賢いポイント生活をはじめよう >>

登山や山歩きをするとき、デオドラントを持って行きますか?

暑い時、超爽快氷感クールみたいなのをスプレーしたりすると涼しくなりますか?
山小屋やテントが無い山の屋外でデオドラントするとしたら、体のどの部分にするのがいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

介護用の清拭シートをジップバックに小分けして持って行くといいですよ。

一枚で体が拭けるし、朝、顔を拭けば洗ったようにさっぱりします。。

コンビニで小分けして販売しているボディシートなどもいいですが、清拭シートに比べて肌に刺激があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうものがあるんですね。
勉強になります。

お礼日時:2013/06/09 21:46

>全身というのはパンツ一丁になってでしょうか?



 服を着たままでは、
普通 全身にスプレーは、大変だと思いますが・・・

>周囲に人がいて、シャツやズボンを
>履いたままならどの部分がいいでしょうか?

 常識的に考えて
シャツやズボンを着用していても
スプレーできるような場所って限られると思いますが・・・
    • good
    • 0

>登山や山歩きをするとき、


>デオドラントを持って行きますか?

 荷物に余裕があれば

>暑い時、超爽快氷感クールみたいなのを
>スプレーしたりすると涼しくなりますか?

 そういう商品ですので
涼しく感じるかと・・・
(個人差があるかもしれませんが)

>体のどの部分にするのがいいでしょうか?

 全身
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今の時代男性の山男もデオドラントなんですね。
全身というのはパンツ一丁になってでしょうか?
周囲に人がいて、シャツやズボンを履いたままならどの部分がいいでしょうか?

お礼日時:2013/06/09 21:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登山での汗

私は山登りをスポーツだと思っていて、
息を切らせながらガシガシ登って汗をかくのが好きです。
しかし、先日、登山では汗を(できるだけ)かかないようにしろ、
と注意されました。
汗をかくとそれだけ疲労が進む、という理由でした。
私は本格登山をしないので、と言ったのですが、関係ないとのことでした。

私は日帰りしかしませんし、冬山もやりません。
今後もやる気がまったくありません。
天候が崩れそうな時は絶対に登りません。
登ってもせいぜい標高2500m程度で、通常は半分以下の標高。
登攀比高も最高で700m程度です。
もっとも標高が高くなると汗をかくほど動けませんが、
今まで汗をかいたことによるデメリットを一度も体験していません。
(スポーツドリンクを1L~1.5L補給しています)

この程度の登山で、汗をかくのはそんなに悪いことなのでしょうか?
登山とは呼ばないかもしれませんが、トレランしている人達は汗をいっぱいかいているし、いまいち納得できてません。

Aベストアンサー

 登山歴30年です。

 「汗をかかないように登る」のは、あくまで登山の基本中の基本です。逆に言えば「基本にしか過ぎない」わけで、どんな場面でも必ず基本は守らなければならない、というのもでもありません。リスクを知った上で基本を逸脱するなら、それは個人で責任を取れる範囲でならOKでしょう。

 「古い迷信」は、「運動中には水を飲むな」であって「汗をかくな」ではありません。私も70年代に中学生でしたが。
 運動して汗をかいた時に水を補給しないと、早い話が脱水になります。場合によっては命の危険もあるわけです。細菌の理論では、喉の渇きを覚える時点で既に脱水が始まっているので、喉が渇く前に水を飲め、と言いますね。
 それも汗をかく時は電解質も同時に失われているので、「水」をいくら飲んでも電解質は補給できず、浸透圧が狂って熱性痙攣などを引き起こします。ですので、水ではなくスポーツドリンクがベスト、なのですが・・・
 いくらスポーツドリンクが吸収が早くても、汗をかくと電解質はどんどん失われるので、「汗をかくと疲労が進む」のは本当です。その疲労を補うに足りる体力があれば、とりあえず問題になることは少ないとは言えますが。

 スポーツドリンクを1-1.5L補給しているとのことですが、それではまったく足りないです。この補給量は、極力汗をかかないように登っている(つまり基本どおりの)人の半日(すなわち行動中)の補給量です。それでも少なめなくらいです。

 余談ですが、冬山の長期山行で厳寒のためほとんど汗をかかないような状態であっても、1日に2Lは水を飲まないと脱水になります。脱水になると凍傷になりやすくなるくらいはまだ良いのですが、肺水腫になる可能性が高くなり、冬の山中で肺水腫を起こすと、これはもう遭難死したも同然、という"絶体絶命のピンチ"に追いつめられます。
 学生時代に厳冬期の穂高で、バーナーが壊れて水を作れなくなったパーティーが悪天候で停滞3日目に1人が肺水腫を起こし・・という状況に遭遇したことがあります。我々のパーティーが水を作ってやったので残りの2人は元気になりましたが、肺水腫を起こした1人は極めて危険な状態だったので、雪崩の巣のような谷を決死の覚悟で4人がかりで担いで下ろしました。なんとかぎりぎりで助かったようです。
 ま、これは余談です。

 他に、脱水すると血液の粘調度が上がるので、血栓や心筋梗塞などを起こしやすくなったり高山病になりやすくなったりとか、まあいろいろリスクは指摘されています。
 高山病も、標高2,500mでなっても何の不思議もありません。数年前、標高2,300mの北アルプス燕山荘前のテント場で、高校生が高山病のため亡くなるという事故が起きています。

 というわけで、汗をガンガンかくように自分の身体を追いつめながら登るというやり方が、"基本に忠実"な登山法と比較するとリスキーなやり方であることは間違いありません。まあ、だからこその"基本"なわけです。

 リスキーなことは承知の上で、そのリスクを低減する対策を執っているなら、それで構わないと思います。
 ただ、リスク回避とは冬山はやらないとか天候が崩れそうな時は登らないというような"簡単な"ものではありません。特に天候なんて完全に天候が読めるのなら気象遭難なんて一件も起きませんてば。「今日は絶対に崩れない」と確信していた日に土砂降りの雨に遭ったりなんてことは、長く山をやっていれば誰でも一度や二度は経験することです。
 その「稀な不運な土砂降り」に遭遇した時、その前にガンガン歩いていて汗をだくだくにかいていたりしたら、それは安全圏までの所要時間にも依りますが、場合によっては「大ピンチ」な状況になります。

 登山は自然相手の遊びですから、天候は完璧には読めないし登山道で足をくじくかもしれないし、突然クマが現れて襲いかかってくるかもしれません。道に迷うかもしれないし、突然体調が悪くなるかもしれません。
 いろいろな「不測の事態」が可能性としてはあるのですが、その状況にきちんと冷静に対処して無事に切り抜けられるかどうかも、その時に「体力に十分余力を残しているコンディション十分な自分」があってのことです。汗をだくだくにかいている時点でコンディションは減点であるわけですから、生き延びるための条件は「1つ不利」なわけです。その1つの不利が決定的になるか結果的に大丈夫だったかはその時次第です。
 ま、自分ではコントロールできない要素が多いのが登山という自然相手の遊びですから、その中でコントロール可能なのは自分のコンディションくらいしかないわけです。なのでそのコンディションを不利な方向にわざわざ追いやるような登り方は「基本」ではない、というわけです。

 自分を何かの方向に追いつめるような登り方は、それまで何一つ問題がなくても(自分では問題を認識しなくても)、ある時何かたった1つが悪い方向に転がった時、一気に最悪の方向に怒濤を切って流れがちになります。
 無茶をするなとは言いませんが、もう少し理論的なことも勉強して(水分の必要補給量とか)慎重にやった方が良いでしょう。

 最後になりますが、30年登山をしていて一番危険な状態は、何かの判断をする時に「今まで問題はなかった」ことをその理由にすることだと痛感しています。今まで問題がなかったという事実は、将来も問題がないということを何一つ保証してはくれません。それが判断理由になっている時点で、もう既に棺桶に片足くらい突っ込んでいる状態、と思います。
 私の場合、それが「教訓」になって残っているだけ幸運だったのですが、その教訓を自分の命で払ってしまっている人も大勢いますから。

 なんにしても、少し慎重に理論的なことも勉強しながら、自分の登山を続けていただければ、と思います。

 登山歴30年です。

 「汗をかかないように登る」のは、あくまで登山の基本中の基本です。逆に言えば「基本にしか過ぎない」わけで、どんな場面でも必ず基本は守らなければならない、というのもでもありません。リスクを知った上で基本を逸脱するなら、それは個人で責任を取れる範囲でならOKでしょう。

 「古い迷信」は、「運動中には水を飲むな」であって「汗をかくな」ではありません。私も70年代に中学生でしたが。
 運動して汗をかいた時に水を補給しないと、早い話が脱水になります。場合によ...続きを読む

Q夏の汗の臭い

 夏の登山用半袖シャツについての質問です。夏に半袖シャツを着用して汗だくになるのですが、襟袖部分の臭いが気になります。登山用品で比較的値段の高いパタゴニア、マーモット、ノースフェイス等のシャツを試しても汗の臭いがすごいです。抗菌と、うたわれていましすが、そんなものでしょうか?それとも逆に汗の蒸発作用がいいために匂いがするのでしょうか?銀イオンを使った消臭スプレーも考えましたが、なんか山に似合わないようで、抵抗があるため使っていません。メリノウールはまだ試していませんが、効果がありますか?

Aベストアンサー

夏の汗の臭い気になりますよね。

小屋泊まりで着替えなかったりすると、特に。


私はいままでにさまざまなメーカーの防臭や抗菌をうたったシャツを試してきましたが、

その中でメリノウールが最強の防臭効果があります。


友人たちにも協力してもらって、調査しましましたが、個人差あるもののメリノウールはとにかく臭いしないという意見で一致しました。

○ご参考

登山用アンダーウェア・Tシャツ性能比較実験
http://fujisan.rash.jp/motimono/underbattle.html


残念ながら、夏に使うにはそのウールの保温力がじゃまですが。。。

私は夏の低山ではメリノウールは暑いので着ないですが、夏の3000m級の高山では着ることがあります。

化繊とメリノウールの混毛のウェアもありますが、私が試したところ、やっぱりメリノウール100%の方がにおい無いと思います。(同条件で比較したわけではないので、厳密にはわかりません)


メリノウールの薄ーいウェアなど探してみるとよいかもしれませんが、メリノウールは化繊と違い繊維が弱く、すれる部分(ザックのショルダーベルトあたるとこなど)は生地が薄くなりやすいので難しいところです(^_^;)


夏にメリノウールはさまざまな課題ありますが、ぜひ一度試してみるとよいかもですね(^^)

夏の汗の臭い気になりますよね。

小屋泊まりで着替えなかったりすると、特に。


私はいままでにさまざまなメーカーの防臭や抗菌をうたったシャツを試してきましたが、

その中でメリノウールが最強の防臭効果があります。


友人たちにも協力してもらって、調査しましましたが、個人差あるもののメリノウールはとにかく臭いしないという意見で一致しました。

○ご参考

登山用アンダーウェア・Tシャツ性能比較実験
http://fujisan.rash.jp/motimono/underbattle.html


残念ながら、夏に使うにはそのウールの保...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報