人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

お願いします
(1) Ptolemy XII was pharaoh of Egypt, the wealthiest country in the Mediterranean world. Ptolemy loved to party─he was called “The Flute Player” because he was so fond of music. But Ptolemy was not just a playful fellow. He was also a troublesome one, so troublesome that his own people wanted him out. They booted him from power in 58 BCE and put his eldest daughter, Berenice, on the throne instead.
(2) Ptolemy fought back. He traveled to Rome and bribed the general Ptolemy to support him against Berenice. Ptolemy took troops to Egypt, defeated Berenice's supporters, and returned the playboy king to his throne. In gratitude, Ptolemy named Ptolemy as legal guardian to his eldest son. Ptolemy then gave orders for Berenice to be beheaded.
(3) Who was this man who ordered his own daughter's death?
(4) Ptolemy XII was actually a Greek. His long-ago ancestor, the first Ptolemy, had served as a general under Alexander the Great, who, in 331 BCE, had conquered a huge empire─including Egypt. When Alexander died, his three top generals divided the empire among themselves. The one who chose Egypt made himself its king and called himself Ptolemy I. By the time Ptolemy XII came to the throne, his family had ruled Egypt for almost 250 years. But they still spoke Greek and considered themselves part of the Greek world.
(5) Although Ptolemy had executed his eldest daughter, there was another whom he especially loved─a bright, lively girl named Cleopatra VII. The king seems to have found her the most interesting of all his children. He proclaimed her a goddess when she was about four years old.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1) プトレマイオス12世は、地中海界で最も裕福な国エジプトのファラオでした。

彼は、宴を開くのが大好きでした ― 彼は、音楽がとても好きだったので、「フルート奏者」と呼ばれました。しかし、プトレマイオスは、単に遊び好きの人ではありませんでした。彼は、厄介な人でもありました、あまりにも厄介だったので、彼自身の人民が彼に出て行ってほしいと思ったほどでした。彼らは、紀元前58年に彼を権力の座から退け、その代わりに、彼の長女ベレニスを王座に付けました。

(2) プトレマイオスは、反撃しました。彼は、ローマへ行って、プトレマイオス将軍を買収して、彼を助けてベレニスに対抗させました。プトレマイオス(将軍)は、軍隊をエジプトへ派遣して、ベレニスの支持者を破り、遊び好きの王を王座に戻しました。感謝して、プトレマイオス(12世)は、プトレマイオス(将軍)を彼の長男の法定上の後見人に指名しました。それから、プトレマイオス(12世)は、ベレニスが打ち首にされる命令を出しました。

(3) 自分自身の娘の死を命じたこの男は、何者だったのでしょうか?

(4) プトレマイオス12世は、実はギリシア人でした。彼の昔の先祖初代プトレマイオスは、アレキサンダー大王に仕えた将軍でした、アレキサンダー大王は、紀元前331年に、エジプトを含む ― 巨大な帝国を征服しました。アレキサンダーが、死んだとき、彼の3人の最高位の将軍は、帝国を彼ら自身で分割しました。エジプトを選んだ将軍は、自らエジプトの王になって、自分自身をプトレマイオス1世と呼びました。プトレマイオス12世が、王に即位する頃までには、彼の一族は、ほぼ250年間エジプトを統治していました。 しかし、彼らは、まだギリシア語を話して、彼ら自身をギリシア世界の一員と考えていました。

(5) プトレマイオスは、彼の長女を処刑しましたが、彼には、特に大好きなもう一人の娘がいました ― クレオパトラ7世と言う名の聡明で元気のよい女の子でした。王は、彼女が彼のすべての子供たちの中で最も面白いと思っていたようです。彼女が、4才頃のとき、彼は、彼女を女神であると宣言しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/06/07 22:06

安易に聞いているので安易に答えますね。



(1) プトレマイオスXIIはエジプト(地中海の世界で最も裕福な国)のファラオでした。
音楽が非常に好きだったので、party─heに愛されていたプトレマイオスは「フルート奏者」と呼ばれました。
しかし、プトレマイオスは単にふざけた男ではありませんでした。
彼はさらに面倒でした、自分の人々が彼を追い出したがっていたように面倒。
それらは58 BCEの力から彼を追い出し、王座に、彼の長女(ベレニケ)を代わりに置きます。
(2) プトレマイオスは反撃しました。
彼はローマへ旅行し、ベレニケに対して彼を支援するように一般的なプトレマイオスを賄賂で誘惑しました。
プトレマイオスはエジプトに軍隊を持っていき、ベレニケの支持者を破り、彼の王座にプレイボーイ王を返しました。
謝意では、プトレマイオスはプトレマイオスを長男への法定後見人として指名しました。
その後、プトレマイオスは、ベレニケの首が切られる命令を与えました。
(3) 自分の娘の死を命じたこの人は誰でしたか。
(4) プトレマイオスXIIは実際にギリシャ人でした。
彼の昔の先祖(最初のプトレマイオス)はアレクサンドロス大王の下の将軍を務めました。この人は331 BCEで、巨大なempire─includingエジプトを征服しました。
アレグサンダーが死んだ時、彼のトップの3人の将軍はそれら自身の中で帝国を分割しました。
エジプトを選んだ人は自分にその王を作り、自分をプトレマイオス1世と呼びました。
プトレマイオスXIIが王位に就いた時には、彼の家族がほとんど250年間エジプトを支配していました。
しかし、彼らはまだギリシャ語を話し、それら自身をギリシャの世界の地域と考えました。
(5) プトレマイオスは長女を処刑しましたが、別のものがありました、誰、彼、クレオパトラVIIという名のloved─a(特に)頭がよく活発な少女。
王は、彼女に彼のすべての子どもたちの中で最も面白いものを見つけたように見えます。
彼女が約4歳だった時、彼は彼女を女神と宣言しました。

OKでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/06/07 22:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング