AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

最近 SULの6ftロッドと 1000番のスピニングを購入して
近くの渓流へ向かって釣りを開始しました。

しかし渓流でのミノーの使い方がよくわかりませんでした。


かなり上流の方で、川幅はそんなにないのですが、ミノーを使用して偶然1匹釣ったものの
はっきり言ってよくわかりません。

どこに投げるのかがまずわかりませんでした。

上流の方に向かって投げるのが基本と見たのですが、投げても川の勢いで
ミノーがきちんと泳いでくれません。ちょっと巻けばすぐに戻ってきます。

下流に投げても川の勢いで 一応泳いでるのですが 滝登り状態でこれでいいのか??

横になげても 結局は下流の方に流され、??? です。


川でのミノーの使い方教えてください。


沼や 海では 流される事がそんなになく、川の流れがあると使い方がよくわかりませんでした。

A 回答 (2件)

>どこに投げるのかがまずわかりませんでした。



それでは釣りになりませんよ。
地域性や季節ごと、渓相などで
何処に魚が定位するのかどういうところで餌を待つのか
ということは
ビギナー本でも買って
一通り最低限の知識は学んでくださいよ。
こんな所で得る断片的な知識では
その信憑性も担保されませんし
理論が繋がらないでしょう。

> 1000番のスピニングを購入して

1000番を選んだ根拠は何ですかね?
アップクロスでのキャスティングで
流速より早く巻いて
ルアーを泳がせようとすれば
それなりの巻上げ長さが必要なので
リール選択する際にはスプールサイズや最大巻き上げ量は
チェックしないと使えないリールを買ってしまいますよ。

ロッドの選択にしても
パラボリックなアクションのロッドでは
ロッドがたわんでしまってミノーをピッピッと動かすことは
難しいのでタックルはルアーとの組み合わせになりますね。
    • good
    • 2

■川の基本


ルアー(ここではミノー)は、川下から斜め川上に向かって投げてアクションするようにリールで巻き取ります。基本は、魚が見えたら止めては魚はほとんどバイトし(食い)ません。魚はアクションするものにバイトします。

流れがあると、ほど良くアクションするのは真横ですが、川下側に流されても綺麗にアクションするようにゆっくり巻きます。
もちろんルアーにとって水の向きがかわるので速度調整が必要です。見ながら練習。

斜め川上に投げたら、最初はかなり速く巻かないとリップに抵抗がなくてアクションしません。徐々に流されて横になったらそこはほどよいアクションになります。これはルアーの構造上仕方ないことです。早巻きリールがいいのはこういう理由です。

魚がいるポイントは、底に隠れる石などストラクチャーがあるところです。
しかし、このポイントは、あまり絞らないほうがいいです。隠れている時間帯もあればエサを狙う時間帯もあるからです。
そこは経験値です。時に、浅くて緩い瀬や、淵尻で、予想外のポイントで、でかいのが釣れますが、これはエサを狙っていたから。

深いところを探るにはスプーンがいいですが、ミノーでやるなら竿の先を水中に入れで巻くとつれることもあります。


■警戒心
どんな場合でも、警戒心をもたれないで、ルアーがアクションしているなら来ます。
(魚の警戒心ですが、効率的ではありませんか、1時間同じ場所に立ってルアーやって釣れたこともあります。)

ルアーの滝登り状態で釣れるのは、水量がおおくて白波状態で自分が隠れることができる場合や、すこし濁りがあったり、薄暗いなど警戒心を気にしなくてもよいときだけと思いましょう。

■激流のイメージ
激流でのルアーは流れの緩い場所を探して、ほんの短い距離で勝負。

■横方向のイメージ
深いて広い淵尻の駆け上がりで、9cmくらいのミノーを横方向に投げて早巻きするとアクションして、32cmくらい魚がルアーを翻弄するようにジグザグ泳いで追いかけてガツンと食います。
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雨の日の渓流釣りって釣れるんですか?

釣りを一度しかしたことが無い釣り初心者です、
釣りデビューは解禁直後河津川で、ボウズだったあげく川に落ち、
糸や針を木や岩に根掛かりさせまくって、退場を覚悟したほどセンスが無いです。
でもやはり上手くなりたい、お魚とりたい。
下手でも回数を積んでコツを覚えたいのですが、会社員の性か休日は限られています。雨を理由に釣りを休みたく無いのですが釣れないのなら意味はありません。
雨の日というのはそもそも釣れるのでしょうか?
ちなみに自宅からそう遠く無い同志、丹沢付近でやるつもりです。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を混ぜたような色…便宜上これを“抹茶ミルク色”と呼びます…の時は過半数の人が「釣れる」と言います。
概して「釣れる」という人は警戒心が解けたトラウト相手に良い思いをした経験からそういうもので、実際私も濁りは大歓迎です。雨が降れば雨音で足音をある程度消してくれる、薄暗いのでこちらの姿がサカナに見切られにくくなる、などのメリットも考えられます。

ただ渓流を手竿で攻めるとなれば 晴れの日より薄暗い=目印が見づらくなる=釣りづらい となるのでデメリットもあります。それなりの対策も必要になりますね。

老婆心ながら道志・丹沢(去年まで私のホームグラウンドでした)ですと雨や濁り以前に”根こそぎ”で釣れないという悲しい現実が…年寄りエサ釣りをしている人が大多数ですが、20cm未満であれもう10尾以上釣っているのであれ、「釣れたものは俺のモノ」とばかりに持ち帰ってしまいます。私と私の仲間うちではこういった貧しい心の釣り人を「ハイエナ」「貧乏人」「ヒョットコ」とバカにしています。特に道志川ではキャッチ&リリースが廃止され魚影が極端に少なくなっています。
釣果を上げるのも釣り人としての腕ですが、まずはサカナに“愛”を持って接して行くことが21世紀の釣り師への第一歩だと思います。せめて「家族が食べる以上は持ち帰らない」愛に満ちたスマートな釣りを心がけたいものですね。

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を...続きを読む

Qスピナーで大物はかかりますか?

今までミノーでしか渓流釣りをしたことがなかったのですが試しにスピナーを使ってみるとミノーに無反応(または追うだけで喰わない)だったヤマメやイワナが盛んに喰いつくことを身をもって実感しました。今回の経験は初めて入った川なので大物の目安はわかりませんが15-23cmがよく釣れました。

そんなこともあり仮に大物もスピナーを追うことがわかればスピナーだけ持っていけば渓流では十分という考えも成立するかなと思っています。ミノーだけだとアタリ自体が貴重でボウズも珍しくありませんし単価が高いので。

試しにスプーンも投入するとミノーよりは遥かに反応がいいこともわかりました。

以上のことから渓流で使うルアーでミノー・スプーン・スピナーの使い分けについて教えてください。

※ミノーで釣る面白さは十分にわかりますので「使い分け」の考え方を教えてください

Aベストアンサー

スピナー愛好者です。

渓流に限らず、湖などでも大物が釣れますよ^^

まず、渓流の場合ほとんどの方はスプーンかミノーだと思います。

しかし、スプーンやミノーに擦れた魚を相手にする場合にはスピナーはとても有効なルアーです。

実際に私が経験したのはスプーンには若干反応はあるものの、ミノーには見向きもしない。
そこでスピナーを通すと1発で食ってくると言う状況がよくあります。

またアップストリームやアップクロスの場合はミノーやスプーンに分があるものの、ダウンクロスやダウンストリームで使う場合にはスローに引いても水流の影響でブレードがしっかり回転するのでアピール力は強くなります。

スプーンの場合浮いてきてしまう事が多々あるため私はこのように使っています。

したがってあくまで私個人の使い分けですが、アップストリームやアップクロスの場合はスプーン、ミノーをメインに。

クロス、ダウンクロスの場合はミノー、スピナーをメインに。

ダウンストリームの場合はスピナーメインと言う具合に使い分けています。

さらに付け加えるならばその時の状況によっては上記の使い分けも変化しますので質問者様も色々試してみてください。

最後に、俺がスピナーで釣った過去最高の大きさは、栃木県塩谷町にある東古屋湖と言うところで釣ったヤシオマス73cmが過去最高です。

スピナー愛好者です。

渓流に限らず、湖などでも大物が釣れますよ^^

まず、渓流の場合ほとんどの方はスプーンかミノーだと思います。

しかし、スプーンやミノーに擦れた魚を相手にする場合にはスピナーはとても有効なルアーです。

実際に私が経験したのはスプーンには若干反応はあるものの、ミノーには見向きもしない。
そこでスピナーを通すと1発で食ってくると言う状況がよくあります。

またアップストリームやアップクロスの場合はミノーやスプーンに分があるものの、ダウンクロスやダウンストリームで...続きを読む

Q水深のある釣り場でのトラウトルアーフィッシング

最近湖でも釣りをするようになりました。今までは渓流や本流だったのでそれほど水深はそれほどはありませんでしたが湖だと水深が10mを超えるところもありレンジに悩むようになりました。対象魚はネイティブのブラウン、レインボー、イワナ、ヒメマスなどです。

昔聞いた話では「トラウトは同じレンジで泳ぐものの後をつける習性があるからなるべく同じレンジを引く練習をした方がいい」だったのでそのようにしてきました。私はミノーが好きなのですが、さすがに10mの水深を泳ぐものはありません。仕方なくジグミノーを沈めてから引いています。

ところが釣り場で知り合った人の言葉を聞いて自分のやり方に自信が持てなくなりました。この人は私よりもよく釣れる人です。

曰く「フローティングとディープダイバーで十分。やる気のあるヤツは下から見上げて上に向けて食ってくる」。

10mの水深があってサカナのいるレンジが不明な時、ルアーは何をどのように使えばいいでしょうか?ジグミノーの時は秒針を見ながらカウントダウンはしていますが、巻き始めるとすぐに浮いてきているような感覚があり、これまた自信が持てないでいます。

最近湖でも釣りをするようになりました。今までは渓流や本流だったのでそれほど水深はそれほどはありませんでしたが湖だと水深が10mを超えるところもありレンジに悩むようになりました。対象魚はネイティブのブラウン、レインボー、イワナ、ヒメマスなどです。

昔聞いた話では「トラウトは同じレンジで泳ぐものの後をつける習性があるからなるべく同じレンジを引く練習をした方がいい」だったのでそのようにしてきました。私はミノーが好きなのですが、さすがに10mの水深を泳ぐものはありません。仕方なく...続きを読む

Aベストアンサー

質問文の中に話の筋道を混乱させるセンテンスが多いので皆さん見当違いの回答が多いのでは。

まず貴方より釣れると言う人の「フローティングとディープダイバーで十分」という台詞。
放置したら浮いてしまうルアーで水深10mを引くことは物理的に出来ません。これが一つ目の矛盾。
おそらくその人は水深10mなど初めから狙っていないのでしょう。手持ちのルアーで探れる領域から魚を引き出しているだけだと思います。

さて、質問者様はその台詞を聞いて自分の好きなフローティングミノーでも水深10mに居る魚を引っ張り出せると思った事、これも物理的に無理です。これが2つめの矛盾。

水深の深い湖で魚の居る泳層を探るのは簡単ではありません。川とは違うので当然です。そこをまず認識してください。

ただ、難しいとは言っても方法はあります。
そのひとつが適当に泳層のアタリをつけてルアーを引っ張るという方法。
間違ってはいませんが順番が違います。

・ルアーを引く前に水中の地形を地上の地形から推測する。
・水温を計る。
・魚探があるなら、または人に聞けるならベイトフィッシュの泳層をチェックする、釣れた状況情報を聞き出す。
・釣りの常識に照らして今の時間帯に魚がどの辺にいるか大雑把に推測する。

これらを経て魚のいそうなポイント・泳層を絞ったら、初めてその泳層を引けるルアーを引きます。

その後は魚の反応を見てリトリーブスピード、ルアーの色、プラグ・スプーン・スピナーなどの種類を変えつつ魚の反応を見ていくのです。

もっとも、魚も生き物ですから、ポイント取り・リトリーブ・ルアーのチョイスが正しくても食って来ない場合だってありますから。あまり杓子定規に10回通したけど釣れない、なにかおかしい。とか、あんまり神経質にならないことです。

魚釣りはTVゲームではないのです。

質問文の中に話の筋道を混乱させるセンテンスが多いので皆さん見当違いの回答が多いのでは。

まず貴方より釣れると言う人の「フローティングとディープダイバーで十分」という台詞。
放置したら浮いてしまうルアーで水深10mを引くことは物理的に出来ません。これが一つ目の矛盾。
おそらくその人は水深10mなど初めから狙っていないのでしょう。手持ちのルアーで探れる領域から魚を引き出しているだけだと思います。

さて、質問者様はその台詞を聞いて自分の好きなフローティングミノーでも水深10...続きを読む

Q渓流ルアーフィッシングで

渓流ルアーフィッシングを初めて間もない初心者です。バス釣りも経験が無く、ルアー自体初めてです。
渓流ルアーフィッシングで幾つか分からない点があるのですが、教えて頂けないでしょうか。
・ルアーの巻き方なのですが、バス釣りのように何かアクションを加えながら巻いてくるのでしょうか?それとも、一定のスピードで巻くのでしょうか?(ロッドを煽ると、自分めがけてルアーが飛んで来きます)
・淵や瀬など色々なポイントがありますが、場所によってスプーンやミノーは使い分けるのでしょうか。瀬でスプーンを使うと直ぐに根掛りし、ミノーは流れに負け沈みません・・・。
・ルアーが底から30cmになるように意識しながら巻いていますが、狙う水深はこれで合っているのでしょうか?
・他にも何かコツやアドバイスがあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私的(偏見的?)なアドバイスをさせて頂きます。

まず、渓流ルアーフィッシングにおいて、
魚に出会う為に最も重要なのはキャスティングの精度だと思います。
「いい加減に投げて、適当にリトリーブしたら、何となく釣れちゃった」
・・初めのうちはこれでも良いとは思いますが、
ある程度経験を積んで、川の流れや魚の着き場所が判ってくる来ると、
"釣れちゃった"という事に満足出来なくなって来るはずです。
何はともあれ、まずはキャスティング精度の向上を努力してみてください。
目安でいうと、普通に20歩位歩いた距離の洗面器に、
10回投げて7回位は入れたいものです。
基本はオーバーヘッドキャストですが、利点が無いので渓流ではほとんど使いません。
サイドハンド、バックハンド、ピッチング…この3種類をマスターすることをオススメします。

ルアーの選択ですが、背中の色の見やすいフローティングミノーがよろしいかと思います。
理由は、キャスティング時の飛空軌道が見やすいので慣れてくると軌道修正がし易いのと、
リトリーブ中のミノーが見えるので軌道コントロールがし易いのと、
表層を引いた方が、魚のバイトが見られるので集中し易く、
結果的として初心者には魚の着き場や捕食ポイントを知るのに都合が良いからです。
つまりは逆の理由でスプーンやウエイトのあるシンキングミノーはオススメしません。

質問文を読むと「ルアーを沈めた方が良い」と思っておられるのでしょうか?
確かにそれが正解の時もありますが、7~8月は表層狙いと思って間違いありません。

>ミノーは流れに負け沈みません・・
これは多分トゥルーチューンが出来てないからです。
ミノーはパッケージを開けてそのまま使えるものはほとんど無いです。
池や沼などの止水でチューニングしてからの使用をオススメします。
方法は・・ラインに結んで普通に投げて引いてみて下さい。
大概のミノーは左右どちらかに傾いて戻ってくるはずです。
ペンチなどを利用して、傾く方向と逆の方向にラインアイを曲げてください。
(この辺の事は初心者向けの本やHPを参考にして下さい)
ほんの少し曲げても逆に傾いてしまうモノが多いので、微妙な調節が必要です。
リールの番手にもよりますが、1500番クラスのリールでフルパワーで巻いても
水面から飛び出さない様なら完璧です。
逆に幾ら調節しても飛び出してしまうようなミノーは、
渓流初心者用に適さないか、不良品なので使わないのが賢明かと思います。
特にこだわりが無いのであれば「シュガーミノー50F」あたりをオススメします。

次にリトリーブ方法ですが、下手にアクションをつける位なら
全くアクションをつけない方が釣れますので、
初めはとにかく狙ったポイントに打って、
コンスタントに魚を引き出せる様に努力してみて下さい。

しつこい様ですが、まずはキャスティング。
そして、小さくても良いから出来るだけ多くの魚を掛けて経験を積んでみて下さい。
それによって見えてくることは、ココで質問するよりも
遥かに多くのことをあなたにお教えてくれるはず…

以上、参考になれば幸いです。

私的(偏見的?)なアドバイスをさせて頂きます。

まず、渓流ルアーフィッシングにおいて、
魚に出会う為に最も重要なのはキャスティングの精度だと思います。
「いい加減に投げて、適当にリトリーブしたら、何となく釣れちゃった」
・・初めのうちはこれでも良いとは思いますが、
ある程度経験を積んで、川の流れや魚の着き場所が判ってくる来ると、
"釣れちゃった"という事に満足出来なくなって来るはずです。
何はともあれ、まずはキャスティング精度の向上を努力してみてください。
目安でいうと、...続きを読む

Qトラウトをバラしてしまいます。コツをおしえてくださ

フッキング後、手前3mくらいまで引き寄せた際、よくバラしてしまいます。
理由はわかりませんが、ロッドの持ち方や、引き寄せ方にコツはあるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問からはわかりませんが、たぶんルアーでのことでしょう。
ルアー前提でお話しします。

魚が掛かり手前3mくらいまでは寄せる事が出来るのですから
フックは問題なしと思います。

リールの巻き上げが速度が早いかな。
ルアーの場合、魚に対してライン等が強いため早く巻きすぎる傾向になります。
グイグイ寄せると、魚が疲れないまま寄ってきます、結果として水面近くで大暴れしてフックが外れます。
魚の引きを楽しみながら寄せましょう。

それと、魚が近くに寄ってくると、慎重にと思いロッドの先が下がるか、魚の方に向いていませんか?
ロッドは常に曲げて竿のしなりを有効に使いましょう。

ロッドエンドを腕に当ててリールを巻くと楽ですし、ロッドの先が下がるのを防げます。

Q渓流ルアーでオススメのリールを教えてください!

今、アブのカーディナルの1、2年前のモデルを使っているのですが、ほんとひどいので新しいのが欲しいです。
ラインをよくスプールに巻きこんでいちいちドラグを外さないと取れないので。。何かとトラブルが多いです。

(1)渓流でもスプールの径が大きいほうが糸のクセがつきにくいらしいですがどうでしょうか?
(2)あとシマノはよくないと聞きましたがどうでしょう?
まあ好みもあると思いますが、1万円以下でトラブルが少ないものが欲しいです。
(3)見た目的にカーディナルの古いやつの復刻も使いたいのですが、左ハンドルがどうしても慣れません。右ハンドルのカーディナルってないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

順序良く返答しますと…
(1)⇒スプールの系が大きいほうが確実に糸癖はつきにくくなる、というより外周が大きいのだから糸癖も大きな輪になる。だからいつまでも古いラインを巻きっぱなしにしておいては結局糸クセに悩まされる、というわけ。飛距離を出すにはスプールは大きいほうが有利。
(2)⇒最近のシマノさんはちょっと息切れしているのか、以前に比べて個体差が見受けられるようになっています。が、ABUのように新製品がでてから1~5年はトラブル対応で改良のネタを集める、という手法は取り入れていないので格段に使いやすいです。実際シマノの製品トラブルは交通事故に遭うより確率が低いしバックアップ体制は万全で迅速ですから気にならないでしょう。お勧めはアルテグラ2000ですね。
(3)⇒ABUはスウェーデンのメーカーで北米市場を最優先に作っています。北米やヨーロッパではリールは左ハンドルが基準である上に日本人ほど右利き・左利きは気にしていません(元ビートルズのポール・マッカートニーは中学生くらいの時ギターを持って初めて『あ!俺左利きなんだ!』と気づいたとか)。稀に海外のABUで左利き専用のリールがあるそうですが、インチ基準のパーツを使っているのでインチ基準の工具が入手できないのであればお勧めしません。本体の入手自体難しいですしね。

カーディナルやミッチェルやペンのリールは現在の基準よりラインを短く巻いておくのがトラブルを避ける基本、それでもスプールに噛んでしまうので「雰囲気を楽しむもの」「トラブルも味のうち」と考えるものです。早い話クラシック・カーに乗るようなものでトラブルも楽しむようなのんびりした釣りで使うのが一番付き合いやすいでしょう。これをメインとすると…少々ストレスが溜まりますのでシマノやダイワのリールをまず買って、クルマで言えば普段乗りと特別乗りと使い分けるのがうまく付き合うコツです。
またカーディナルにナイロンやフロロを巻くとスプール軸にかんだ際キンク(折れ傷)となってライン切れの原因となります。しなやかなPEやファイヤーラインなどを巻いておくことをお勧めします…もちろんスプールの半分くらいまで巻くのが基本です(アブやミッチェルなどの古いデザインに限る)。

どうも、釣りバカです。

順序良く返答しますと…
(1)⇒スプールの系が大きいほうが確実に糸癖はつきにくくなる、というより外周が大きいのだから糸癖も大きな輪になる。だからいつまでも古いラインを巻きっぱなしにしておいては結局糸クセに悩まされる、というわけ。飛距離を出すにはスプールは大きいほうが有利。
(2)⇒最近のシマノさんはちょっと息切れしているのか、以前に比べて個体差が見受けられるようになっています。が、ABUのように新製品がでてから1~5年はトラブル対応で改良のネタを集め...続きを読む

Qルアーでニジマス&ヤマメ・・・・自分は釣れない!

はじめまして。

 私は神奈川に住んでいるのでニジマスやヤマメを釣りに芦ノ湖や丹沢(管理釣り場)によく行きます。
 ルアーで挑戦しているのですが、そのとき思うのは「あの人は釣れてるのに!」ということです。
管理釣り場では大抵なんとか2~3匹は釣れるのですがお隣を見ると次々と釣り上げている!なんてことがよくあります。
芦ノ湖にいたっては釣果0なんてこともよくあります。
 当然私のようにほとんど釣れない方も見かけるんですが、一方バンバン釣ってる方もいて・・・
 釣りをする方であればこういった経験はあるんじゃないでしょうか?

そこで、ズバリ!
ルアーでマス、ヤマメを釣るときにはどういったことに気をつければ沢山釣れるんでしょうか?コツやお勧めルアーなど是非教えてください。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

魚の食い気をそそらないと ルアーではまず釣れないと思ってきましょう
 餌は食い気をその餌が演出して食わせてくれますが、ルアーは釣り人の考えや動きがすべてですよね
 「それはわかっている」っと言われるかも知れませんが、こういった疑問が頭に浮かぶと言うことは、まだまだ知り得ないいろいろなものがあると言うことです

 まずあげられるのが 色、サイズ、重さ、アクション、深さ、ポイント と大まかに言えばこういったところでしょう
 さて釣れないときにどれをまず、気にしますか?
 自分のパターンはほぼ ほとんど同じと思って間違いないと思います
 よく釣れないときのことを考えてみましょう
  釣れないから何をしたんでしょ?
 何が言いたいかというと、質問者様の行動が釣れない方程式をなぞっているのではないかと言うことです

 一度釣れないと思ったとき何を最初にしたかをなにかに書き込めておくとかしてみてはどうでしょう
 私が書いた物を並べて まずこれから 次にこれといった感じでパターンを変えてみてはどうでしょうか

 最後にちょっとヒント
 ルアーの大きさはほぼ同じで良いはず、動きもだいたい隣の釣れている方のルアーを見ると盗めますよね
 でも釣れない・・・ わかります?何が盗めないか
 それは見えないところにヒントがあります
  その土地の水温 気温 天気 時間 これで変化せざる終えない魚の習性 
 それは泳ぎに無理のかからない場所 わかりますか?
  そう深さです 
 面白いことに、魚は深さをすごく気にします
  たかだか2cm深く沈めたり表面をねらったりするだけで ちゃんと食いついてくるのです そこを見極める それこそ釣りが面白と言えるところです
 一度やってみてください 色も黄色 赤 緑 金 銀なんてのも大丈夫です 深場から浅瀬までねらえるルアーを用意して 再チャレンジしてみてください きっと何かつかめると思いますよ

魚の食い気をそそらないと ルアーではまず釣れないと思ってきましょう
 餌は食い気をその餌が演出して食わせてくれますが、ルアーは釣り人の考えや動きがすべてですよね
 「それはわかっている」っと言われるかも知れませんが、こういった疑問が頭に浮かぶと言うことは、まだまだ知り得ないいろいろなものがあると言うことです

 まずあげられるのが 色、サイズ、重さ、アクション、深さ、ポイント と大まかに言えばこういったところでしょう
 さて釣れないときにどれをまず、気にしますか?
 自分...続きを読む

Q管理釣り場でのPEラインとリーダーの結び方

前の質問が言葉不足だったので再質問です。

管理釣り場でトラウトを対象に釣りをしています。
今はナイロンライン直結で釣りをしていますが、マイクロスプーンや縦釣りの場合、敏感に当たりをとりたい場合は、PEライン+リーダーで釣りをする人がいると聞きます。

自分は今までPEラインや、リーダーを結ぶような釣りをしたことが無くどのように結ぶのかがわかりません。

スプーンは1g前後のものがメインの場合、どのような構成になるのでしょうか?

・PEラインの太さ(lbまたは号数)
・リーダーの種類(フライのリーダーで良いのか?またはその太さ)
・PEラインとリーダーを結ぶためのノット
・リーダーの長さ

その他必要なことなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

PEすなわちポリエチレンのラインはまるっきり伸びないラインなので引っ張られたらそのままロッドまで力が伝わる、アタリがあったらどんなに微弱なアタリでも手元までショックが伝わる、というわけ。さらにPEは吸水率がゼロと言う事で劣化が遅い、一旦巻いてしまえば半年や1年は使えてしまうというのも大きな特徴です。ここまでは釣り雑誌の特集記事レベルの話。

その他の利点としてはシルクラインのようにとてもしなやかだということ。しなやかだから巻き癖がつきにくいと言う事もありますが、1970年代にナイロンラインが開発されるまでは高価な絹を三つ編みにして(それ以前のラインは馬の尻尾の毛など)釣り用のラインを作っていたので、その当時に作られていたアブやミッチェルなどのクラシック・リール(カーディナル33等)との相性がとてもよろしいのです。
反面デメリットとして静電気を帯電しやすい縒り糸なので水面に浮いているゴミがよく絡む、引っ張られる力には強いが擦れや根ズレなどの横からの力には弱いのでラインに傷がつくと「パーン!」とあっけなく切れてしまいます。さらに表面がとても滑らか過ぎてラインを結んでも徐々にほどけてしまうので、接着剤を使用するかラインの先端をライターなどで炙ってコブを作って対応しないとすっぽ抜けます。

PEでリーダーをつける最大の目的はデメリットである「すっぽ抜けを防ぐ」「突然のラインブレイクを防ぐ」事が最大の目的です。残念ながら3ポンドだろうが2ポンドだろうが0.1ポンドだろうが、サカナにはラインは丸見えです。ラインを細くする目的は「どうだ、俺は2ポンドで60cmのトラウトを釣り上げたぜ!」と釣技の限界点を更新する(自己満足を満たす)事だったり、水の流れに影響を受けないようにするためだったりします。川に家の柱に使う角材と割り箸を突き刺すと柱に使う角材のほうがより水の抵抗を多く受けるでしょ?ラインでも太いより細いほうが流れの抵抗を受けずにルアーを引っ張ってこられる、というわけ。

釣技の限界点を更新するのであればラインはどんどん細くなって当然ですが、最初は1号のPEをメインに組み立てるとトラブルが少なくてよろしいでしょう。ゲーム・フィッシングの真髄は「己の釣技を磨く事」なので徐々に細くしていくのも構いませんが、リーダーが細いのですから最初はそんなに目くじら立てる必要もないでしょう。
リーダーの種類は、まずは扱いやすいナイロンラインがよろしいでしょう。フライ用のティペットでも構いませんが、アユの友釣り用ラインの次に高価な部類なので結構リッチな人の選択かも…基本的には銀鱗のような安価なハリスやルアー用のナイロンラインで充分です。もちろん「俺はフロロのほうが良い」であればフロロでもよろしいでしょう。尚フライ用のリーダーと言うとテーパーのついたラインになり、より高価になる反面使用する意味はまるでないのでよほどお金が唸るほど余っている人以外には無用の長物と言えるでしょう。
リーダーの太さは、まずは3ポンド前後で試してみるとよろしいでしょう…もちろんここもゲームフィッシングの真髄を追及していけばもっと細くなっていきますが、様子伺いを考慮すると最初は管理釣場でのナイロンの標準的な太さを選択するとよろしいでしょう。
結束(ノット)ですが、コレが少々厄介で電車結びでもオルブライトノットでもサージョンズでも良いはずなんですがすっぽ抜けるというデメリットを考えると結び目のPE側先端はライターで炙ってコブを作るかアロンアルファなどで固着する必要があります。お勧めなのが
http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm
↑ラインの結び目に塗る事を目的に作られたUVグルーは硬化してもゴムのように柔らかいのでとてもよろしい。ノットの段差もコレで緩和できますしね。
そしてリーダーの長さですが、頻繁にルアーを交換するスナップを使用しない人であれば、リーダーをちょん切ってルアー交換するわけですから、ひとヒロ(両方の手の人差し指でラインをつまんで両腕を横いっぱいに広げた長さ…その人の身長と比例する)~矢引き(片方の手の人差し指でラインをつまんで腕を伸ばし、鎖骨の真ん中あたりまで広げた長さ…その人の身長の半分と比例する)は欲しい所です。実際に釣りをしていると細かくちょん切って徐々に短くなってしまいますからね。スナップ等を使用する場合は矢引き~20cmもあれば充分です。

うっかりミスの典型としてドラグ調整があります…「PEを使ってるから、強いラインだから」とPE基準でドラグを締めてしまうオッチョコチョイが結構いますが、勝負の場所はリーダーにあるので結局ナイロンラインを巻いた時のドラグ調整と同じになるのです。
という事で「結構面倒臭い割にナイロンラインと同じセッティングかよ」となるので個人的にはアブやミッチェルなどのインナースプールのクラシック・リール以外ではナイロンを使っています。所詮釣堀の肥満マスが相手だし、結び目の段差がない分快適にキャストできるし、何より安いのでナイロンラインで充分、と戻ってしまいました。もちろん経験は宝、なので色々試してください。試すことは楽しいですからね。

どうも、釣りバカです。

PEすなわちポリエチレンのラインはまるっきり伸びないラインなので引っ張られたらそのままロッドまで力が伝わる、アタリがあったらどんなに微弱なアタリでも手元までショックが伝わる、というわけ。さらにPEは吸水率がゼロと言う事で劣化が遅い、一旦巻いてしまえば半年や1年は使えてしまうというのも大きな特徴です。ここまでは釣り雑誌の特集記事レベルの話。

その他の利点としてはシルクラインのようにとてもしなやかだということ。しなやかだから巻き癖がつきにくいと言う...続きを読む

Q渓流のプラッギングに適したロッド

渓流のプラッギングに適したロッドとはどんな条件をそなえたロッドなのでしょう?

それをお答えいただいた上でおすすめのロッドをご紹介ください。

追加のご質問ですが、渓流のプラッギングに適したロッドは湖のトラウトでも適しているでしょうか?
これは最近のULを振ってみた感想からの質問なのですが。

Aベストアンサー

>シンキングミノーのヒット率が最も高く
巻けば泳ぐのでただ巻きでも釣れる。
>そんな大きなスプーンで釣るものなのでしょうか?
5gと15gのスプーンのサイズは変わりませんよ。
厚さが違うだけなので。重量が欲しくて2枚重ねする人もいますが
それが釣果に結びついているのかは不明です。
>じゃあシンキングミノーに適したロッドが欲しいな、と思ったのが始まりでしたので。
釣具屋には「こういう場所で」「こう使うから」と言って選んでもらったのですがね。伝え方が悪かったのかな?
>カーディフ56SUL
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=12007
渓流でこれ1本と言う場合に勧めるロッドでは無いと思います。
アップキャストでプラッギングという状況にも合うとは思えません。
汎用と言う意味では同じシリーズの5.6ULでも良かったと思いますが。
SULでmax3gというのも春先、終盤ならいいかもしれませんが
山女ちゃんは一年中同じ所にいるわけではないので
夏場の適水域である瀬や上流域でも使うのなら
スプーンやスピナーも使ったらどうですか。
アップキャストでは
流速より速く巻くことができなければ
泳ぐということにはなりませんので
このロッドに3000や4000のリールを合わせる人はいないと思いますが
この時期、瀬や上流では困難だという意味で例に挙げました。
>同じようなメーカーは違えど同じようなカーボン素材を使って対応幅にそこまでの差が出るというのも考えづらいですしね
国内外を問わず
ロッドのカーボン繊維はトレカプリプレグで作られていて
引張強度と引張弾性率の組み合わせが何種類かあり
http://www.torayca.com/lineup/product/pro_003.html
それを使って断面を設計すれば調子は如何様にも作れると思いますが
(タングステン線で補強もできますし)
この範囲のウエイトに対応するというのと
このウエイトに適するというのは意味が異なると思います。

昔のザウルスのボロンロッドを持っていますが
ティップアクションのロッドは食い込みが良くないので
きっちり合わせないとのらない様な感じがします。
ウエダのストリームトゥイッチャー<ボロン>を借りた時は
もっとお任せ的な感じがしてました。
道具も自分で調査して
セレクトするのも釣りの楽しみの一つなので
悩んで目的に合ったものを求めてください。
自分で選んで納得して買った方が
例えそれが思うようなものでなかったとしても
後悔は浅いと思います。
今回の様な他人任せでは納得できないでしょう。
道具なので多少合わなくても使い込めば慣れがカバーして
それなりに使いこなせるようになりますし
その特性に合った使い方をすることだと思います。
カーディフ56SULもハイプレッシャーですれきった個体を
小型スプーンで引きずり出すには
これからの時期もってこいではないですか。

>シンキングミノーのヒット率が最も高く
巻けば泳ぐのでただ巻きでも釣れる。
>そんな大きなスプーンで釣るものなのでしょうか?
5gと15gのスプーンのサイズは変わりませんよ。
厚さが違うだけなので。重量が欲しくて2枚重ねする人もいますが
それが釣果に結びついているのかは不明です。
>じゃあシンキングミノーに適したロッドが欲しいな、と思ったのが始まりでしたので。
釣具屋には「こういう場所で」「こう使うから」と言って選んでもらったのですがね。伝え方が悪かったのかな?
>カーディフ...続きを読む

Qソフトルアーでトラウトを釣る?

ソフトルアーでトラウトを釣ることは可能でしょうか?(多摩川で)可能ならばどんなソフトルアーがいいか教えてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

純粋に質問内容だけ答えれば
「ワームでトラウトは釣れて当たり前」
です。基本ジグヘッドで狙えば充分釣れます。例を挙げますと…

http://store.yahoo.co.jp/superfishing/21155.html
↑ゲーリーヤマモト・4インチグラブ
http://store.yahoo.co.jp/waterhouse/2000014090064.html
↑ロボワーム・4.5インチ
http://store.yahoo.co.jp/waterhouse/788998450334.html
↑ロボワーム・ウォーターリーチ4インチ
http://store.yahoo.co.jp/superfishing/12180.html
↑PRO'S FACTORY ソルティエアチュー

…等などなど、トラウトでも充分に釣れる事は間違いありません。

しかしトラウトでソフトルアーがいまひとつ普及しないのはひとつには簡単に針から外れて環境汚染に繋がる、もうひとつはソフトルアーを使う必要を感じないから、なのです。というのも構造上グラブとスピナーは全く同じアピールをするのでスピナーがあれば良いや、という事です。
前回の質問内容を拝見しましたが(多摩川でもpdipdijpさんの言うフィールドエリアは私の行動範囲外だったので回答を控えました)どんなルアーを投げるかではなく
*ひとつでも多くのポイントを叩く(ルアーを通す事)
*1投でも多くキャストする事
*ひとつのポイントに執着しない
*サカナには常にフレッシュなルアーを見せる
という事が肝心です。さらにルアーの場合
*流芯を恐れない
というファクターも加わります。つまり面倒臭がらずテンポ良くガンガン投げてガンガン歩いて“こちらから積極的に交通事故に遭いに行くような”釣りを心がければ釣りが終わった時
「釣れたなぁ…」
となります。

どうも、釣りバカです。

純粋に質問内容だけ答えれば
「ワームでトラウトは釣れて当たり前」
です。基本ジグヘッドで狙えば充分釣れます。例を挙げますと…

http://store.yahoo.co.jp/superfishing/21155.html
↑ゲーリーヤマモト・4インチグラブ
http://store.yahoo.co.jp/waterhouse/2000014090064.html
↑ロボワーム・4.5インチ
http://store.yahoo.co.jp/waterhouse/788998450334.html
↑ロボワーム・ウォーターリーチ4インチ
http://store.yahoo.co.jp/superfishing/12180.html
↑PRO'S FACTO...続きを読む


人気Q&Aランキング