『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

最近競馬が好きでテレビで中継を見たり、たまに競馬場へ見に行くようになりました。
ギャンブル的な意味でなく、馬を見るのが楽しくて競馬が好きになったのですが、
基本的な競馬ファンなら知っている常識や、過去に活躍した馬の事などが知りたいです。
そこで、そういった競馬について知る事の出来る本があれば教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自分も同じで、ギャンブル目的ではなく


2年前から馬が好き、競馬観戦が楽しくて楽しんでいるタイプです。
ので同じような状況かなぁと思って回答してみます。

用語は気になった時にネットで検索するのもいいですし
フジテレビワンの「武豊TV」ではレースを解説やジョッキーのトークが楽しめます。
(これでかなり調教師や騎手の名前とか、ジョッキーのズボンの下の事情とかの豆知識は仕入れました)
早いレースの中でよく見てもわからないようなことも
スロー再生で開設されることで、動きと用語が頭の中できちんと結びついてくれました。
理解してくると、普通にレースを見ていても見えてきたりしますね。
ケーブルに入っていなくてもネットからも有料視聴できます。
ゲストの方の過去に触れるうえで過去の競馬や名馬の話も出たりしますし。

武豊さんのオフィシャルサイトで初心者向けのコラムも掲載されていますね。

図書館やブックオフなどで馬や調教について書かれた本も結構ありますよ。
名鑑的なものはレースに賭ける人たちの資料集的な感じですが
馬の伝記みたいなものとか、ジョッキーのエッセイもありますし。
レンタルビデオ店に行くと、競馬のコーナーがあって
ある馬のビデオとかも置いてあったりします(サイレンススズカとかはどの店にもあるような…)

なんだかんだで気になる名前や調教師、事件を見つけたら
ネットで検索→そのことを知る、の繰り返しで覚えていきました。

動画でも片っ端から競馬関係のものを見ました

wikipediaなどでもちょっとしたことを調べていると
その件に関わる馬の名前などが出てくるのでそのままネットサーフィンしていくと
昔の名馬、珍事件などの情報も入ってくるという感じです。

サラブレッドの起源や武家と日本競馬のつながりとかも調べると面白いなぁと思います

情報としては古いと思いますが「じゃじゃ馬グルーミングUP」という
生産牧場を描いた漫画も、賭博目的ではない方には楽しめると思います。


「みんなの名馬読本」とかもエッセイ式で読みやすいなと思います。

私は珍事も大好きでレース中に隣の人にかみついた馬がいるとか
そういう話とかから珍事件サーフィンしてしまったりもします。
    • good
    • 0

こんにちは。



自分も馬好きです。

昨日も、北海道の苫小牧から馬産地の、日高、浦河を通って、
道東に帰ってきました。

ネットでも色々調べられますよ。
例えば、
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%97%A5% …

本なら、「種牡馬辞典」とか、
活躍した馬で無いと種牡馬にはなれませんから、

後は、「競馬の血統学」、血のロマンを感じます。

変わったところでは、「競馬・馬の見方がわかる本」ですね。
    • good
    • 0

用語は覚えると良いと思いますが、結局利用どころは馬券対策なんで聞いた(見た)時にググる程度で間に合うと思います。



過去の名馬についてはたくさんの書籍が出ていますので、本屋さんで手に取って目次などを見て競走馬について書いてる本を漁るといいと思います。漫画もいくつかあります。

優駿は雑誌なので、現在を知るには良い雑誌だと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。



月刊『優駿』はいかがでしょう?
過去のレースや現在のレースの事を書いていたり、
DVDで過去の名馬を観る事が出来ます。
金額は700円です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング