最近SFを好きになり、いくつか読んでいるのですが、オススメはありますでしょうか?
あまり最近の作家ではSFは興味がないので、有名ドコロの基礎編的な小説を読みたいと思っています。
(日本の作家は筒井康隆、星新一、小松左京あたりは子供の頃いくつか読んだので海外作家で)
ちなみに最近読んだのは

・アンドロイドは電気羊の夢をみるか?
・1984
・アルジャーノンに花束を
・華氏451

などです。他にもいくつか読みましたが、アーサー・C・クラークやロバート・A・ハイラインなどの超鉄板はまだ読んでいません。
(上記も十分鉄板ですが…)
元々ハードボイルドが苦手だったのですが、冒険小説自体は好きなのでこれからはいろんなSFを読みたいと思っております。

何か「これを読め!」という本はありますでしょうか?
好みとしては上記の中ではダントツで「アルジャーノン」が好きです。(人生で読んだ中でもベスト5に入るくらい)
本屋で気になった本としては「月は無慈悲な夜の女王」と「虎よ、虎よ!」です。(聞いたことのあるかつあらすじが面白そうだったので)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

とは 人工知能」に関するQ&A: 技術的特異点とは人間の限界を人工知能が超えるからその先どうなるかは人間にはわからない とゆうことでし

A 回答 (9件)

質問者さんが最近読んだ4作、私も以前読みました。


どれもなかなか良い作品ですよね。

『虎よ、虎よ!』は面白かっけれど、『月は無慈悲な夜の女王』は私にはイマイチでした(ハインラインは1950年代以前の作品が私の好みです)。

それはさておき、下記サイト
 「SF本の雑誌・SFオールタイムベスト100版」 http://sf.lovelove.jp/ATB/trial.cgi
はきっと参考になると思います。
そこに挙げられているベスト100作品ならどれでも間違いないでしょう。

なお上記ベスト100の中から海外古典SFということで私のオススメなのは、
・ 『中継ステーション』C.シマック
・ 『レンズマン・シリーズ』E.E.スミス
・ 『幼年期の終わり』A.C.クラーク
・ 『タイム・マシン』H.G.ウェルズ
あたりですが、好みは人それぞれなので、ご自分で探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私が気になった本についてもご感想ありがとうございます!
「虎よ、虎よ!」は面白かったということでとりあえずこちらは読んでみたいと思います。
ハイラインは多いので悩みますね。

紹介頂いたサイト、いいですね!
幼年期の終わり、タイム・マシンは評価も高いし王道なので読みたいです。
あと実家に(母が学生時代SF好きで)「星を継ぐもの」「火星年代記」などはあった記憶があるので、こちらも実家に帰った際はチェックしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/31 13:31

 「SF本の雑誌・SFオールタイムベスト100」を上げておられる方がいましたが、あのベストは正直言って少々ひねったマニアックな作品が多く、必ずしも初心者には勧め難いものがあります。



 昨年、アメリカのSF雑誌「ローカス」がアンケートで20世紀及び21世紀SFのベストを選んでいますが、こちらの方がオーソドックスで参考になると思います。

http://d.hatena.ne.jp/akito0526/20121224/p1

 ただ、アメリカ人が選んだ作品ということで日本人とは感覚が違うようで、日本では大変に人気の高いハインラインの『夏への扉』が下位に沈むなど、日本人のベストとは違う点もありますが、ベスト10くらいに関しては日本人の目から見ても文句なしの名作がズラリと並んでいると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
サイトのご紹介ありがとうございます。こちらもいいですね!
さすがに私でも知った作品がズラリですが、何故かベスト5の方よりそれ以下の方が知ってる作品が多かったですが…
基本的には確かに一般向けがいいんですが、私としてはマニア受けも一般受けもするバック・トゥ・ザ・フューチャーのような作品がいいなーと思っていたので、比べられていいですね!
(どっちにもある作品が多かったですが)
とりあえず夏への扉はやっぱ日本だと評価高いようで楽しみにしております。
ありがとうございました!

お礼日時:2013/06/02 10:18

まだ、他の方が挙げられていないようなので…


アーシュラ・k・ル・グウィンの「闇の左手」を、おすすめします。この人の作品は、アニメ化された「ゲド戦記」をはじめ、存在感のある、極めて寓意性の強い、独自の世界を描き出しています。思考実験というか、一種のシミュレーション小説と言うか、読めば必ず自分自身に向かって問いかけずにいられなくなるような作風です。短編ですが、現在「風の十二方位」に収録されている、「オメラスから歩み去る人々」もお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ゲド戦記の原作者ということですが、SFも書かれているんですね。
あらすじを見たらSFファンタジーという感じでしょうか。
とりあえずはコテコテのSFを読んでみようと思っていますので、SFに慣れてきたら読んでみたいと思います!
アイデンティティの確立みたいなのがテーマなのは好きですので。
ご推奨ありがとうございました!

お礼日時:2013/06/02 10:07

海外ものでクラークとハインライン以外をあげると、



・「ヴォルコシガン・サガ(名誉のかけらなど)」 ビジョルド著
・「ノウンスペースシリーズ(リングワールドなど)」 ニーヴン著
・「人類補完機構シリーズ(ノーストリリアなど)」 コードウェイナー・スミス著
・「巨人たちの星シリーズ(星を継ぐものなど)」 ホーガン著
・「小鼠シリーズ(小鼠ニューヨークを侵略など)」 ウィバリー著
・「高い城の男」 ディック著
・「火星年代記」 ブラッドベリ著

ハインラインは全部いいんですが、アルジャーノンがお好きなら、まずは「愛に時間を」、「夏への扉」、「地球の緑の丘」あたりがいいかも。
「夏への扉」は山下達郎が歌にしていますね。
「地球の緑の丘」も泣けます。そうそう、「地球の緑の丘」が日本で翻訳出版された5年後、こういう歌が流行りました。

こんにちはこんにちは 月へ宇宙へ
こんにちはこんにちは 地球を飛び出す
こんにちはこんにちは 世界の夢が
こんにちはこんにちは 緑の丘で
1970年のこんにちは
こんにちはこんにちは 握手をしよう

偶然なのかインスパイヤされたのか、40年間ずーっと悩んでいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
意外とシリーズものが多いんですね。
適当に読むとうっかりシリーズ途中から読んじゃいそうです…
夏への扉は他の方も上げて下さっているしあらすじも好きそうなので読みたいと思っております。
ありがとうございます!

お礼日時:2013/06/01 01:38

ハインラインの長編なら、安直ですが『夏への扉』を推します。


何となく、タイトル的に今の季節にもあっていますし。。入手も簡単と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
安直で構いません!
むしろ奇をてらった作品より、超王道の作品をとりあえず読みたいと思っておりますので。
「夏への扉」、あらすじ読みましたが素晴らしいですね!
私はタイムパラドックスものもすごく好きなので、楽しく読めそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/01 00:53

ハインラインといえばコレでしょうw



・「宇宙の戦士」
未来の宇宙戦争を描いた降下猟兵の部隊で成長していく若者の物語。
スターシップトルーパーズ(原題)として映画化されていますが、内容はまるで違います。発表当時のアメリカでも右過ぎる作品として物議を巻き起こしたようですが、実にアメリカ人らしい視点の作品だと自分などは思いましたが。
この作品で登場したパワードスーツが、アニメの機動戦士ガンダムなどに大いに影響を与えたのは有名な話です。

他にもお薦めしたいのは、アイザック・アシモフのロボットシリーズです。
・「われはロボット」
人工知能として自律して行動できる高度な思考を持つロボット脳が完成して以降、人類の生活は大いに変化したのだが、そのロボットの起こす不可解な事件を検証するという作品です。
有名な“ロボット三原則”はココから生まれたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なんとスターシップ・トゥルーパーズに原作があったんですね!
実はこの映画、私の長年の間のトラウマだったんですがこの間10年以上ぶりくらいに見なおしたら意外と平気で、当時見えなかったことが色々と見えました。
まあバーホーベン色が強い映画なので、原作は全く違うであろうことは察せられますが。
原作もハイラインということで読んでみたいと思います。

「われはロボット」
やっぱ定番ですよね!とりあえずハイライン、アシモフ、クラーク、HGウェルズあたりは一冊ずつは読もうと思っていたのでこれは読みます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/31 13:42

トム・ゴドウィン「冷たい方程式」、短編だがSF史に残る作品、早川から出ている同名短編集の旧版がお勧めなんですが、入手しにくいと思うので、新版の方で


http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/1 …

エドモンド・ハミルトン「フェッセンデンの宇宙」、同名短編集に収載
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309463780/

あとはクラークの初期作品とアシモフのロボットもの
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
実はジャンルに関係なく長編の方が好きなので(星新一とかは別ですが)短編は長編をひと通り見てからにしようかと思っていたのですが、紹介いただいた本はいろんな作家の短編が載っているんですね!
まだ全然作家の傾向を知らない私にはちょうどいいなと思ったので、図書館で借りてみようかと思います。(図書館のほうが古いのがありそうなので)
ありがとうございました!

お礼日時:2013/05/31 12:53

大学でSF研に所属している方から、入門として渡された作品です


少々娯楽向けなのが難点ではありますが

・フリーゾーン大混戦
・ヴァレリア・ファイル
・戦闘妖精雪風

個人的にコレといえば以下の二点です
SFって面白いんだと再確認しました

・われはロボット
・リングワールド
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
申し訳ありません、上3つに関しては読むのは色んな意味で無理そうです…
今回は古典かつ海外作家というのもありますが、元々活字でドタバタコメディが好きではなく、ライトノベルの類が読めないのです。(おそらく上記もそういったジャンルですよね?)
映像で見る分には良いのですが…

「われはロボット」は読まなきゃいけないなと思っておりました!
やはりSFといえばこれが王道ですよね。中身も面白いということなので、ぜひ読んでみたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2013/05/31 12:41

「地球の長い午後」ブライアン・W・オールディス


「銀河ヒッチハイク・ガイド」ダグラス・アダムス
「スローターハウス5」カート・ヴォネガット

短編集ですが
「人間の手がまだ触れない」ロバート シェクリイ
「9百人のお祖母さん」R・A・ラファティ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
実は「銀河ヒッチハイクガイド」は映画を見て気に入っていたこともあって、すごく悩んでおりました。
ただコメディ?を活字で読むことや、ブリティッシュジョークに少し苦手意識がありWikipediaまで読んでどうするか考えていました。
「スローターハウス5」はあらすじ読みましたが、根底に哲学があるという意味では私好みっぽくて良さそうです!
でもとりあえずは「銀河ヒッチハイクガイド」を一巻だけ読もうかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/05/31 12:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q海外翻訳モノのサスペンスorミステリ小説のオススメを

翻訳モノのサイコサスペンスあるいはミステリのオススメを教えてください。
特に「犯人は誰かっ!?」ってヤツ(フーダニットって言うのかしら?)じゃなくても良いです。
毛色として好みは

・ジェフリー・ディーヴァー(展開の良さと詳細の描写が好み)
・アリスン・ブレナン(登場人物の心情描写が好み)
・ジャン・バーク(淡々とした文章だが気づいたら引き込まれる文章が好み)
・パトリシア・コーンウェル(検死官シリーズのみ読んでます。「黒蠅」まで…汗)
・J・D・ロブ(登場人物のキャラが好み。ブラックユーモアの小ネタに笑えて好み)

以上です。
他にも単発モノも読みます。ミステリと言うよりはサイコサスペンスの方が好きなのかもしれません。
(ディーヴァーのスリーピングドールはサイコサスペンスとは言わないかな!?でもすごく好きです)

どなたか指向が一緒の方がいらしたら、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

“サスペンスの詩人”と称される米国の1900年代中期の著名なサスペンス作家ウィリアム・アイリッシュ(別名コーネル・ウールリッチ)の作品などどうでしょうか
・幻の女 ハヤカワ・ミステリ文庫
 日本でも江戸川乱歩らの高評価により高い知名度のある作品
・喪服のランデヴー ハヤカワ・ミステリ文庫  
 NKHでTVドラマ化、放映された作品
・裏窓 創元推理文庫
 アルフレッド・ヒッチコック監督により映画かされた短編作品

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q夏に読むのにオススメな小説

夏に読むのにオススメな小説

夏に読むのにオススメな小説を教えて下さい!長さは短編集~中編位で(長編は例えどんなにオススメでも、読みきる自信・気力がないです;)、ハッピーエンド・読後感が爽やかな感じのモノが希望です。

一応、夏を扱っていたり、夏を感じる様なモノとしては、

・夏のこどもたち
・夏の庭
・キッドナップツアー
・ぼくらのサイテーの夏
・サイドカーに犬
・西の魔女が死んだ
・すいかの匂い

以上は既読です。
割と、子供達が主役で爽やかな感じの雰囲気のモノ(ぼくらのサイテーの夏等…)が特に好みかも知れないです。後は、ちょっと変わった特徴的な人物(サイドカーに犬の洋子さん等)が出てきたりするモノ等も好みです。

ぜひ皆様のオススメを教えて下さい!ご回答お願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは☆

○五十嵐貴久「2005年のロケットボーイズ」
理系とありますが、主人公が理系音痴なので理系が苦手でも大丈夫です。
工業高校に通う落ちこぼれ達が小型人工衛星(キューブサット)を作る事になってしまった奮闘記。

○小路幸也「僕たちの旅の話をしよう」
不思議な能力を持った3人の小学生が主人公。ある日3人はそれぞれ、手紙の付いた赤い風船を拾う。
風船と手紙の送り主に会いに行くお話。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Qこの時間SF小説のタイトルが知りたい

おそらくハヤカワ文庫だったと思うのですが、こんな内容の話だったと思います。

主人公は、歴史・時間を管理し、より良い世界を作るために必要とあらば改変を
ほどこす組織の一員。(彼らは時間も空間も超越した場所に居て改変の影響は受けない)

感情を乱さず改変作業を進める主人公だが、ある時、改変の結果消滅してしまう世界の
女性に恋してしまい、悩んだ結果彼はその女性を自分たちのいる組織に連れてきてしまう・・・

といった感じです。主人公は過去の歴史の勉強をさせられてたり
偏屈な博士みたいな人が出てきたような気がします。

もう一度読みたいのですがタイトルが全く思い出せません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アシモフの
「The End of Eternity」(永遠の終わり)が似てるかな。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q大昔のSF小説で鏡面加工した宇宙船で太陽突入した作品

もう四半世紀前に書店でパラパラと斜め読みした 確か早川文庫だったようですが ? 太陽の中に人類以上の知的生命体がいるって仮説に基づいて表面が鏡面加工されてポッドで突入したSFがあったと思うのですが、続きが読みたくても題名が思い出せず難儀しております 多分廃刊でしょうから入手は困難かと思いますがせめて題名だけでも知りたいのでお知りのかたがおられたら何卒お教えください よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

デイヴィッド・ブリンの知性化シリーズの第一巻「サンダイバー」ではないでしょうか。

ダグラス・アダムスの「宇宙の果てのレストラン」にも太陽にダイヴする宇宙船が出てきたと思うけど、内容的には「サンダイバー」かなと。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報