マンガでよめる痔のこと・薬のこと

室町時代には体温計はあったのでしょうか?
またどうやって風邪の時、熱を測っていたのでしょいか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ありません。

世界ではじめての体温計が1609年だそうです。
http://www.terumo-taion.jp/temperature/knowledge …

室町時代には温度を計るという概念がなかったものと思われます。
体温どころか気温さえ正確に計ろうという観念自体がなかったでしょう。
    • good
    • 0

熱病の意識は以前からありました。


平清盛のアッチ死に(マラリアでしょう)など。

医師は病人の額に手をあて、次に普通の人の
額に手をあて、その違いから病の重さを知り
ました。
    • good
    • 0

 体温計なんかありません。

額に手を当てて熱を感じるしかないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマルチバイブレータについて

各マルチバイブレータについてのご質問になりますが、非(無)安定マルチバイブレータ、単マルチバイブレータ、双安定マルチバイブレータの、各それぞれの応用例を、教えてくださいm(__)m。
どういったものに使用されているのか教えてください。
是非お願いいたしますm(__)m。

Aベストアンサー

こんにちは。
非安定マルチ→発振回路、分周回路

  あまり高い安定度を必要としない周波数源として使われる事が多いよう
  です。またベース(ゲート)回路に発振周波数の整数倍の周波数を入力
  すると入力信号に同期した整数分の一の方形波を取り出す事ができます。

単安定マルチ→トリガパルス整形回路を動作させる信号をアナログ信号から
  パルスを作るチャタリング防止接点などの振動で細かい沢山のパルスが
  発生したとき、単安定マルチの時定数以下の細かいチャタリングパルス
  をキャンセルできる。

双安定マルチ→計数回路、分周回路、記憶回路、方形波への波形整形
  コンピューターで一番使われてる回路はこれでしょうね。

こんなところでいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報