12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

2013年5月9日に「ハーグ条約」衆院を通過しました。

北朝鮮に拉致だなんだと言っていた日本国内で
やっている事が北朝鮮と変わらない事だと思ってたので
ようやく、重い腰を動かし始めたかと、嬉しくもあります。

ですが、ハーグ条約通過に対し、国内法の整備とだけ書かれており
ネットなどで調査はしましたが、その内容が一切載っていない状況です。

自分が見つけきれないだけなのかもしれませんが。。。

自分も親権の無い親として、元嫁の勝手な感情や都合で
子供との交流を断絶されたり、苦しい思いをしていますので
国内法の整備内容には、とても関心があります。

共同親権や養育費は、子供にとっての当たり前な、法律として
100歩譲っても、面会交流の方での確立は、整備内容に有って欲しい
と思っているので、確認をしたいのです。

参考サイトや、内容をご存知の方、いらっしゃいましたら
良ければ、詳しく教えて頂きたく存じます。

どうぞお力添えの程宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

「国内法の整備」は、あくまでハーグ条約を加盟するのに必要な法整備に過ぎません。


ハーグ条約は国際結婚についてのみの条約ですから、国内での結婚については直接的には関係ありません。

ただ国内法よりも条約が優先されなければなりませんから、今後何らかの影響はあるかも知れません。
面会交流の支援もハーグ条約に含まれることですし。
    • good
    • 0

すべての内容は


http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/
ここからたどれます。
たとえば提出された法律案は
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00122.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング