はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

はじめまして
今回初めてホラー映画を視聴したものです
「死霊のはらわた」という映画だったのですが正直想像以上に怖くて泣きそうでした。

ただ、その映画の中で2点気になった点があったので質問させていただきます。

(1)幽霊と悪魔

 以前テレビで
日本人は悪魔を怖がらずに幽霊を怖がる
西洋人は悪魔を怖がり幽霊を怖がらない
と聞きました。
 しかしながらこの映画の中では死霊と悪魔が混同?されており
西洋人も幽霊を怖がるのではないかと感じました。
ここが理解できなかったのですが、実際には西洋人は幽霊を怖がるのでしょうか?

(2)猫の死体
 この映画の中では猫の死体がつるされている描写がありました。
日本人である私もこの描写を不気味に思ったのですが、
普段見慣れていないものだから不気味に思うのではないかと考えました。
 例えばこれが鰹節なら私は怖くないのですが西洋人の方だと普段見慣れないものなので
恐怖を感じたりするものなのでしょうか?

以上の2点が映画の中で気になった点です。
もしご存じの方がいらっしゃれば、ぜひ回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.怖がる様に作ってあれば怖がりますよ。

そこは日本と同じ。
リングのハリウッド版もちゃんと受けた=怖がられたですしね。
ただ悪魔と幽霊の違いは確かにあります。
キリスト教圏では日本型の幽霊って出て来ないんですよね。
この辺は恐怖の対象の違いではなく、宗教的な違い。
死んだ人間が霊となって漂っている、という解釈をしないんですね。
魔物に変わっている、という解釈はするんですが(故にゾンビとかはある)。
とはいえ、北米に霊的な解釈が存在しないかというとそうでもなく、
多人種である為か、ラップ現象なんかが広まったり、スピリチュアル研究がなされていたりと、
日常的ではないにせよ下地となる共通理解は存在しています。

2.鰹節はさすがに怖く無いでしょう(笑)。見た目木材ですし。
見慣れないと言うのは要素のひとつでしょうけれど、
プラス見た目や食材(食べられる状態)であるかどうかもポイントです。
食材ではない動物の死骸は大抵の人は不気味だと思うでしょうし、
食材であっても食べられる状態でなければ不気味に思うのではないかと思います。
(例えば牛の未加工の死骸は不気味ですよね)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のホラー映画が怖く感じる理由

タイトルそのままです。何故でしょう?水が出てきたり、モンスターではなく幽霊が出てくるのを怖く感じるのは何故でしょう?

これは単純に日本人だから日本の文化が反映された日本映画の方がリアルさを感じて怖く感じるのでしょうか?それとも外国の人にも通じる何か怖さを感じる要素があるのでしょうか?

Aベストアンサー

一言書かせていただきます。
色々と意見百出の感がありますが、私なりにつたない意見を述べさせていただくと(←堅苦しい!)
恐怖というものには色々な要素(ファクター)が有ります。
不思議な話であること以外に、特に日本人には風土的な怪異に対する嫌悪感は、
以下の3つの要素に特徴が顕著に見られると思います。

1・湿度=>日本は四季が有り、風光明媚なところでもありますが、もっと特徴的なのは湿度。
      湿度が高いとどうしても汗をかきます。汗をかくと人間不快になります。
      不快になると何にでも反応が鈍くなり「簡易な事」が「意外」に感じたりします。
      さらに湿度は音を連想させるファクター(もちろん不快な!)でもあります。
2・換置=>日本のホラー映画には異質な物はあっても、かけ離れたものが少ないのです。
      その為に現実社会の印象とリンクして、出てくるモンスター・幽霊が近所の知人
      と印象がかぶってしまうと映画なのにリアルに感じてしまうのです。
      映画の中の人物に似た人が現実にいるだけなのですが心の中で「すりかえ」が行われ
      映画全体が現実のことのように拡大解釈していくのです。
3・汚損=>これは日本映画だけでなくアジア映画全体に見られる傾向だと思いますが、
      モンスター・幽霊が居る場所、出る場所などが汚いのです。臭いのです。
      (映画なので実際に嗅いだわけではないが)たまらない臭気が立ち込める状況、
      人が足を踏み入れたくない環境。これはホラー映画についていえば必須です。
      
日本のホラー映画には、以上の3点の要素が余すことなく張り巡らされているのです。
さらに未知なる世界の物語だからこそ、人は引き込まれていくのではないでしょうか?
一度はそんなストーリーを書いてみたいものです。

一言書かせていただきます。
色々と意見百出の感がありますが、私なりにつたない意見を述べさせていただくと(←堅苦しい!)
恐怖というものには色々な要素(ファクター)が有ります。
不思議な話であること以外に、特に日本人には風土的な怪異に対する嫌悪感は、
以下の3つの要素に特徴が顕著に見られると思います。

1・湿度=>日本は四季が有り、風光明媚なところでもありますが、もっと特徴的なのは湿度。
      湿度が高いとどうしても汗をかきます。汗をかくと人間不快になります。
     ...続きを読む

Q邦画のホラーと洋画のホラー

こんにちは。
質問なのですが、邦画のホラーと洋画のホラーの違いについて、皆さんどう思われますか?
自分が感じたのは、「洋画は悲鳴が多い。」「邦画は水の演出が多い。」などです。
そしてできれば、違いとその理由(社会性、恐怖への対象、歴史、宗教観…)について教えていただきたいです。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これはあくまで個人的な主観ですが、

洋画の恐怖の源泉は「理不尽」
邦画における恐怖の源泉は「因果」

なんかではないかと思っています。

洋画にも幽霊は出てきますし、見えない恐怖を扱った映画も多々あります。
しかし、出てくるにしても、新しく住む家だとか、バカンスに来たホテルだとかに唐突にやってきます。
現れることに理由なんて殆どありません。
邦画ではあまり見かけませんが、異界への恐怖というものを扱ったものに「ウィッカーマン」というものがありますが、これも自分の知っている世界とは違う世界に言ってしまうことが恐怖のキーになっています。
「ウィッカーマン」には、怪物どころか、幽霊も出てきません。
明らかに違う場所に行ってしまったことが怖いのです。

邦画の場合は、怪談であれば、怨み辛みのような人間関係の崩壊をキーにしてやってきます。
出てくるには理由があり、決して部外者には影響を及ぼさないのです。
最近は、「呪怨」「リング」のように、なんら関係のない人間に対しても恐怖の対象となっていますが、
それゆえでしょうか怪談とか呼ばれず「ホラー」と呼ばれている気がします。
そうは言っても、「リング」は、貞子は家族に愛のなさで殺されており、又、「呪怨」でも「一家惨殺」などの事件がきっかけです。
突き詰めるところに理由があります。
事件は身近で起こり、舞台は身近な場所であることも気になります。
巡り巡ってやって来るところは因果という感じです。

ここには、欧米的個人主義と日本的ムラ社会の差が見られるような気がしないでもないです。
あくまで私の個人の感想ですが

これはあくまで個人的な主観ですが、

洋画の恐怖の源泉は「理不尽」
邦画における恐怖の源泉は「因果」

なんかではないかと思っています。

洋画にも幽霊は出てきますし、見えない恐怖を扱った映画も多々あります。
しかし、出てくるにしても、新しく住む家だとか、バカンスに来たホテルだとかに唐突にやってきます。
現れることに理由なんて殆どありません。
邦画ではあまり見かけませんが、異界への恐怖というものを扱ったものに「ウィッカーマン」というものがありますが、これも自分の知っている...続きを読む

Q携帯電話番号から本人の個人情報はどこまで割れるのか?。

 知られたくない人に携帯電話番号を多く知られています。そこで、ふと思ったんですが携帯電話番号からどれほど個人情報って割り出せるんでしょうか?。
 
 まさか住所まで割り出せるっていうのはあるんでしょうか?。

Aベストアンサー

こんばんわ、jixyoji-ですσ(^^)。

まず下記HPなどをご覧になればわかるとおりある程度割り出す事は可能です。

「携帯の電話番号から契約した電話会社と地域を表示「おしえて!ケータイ君」」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2003/07/01/k-taikun.html

「携帯電話キャリア割当表」
http://shuu1.milkcafe.to/hobby-littlememo-keitai-no.htm

下記もponnkoponnkoさんに参考になると思います。

「個人情報の流出」
http://www.web110.com/cyberacademy/ch05.html

「過去の「電脳ネット個人情報対策について」の情報」
http://www.joho110.com/tnk.htm

「過去の「電脳ネット犯罪対策について」のデータ」
http://www.joho110.com/thti.htm

ちなみに個人情報は下記のようなケースで漏れるのでくれぐれもご注意ください。

・女性の場合ですが第3者が公衆トイレなどに電話番号,住所,名前などを記載して【この女は3万円で好きな事できます】etcといたずらされている。

・小,中,高,大学の卒業名簿を誰かが【名簿業者】に売った。

・インターネットやその他の【アンケート】関連の住所,電話番号の情報が流出した。あるいは内部の人間が【名簿業者】に売った。

・マンションなどに住んでいるのであれば1階にあるメールボックスなどから携帯電話番号の領収書を盗み取って,その番号から芋ずる式に個人情報を特定している。

・中には会社の総務部の人間や市役所で【戸籍謄本】などの公文書を闇で売買している社員,公務員がいる。実物でなくともコピーなどで簡単に複製できる。

・ponnkoponnkoさんのご両親や友人に名簿屋などの裏の人間が適当な話をでっち上げて携帯電話の番号や住所,会社,口座番号などを突き止めている。例えば,

『○○学校卒業生の高橋と申しますが今度クラス会を行うので,ponnkoponnkoさんの携帯電話番号など連絡付ける方法を教えてくれますか?』

『○○市役所税務課の伊藤と申しますがponnkoponnkoさんは住民税を滞納しておりお住まいのところへ連絡しているのですがつながらないので,携帯電話番号をご存知かと思いますが至急教えてください。このままだと重加算税が加わりponnkoponnkoさんにとって負担が大きくなります。』

『○○宅急便ですがご自宅が留守なようなので連絡がつかないので携帯電話番号を教えていただけますか?』

毎週日曜AM10:00~『サンデージャポン』という番組で架空請求詐欺の対抗策で次の方法が有効だとおっしゃっていました。

★アンケートにしろレンタルビデオ店の会員登録にしろ,銀行の口座開設にしろ記載した『住所』に例えば●●町●●番地 【A】などのように自分にしかわからないような"記号","暗号"を記載しておくと,もしダイレクトメールで業者が送ってきた住所にその記号があればどこから情報が漏れたかを特定しやすいそうです。

それではより良いネット環境である事をm(._.)m。

こんばんわ、jixyoji-ですσ(^^)。

まず下記HPなどをご覧になればわかるとおりある程度割り出す事は可能です。

「携帯の電話番号から契約した電話会社と地域を表示「おしえて!ケータイ君」」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2003/07/01/k-taikun.html

「携帯電話キャリア割当表」
http://shuu1.milkcafe.to/hobby-littlememo-keitai-no.htm

下記もponnkoponnkoさんに参考になると思います。

「個人情報の流出」
http://www.web110.com/cyberacademy/ch05.html

「過去の「電脳ネ...続きを読む

Q『リング』とハリウッド版『ザ・リング』の違い

こんにちは。質問なのですが、
邦画の『リング』とハリウッド版『ザ・リング』の違いについて、皆さんどう思いますか?
その違いというのは、一般的な「出演陣が違う」「製作費が違う」とかではなく、
日本人とアメリカ人の「恐怖に対する概念の違い」「宗教観」「理想の人物像」「社会性」……などなど奥深いことについて、皆さんが感じたことが知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネタバレ満載なので、どちらか一方でも見ていない人は見ないでください!






最初に亡くなったのも親戚だったり、子供と父親のちょっとしたエピソードがあったり、と、なんとなく「ザ・リング」は家族愛を売りにしてる気がする。元夫の愛情が見えたりもしたりして? サマラも本来はかわいらしく、親の愛を受けて育たなかったから、的な雰囲気もある。子供もサマラと交信したりして、親子関係も見える。映像はとても色身がなく、寒々としているのですが、ラストも小さな嫉妬のようなものも感じるし、ナオミ・ワッツの方が人間らしく見えた。逆な意見もあると思うけど、こちらの方がかわいらしく思えた。被害を考えればこちらの方が甚大だけど・・・。

日本の作品の方は、貞子と母親のつながりなどはそれほど描かれてはいない気がした。世の中の風当たりの厳しさや人体実験的要素が強く、家族より世間という雰囲気が見えた。松嶋菜々子と真田広幸との関係もとくに描かれてはいなかったように見える。親子関係もそれほど見えないのに、子供のためにとにかく必死な松嶋菜々子がかもし出す空気がとても冷ややかで、ラストも終わらせようという意識が見え、非常に冷静に冷酷に思えて、薄ら寒いような怖さを感じた。

とかなんとか言っていますが、「リング」の方はあまりに恐ろしくて、やっとこさ見ていたのですが、「ザ・リング」の方はさすがに落ちを知っていたりするので、むしろ冷静に捉えることができたから、こんな意見になっているのかもです。

「ザ・リング」=家族内の問題
「リング」=世間の風当たりの問題
こういう違いがあるように見えました。アメリカでは家族愛がうけるのかもしれませんね。

ネタバレ満載なので、どちらか一方でも見ていない人は見ないでください!






最初に亡くなったのも親戚だったり、子供と父親のちょっとしたエピソードがあったり、と、なんとなく「ザ・リング」は家族愛を売りにしてる気がする。元夫の愛情が見えたりもしたりして? サマラも本来はかわいらしく、親の愛を受けて育たなかったから、的な雰囲気もある。子供もサマラと交信したりして、親子関係も見える。映像はとても色身がなく、寒々としているのですが、ラストも小さな嫉妬のようなものも感じるし、ナ...続きを読む

Q「涙がちょちょぎれる」の意味

「涙がちょちょぎれる」とはどのような意味でしょうか?辞書を調べても載っていませんでしたし、周りの者に聞いてもみなが違うことを言うのです。私は今までこの単語を使う機会がなかったので意味がよくわかりません。正確な意味を御存知の方がいらっしゃいましたら、何卒御教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

だいたいno.1、no.2の方と同じですが、
「泣ける」「泣けた」の強調やおどけた使い方だと思います。
今、自分の周りで聞いてみたのですが、
関西方面の人は感情面(特に”嬉しい”)で使う方が多いようです。
例)子供の演劇を見て涙がちょちょぎれた。
関東方面では物理的な・・例をあげると、
自転車で来たら寒くて涙がちょちょぎれた。
臑をぶつけて涙がちょちょ切れた。
などとも使うようです。
でも両者とも「あーわかるわかる」と言っているので
はっきりとした違いはないようです。
”嬉しい”以外のとらえかただったので書かせてもらいました。
ちなみに土佐弁だと書かれている方がネットにいましたので
参考までに
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6345/0014.html

Q日米ホラー映画比較研究について

どうもはじめまして。

私は現在日米でのホラー映画について比較研究しています。
主の題材となるものは「リング」です。
日米のリングを比較するところまでは良いのですが、
「日米での映画産業についても調べよ」という厳命がありまして、
文献探しで悩んでいます。

それぞれを書き込むと
・日本の映画産業(今日までの映画造りの背景)について
※ホラー映画についても描かれているとなお良い
・ハリウッド(アメリカ)の映画産業
・日米の映画比較
・アメリカの(ホラーを含む)映画の特徴・パターンに関するもの
・日本の(ホラーを含む)映画の特徴・パターンに関するもの

などがわかる、近い文献があれば教えて頂きたいです。

「リング」を比較する上で、それを根底付けるために何作かホラー映画又はハリウッド映画を見てみようと思いますが(これはおいおい)
見るなら何が良いと思われますか?

質問が多いですが、少しでも返答いただければ幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

文献に関しては、他の人に譲ります。

おすすめの作品
「アナザー」
「シックスセンス」
「リーピング」

Qホラー映画を怖がらない人

今学校でプロジェクトやっていて、人がなぜホラー映画を怖がるのかという分析をしています。そして別の視点からも見なくてはいけなくて、ホラー映画を怖がらない人のなぜ怖がらないのか、理由を調べなければならないのです。それで質問なんですけれど、なぜホラー映画を怖いと思わないのでしょうか??

Aベストアンサー

ホラー映画は、人のイマジネーションを掻きたたせられるかどうかで、恐怖の度合いは違ってくると思います。

斧を持って振り下ろし、血がドバっと出るシーンがある映画。

人が部屋にいて、それをドアの隙間から覗くようなカメラワークで、だんだん視点が近づいてって、「あぶない」と視聴者が思った時、見られている人は、ふと他の方に向いて、間一髪。
でも また 視点がだんだん近づいていく。

前者は、こちらも「痛い」と感じる。

(猿の実験で、アイスを与えていた猿の前でアイスを食べると、それを見た猿は「ちべた(冷たい)」という表情をしたそうです。
経験により、食べている相手の感覚と同じものを覚えるってわけですね。)


私にとって、恐怖の度合いは、後者の方が格段に怖い。
なぜかというと、犯人は映像に出てこないから。

映像では何も言葉で説明されていません。
カメラの視点が獲物を狙っているような映像を見て、視聴者はイマジネーションをかきたてられ、長引くので、どんどん恐怖心が増し、ハラハラする。
耐えられず「早く逃げて」と思うわけです。


ところが、これが犯人の視点からの映像だと理解しない人は、イマジネーションが沸かず、怖さを感じない。
ただのシーンになってしまう。

正体がわかれば、実体がつかめるが、正体が不明の場合、把握できないので、把握できないことがより恐怖を増徴させる。

実体がわかれば対処法はありますが、実体が把握できないと恐怖がわく。
だから日本の宗教は、災いが起こると、この目に見えないものを神の仕業として神を畏怖の対象として、怒りを納めくださいと祭ってきた。


だんだんカメラが迫ってきて、斧を振り上げる影が映し出された映像だけ見ても、その後どうなったか想像できて、「きゃーーー」と思ってしまう。
想像できないと、恐怖はわかない。


ゾンビとか出てくる映画は、、、
「ゴムっぽいな。重力と落下を考えてはりつけられていて、皮膚が剥がれ落ちるのを演出しているんだな」とか、「ゾンビの化粧をする人って、何時間メイクするのかな」とか、「ゾンビ役の人、 カクカク動いてゾンビらしく演技している。こっち専門の役者として登録しているのかな」とか、そっちの方面を想像してしまう。

だからつまらないです。
だって、ゾンビなど現実いないと知っているので。
多くの人は現実いないとわかっていても、怖いと感じるのは、カメラワークとかで、人の想像力を引き出す映像構成になっているからじゃないかと。


怪談話など、語り手がうまいと、人の恐怖心を煽って怖がらせることができる。
人の想像力をうまく操作するので、怪談を聞かされた人は、恐怖を感じるわけです。


これが怪談を聞くというシチュエーションではない場合。

「ラップ現象が起こる、赤ん坊の泣き声が聞こえる」とかいう相談を聞いた場合、私は恐怖心を操作されていないので、「幽霊じゃなく、家屋の傷みが原因。赤ん坊の泣き声は発情した猫の鳴き声」と答えるでしょう。
やはり想像力は使いますが、リアル問題として想像するので、一番リアルでありえそうな方を考える。
リアルでは、幽霊いないと知っているので、空想の世界でのみ可能は方は関連ずけない。



ある実験で、スプラッターものの恐怖映画を被験者に見てもらったら、5分もすれば、被験者たちはまゆをひそめだし、その後、口を押さえて席をどんどん立っていった。
でも、嫌な顔をするどころかゲラゲラ体をゆすらせ笑いだす人が少なからずいた。

細工がわかったので、怖い映画をコメディーとして見たからか?


恐らくですが。。。
人は恐怖に対面すると、自分を守るために、恐怖にたちむかわず、安全な場所に避難しようとする本能があると思えます。

大きな犬がいきなりほえてきたら、物理的に離れようとしますよね。
離れることで、噛み付かれて怪我をしないですむ。
古代や他の動物と接触する機会が多く、人間より強い動物に出会ったら、恐怖を感じ、身の安全を確保したんじゃないかと。

そういう恐怖心が沸かない種は、逃げ遅れて絶滅していたでしょうから、現在生存して種は、恐怖を感じる感覚を持っていることになる。


では、どうして、怖い映画をみて笑い出す人がいたか。

人の中には恐怖を感じると、それを打ち消すために、快楽物質を脳の中で出す人もいるようなんです。
人の生存本能の一つなのかもしれませんが、極度の恐怖を感じ、逃げられない状況においては、泣き叫ぶかわりに、笑い出す人いますよね。(というかそれは小説や映画の中で そう表現されており、恐怖のあまり発狂した人物として描かれていますが。)


上司に雷を落とされた人が、最初はへこんだ顔している人が、ニヤニヤしだして、「俺が怒っているのに なにニヤけているんだ。真面目に聞け」とかいう場面を見たことがある。

最初は真剣すぎる上司の怒りが度を越していると思った人が、滑稽と感じたからなのかと思ったのですが。。。

まあ それもあるかもしれませんが、もう一つは上司の雷が落ちている中 トンズラできない状況なので、我慢して恐怖に耐えているうち、脳が快楽物質を出したのではないかと思えます。

人間の脳はときには、恐怖を打ち消すために、快楽物質を出すらしいです。

ホラー映画を見ても、数人しか笑い出さなかったので、極度の恐怖心を感じたとき、快楽物質を出す脳を持つ人はマイノリティーですね。


自傷行為を繰り返す人も、快楽目的でリスカする人もいるのではないかと。
何症だったか忘れましたが、血を見ると性欲を感じる人がいるそうです。
性欲も一緒の快楽ですので、抑圧に耐えかねたときそれを消すために、何度も自分を刃物で切って血を出して、脳が快楽物質を出すようにしているのではないかと。

動物を切り刻んだりする行為をする人も、快楽殺人の人も、それが原因じゃないかと。

しかし、実際ホラー映画を見た人が、快楽殺人をやるかというとやらない。
ちゃんと分別があり、娯楽の部分ではやるが(つまりホラー映画を見るが)、命を奪ってまではやらないという理性があるからだと思えます。



一度、実験してみたらいいですよ。
血圧を測った後、恐怖映画を見てもらい、何分後に何人が不快な表情になりだし、何人が平然としているか。

耐えられず退室した人にすぐ血圧・心拍数を測定してみる。
ゲラゲラ笑い出した人も、血圧測定・心拍数ををしてみる。


あとは、特徴を分析するため、性格テストを受けてもらう。
それで、笑い出した人と気質(性格)に関係が無いか分析してみる。


最後まで無表情な人も、気質の調査で、何か特徴があるとわかるかもしれません。

ホラー映画は、人のイマジネーションを掻きたたせられるかどうかで、恐怖の度合いは違ってくると思います。

斧を持って振り下ろし、血がドバっと出るシーンがある映画。

人が部屋にいて、それをドアの隙間から覗くようなカメラワークで、だんだん視点が近づいてって、「あぶない」と視聴者が思った時、見られている人は、ふと他の方に向いて、間一髪。
でも また 視点がだんだん近づいていく。

前者は、こちらも「痛い」と感じる。

(猿の実験で、アイスを与えていた猿の前でアイスを食べると、そ...続きを読む


人気Q&Aランキング