最新閲覧日:

貝原兵庫県知事が任期途中で辞任されるそうです。その理由がどうしてもやむを得ないこと(リコール、病気、家庭事情、その他)ではなく、震災復興の区切りがついたからと言うことらしいです。知事のやるべき仕事、任期はまだあるのではないですか。県民から選挙で選ばれながら、個人的判断でやめるのは無責任だと思います。行政内容のこと言ってるのではありません。途中辞任による余分なもろもろの出費(もちろん税金)が、許せません。県の財政も苦しいのです。貝原知事に応分の負担を請求したいと思いますが、可能でしょうか。

A 回答 (2件)

貝原さんの辞職の理由の一つに「病気の奥様の介護」があると聞いたのですが。

。。どうなんでしょう?

表向きの理由(震災の区切りがついた)だけでは、図れないものがあると思うのですが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。やめたいのなら仕方ないですが、{立つ鳥あとをにごさず}と、いってもらいたいものです。

お礼日時:2001/05/28 20:13

 恐らく不可能です。

この手の請求が過去されたことがあるのかどうかは判例を調べてみなければ分からないでしょう。東京都立中央図書館、国会図書館でCD-ROMがありますので個人でも調べることができます。
 また、地方自治法一四五条では、任意の退職を認めており、罰則は設けられていません。折り込み済みと理解される方が自然です。

 >県民から選挙で選ばれながら、個人的判断でやめるのは無責任だと思います。

 県民が選挙で選んだ知事です。知事の意見は尊重されるべきです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。法律で認められているのなら仕方ないですね。

お礼日時:2001/05/28 20:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報