ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

特にロンドン万博頃~第一次世界大戦終結頃の、ヨーロッパの服飾についての資料を探しています。
身分については王侯貴族からロンドン路地裏の娼婦まで問わないと言いますか幅広く把握したいと考えています。
近所にある大きめの書店を数店回ってみたりもしたのですが、ライトファンタジーの資料などに用いられると思われる中世のものこそあれ、近代の衣装を詳しく扱った書籍は見つかりませんでした。

書籍やサイトなど、使えそうな資料をご存知でしたら教えていただければと思います。
用途は創作の舞台設定を固めるためですので、概ね外見が(その格好をしているのがどういう身分・生活の者なのかという事と共に)分かればよく、縫製やつくりについての解説はなくとも構いません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ロンドン万博ということなので,ヴィクトリア朝期イギリスを中心に,いくつか心当たりがあるので,参考に紹介します。





坂井 妙子 (著) 『アリスの服が着たい―ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生 』勁草書房

谷田 博幸 (著) 『 図説 ヴィクトリア朝百貨事典 』河出書房新社

村上 リコ (著) 『図説 英国メイドの日常 』河出書房新社

小倉 孝誠 (著) 『“女らしさ”の文化史―性・モード・風俗 』中公文庫

石井 理恵子 他(著) 『英国男子制服コレクション (制服・衣装ブックス)』新紀元社

文化服装学院研究企画委員会・編 (著),『 服飾図鑑 改訂版 』文化出版局


こんなとこでどうでしょう?
ライトファンタジー向けの資料ではありませんが,創作活動の資料にはなると思います。
ではでは、参考になれば幸いです
    • good
    • 0

メンズウェア100年史



エドワード七世から始まるメンズウェアの歴史
「カジュアル・ファッションの元祖は、英国のエドワード7世だった」なんて書いてある

http://brandbanzai.seesaa.net/article/156156066. …
    • good
    • 0

b-cさん、こんばんわ。



エマ ヴィクトリアンガイドはビクトリア朝の時代習俗の設定、エマ アニメーションガイドは服装、調度品の設定について簡単な説明があります。

エマ ヴィクトリアンガイド(著者:村上リコ、挿絵:森薫):2003年11月25日発売 ISBN 4-7577-1643-5
エマ アニメーションガイド(著者:森薫・村上リコ、監修:小林常夫)
1巻:2005年10月24日発売 ISBN 4-7577-2446-2
2巻:2006年1月30日発売 ISBN 4-7577-2597-3
3巻:2006年5月25日発売 ISBN 4-7577-2788-7
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング