相撲で、塩をまくのは、なぜですか。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

相撲はもともと神事だったため、


取り組みの前に清めの塩がまかれます。
大一番の時などはより多くまかれたりするみたいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大一番の前に
多くまかれるとは知りませんでした。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/05/25 23:06

下記URLに答えがあります。



「取り組み前に身を清め、正々堂々と戦うことを誓う儀式として、江戸時代
から始まった習わし」だそうです。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arusio/shio5. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
今度は、清めの塩 について
質問しようと思います。
清めの砂糖じゃないのはなぜ って
いうのは いちゃもん ですか。
他愛も無い質問に
ご回答いただき 
どうもありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2001/05/25 23:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ力士は何度も塩をまくのか?

 塩を無駄にするな!なにいったりきたりしとんねん!はよやらんかい!」と思っているホモサピエンスの一人なのですが、なぜああものんびりとしているのでしょう?競技全体時間を長引かせるための時間稼ぎなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。

先日、舞の海氏の講演会があり、そこでもやっぱりその話が出ました。

儀式としての意味合いはほかの方が書かれているので別の話を・・・

相撲って、NHKで中継していますよね?その中継は6時ジャストで終わらなければならない。少しの調整なら注目の取り組みのVTRなり、解説陣の話でつなげる、しかし、時間があまり過ぎると困る。というわけで、あの塩撒きの時間で調整していると言っていました。

つまり、競技時間全体を長引かるため、正解のようです。

Q大相撲と相撲の違いを教えて下さい。

大相撲は興行・・?

神事・・?

スポーツ・・?

????

教えて下さい。

Aベストアンサー

どうもこんにちは!


一般的に言えば、「大相撲」とは財団法人日本相撲協会が運営し、商業的に行われる職業相撲のことでアマチュア相撲とは区別されるものです。

現状の「大相撲」は日本の国技とされるのが慣例(現在、日本政府が正式に国技と認められている競技はない)で、日本伝統の神事に根差すものと言われており、単なるスポーツと言うよりも、「神事をベースにした伝統文化」と捉える向きもあるようです。
http://tsukapon.blog.ocn.ne.jp/tsukablo/2007/08/post_cbfd.html

「大相撲」の興業は、年間で6場所、奇数月に行われている「本場所」の他にも、地方巡業や海外公演、海外巡業などが実施されています。
また、「大相撲」の競技者を力士といいますが、アマチュア相撲の競技者の場合は力士とは呼びません。


ご参考まで

参考URL:http://www.sumo.or.jp/

Q大真面目な質問です。相撲はなぜオリンピック大会に競技申請しないのでしょ

大真面目な質問です。相撲はなぜオリンピック大会に競技申請しないのでしょうか?

カーリングとかスポーツというよりもゲーム的要素の強い競技ですら
オリンピックの競技に採用されています。

また、テコンドウなんかも長年申請してきてオリンピック競技として
採用されました。

コツコツと時間をかけて申請すると他の競技との兼ね合いでバーター取引とかも含めて
案外採択されるものだと思うとります。

相撲はいまや日本の国技というよりも国際競技になっています。
アジア(モンゴル)アメリカ(ハワイ)ヨーロッパ(ブルガリア)など
世界中でとても盛んな競技です。

なぜ相撲はオリンピックに申請しないのでしょうか?
そうした取り組みからやらないとメダルは増えないと思うとります。
欧米人は、その辺の策略が上手いと思います。
みならいたいと思いますよ。

Aベストアンサー

 申請しているという現状に対しては、#2さんの引用通りです。
実際、JOCの役員には日本相撲連盟の田中氏も名を連ねています。

 次に採用される可能性ですが、世界的な競技人口の少なさが最大の
ネックでしょう。あと、柔道やテコンドーが正式採用されたのは、
日本や韓国が開催国になったからという経緯があります。

 今でこそ柔道が五輪競技なのは当たり前という感覚ですが、実は
1964年の東京五輪が初の正式採用で、しかも68年のメキシコ五輪では
開催されていません。72年のミュンヘンから復活したのは、欧州で
柔道が大きく普及したからです。

 テコンドーはもちろんソウル五輪で初採用されました。空手より
なぜテコンドーが先なのかと疑問に思う日本人は多いのですが、
これは統括団体の問題です。オリンピック憲章は、統括団体が
単一であることを求めています。テコンドーは韓国系のWTFと
北朝鮮系のITFが両立していましたが、日本でも基本的にWTFに
一本化され、それが突破口となりました。

 いっぽうで空手など柔道以外の武道・格闘技はすべて、複数の
団体が乱立しています。全日本空手道連盟が最大の統括団体である
いっぽうで、極真空手が世界的に普及しているなど、五輪競技として
採用されるには障害が多いのが現実です。

 相撲はその点、国際相撲連盟が機能しているので心配ないのですが、
やはり競技人口がネックです。また、五輪自体が運営のコンパクト化を
目指しており、格闘技で新しい競技が採用される可能性はかなり低いと
いう残念な現実もあります。柔道の階級も減らされるかもしれません。

 申請しているという現状に対しては、#2さんの引用通りです。
実際、JOCの役員には日本相撲連盟の田中氏も名を連ねています。

 次に採用される可能性ですが、世界的な競技人口の少なさが最大の
ネックでしょう。あと、柔道やテコンドーが正式採用されたのは、
日本や韓国が開催国になったからという経緯があります。

 今でこそ柔道が五輪競技なのは当たり前という感覚ですが、実は
1964年の東京五輪が初の正式採用で、しかも68年のメキシコ五輪では
開催されていません。72年のミュンヘンから...続きを読む

Qなぜ相撲の朝青龍が1月24日(初場所14日目)の取り組みで、史上最多27本の懸賞がかかったのか

なぜ相撲の朝青龍が1月24日(初場所14日目)の取り組みで、史上最多27本の懸賞がかかったのか

貴乃花がいなくなり
相撲の人気は明らかに落ち目であることは
両国国技館の空席の多さでも明らかですが
では何故、そんなに注目のカードでもなかったはずのこの取り組みで、史上最多27本の懸賞がかかったのですか。
教えてください。

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

大相撲の懸賞は、「個人」ではできず、「団体」で行うことになっています。

また、「1団体」が、1場所に「かける」懸賞は、5本以上必要だったと記憶しています。(記憶誤りかもしれません、しかし、1本や2本ではありません。)

今回の1件は、千秋楽ちかくまで、かけるべき取り組みを探していた、「団体」が、その取り組み以上に、かけるべき、「取り組み」がなかった、という、消極的な理由でしょう。

Q国技館での大相撲。マス席の土産について教えてください。

国技館の椅子席で大相撲を観戦をしたことがある者です。
その時にマス席のお客さんが紙袋に入ったお土産を持っておられました。
「マス席に付いてるのだろうか」と思っていたのですが
マス席でもお持ちじゃない人もいます。

あれは、どういうシステムになっているのでしょうか。

何やらお土産を手渡すブースみたいな所も複数ありまして。
それぞれ違う物を配っていたりして。どうも謎です。
次回の観戦はマス席で、できれば土産なども貰ってみたいと思ってるのですが
招待じゃないと無理だったりするのでしょうか。
ご存じの方がおられましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国技館の場合だと、お土産を渡しているのは相撲サービス会社のブースです、まあ、昔の言葉では相撲茶屋です。

で、一般にはここを等して購入することになりますが、その場合、枡席は飲食とお土産が付きますが、溜まり(砂被り)は飲食禁止なのでお土産だけです。

どこの茶屋でも似たような土産になります、つきあいがあるような常連は別ですが、いきなり茶屋に行くより、プレイガイドなどを経由して購入というのが一般的でしょう。
券には茶屋の番号が印刷されており、入場したら先ず茶屋に行って券を見せて、土産物の引換券を貰い、席に案内して貰います。
飲食(追加等)は案内人が応対してくれます。ちょっと心付けを渡すと扱いが違いますね。溜まりだったら、案内だけなので渡さないでよいかも。

なお、どうせなら、早い時間に言って、溜まりが空いていれば座ってみるのもいいかもしれません。ここに座る方はほとんど常連か招待ですから、早い時間から来ることはなく、事実上黙認です。その席(というか、座布団だな)の人が来たらどく、十両くらいになったら自分の席に戻れば問題ありません。近くで見る相撲は迫力が全く違いますよ。

国技館の場合だと、お土産を渡しているのは相撲サービス会社のブースです、まあ、昔の言葉では相撲茶屋です。

で、一般にはここを等して購入することになりますが、その場合、枡席は飲食とお土産が付きますが、溜まり(砂被り)は飲食禁止なのでお土産だけです。

どこの茶屋でも似たような土産になります、つきあいがあるような常連は別ですが、いきなり茶屋に行くより、プレイガイドなどを経由して購入というのが一般的でしょう。
券には茶屋の番号が印刷されており、入場したら先ず茶屋に行って券を見せて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報