銀行預金の預金者の死亡に伴う解約手続きについて、銀行より相続人確定のための書類提出を求められています。法律上、定められた事項なのでしょうか?それとも銀行の内規事項なのでしょうか? 教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法律上定められてはいません。


たとえば奥さんと子供がA・Bがいたとして、Bに知られる事なく
預金が引き出されたとすると、後日Bから訴えられる可能性酢があります。
正当な権利者の確認をしなかったと過失を問われるわけです。
その危険を回避するため、遺産分割協議書とそれぞれの印鑑証明を提出させ、
『相続人全員の合意の上で預金を引出すんですから、後の事は銀行は知り
ませんよ。』という手続きを踏むわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。新聞のコラムに 「150万円程度の金額であれば、葬式費用等の名目扱いで、取り扱い機関によっては書類等が求められる場合があります。」 と、掲載されておりました。喪主ではあれば公文書の提出以外の方法で確認が可能とおもいましたので質問いたしました。

お礼日時:2001/05/26 10:42

内規ですので、書類が揃わないと、相続出来ません。




(銀行法は調べていませんので...)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。銀行法を調べてみたいとおもいます。金額にもよりますが、一律に公文書の提出を求める銀行の姿勢に疑問および抵抗をかんじます。
トラブル回避の手法は他にもあるとおもいます。

お礼日時:2001/05/26 10:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母親死亡に伴う手続き

先月、母を亡くしました。
20年近く前に父を亡くしているので、
死後の役所関係の手続きは、一応心得ているつもりですが、
父の場合、会計士の方にやって頂いたこともあり、
今回最低限、どこの何をすればいいのか、自信がありません。

先月母の埋葬を済ませ、現在お香典返しの準備をしているところで、
事務的な手続きとしては
1.年金停止手続き
2.印鑑証明の取り消し
3.有価証券の名義書き換え
をするつもりで、必要な書類を揃えています。

これでも何か足りないこと、
案外気がつかずにもれていることとかあるでしょうか。
こういうことに詳しい方、又ご経験のある方、教えて下さい。

Aベストアンサー

お寂しい中にも慌しい日々を送られていることと存じます。
金融機関に勤務している立場からと、私自身ここ5年の間に3人の家族を送った経験からお話したいと思います。

我が家では、昨年、同居していた父の姉が亡くなり、父とその弟の2人が法定相続人でした。
死亡後の事務的なこと、相続に関することは、殆ど父が行いました。
素人なのによくやったものだと感心しきりです。

まず、「遺言」の有無は確認されていますよね?
「遺言」が間違いなく無かったのならばいいのですが、稀に、後日発見され、トラブルになった-という事例もありますので。

何人かの回答者の方が書いていらっしゃいます「お母さまの出生から死亡までの戸籍(年配の方の多くは、戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍が必要)」ですが、さまざまの場面で必要となります。
郵便局・農協等の貯金、銀行等の預金、その他有価証券関係、生命保険関係etc.
戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍のいずれも無料ではありませんので、相続の手続きの際には、「コピーではダメか?」と尋ねてみてください。
なかには、「原本をお借りして、こちらでコピーをとる-ということならばOKです。」というところもありました(この手段を利用するとコピー代も節約できます)。

亡くなられたのが先月-とのことですので既に遅いとは思いますが、「死亡診断書」もコピーを取っておかれるとよかったのですが…。
病院によっては、病院の様式での死亡診断書が1通2,000円、それ以外の書式(金融機関指定のものなど)ですと1通3,000円程度必要な場合があります。
これもコピーで済む場合がありますし、場合によっては、死亡届用紙の右側にある死亡診断書のコピーで済んでしまう場合もあるんです。

郵便局・農協等の貯金や銀行等の預金については、だいたいこのようなものが必要です。
・故人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍
・相続人全員の戸籍謄本(抄本で済む場合も多いです)
・相続人全員の住民票
・遺産分割協議書、遺言書
・相続人全員の印鑑証明書
・委任状
・故人名義の通帳・キャッシュカード
・代表相続人選任届(金融機関所定の用紙)
・死亡届(金融機関所定の用紙)
・相続手続依頼書(金融機関所定の用紙)

相続人が複数いる場合は、その人数分だけ大変です。
しかも、(相続人の)住民票、印鑑証明、戸籍謄(抄)本は、3か月以内に発行されたものでないと有効と認められませんので、バタバタしている間に期限が切れてしまうこともありますのでご注意ください。

お母さまの取引先金融機関および取引内容を全てご存知ならばいいのですが、そうでないと大変です。
金融機関によっては、「○○が亡くなったのですが、そちらとはお取引はあったでしょうか?」と(相続人連名で)尋ねても、教えてくれない金融機関もあります。
預貯金は、死亡時で「利息」も含めて残高を「確定」させなければなりませんので、必ず「死亡日現在(=相続確定時)」の「残高証明書」を取ってください。

また、有価証券については、名義の書替えの前に「遺産分割協議」が必要となります。
勝手に書替えはできません。
さらに、相続税の関係で「時価」の算出も必要となります。
はっきり言って、これは素人には難しいので、これまた証券会社等に依頼することになります。

お寂しい中にも慌しい日々を送られていることと存じます。
金融機関に勤務している立場からと、私自身ここ5年の間に3人の家族を送った経験からお話したいと思います。

我が家では、昨年、同居していた父の姉が亡くなり、父とその弟の2人が法定相続人でした。
死亡後の事務的なこと、相続に関することは、殆ど父が行いました。
素人なのによくやったものだと感心しきりです。

まず、「遺言」の有無は確認されていますよね?
「遺言」が間違いなく無かったのならばいいのですが、稀に、後日発見され、...続きを読む

Q高等学校に提出する書類で、一部足りない書類があり、担当の事務室の先生から、連絡がありました。後日、娘

高等学校に提出する書類で、一部足りない書類があり、担当の事務室の先生から、連絡がありました。後日、娘に封筒に入れて持たせてやりますが、封筒に何か一言書くのにマナーとしてなんて書いた方がいいですか?

Aベストアンサー

封筒には何も書かなくていいのではないかと思いますが
メモ的な走りがとかを添えるのであれば

お手数料かけました
よろしくお願いします
と書けばいかがでしょう

Q死亡した人の預金口座は封鎖されますか

数年前父が亡くなった時、家族はすぐにお金をおろさないとおろせなくなるといっていました。
時々そうゆう話を耳にします。
しかし本当にそんなことがあるのでしょうか
死亡届をだして、市から各銀行に情報がながれ、口座が止められるなど大掛かりなことが
本当に行われているのでしょうか
教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本当です。

故人の預金は「遺産」になり、相続人で分割せねばなりませんので、誰かが勝手に引き出して自分だけのものにしてしまうのを防ぐ意味があります。
(凍結後は、相続人全員の相違がないと、凍結解除し預金の引き出しをする事ができなくなる)
また、相続には税がかかりますので、相続税の支払いの関係もあります。
ただ、自治体から金融機関に情報を流すということはまずありません。

では何故死亡を知られるのか?というと、
1)大手企業の役員等、高額預金のある方については、銀行の担当者が新聞の死亡欄をチェックしている
2)田舎では、ご近所の世間話や葬儀の案内等で知る事がある
3)遺族から死亡の申し出があった時
などです。

ちなみに、当面の生活費や葬儀費用等の少額でしたら、凍結後も一定の手続きをすればひきだせます。
(金融機関により、手続き方法は異なります)
また、相続税を払いたくないからと、銀行に故人の死亡が知られる前にお金を全てひきだしてしまっても、税務署の調査が入れば、
危篤時/死亡後に預金を引き出した記録は残っていますので、相続税はとられます。

Q冠婚葬祭の互助会契約者がすでに死亡しているときの解約方法教えてください

冠婚葬祭の互助会契約者がすでに死亡しているときの解約方法教えてください。

Aベストアンサー

契約者死亡ということで互助会のほうに解約を申し出れば手続きできることです。ただちょっと待ってください。

互助会の契約ですが、契約満了の状態であれば親族であっても利用できるはずであり、中途であっても月々の掛け金自体も大きなものではないはずです。もし貴方様のほうで他に互助会に入っていないということであれば引き継ぐことが可能であるかどうか確認されてみてもいいのではないかと思います。満了になればその証書は親兄弟、祖父母、孫にまで使えるものです。

恐らくは解約の際に互助会側からもそのようなお話がこられるのではないかと思います。
今一度本当に利用する価値がないのかどうか、よくご確認されてからどうするかをお考えになったほうがよろしいかと存じます。ただその互助会が嫌いだということであれば仕方のないことですけど、中途解約であるならば生命保険等と違って戻り金は一銭もないからなんです。ある意味もったいないことです。

ご事情があるのでしょうから解約をすることに反対はいたしませんが、ご自身が後々後悔されないような方法をお考えになっていただきたいと考えます。

Q本人死亡と銀行口座凍結

小生、まだ死んではいませんが、家族の生活のことを考えて、色々調べています。
死亡届が受理されると、銀行口座が程なく凍結される。ということは、
公共料金の支払いも滞ってしまうと考えます。
事態の推移は、もう決まっていると思います。
 銀行口座凍結ーー>未払いーー>電気ガス水道ストップーー>
  契約口座の切り替えーー>電気ガス水道復旧
普通で、考えれば、こんなものと考えます(最悪のケース)

でも、何か、方法があるかと思います。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

数年前に親父が亡くなりましたが、銀行口座が凍結される事はありませんでした、何年経ってもそのままでした。
税務署には死亡した時点での相続を自己申告するするだけで、特に銀行の証明書は添付しませんでした。
従って銀行に通知しない限り口座が凍結される事はないと思います。市役所や区役所が銀行に通知する事もないと思います、ご安心下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報