー

政治における多元論とはどのようなものなんでしょう?
ルソーの「社会契約論」と関係あるんでしょうか?

Aベストアンサー

社会契約論を全部読めば、あなたなりの答えが出ます。日本語訳もまともで読みやすいし、ルソーは文章力が高いので、読んでいて、さして苦痛ではありません。

国家の本質である一般意志に、市民の特殊意志や個別意志が反することはありうるし、それをどの程度まで許すかという点に、ポイントがあります。個人は結局、一般意志への服従を強制されるわけですけど。

ドイツ古典哲学は、カントからヘーゲルにいたるまで、「自由とは、一般意志と個別意志が合致した状態である」という、ルソーの思想をそのまま引き継いでいます。これは、ルソーを肯定的に読む人たちの理解の仕方です。

Wikipediaの記事は、逆に否定的なことばかり書いてますね。これはイギリス系の思想家の典型的な思考様式です。まあ、自然法思想そのものが、昨今では流行らないという現状もあるのですが、これだとルソーの偉大さに影響を受けた人々がたくさんいることが、逆に説明がつかなくなってしまいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC

社会契約論を全部読めば、あなたなりの答えが出ます。日本語訳もまともで読みやすいし、ルソーは文章力が高いので、読んでいて、さして苦痛ではありません。

国家の本質である一般意志に、市民の特殊意志や個別意志が反することはありうるし、それをどの程度まで許すかという点に、ポイントがあります。個人は結局、一般意志への服従を強制されるわけですけど。

ドイツ古典哲学は、カントからヘーゲルにいたるまで、「自由とは、一般意志と個別意志が合致した状態である」という、ルソーの思想をそのまま引...続きを読む

Qルソーの社会契約論

ルソーの社会契約論の中で道徳的自由という言葉が出てきますが、「一般意思に従うことによって道徳的自由を得ることが出来る」というのはどういうことなんでしょう?

Aベストアンサー

>For to be driven by appetite alone is slavery, and obedience to the law one has prescribed for oneself is liberty.

ここでは「本能にのみつき動かされる状態は奴隷に等しく、法に従うことは人はみずからを自由にする」って言ってますよね。ここでの法というのはmoralとほぼ同義と理解していい(結構あらっぽく説明していますので、理解の道筋ぐらいに受け取ってくださいね)。

> 道徳的自由とは、つまり共同体が持つ自由、例えば自然状態には存在しなかった「正義、理性、道徳、所有」などによって生じる利点、例えば法律によって他人に自分の権利を侵害させないことなど、と考えていいのでしょうか?

これはちょっとちがう。これはどっちかっていうと、ロックの考えた社会契約に近いです。
ルソーの場合は共同体に対して個人の自由を全面的に譲渡するのです。共同体に属する人々が一人残らず自分の身体と自分の権利を譲渡する。そうすることによって、人は平等になり、団結するようになる。さらに、全員が譲渡することによって、譲渡していないのと実質的には同じことになる(これ、ちょっとわかりにくいかもしれないけど、囚人のジレンマって知ってる?あれを思い浮かべてみてください)。
ここにおいて、共同体=個人となっていく。このように、個人の利益や権利や喜びを全面的に譲渡した結果、共同体の利益が自らの利益、共同体の権利が自らの権利、共同体の喜びが自らの喜びとなる。


> 「自分の欲求のみに従うことは奴隷状態」(自然状態)となっていますが、自らの欲求に縛られている限り自由ではありえない、ということなんでしょうか?

そういうことです。この考え方っていうのは、いまのわたしたちにはちょっとわかりにくいんだけど、ヨーロッパでは伝統的な考え方です。

つまりね、すごく単純化して言うと、動物と人間はどうちがうか。
動物は本能に縛られている(自由がない)。人間は理性によって本能を抑えることができる(自由がある)っていう考え方なわけ。
自由っていうのは、いまのわたしたちだと、たとえば規則からの自由とか、抑圧からの自由とかみたいに考えるでしょ、だけどそうじゃなくて、何よりも、「本能からの自由」っていうことだった。だから、「規則に従って理性的に生きることが自由」という発想が生まれてくるわけ。これは結構押さえておかなきゃならないところです。


> ルソーは「一般意思はこれだ」という正しい答えは一つだけ、のようなことを言っているようなんですが、その一般意思の真偽性は、人数が多いほど、個人が考える「一般意思はこれだ」という全会一致はありえませんよね?

そうですね。
まず、個々人の意志の単なる寄せ集めと一般意志をルソーは分けて考えてるのはいいですね。
一般意志っていうのは、個人が個人として考えているのでは、決して生み出すことができない。そこで、共同体の一員は、誤りのないような一般意志が生み出せるような市民となっていくことが求められるんです。
そこからルソーは教育の必要性ということを考えていきます。
なんかここらへん、おお、啓蒙思想っていう感じですが。

なんとなく話が見えてきました?

>For to be driven by appetite alone is slavery, and obedience to the law one has prescribed for oneself is liberty.

ここでは「本能にのみつき動かされる状態は奴隷に等しく、法に従うことは人はみずからを自由にする」って言ってますよね。ここでの法というのはmoralとほぼ同義と理解していい(結構あらっぽく説明していますので、理解の道筋ぐらいに受け取ってくださいね)。

> 道徳的自由とは、つまり共同体が持つ自由、例えば自然状態には存在しなかった「正義、理性、道徳、所有」などによって...続きを読む

Q実存主義・イギリス経験論・大陸合理論・批判哲学・ドイツ観念論

哲学のテストが今月にありまして、誰にしようかなと思いながら何冊か著作を読みましたがいざ書くとなると何と絡めて書けばいいのかわからず・・・(つまり理解できてない・・・)別のにしようかと思ったのですが、正直時間がありません。

実存主義・イギリス経験論・大陸合理論・批判哲学・ドイツ観念論(マルクス・キルケゴール・マルティン・サルトル・ニーチェ・ヘーゲル・ルソー・ロック・ヒューム・スピノザ・ライプニッツ・カント・パスカルなど等)
の中の哲学者から選ぶのですが、レポートの書きやすい人はいませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒューム

Q運命論、宿命論、決定論の本を探してます。

運命論、宿命論、決定論の本を探してます。書店やネットでは参考になる本が見つかりませんでした。(タイトルだけでは内容が分かりませんでした)。ちょっと分かったことは、あまり考える必要のない分野だとか。そのことも踏まえて本を読んでみようかと思っています。詳しい方いましたら是非教えていただきたいです。おねがいします。

Aベストアンサー

まずは、
Wikipediaの「自由意志」の記述をご覧になってみては。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%84%8F%E5%BF%97

そして、そこに記されている参考文献などを手がかりにしてみては如何がでしょう?

ですが、手っ取り早いところでは、
 中村秀吉 パラドクス 論理分析への招待 中公新書
がよろしいのではないでしょうか。

運命論・決定論などについての記述があり、非常に参考になります。
結構、難しい本ではありますが、それでも、読み物感覚で読むことのできる良書ですよ。

Q「語用論」と「意味論」と「構文論」の違いは?

何となく論理学という学問に興味を持って、書籍を購入して
みたのですが、早速、入口で躓いてしまいました。

具体的には、語用論、意味論、構文論といった用語の
違いが解りませんでした。

厳密な定義よりは、むしろイメージとして、どのような
感じなのかを教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは今から80年ほど前にモリスという人が考えた区別です。
彼は記号論を次の三つの部門に分けました。
構文論:記号と記号の関係を扱う
意味論:記号とその気が差すものとの関係を扱う
語用論:記号とそれを遣う人との関係を扱う

なんだかよく分かりませんね。例を挙げましょう。
構文論は、いわゆる文法です。英語の文法とか、古文の文法とかやりましたよね?
あれです。this と is と a pen の関係を考えるんです。
あるいは「こそ」が来たら、文末は已然形だとか。
数学にもありますよ。3と2と5と+と=を組み合わせて、3+2=5を作るとか。
ま、論理学の構文論はちょっと違いますけど、基本はそういうことです。

意味論は、たとえば、
+とか-ってどういうことだろう、
0とは?
「たら」「れば」という仮定って、どういう意味だろう、
なんてことを考えます。

語用論は、何でそういう意味になるんだろう、ということを考えます。たとえば、
「来ていただけますか?」は疑問文なのに、どうして「依頼」になるんだろう?、とか、
何時か聞いたら、「今、笑っていいともが始まったとこ」といわれた。なぜこが答えになるんだろう、とか、そういうことです。

これは今から80年ほど前にモリスという人が考えた区別です。
彼は記号論を次の三つの部門に分けました。
構文論:記号と記号の関係を扱う
意味論:記号とその気が差すものとの関係を扱う
語用論:記号とそれを遣う人との関係を扱う

なんだかよく分かりませんね。例を挙げましょう。
構文論は、いわゆる文法です。英語の文法とか、古文の文法とかやりましたよね?
あれです。this と is と a pen の関係を考えるんです。
あるいは「こそ」が来たら、文末は已然形だとか。
数学にもありますよ。3と2と5と+と=...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報