痔になりやすい生活習慣とは?

先日、たまたま機会があり友人にトランペットの楽譜を見せてもらい、移調読みをしていると教えてもらいました。
移調読みに興味をもったので、自分なりに調べてみたのですがよくわかりません。C管トランペットで演奏する前提での移調です。

ウィキペディアより
「調」/実音は記音より/楽譜を移調するとき実音で書かれた楽譜から調号を次のように変える
A♭/短6度高い/4♯
G/完全5度高い/1♭
G♭/減5度高い/6♯
F/完全4度高い/1♯
E/長3度高い/4♭
E♭/短3度高い/3♯
D/長2度高い/2♭
D♭/短2度高い/5♯
C/-/-
B/短2度低い/5♭
B♭/長2度低い/2♯
この表の「楽譜を移調するとき調号を」の欄で「2♯」とは「♯を2つ増やすか、♭を2つ減らすか、♯を1つ増やして♭を1つ減らす」の意味である。

考え方ですが、
in Cはそのまま楽譜通り演奏ですよね?
inA♭の時は6度下げて4つ♯を付けた音を出すということですか?
楽譜が「ド」だとしたら6こ下の「ミ」に♯を4つ付けて「ソ」の音になるという事ですか?
オーケストラの人はどのようにして移調読みしているのです?(パッと見て読めるのは慣れなんでしょうけど、理論的にはどう読むのでしょうか?)
「実音は記音より」の欄に完全や短、長、減とついているのですが、どのような意味があるのでしょうか?


また、「スコアリーディング (スコアを読む手引)諸井 三郎 (著) 」を購入して、勉強しようと思っているのですが、トランペットの移調に関してもっと良い書籍があれば教えていただけますか?
音楽の授業は小、中学校のみで高校では勉強していませんが、移調するにあたりもっと高度な音楽の知識が必要になってきますか?

クラシック音楽が好きでよくオーケストラの演奏をよく聞きに行くのですが、恥ずかしながらクラシックの知識はほとんどありませんし、演奏経験もありません。楽しいから聞いているだけなのです。
今後も演奏する予定はないのですが、なぜか移調読みに惹かれてしまいました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 No.1 & No.3 です。

No.3の追加質問について。

>実音というのは、ピアノで鳴らす時の音で良いのですか?
>ピアノとC管トランペットは同じ音が出るようなので、実音=C管トランペットが基準ということですか?

→そうです。ピアノで鳴らす時の音を全ての基準にします。

>NO1回答より
>(A)楽譜が「inA♭」で書かれているなら、「A♭」管でそのまま演奏するのが基本です。これを「C管」の楽器で演奏するなら、楽譜の「ド」の音は、楽器では「A♭」(ラ♭)で演奏します。もし楽譜そのものを書きかえるなら、「A♭」調(変イ長調、フラット4個)の楽譜になります。

>これは、ドイツ音名の表に当てはめて「A♭」はC管トランペットの「ラ♭」にあたる音だから「ラ♭」で演奏するということですか?

→そういうことです。C管トランペットの「ラ♭」、ピアノの鍵盤の「ラ♭」です。

>ドイツ音名は調べました。
>ドレミファソラシ
>CDE F GAH

>楽譜が「inF」で書かれているなら、「F」は「ファ」の音だから楽譜上の「ド」は「ファ」の音を出すということですか?
>「inF」は、「ド=F」として考えなさい。という意味であっていますか?

→そのとおりです。合っています。
 そのような楽譜の読み方を「移動ド」と呼びます。これに対し、ピアノの鍵盤通りに読む読み方を「固定ド」と呼びます。これを混在させると混乱するので、ピアノの鍵盤に対する音は「ドレミファ」ではなく「CDEF」で、「ドレミファ」は「inF」の楽器の「ド=F」のような「移動ド」で使う、といった「約束事」が必要です。(これは、演奏者や演奏団体などで結構バラバラです)

>inFの場合は、
>ドレミファソラシ
>FGA H CDE
>に直して音を出すと、楽譜通りの音が出るということですか?

→ちょっと惜しい。「ヘ長調」ですので、フラットが1個付いて「H→B(=B♭)」になり、

ドレミファソラシ
FGA B CDE

になります。(ドイツ語のB(ベー)は、英語のB♭(ビーフラット)です。ドイツ語のH(ハー)は英語のB(ビー)。発音すれば違いが分かるのですが、文字で書くときには「ドイツ語」か「英語」かを明示しないと混乱します)

 そんな調子で、少しずつ慣れて行けば大丈夫です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうござました。
とてもわかりやすく説明していただいたおかげで、理解することができました。
理解したことで、前よりオーケストラが好きになりました。
今は楽譜を読むことがとても楽しいです。ありがとうございました!

お礼日時:2013/06/06 21:07

 No.1です。

ご質問をよく読むと、

>また、「スコアリーディング (スコアを読む手引)諸井 三郎 (著) 」を購入して、勉強しようと思っているのですが、

ということで、「特殊な調の楽器で、楽譜を読み替えながら演奏する」という演奏家の立場ではなく、「in C以外で書かれた楽器を含むオーケストラのスコアをどう実音で読むか」という「指揮者の立場」に興味がある、ということですね。

 だとすれば、No.1の(A)に書いたような「読み替え」をするということです。
 これは、No.2さんのような「自分の楽器用の読み替え」に慣れた演奏者とは違い、優れた指揮者でも「簡単に読み替えられる」という人は少ないと思います。クラリネットの「in B♭」「in A」とか、ホルンの「in F」、トランペットの「in B♭」のような、良くあるパターンには「慣れ」があると思いますが、特殊な調の楽器は、やはり頭で考えないと簡単には読み替えできないでしょう。

 それに、単なる「調」の問題だけではなく、ヴィオラの「ハ音記号」とか、ファゴットやトロンボーンの「テナー記号」「アルト記号」など、in Cの記譜法にもいろいろありますから。

 楽譜とは、しょせん、音を記録する手段にすぎませんので、「高度な音楽の知識」などは存在せず、「慣れ」とか「要領よく読む」テクニックが存在するだけかと思います。優れた指揮者や演奏家は、そういう「テクニック」を持っている、ということなのでしょう。天賦の才能か、必死のトレーニングかによって。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。知らないことばかりで本当にためになりました。特に楽器の歴史については興味深く、楽しく読ませていただきました。

最初のご回答をもとに自分なりに調べてみましたので、補足します。
まだわからないことがあるので教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

質問の趣旨ですが、No.1の(A)のように読み替えの方法が知りたいということです。特に興味を持ったのは「楽譜を読み替えながら演奏する」という演奏家(トランペット奏者)の立場です。
書籍については、トランペットの移調について勉強したかったのですが、楽器を限定してしまうと書籍が見つからなかったので、最も近い内容だと思う「スコアリーディング (スコアを読む手引)諸井 三郎 (著) 」を購入しようと考えました。

実音というのは、ピアノで鳴らす時の音で良いのですか?
ピアノとC管トランペットは同じ音が出るようなので、実音=C管トランペットが基準ということですか?

NO1回答より
(A)楽譜が「inA♭」で書かれているなら、「A♭」管でそのまま演奏するのが基本です。これを「C管」の楽器で演奏するなら、楽譜の「ド」の音は、楽器では「A♭」(ラ♭)で演奏します。もし楽譜そのものを書きかえるなら、「A♭」調(変イ長調、フラット4個)の楽譜になります。

これは、ドイツ音名の表に当てはめて「A♭」はC管トランペットの「ラ♭」にあたる音だから「ラ♭」で演奏するということですか?

ドイツ音名は調べました。
ドレミファソラシ
CDE F GAH

楽譜が「inF」で書かれているなら、「F」は「ファ」の音だから楽譜上の「ド」は「ファ」の音を出すということですか?
「inF」は、「ド=F」として考えなさい。という意味であっていますか?
inFの場合は、
ドレミファソラシ
FGA H CDE
に直して音を出すと、楽譜通りの音が出るということですか?

お礼日時:2013/06/05 22:11

どうやったら移調できるか(臨時記号なんかがどう変化するのか)、という話は、たぶん他のどなたかが答えていただけるでしょうから、


実際のところ移調読みってどうやっているのか、について私個人の話を。(ただし、特殊例だとは思いません。)

私は普通(B♭)のトランペット吹きですが、運指自体をB♭ではなく実音で覚えているので、in B♭の譜面は常に「移調読み」しています。
(トランペットのような移調楽器で、私のように、運指自体をinCで覚えている人というのは少数派ではありますが、間違いなく一定の割合ではいます。左利きの割合くらい?)

で、実際のところは、譜面を読んでそれを頭の中で移調して、というステップを踏んでいるわけではありません。
そうではなくて、in B♭の譜面は、譜面の読み方自体を新たに覚えなおしています(ト音記号ではない別の記号で書かれていると思う)
譜面を読んだ時点で、実音が直接思い浮かびます。調号や臨時記号なんか増減も、譜面を読んだ時点ですでに処理済みです。
実際のところ、普通のト音記号と、移調譜面とも、読みやすさ(初見のしやすさなど)は変わりません。

この回答への補足

申し訳ございません。ご回答者様のNoを間違えて入力してしまいました。

ありがとうございました。そのような考えは思いつかなかったので驚いています。移調読みにもいろいろな方法があるのですね。
ド素人ではありますが、オーケストラの中でもひときわ目を引くトランペットに憧れをもっているので、いつか楽譜を見ながらトランペットの音を聞けたら楽しいだろうなと思っていました。なので、憧れのトランペット奏者の方にお答えいただき嬉しかったです!

補足日時:2013/06/05 22:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。知らないことばかりで本当にためになりました。特に楽器の歴史については興味深く、楽しく読ませていただきました。

最初のご回答をもとに自分なりに調べてみましたので、補足します。
まだわからないことがあるので教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

質問の趣旨ですが、No.1の(A)のように読み替えの方法が知りたいということです。特に興味を持ったのは「楽譜を読み替えながら演奏する」という演奏家(トランペット奏者)の立場です。
書籍については、トランペットの移調について勉強したかったのですが、楽器を限定してしまうと書籍が見つからなかったので、最も近い内容だと思う「スコアリーディング (スコアを読む手引)諸井 三郎 (著) 」を購入しようと考えました。

実音というのは、ピアノで鳴らす時の音で良いのですか?
ピアノとC管トランペットは同じ音が出るようなので、実音=C管トランペットが基準ということですか?

NO1回答より
(A)楽譜が「inA♭」で書かれているなら、「A♭」管でそのまま演奏するのが基本です。これを「C管」の楽器で演奏するなら、楽譜の「ド」の音は、楽器では「A♭」(ラ♭)で演奏します。もし楽譜そのものを書きかえるなら、「A♭」調(変イ長調、フラット4個)の楽譜になります。

これは、ドイツ音名の表に当てはめて「A♭」はC管トランペットの「ラ♭」にあたる音だから「ラ♭」で演奏するということですか?

ドイツ音名は調べました。
ドレミファソラシ
CDE F GAH

楽譜が「inF」で書かれているなら、「F」は「ファ」の音だから楽譜上の「ド」は「ファ」の音を出すということですか?
「inF」は、「ド=F」として考えなさい。という意味であっていますか?
inFの場合は、
ドレミファソラシ
FGA H CDE
に直して音を出すと、楽譜通りの音が出るということですか?

お礼日時:2013/06/05 22:10

 あまり複雑に考えずに、「実音」を演奏する、と考えればよいのです。



 ご質問では「C管トランペットで演奏する前提での移調です」とありますが、「C管で」演奏するということは、実音そのものに変換して演奏するということです。
 では、「B♭管トランペットで演奏する」場合は? 結局同じことです。「B♭管」で演奏するための「実音」に変換して演奏するということです。

 ホルンでも、同じように楽譜の読み替えをしますが、例えば「in D」(ニ長調)で書かれた楽譜を、F管/B♭管を切り替えられる「ダブルホルン」で吹くわけです。

 いずれの場合も、楽譜を移調して、その移行した楽譜を、その楽器の「ドレミファ」で演奏する、というようなことはしません。その楽譜から読み取る「実音」を、自分の楽器の実音で演奏している、ということです。それも、頭の中で変換して演奏する、というわけでもなく、もっと直感的、あるいは「そう覚えこんでいる」という形で演奏しているのだと思います。

 そもそも、何故その楽器の楽譜が、「in C」(ハ長調)ではない調(たとえば「in E♭」(in Es:変ホ長調)で書かれているかと言えば、そもそもその楽器自体が「E♭管」(エス管:変ホ長調)だからです。従って、普通に「in E♭」の楽譜を移調せずに演奏すればよいのです。(「in E♭」で書かれている、というのは、楽譜上は「ハ長調」で書かれていて、その「ド」の音が「E♭」で演奏される、ということです。その楽譜がフラット3個の「変ホ長調」で書かれているということではありません)

 19世紀半ば(ロマン派の中期)まで、金管楽器といえば「バルブ」無しの「ナチュラル管」で、自然倍音しか出せませんでした。その曲(たとえば「in E♭」(in Es:変ホ長調)の調に合わせて、その調の長さの「ナチュラル管」(E♭管)で演奏したわけです。だから、楽譜は「in E♭」で書かれているわけです。(だから、ベートーヴェンやモーツァルトのトランペットの楽譜は、シャープやフラットの付かない楽譜で、下の「ド」「ミ」「ソ」上の「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」程度しか出てこないはずです。
 従って、曲によって、あるいは楽章によって調が変わると、楽器そのものを持ち替えていたわけです。

 それが、19世紀半ばに「バルブ」付きに改良され、1つの楽器で全半音が演奏できるようになりました。どの程度の長さの楽器にバルブを付けるかで、「C管」「B♭管」「F管」などになりますが、どの楽器でも全ての調の曲が演奏できるようになったわけです。何調の楽器を使うかは、「音色」や「演奏のしやすさ」などの音楽的な観点から選ばれるようになりました。
 従って、何調の楽器を演奏するかは演奏者の選択ですから、その楽器で楽譜に書かれた音を出す、というのは、その楽器の調を選んだ演奏者の演奏行為の一部に過ぎません。楽譜の調と違った調の楽器で演奏するい場合には、楽譜の読み替えはその演奏者の責任であり、その楽器で演奏できるように「さらう」のも演奏者の責任です。もし楽譜の読み替えが苦手だったら、楽譜の調に合わせた楽器を選択すればよいだけの話です。

 ということで、ご質問の中で、たとえば

>inA♭の時は6度下げて4つ♯を付けた音を出すということですか?

と書かれている「inA♭の時」とは、「楽譜」のことですか、「楽器」のことですか?

(A)楽譜が「inA♭」で書かれているなら、「A♭」管でそのまま演奏するのが基本です。これを「C管」の楽器で演奏するなら、楽譜の「ド」の音は、楽器では「A♭」(ラ♭)で演奏します。もし楽譜そのものを書きかえるなら、「A♭」調(変イ長調、フラット4個)の楽譜になります。

(B)楽器が「A♭管」で、この楽器で「ハ長調」の曲を演奏するときには、「A♭管」用の楽譜に書き換えるには、楽譜を「ホ長調」(シャープ4個)に書き換える必要があります。
 上の表は、こちらのことを言っていますか? だとすれば、ご興味を持たれているのは(B)ではなく、上の(A)の方ですので、ご質問の「ウィキペディアより」は逆のことを言っています。

 本来の「移調」とは、音の高さを変えるということですが、楽器の調によって楽譜の音を読みかえるというのは、音の高さは変わりません。その音を出すのは、その調の楽器で何の音を出せばよいか、という「翻訳」だけの話です。
 まず、そこをしっかりと理解することがポイントです。

(長文、乱文失礼)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランペットは移調楽器?

トランペットの初心者です。トランペットはBb楽器なので
ドの音はBbになると書いてありますが、何のことか良くわかりません。音楽の基本的なことだと思いますがわかりやすく説明していただけると有難いのですが・・・。

Aベストアンサー

はじめまして。吹奏楽団でトロンボーンを吹いているものです。

普通のトランペットはB♭で作られているので、ピストンを何も押さずに鳴らすとB♭(もしくはF)の音が出ます。トランペットを練習するときは、この音を「ド」と呼ぶとわかりやすいので、この音を基準にしてドレミファソラシドと呼びます。それを楽譜に書くときは「in B♭」という注釈をつけます。

楽譜の「ド」→楽器の「ド」を吹く→結果的にB♭の音が鳴る

トランペットの他にも、基準がE♭の楽器(アルトサックスなど)や、基準がFの楽器(ホルンなど)もあります。それらの楽器の場合、「in E♭」や「in F」の楽譜になります。

ここでいう、B♭、E♭、F などを「実音」と呼びます。どの楽器でも、たとえば B♭ は(オクターブは違うかもしれませんが)同じ音になります。逆に、「ドレミファソラシド」は楽器の種類ごとに異なるので、「ド」は同じ音になりません(メチャメチャな和音になる)。

「in B♭」「in E♭」「in F」などの楽譜を使う楽器を、移調楽器と呼びます。これに対して「in C」の場合は注釈を書きません(すなわち移調楽器ではありません)。ピアノは常に「in C」なので移調楽器ではありません。

それら色々な調の楽器で合奏したときに、ちゃんとした音楽になるように、楽譜は、楽器によって異なった調で書かれるわけです。

B♭=ピアノやギター(C)では「シのフラット」
 =トランペット(B♭)では「ド」
 =ホルン(F)では「ファ」
 =アルトサックス(E♭)では「ソ」

移調楽器の場合、演奏者が楽になるように、楽譜をずらして書くわけですが、歌謡曲や演歌などを吹奏楽で演奏する場合など、ピアノ譜(in C)をそのまま各パートに配り、演奏者が瞬間的に移調する必要があるケースもあったりします。

吹奏楽やオーケストラで合奏するときは、「ドレミファソラシド」ではなく、実音(ドイツ語で「C D E F G A H C」「ツェー、デー、エー、エフ、ゲー、アー、ハー、ツェー」)で指示したりします。

ちなみに B♭ はドイツ読みでは「ベー」と呼びます。普通のトランペットは「B♭管」と書いて「べーかん」と呼びます。

トランペットには B♭管 だけでなく、C管 や F管 のトランペットも存在します。カタログ写真を見ると、管の長さがB♭管のものと微妙に違っています。「ド」を吹くと「C」の音や、「F」の音が出るわけです。作曲者の指示や、曲想にあわせて使い分けるそうですが、同じ「ド」を吹いても違う音が鳴るので、慣れるまで大変な苦労があるそうです。

ここから先は混乱するかもしれないので蛇足です。

ちなみにトロンボーンやユーホ、チューバは B♭管 ですが、楽譜は「in C」(つまり注釈なし)で書きます。C で書くのは歴史的理由だそうですが、その辺はよく分かりません。

B♭管 なのに in C ?? 話が混乱してしまいますが、実はトロンボーン、ユーホ、チューバ等は、演奏者が楽譜の「シのフラット」を「ド」と読んでいるのです。

楽譜の「シのフラット」→「ド」に読み替え→「ド」を吹く→結果的にB♭の音が鳴る

上の歌謡曲の例のように、演奏する瞬間に、頭の中で移調しているようなイメージですね。

はじめまして。吹奏楽団でトロンボーンを吹いているものです。

普通のトランペットはB♭で作られているので、ピストンを何も押さずに鳴らすとB♭(もしくはF)の音が出ます。トランペットを練習するときは、この音を「ド」と呼ぶとわかりやすいので、この音を基準にしてドレミファソラシドと呼びます。それを楽譜に書くときは「in B♭」という注釈をつけます。

楽譜の「ド」→楽器の「ド」を吹く→結果的にB♭の音が鳴る

トランペットの他にも、基準がE♭の楽器(アルトサックスなど)や、基準がFの楽器(ホルン...続きを読む

Qトランペットのハイトーンが出ない!!

トランペットを始めて6年ほどになるのですが、いまだにハイB♭が出ません。実用に耐えうるのはチューニングのB♭の上のF程度までで、Gあたりからかなりきつくなります。さらに唇がすぐ疲れてしまうので、マーチ一曲吹くこともままなりません。
ちなみに私の吹奏方法は唇にマウスピースをかなり押し付けています。この演奏法を何とか改善しようと努力してきたのですが、いまだに直りません。
同じようなクセを持っていたが改善できた、または改善方法を知っているという方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

わたしもほんとはリードなのですが金管にあこが
れてtp少しやっています。

なかなか高音が出なくて、平気で高音を出す中学
生ブラスバンドの身体の小さな女の子が魔法使い
のように見えました(笑)

高音用のカップの浅いマウスピースを買ってきた
りいろいろ小手先勝負のモノで勝負してきました
が、そんなことをしている間はぜんぜんモノにで
きませんでした。。。
ハードプレス押しつけまくりで、歯にもよくない
し、何より練習後に「あれ、口、ヘンだけど大丈
夫??」って必ず聞かれてはずかしかったです(汗)

私の場合、完全にアンブシュアが間違っていて、
アンブシュアのなかでも、喉の奥のほうの形が間
違っていました。

はひふへほ、の「ほ」の形で口の奥の喉の近くの
形を作るといいよ、と先輩に教わって以来、どん
どんハイノートが出るようになってきました。

そうするとマウスピースは、高音が出なくて悩ん
でいた時代に買った浅いものや、リムの平たいも
のよりも、ある程度深さがあってリムも丸い方が
コントロールも楽で吹きやすくて、結果的に限界
の最高音もあまり変わらないことがわかりまし
た。

また、バンドジャーナルなどでもノンプレスなん
てウソです!とずばりおっしゃる偉いプロ奏者の
かたもいらっしゃいますが、上記のアンブシュア
だと、ほぼノンプレスで最高音まで行けます。

人それぞれですので、そのままtocodaさんにあて
はまるかどうかわかりませんが、私と、私の先輩
は、上記の方法で喉に近い口の奥の方のアンブ
シュアを改善することで解決できました。

わたしもほんとはリードなのですが金管にあこが
れてtp少しやっています。

なかなか高音が出なくて、平気で高音を出す中学
生ブラスバンドの身体の小さな女の子が魔法使い
のように見えました(笑)

高音用のカップの浅いマウスピースを買ってきた
りいろいろ小手先勝負のモノで勝負してきました
が、そんなことをしている間はぜんぜんモノにで
きませんでした。。。
ハードプレス押しつけまくりで、歯にもよくない
し、何より練習後に「あれ、口、ヘンだけど大丈
夫??」って必ず聞かれてはず...続きを読む

Qホルンの楽譜をトランペット、トロンボーン、サックスで吹くには楽譜をどう変えたらいいでしょうか?

ホルン(ト音記号、フラット2つ)の楽譜をトランペット、トロンボーン、アルトサックスで吹くには楽譜をどのように直したらいいでしょうか?理論ではなく、いくつずらすとか簡単に教えていただけたらうれしいです!時間がないのでわかる方お願いします!

Aベストアンサー

ホルンはたいていはF管です。
トランペットはB♭、トロンボーンはC、アルトサックスはE♭です。
それで、楽譜の直し方ですが、世の中には便利なものを提供してくださる方がおられるので助かります。
このサイトをご覧ください。
http://www.kai.ed.jp/suiren/benkyo/icho.htm
この表を利用すれば、考えずに、♯や♭を増減すればいいだけです。

Q移調のやり方

移調について、3つほどわからないことがありますので、教えてください。お願いします。

1.ロ長調からハ長調へ移調するとき機械的に音を6度上ればよいのでしょうか。

2.ハ長調を長3度下とか短3度上に移調するとき、調号はどうやって判断するのでしょうか。

3.臨時記号はどうやって扱えばよいのでしょうか。例えば、ロ長調からハ長調へ移調するときに、ミの♯やラの♯はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

1.
ロとハは半音で2つの違いなので、機械的に2半音(1全音)上げればよいです。
「度」で考えると失敗することがあります。(いちいち「長3度」だの「短3度」だの、「長6度」だの、個別に覚える面倒さもあり。)


2.
説明が長くなりますが、まず、このように考えます。

【シャープ系の長調】
<調の名前> <調号>
(ハ長調) #が0個
ト長調 ファに#
ニ長調 ファ、ドに#
イ長調 ファ、ド、ソに# 
ホ長調 ファ、ド、ソ、レに#
ロ長調 ファ、ド、ソ、レ、ラに#
嬰ヘ長調 ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミに#  ・・・変ト長調に同じ
嬰ハ長調 ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シに#  ・・・変ニ長調に同じ

【フラット系の長調】
<調の名前> <調号>
(ハ長調) ♭が0個
へ長調 シに♭
変ロ長調 シ、ミに♭
変ホ長調 シ、ミ、ラに♭
変イ長調 シ、ミ、ラ、レに♭
変ニ長調 シ、ミ、ラ、レ、ソに♭  ・・・嬰ハ長調に同じ
変ト長調 シ、ミ、ラ、レ、ソ、ドに♭  ・・・嬰へ長調に同じ
(変へ長調 シ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファに♭  ・・・ホ長調に同じ)

上記を見るとわかるのですが、
・#系は、調号の#のうち、「一番後ろの#の半音上の音」がキーの音になっている。
・♭系は、調号の♭のうち、「後ろから2番目の♭の音」がそのままキーになっている。
という規則性があります。

>>>
ハ長調を長3度下とか短3度上に移調するとき、調号はどうやって判断するのでしょうか。

<長3度下>
ドの長3度下は、ソ#とも言えますし、ラ♭とも言えます。
ですから、嬰ト長調か変イ長調になるのですが、
上記の通り、嬰ト長調の調号はありません。(というか、無理矢理嬰ト長調の調号にすると、#が8つになって、わけがわからなくなります。)
よって、ハ長調の長3度下は変イ長調です。

<短3度上>
ドの短3度上は、レ#ともいえますし、ミ♭とも言えます。
ですから、嬰ニ長調か変ホ長調になるのですが、
上記と同様の考え方で、変ホ長調です。


3.
転調するときは、臨時記号を使わず、調号を変えます。
転調前後の小節の区切りのところに書きます。
ロ長調からハ長調へ移調するときには、調号は
ファ、ド、ソ、レ、ラの5つに#  →  #も♭も無し
となりますので、
区切りのところで、ファ、ド、ソ、レ、ラにナチュラル記号を書きます。

こんにちは。

1.
ロとハは半音で2つの違いなので、機械的に2半音(1全音)上げればよいです。
「度」で考えると失敗することがあります。(いちいち「長3度」だの「短3度」だの、「長6度」だの、個別に覚える面倒さもあり。)


2.
説明が長くなりますが、まず、このように考えます。

【シャープ系の長調】
<調の名前> <調号>
(ハ長調) #が0個
ト長調 ファに#
ニ長調 ファ、ドに#
イ長調 ファ、ド、ソに# 
ホ長調 ファ、ド、ソ、レに#
ロ長調 ファ、ド、ソ、レ...続きを読む

QinEの楽譜をトランペットで吹くにはどうすればいいのでしょうか?

inEで書かれている楽譜をトランペットで吹かなければいけないのですが、inEからB♭への移調の仕方が分かりません。
色々調べてみたのですが、音楽知識には疎く、まったく理解できませんでした。
どなたか、分かりやすく説明していただけないでしょうか…?

Aベストアンサー

ドレミファソラシドは知ってますよね?
ドレミファソラシドをアルファベット表記するとCDEFGABCです。
さらにその間に半音がいくつか入り、半音を12個つなげたものが1オクターブとなります。
EとF、BとCはもともと半音で繋がってるので、その間の半音はありません。ピアノの鍵盤を見れば一目瞭然ですね。

E→B♭ですから、F、G♭、G、A♭、A、B♭と、6つの半音を上がるか、E♭、D、D♭、C、B、B♭と、6つ半音を下げるとそのキーになります。
つまり元のinEの楽譜の全ての音符を、半音6つ分上げるか下げるかすれば移調できます。
これには音楽の知識なんてほとんど関係ないですよ。面倒な作業をやるかやらないかだけの問題です。

Qサックスとトランペットの移調について

バンドスコアを購入して、素人皆で演奏しようという話になっております。
楽譜にはヴォーカル、ギター、アザー1、アザー2、アザー3、ベース、ドラム
となっていて、ドラム以外はすべて♭が3つついた楽譜となっています。

アザー2をアルトサックス、
アザー3をトランペット、
で演奏するためには移調しないといけませんよね?

いまフリーソフトの移調ソフトをPCに入れて、
アルト用に打ち込んだ楽譜は「短3度下げる」という設定で移調し、
トランペット用に打ち込んだ楽譜は「長2度上げる」という設定で移調しているのですが、これで問題ないでしょうか?

ギターがいないバンドなので、
ギター部分と、アザー1をシンセサイザーで演奏しようと思っているのですが、ここはこのまま移調しないで演奏すれば、問題ないでしょうか?

非常に初歩的な質問ですが、
どなたか教えてください。

ちなみに曲はポルノグラフィティのmugenという曲です。
(サッカー日韓ワールドカップのテーマ曲だったやつです)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

失礼かもしれませんが、念のためです。

ト音記号とヘ音記号では、同じ位置に書かれている音符でも音の高さは当然変わります。ト音記号で五線の下、加線1本の「ド」は、同じ位置でヘ音記号では「ミ」になります(もっと正確に書けば2オクターブ低い「ミ」ですね)。

「当たり前だろ、そんなこと分かってらあ」とお叱りになるかもしれませんが、あくまでも「念のため」です。
それから移調ソフトの紹介、ありがとうございました。どんなものか興味があるので一度見てみます。

良い演奏が出来るといいですね。
(この回答に返答は無用です)

Qトランペット初心者がXenoは厳しいですか?

トランペットを30代後半から始めた、まだほぼ初心者です。

きっかけとして、知り合いからヤマハのXeno YTR-8335Sを借り受けてスタートしたのですが、
チューニングBの上のGあたりからは結構出すのがきついです。

楽器はいい楽器と思うのですが、初心者でこの楽器は扱いにくいものですか?
そろそろ自分の楽器を買ってもいいかなと思っているのですが、YTR-850Sあたりだと、
もう少し高音が出やすいとかありますか?

なにはともあれ練習あるのみとはわかっているのですが、楽器の知識があまりないのと、
近くに楽器屋がないので試奏も難しいので質問させていただきました。
Xenoがどんな楽器なのか、850Sとの演奏感の違いなど、詳しい方がいれば教えてください。

ちなみに、平日は練習できないため、土日に1時間ずつの練習を1年ほどした状況です。

Aベストアンサー

こんにちは
#1の補足です。

>YTR-8335Sは、結構スタンダードな機種なんですね。
 はい、クラシックもポップスもどちらもOKな万能型というモデルの中で最高峰という意味です。

> チューニングBからハイBまでですが、順番に上がればなることはなるのですが、
> 上のほうではかなりか細い音です。
 順番に上がれば鳴るなんて羨ましい(^^;
 次のステップの安定した音色で鳴らす課題の「シラブル」やご自分の欠点に気づかれているので、きちんと指導して頂いていて、お手本を見て聴ける環境ならもう一息ってところでは無いでしょうかm(^_^)m
 毎日練習している高校生でもソロで教則本の運指表の最高音ハイBが使えるのは最終学年で5~6年吹いている子が多いです。

>マウスピースは、BACHの5Cを使っているので、それは当面そのままで行こうと思っています。
 中高生辺りだと最初は、一回り小さいカップの7Cを勧められるのですが、最初から特に仕掛けの無いスタンダードな大人用なんですね。
 σ(^_^;もその考え方は好きです。
 どうせステップアップで後から替える局面になるなら最初からチャレンジして無駄な時間を省きたい!(^^;

 社会人の質問者さんが曲がりなりにも1年間でハイBまで出せるというのは凄いと思います。
 どうか、ぴったりな楽器に巡り会えますように(-人-)

こんにちは
#1の補足です。

>YTR-8335Sは、結構スタンダードな機種なんですね。
 はい、クラシックもポップスもどちらもOKな万能型というモデルの中で最高峰という意味です。

> チューニングBからハイBまでですが、順番に上がればなることはなるのですが、
> 上のほうではかなりか細い音です。
 順番に上がれば鳴るなんて羨ましい(^^;
 次のステップの安定した音色で鳴らす課題の「シラブル」やご自分の欠点に気づかれているので、きちんと指導して頂いていて、お手本を見て聴ける環境ならもう一息ってとこ...続きを読む

QF管ホルンのドイツ音名

今、中一でF管ホルンをやっています。
ですが、このごろ先生がドイツ音名で言うんです。
わたしには何の音かさっぱりわからず、毎度毎度先輩にききっぱなしです・・・。
先輩も迷惑だと思うんです。
なので、F管ホルンのドイツ音名を教えてください!
#や♭も教えてくれるとありがたいです!

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。

質問者さんが思っている「ド」が,F管ホルンの「ド」(in Fの楽譜の「ド」)であるならば,それはピアノの鍵盤の「ド(ドイツ音名C:ツェー)」の音ではありません。それは「F:エフ(ピアノでいうとファ)」の音です。だからF管っていうのです。
*もしももう知っていたら,余計なお世話でごめんなさい。

一度,自分でF管の音階とドイツ音名の表を作ってみると,頭に入りやすいと思いますよ。上の事が分かれば,ドイツ音名とピアノのドレミファ~の関係を知っていれば,自力でできると思います(知らなければ,まずこっちを丸暗記しましょう!#1さんが書いている通りです)。
ぜひ一度自分で頑張ってみてください!

・・・とは言え,答えあわせも必要と思うので,サービス?で書いておきますね。たくさんあるので,理屈で覚えておかないと,丸暗記は難しいですよ(笑)。

左はF管ホルン(in Fの楽譜)での音階,右がドイツ音名です。
---
ド:F(エフ)
レ:G(ゲー)
ミ:A(アー)
ファ:B(ベー):ピアノだとシ♭ですが,独立した別の呼び名がついてます。
ソ:C(ツェー)
ラ:D(デー)
シ:E(エー)

#には「is(~イス)」がつきます。ただし一部例外あり。
ド#:Fis(フィス)
レ#:Gis(ギス)
ミ#:Ais(アイス):Bと同じ音
ファ#:H(ハー):ピアノでいう普通のシなので,isはつきません。
ソ#:Cis(ツィス)
ラ#:Dis(ディス)
シ#:Eis(エイス):Fと同じ音

♭には「es(~エス)」がつきます。こちらも一部例外あり。
ド♭:Fes(フェス):Eと同じ音
レ♭:Ges(ゲス)
ミ♭:As(アス)
ファ♭:Bes(ベス):めったに使いません。Aと同じ音
ソ♭:Ces(ツェス):Hと同じ音
ラ♭:Des(デス)
シ♭:Es(エス)

---
<おまけ>
先生がドイツ音名でいうのは,別に意地悪で言っているのではないし,かっこつけてる訳ででもありません(笑)。「ド」と言うと,ホルンの人はピアノの「ファ」だと思うし,他にも,「シ♭」を思い浮かべたり(クラリネット,トランペットなど),「ミ♭」を思い浮かべたり(アルトサックス)する人がいて,練習が混乱してしまうからなのです。

楽しい部活動になるよう,頑張って練習してくださいね!

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。

質問者さんが思っている「ド」が,F管ホルンの「ド」(in Fの楽譜の「ド」)であるならば,それはピアノの鍵盤の「ド(ドイツ音名C:ツェー)」の音ではありません。それは「F:エフ(ピアノでいうとファ)」の音です。だからF管っていうのです。
*もしももう知っていたら,余計なお世話でごめんなさい。

一度,自分でF管の音階とドイツ音名の表を作ってみると,頭に入りやすいと思いますよ。上の事が分かれば,ドイツ音名とピアノのドレミファ~の関...続きを読む

Qチューバの楽譜 inCとin♭B

私はユーフォを吹いているのですが、この前部活で新しい楽譜をコピーするときにチューバの楽譜にinC,in♭B,in♭Eの3種類がありました。
ユーフォは「ユーフォ」の楽譜があったので、それと同じ調号がついているチューバのin♭Bの楽譜を選びました。
ですが楽譜をよくよく読み返してみると音の高さがチューバにしてはかなり高くなっていて、チューバを吹いている子によるとこれは吹くのがかなり大変なんだそうです。
でinCの楽譜を見てみるといつもと同じ高さの音符が並んでいました。
しかしユーフォと違う音に♭がついています。
その楽譜でユーフォと合わせたとき合うわけないと思うのですが、一体チュ-バはどの楽譜を吹くべきなんでしょうか?
ちなみにトロンボーンにもinC,in♭Bの楽譜がありました。
トロンボーンはin♭Bの楽譜で吹くと言っています。
そしてユーフォには他にバリトン、バスーンの楽譜があり、これらの楽譜だとinCのチューバの楽譜と同じ調号がついています。
ネットで調べてみましたがどうもよく判りません。ご回答お願いいたします!

Aベストアンサー

こんにちは。

一般的には,

・トロンボーン:ト音記号ならばin B♭(あまりないと思いますが),ヘ音記号ならば in C
・ユーフォニウム:ト音記号ならばin B♭,ヘ音記号ならば in C
・チューバ:in C

で,フラットの場所が違っていても合うはずです。
(なぜ違っていてもいいのかの説明はややこしいので省略しますが)

---
ただし,皆さんの普段の楽譜の読み方によってはこれでは合わないかもしれません。
上の楽譜を使ってみてうまくいかなかったら,次の質問に答えてみてください。


【質問1】
自分の楽器が何管か分かりますか?
1.B♭管
2.C管
(*これ以外だったら補足ください)

C管ならば,in Cの楽譜を使ってください。
B♭管ならば,次の質問に答えてください。(ユーフォやトロンボーンはほぼ間違いなくB♭管だと思いますが)

【質問2】
楽譜に何の音が書いてあったら,ピストン(またはロータリー)を何も押さずに(トロンボーンならば,第1ポジションで)音を出しますか?
1.ト音記号,五線の下から三本目と四本目の線の間の音
2.ヘ音記号,五線の下から二本目と三本目の線の間の音
3.ヘ音記号の,五線の下から二本目の線上の音に♭がついた音
(*これ以外の場合は補足ください。)

答えが1の人: ト音記号の in B♭を使ってください
答えが2の人: へ音記号の in B♭を使ってください
答えが3の人: へ音記号の in Cを使ってください

こんにちは。

一般的には,

・トロンボーン:ト音記号ならばin B♭(あまりないと思いますが),ヘ音記号ならば in C
・ユーフォニウム:ト音記号ならばin B♭,ヘ音記号ならば in C
・チューバ:in C

で,フラットの場所が違っていても合うはずです。
(なぜ違っていてもいいのかの説明はややこしいので省略しますが)

---
ただし,皆さんの普段の楽譜の読み方によってはこれでは合わないかもしれません。
上の楽譜を使ってみてうまくいかなかったら,次の質問に答えてみてください。


【質問...続きを読む

Q金管の活躍する交響曲、管弦楽曲は

金管が大好きなので、金管の大活躍する(咆哮する)交響曲、管弦楽曲を教えてください。(ワーグナー以外)

Aベストアンサー

アマチュアの弦楽器弾きでありオーケストラプレーヤーです。
個人的に金管というと思い出すのは、

ロジェストヴェンスキー/モスクワ放送交響楽団のロシア物の演奏です。
とにかく、「俺たち金管楽器だ!文句があるか!」という感じ♪
結構好きです。
チャイコ、ショスタコ、プロコetc

次に思い出すのは、ロシア金管愚連隊の対極にあるフィリップ=ジョーンズ・ブラスアンサンブルの演奏です。
こっちは、「ど~~だ!金管楽器ってビシッと合うと、弦楽器よりも柔らかい音が出るんだぜ!知らなかっただろ~?」という感じ♪

五〇代の僕は、両方とも生で聴いた経験がありますが、CDでも十分に雰囲気は伝わります。

金管好きなら、この両方の路線を押さえないと行けないと思う♪


人気Q&Aランキング