子供の頃野球が下手だったけれど、何かがきっかけで急に上手くなり、プロ野球選手として活躍している選手をご存じの方、その選手の名前、下手だったときのエピソード、上手くなったきっかけについて教えていただけませんか。現役でなくても構いません。

私は12年間野球をしていましたが、野球が上手くなるには生まれ持った才能が大事なのだと思い知りました。
プロ野球選手の少年野球時代のエピソードを聞いていても、たいていは運動神経が良かったようで、9番ライト、フライもゴロも捕れずバットにボールが当たらなかった。という話は聞いたことがありません。

しかし、何年か前、プロ野球選手の中には、少年野球時代下手だった選手もいるらしいという話を聞きました。本当ならとても面白いですし、私の野球感が大きく変わる話です。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

趣旨とはちょっと違うかもしれませんが・・・・・・


高校時代1本もホームランを打っていない選手が、
プロに入ってから強打者として活躍した例があります。

1.門田博光(南海~オリックス~ダイエー)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%80%E7%94%B0% …
http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%96%80%E7%94%B0%E5% …

2.小笠原道大(日ハム~巨人)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%AC%A0% …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
とても面白いです!
私は、ホームランを打てる人は生まれつき決まっていると思っていましたから。

あの小笠原選手が!?って思いました。

私は現役選手のときからあまりプロ野球を見ていなかったですが、今回、プロ野球って面白いなーと思いました。

お礼日時:2013/06/13 19:31

益田直也。

市和商時代は内野(主に遊撃)の控え。関西国際大時代に志願して投手に。たまたま、投げさせた試合で好投。昨年のパ・リーグ新人王までに成長。
金石昭人。PL時代は西田真二の控えで全く目立たず(身長だけは別)。おじ・金田留広のコネ(当時広島所属)で広島入りし、複数球団で活躍。
高梨芳昌(元・巨人内野手、一軍出場経験はなし)。中学時代までは投手も2年新チームから(それまではレギュラーポジションなし)。札幌第一時代、打力を買われ、即三塁手転向・4番(弟は元・ヤクルト)。
宮本和知。上手かったか、下手だったかどうか自体不明。中学まではサッカー部所属。野球は高校から。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

「下手」というレベルではなさそうですが、パッとしない選手が急に活躍し始めることがあるんですねー。
やっぱり、ある程度上手い人は諦めてはダメですね。諦めずに努力したら大化けする可能性があるんですね!

お礼日時:2013/06/13 19:44

>代走専門で野球経験のない選手


→残念ながら飯島さんは成功しませんでしたが、昭和50年代半ば、近鉄で活躍した藤瀬選手は
成功例ですね。大阪体育大学卒業時に全くの冷やかし、思い出として受けた近鉄の入団テストに合格
し、ここ一番の代走で盗塁を確実に決め、西本近鉄の黄金時代には欠かせない選手となりました。
もっとも、体育大学に行き、入団テストに一発で受かるくらいですから、運動センスは抜群であったことはまちがいないでしょう。こんな藤瀬選手ですから、少年野球をやっていたらあっという間に頭角を現していたでしょう。
その後、運動センスを活かして外野手として転向を図りましたが、プロ野球選手として大成するには
さすがに遅すぎたようです。

私の回りにも野球がむちゃくちゃうまい少年が2~3人いましたが、それでもプロにはなれませんでした。
高校野球が精一杯でした。

運動センスというものを考えたら、少年野球が下手だったらとてもプロ野球なんて進めないでしょう。
運動音痴として断言できます。笑。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そんな選手がいるんですね!才能ありきか(^^;)

そうですよねー野球は努力効率が悪い上に競技人口が多い!
才能ある人達がさらにすごい努力をして鎬を削っていますから、普通だったら少年野球が下手な人がプロ野球選手とか有り得ないですね。

お礼日時:2013/06/13 19:37

>代走専門で、野球経験の無い人もいたのは事実



1964年に当時の日本の100m走の日本記録保持者を
ロッテが話題のために入団させましたが
3年間で通算盗塁成功23、盗塁死17、牽制死5という成績しか残せませんでした。

大きな理由はスタートを切るタイミングが取れなかったということです
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます!

確かに…足だけ速くても難しいでしょうね。
帰塁の技術とか、タッチをかわす技術もいりますよね。代走専門となるとバッテリーも警戒しますからウエストもあり得るでしょうし…そもそも、塁間は100mより短いから、スタートしてすぐに加速する能力がいりますね。

2盗以外も求めるなら、走塁の技術やサインプレーも必要か…素人には課題が多い…

(私の経験上、素人が野球をやってかわいそうだと思うのが走塁です。判断やサイン確認をスムーズにできるようになるまで2年くらいかかる…)

というわけで、かなり納得しました!

お礼日時:2013/06/13 08:07

甲子園出場レベルの高校野球レギュラークラスの人たちというのは、5、6歳児までに、まず、投動作が完成されています。

下手な大人とは別格の投げ方が出来ます。打動作は、投動作の後についてきます。で、高校時代に野球をやっていなかったという人は、殆ど、プロ野球選手には居ない。

ただし、プロ野球選手の中には、代走専門で、野球経験の無い人もいたのは事実。少年時代だけでなく、入団時にも、投げる、打つが全く出来ない選手が存在していたということ。

この回答への補足

一回書いた質問は編集できないから、補足で書いてみました。
「子供の頃下手だったプロ野球なんているわけないだろ!」という回答も歓迎しますよ!

補足日時:2013/06/12 19:54
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
投動作は5~6歳で完成されるのですか!早い…でも言われてみれば…投げ方って矯正できないですもんね…

代走専門とは盲点でした!それは確かに、小さい頃野球下手でもなんとかなりそうですね!

お礼日時:2013/06/12 19:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野球はセンスだ!

野球経験者なのですが野球はセンスだと思いますか?

自分も練習をかなりやったけどやっと人並みって感じです。

野球のうまい人ってセンスあるんだなーとか思ってしまうのですが
それって練習量の差なんでしょうか?

練習量の差をセンスの差と思ってしまっているのでしょうか?

私は練習の差が実力の差だと思いたい人間です。(センスと練習の差もあるんだろうけれども)

Aベストアンサー

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
と思います。(上位20%、の意味は選手が100人いて、守備・打撃を考慮して20人
選抜される中に入る、という程の意味です)

 しかし、「人並み」の意味が中学での話しか、高校でのことかで、全然変わってしま
います。中学で野球をやった子の内、自信のある子が高校で野球部に入るのが一般
的だからです。そもそも中学で野球部に入る子は小学生のころの草野球でそこそこで
きる子が多いです。(サッカー熱が高い地域では違うかもしれません)大学選手権で
上位を狙うような大学では、その中で補欠に入れればすごいことですね。

 ボール感、リズム感などの神経系統の能力は小学校4,5年生が一番伸びる時期だ
と言われています。上位1%になりたいならば、この時期に成長期の発達や障害を意
識した良い指導者の下で、良質(バランス、ハンドアイコディネーション:眼と手の協調
など)で適量のトレーニングをこなしたいですね。

 プロ・セミプロでなかったら、成人後でもバランスボードやハンドアイコディネー
ション等の科学的なトレーニングはすごいレベルアップになると思います。

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
...続きを読む

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q効率よく子供に野球を教える方法(親子ともに初心者)

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に私がこのままではいけないと思っている状態です。
我が家には父親がいません。
私は野球の簡単なルールは知っていますが、フォームがどうとか、専門的な事は全く分かりません。
が、子供が少しでも自信を持ってくれるよう、朝練(フルタイムで働きいているため、朝しか時間がとれません)をしようと決めました。
時間は30分から1時間弱しかとれません。
この度素人の私が、子供にキャッチボール、バッティングを効率よく教えるための手順、方法などありますでしょうか?
私は決して運動が得意とは言えませんが、子供と一緒に上達出来たらなぁと思っています。
無理難題申しますが、アドバイス、ご意見よろしくお願いいたします。

我が子が今年の4月から少年野球に入りました。
子供は元々、特に野球に興味があるわけでもなく、ルールもほとんど知りません。何となく・・・
入った状態です。
そのため、キャッチボールもほとんどした事がなく、ましてやバッティングなど、全くの初めて
でした。
小学校2年になりますが、周りを見ればほとんどの子が普通にキャッチチボールにバッティングをしていました。
出来ないのは我が子だけ。
子供も、自分だけ打てない、受けられない、投げられないで少し落ち込む事もあります。が、それ以上に...続きを読む

Aベストアンサー

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで、
ルールなどはチームにいればこれから自然に覚えていくと思いますので、
今の段階ではあまり考えなくてもいいと思います。

練習方法としては、まだフォームやスタイルはあまり難しく考えず、
本人がやりたいスタイルでやらせてあげた方がいいと思います。

キャッチボールについては、まだボールに慣れていないのであれば、
無理に軟球とグローブを使用せず、柔らかいゴムボールで
キャッチボールをされた方がいいです。

小学校2年生くらいですと、まだボールに恐怖感をもつ子どもも多く、
ボールから体を避けてキャッチする子も多いです。
まずは柔らかいボールでボールへの恐怖感をなくすことにより、
キャッチングの基本である正面でキャッチするということが、身に付くと思います。
ボールに慣れてきた所で軟球に替えるといいでしょう。

またグローブについてですが、手の小さいうちから大きなグローブを使用すると
まだ握力と腕力が充分でないため、正しいキャッチングができないと思います。
手の平で捕るというより、大きなグローブにボールを入れるような
捕り方になってしまうこともあるので、
なるべく手の平にあった柔らかい小さなグローブを使用し、
素手感覚でキャッチできるような物を選ぶといいと思います。

普通にキャッチボールするだけでもいいですが、
時にはボールを少し高く投げてフライを捕らせるような練習や、ゴロを転がしてあげたり、
また、短い距離でかまわないので、お母さんが座ってキャッチャーになり、
子どもさんにピッチャーをやらせ、ストライク、ボールの判定をして
三振だ、フォアボールだ、とゲーム感覚でキャッチボールされるのもいいと思います。

バッティングについても、小学校高学年と低学年では筋力が違いますので
使うバットも無理に高学年の子と同じ物を使うのではなく、
軽くて振りやすいものを与えてあげるのがいいと思います。

とはいえ、慣れてないと細いバットにボールを当てるのも一苦労するとおもいますので、
慣れるまでは、バトミントンをやらせるのも一つの方法です。
バトミントンのラケットは軽く振りぬきやすく、またラケットの面積も大きいので
打ち返しやすく、シャトルも軽く腕にかかる負担が少ないです。

また、バトミントンの腕の振りは、キャッチボールのそれと動きが非常に似ていて、
正しいスローイングのフォーム作りにも繋がります。
まあそこまで意識する必要はありませんが、
なにより、打ち返すことの楽しさを身につけることができます。

バットを使った練習では、新聞紙をガムテープなどで丸めてボールにして
短い距離から緩いボールを投げてあげて打たせるなど、
まずは簡単に打ち返せるような練習をされるといいと思います。

新聞紙ならミートしても遠くに飛びませんし、
当たっても物が壊れることがありませんから室内でもできます。
ただ振り回すバットで物を壊したり、誤って怪我をさせてしまうことがありますから
室内で行うときはなるべく広いところでやってください。

道具については決して高価な物を買う必要はありませんが、
体に合った物を買ってあげるのが一番です。

そのうち大きくなるからといって、今の体のサイズに合わないものを買うと
それを使いこなせず、上手くならないこともありますし、
上手くならないことにより、野球が嫌いになってしまうこともあります。

長くなりましたが、まずは野球を好きになるようにすることを第一に練習してみてください。
野球が好きになれば、必然的にもっと上手くなりたいと思いますし、
そのためには何をしたらいいのか自分で考えるようになります。

その頃にはお母さんの手を離れて、チーム内の友人と競いあったり、
指導者からの指導やアドバイスにより、より良い練習方法を身につけていくことと思います。

他にも練習方法はいろいろあり、子どもの体格や技術に応じて練習方法は変わってきますが、
現時点では楽しんでできる練習を心掛けたらいいと思います。

まとまらない長文、失礼しました。
これからのお子さんの活躍が楽しみですね。
お母さんも無理なさらず、子どもと楽しんで練習をしていってくださいね。

以前に少年軟式野球の監督をしてました。
いいお母さんですね。幸せなお子さんだと思います。

さて、小学校2年生のお子様ということですが、
練習についてまだそんなに焦る時期ではないと思いますので
まずは野球って楽しいんだと子どもが思うようになることが最重要だと思います。
そのためには子どももそうですが、
お母さんも楽しんでできるような練習ができるといいですね。

親が楽しんでいれば必然的に子どもも楽しんで練習すると思います。

すでに少年野球チームに加入しているということで...続きを読む

Q野球選手の少年時代

プロ野球選手の少年(小学生)時代はどんな感じだったんでしょうか?
やはりみんなエースで4番なのかな?
小学生の時はたいしたこと無くても、中学・高校で見違えるように伸びる子もいるんですか?

Aベストアンサー

エースで4番が多いことも事実でしょうね

でも
西武の松阪選手。小学生時代にチームメイトが「天才野球少年」とテレビで紹介されていましたが、松坂選手は一チームメイトとしか紹介されていませんでした。
広島の元大エース大野豊氏は軟式野球からプロ野球選手になっています(もちろん硬式だってやっていましたが)
ロッテのサブマリン渡辺俊介選手は中学時代3番手投手だったらしいです

日本人メジャーのパイオニアとして有名な野茂選手もかつてあるプロ野球球団のセレクションを受けたが不合格になっていたらしいし
日本人メジャー第一号の村上雅則選手は大学時代控え投手でした

と、数々挙げてみましたが、実は皆投手なんですよね
でも、野手でも高校時代控えだった選手がいます。
近藤和彦元選手です
天秤打法が有名でしたね

とまあ、列挙してみましたが、小学生で控えだった選手はそんなに珍しくも無いと思いますよ
小学生だと遅生まれとかになると体も小さかったりするし・・・

Q母としての私は最低なのかな・・・。

私には中2♂小5♂4歳♀の子供が3人います。
今日は次男小5の事で皆さんの意見が聞きたく、書かせて頂きます・。

次男は小1の時から少年野球をしていますがその事で私は今悩んでいます。

私は夜勤もある仕事をしている事でシフトによりけりですが、たいがい土曜日か日曜日が夜勤明けという事が多く、野球に関しては非協力的な親です・・。小学校のグラウンドが使えない事もあり親が送迎*車だしは当たり前なんですが・・。

夜勤終了後→自宅駐車場にて子供と待ち合わせ→グラウンド→自宅に帰る・・という事もしばしばで練習をみてあげてほしい・・等いろいろ他のお母さんから引き止められた事もありました。
試合やお茶当番は出きるだけ行くのですが普段はほとんど行くことがないのです・・。
小さな娘もいるし、いくら主人が休みでも主人にゆっくりしてほしいとも思います。
他のお父さんだって頑張ってでてきてるのよ!!と言われるとそれは本当に感謝ですし頭の下がる思いです。

私は子供の為に時間を作れないなんて最低だね!!なんて言われるたびに自己嫌悪に陥り、野球辞めないかなぁ・・って思ってしまいます。

自分でも協力してあげたい気持ちとせっかく日曜が休みだったり夜勤明けだったりすると『ゆっくりしたり家の事したり自分の時間がほしい』と思ってしまいます。
やっぱり最低ですよね↓母親が働いていても土曜日*日曜日*祝日はどのお母さんも子供に時間を費やしている人が多いと思うので・・。

私はべったり子供とできず・・どうしても働いてる事を理由にして逃げてしまうんです・・。

どんな意見でもいいのでカツ入れてください・・。

私には中2♂小5♂4歳♀の子供が3人います。
今日は次男小5の事で皆さんの意見が聞きたく、書かせて頂きます・。

次男は小1の時から少年野球をしていますがその事で私は今悩んでいます。

私は夜勤もある仕事をしている事でシフトによりけりですが、たいがい土曜日か日曜日が夜勤明けという事が多く、野球に関しては非協力的な親です・・。小学校のグラウンドが使えない事もあり親が送迎*車だしは当たり前なんですが・・。

夜勤終了後→自宅駐車場にて子供と待ち合わせ→グラウンド→自宅に帰る・・とい...続きを読む

Aベストアンサー

最低ではありません!
私は働いてなくてブラブラしている専業主婦ですが、息子が4年生の時に入った少年野球のシステムに辟易としていました。お茶当番の親は練習前から練習後までベンチにいて麦茶がなくなれば補給し夏はポカリを用意して監督・コーチ・ボランティアで参加のお父さんにはコーヒーまで用意しなくてはならず下僕のように動きまわっていました。当番じゃない日も出来るだけ応援に来るように言われ続けものすごくストレスになっていたところに、チーム内で苛めが発覚し息子は関与していませんでしたが嫌気がさしたんだと思いますが自分から辞めると言い出しました。正直言って小躍りしたいくらい嬉しかったです。
今、そのチームは苛めで転校生まで出してしまい存続の危機に陥っています。(まるで相撲部屋のかわいがりみたいなことをやったみたいです)在籍していたころ散々親達の間で嫌な事を言われたり強要されていたので今はおとなげないですがザマーミロと思っています。
私の息子のチームは特別ですが、少年野球チームというのはどこも同じ気質があると思います。
お子さんが野球を続けるなら最低限の義務だけ果たしてればいいんじゃないですか?

最低ではありません!
私は働いてなくてブラブラしている専業主婦ですが、息子が4年生の時に入った少年野球のシステムに辟易としていました。お茶当番の親は練習前から練習後までベンチにいて麦茶がなくなれば補給し夏はポカリを用意して監督・コーチ・ボランティアで参加のお父さんにはコーヒーまで用意しなくてはならず下僕のように動きまわっていました。当番じゃない日も出来るだけ応援に来るように言われ続けものすごくストレスになっていたところに、チーム内で苛めが発覚し息子は関与していませんでした...続きを読む

Q子供をプロ野球選手に育てるには

私の息子は野球が大好きで、とにかく将来はプロ野球選手になりたいと夢見ています。現在6年生です。
その真剣さは本当に胸が痛くなるくらいです。
しかし、私は母子家庭で、仕事をしながら子供を育ててきましたので、スポーツ少年団などにはどうしても入れて上げられませんでした。
住んでいる、地域のスポーツ少年団は、親の送り迎えが必須で、一人で帰ったりすることは認められない決まりになっているチームでした。
朝起きると、外に出てボールの壁当てをして、ピッチングを自分なりに練習しています。学校の友達と休み時間に野球をやったり、休みの日に友達と野球をやっていますが、何か物足りないようです。
私なりに、この子に何とか野球を思いっきり出来る環境を作ってあげたいと思いいろいろ考えましたが、私は野球のことが本当に分からないので、野球に詳しい方がおりましたらいろいろアドバイスを頂きたいと思い投稿いたしました。
先ず、いろいろ考えて思いついたことが二つあります。
一つは、野球スクールに入れると、お母さん方の当番や試合に朝早い送り迎えが必要と言うことがないので仕事をしながらでも通わせて上げられます。しかし、チームではないので個々のバッティングやピッチングの上達の練習や体作りのトレーニングが主です。ここで、中学校入学まで練習させた方が良いか、
もう一つは、遠いのですが東京まで行って(新幹線で1時間)完全個別指導のレッスンを時々受けて、中学まで上達させて部活動に入ったら活躍できるようにさせてあげたら良いか迷っています。
どちらにしても、チームに入れて上げられないので、本人は試合がしてみたいという希望を持っているのですが、そこを叶えて上げられません。
前にある人から、中学から野球を始めても遅くはないという言葉を聞いたことがありその言葉を信じているのですが、それは、本当なのでしょうか・・。
息子のひたむきに、チームに入れなくてもプロ野球選手を夢見る姿に、何とか支えてあげたいと、何とか良い方法はないか・・と考えているのですがどうしたら良いかはっきりした答えがわかりません。
私の実家も女系家族ですので、誰も野球に関しては知識がありません。

少年野球から中学、高校と野球をやるのが通常なのかもしれませんが、みんなから一歩も二歩も遅れてしまいました。

息子の夢を叶えてあげたいです。
どういう方法が一番良いでしょうか。
どんな事でも良いです。教えてください。
どうか良いアドバイスや専門的なお話を教えて下さい。
何卒、宜しくお願い致します。

私の息子は野球が大好きで、とにかく将来はプロ野球選手になりたいと夢見ています。現在6年生です。
その真剣さは本当に胸が痛くなるくらいです。
しかし、私は母子家庭で、仕事をしながら子供を育ててきましたので、スポーツ少年団などにはどうしても入れて上げられませんでした。
住んでいる、地域のスポーツ少年団は、親の送り迎えが必須で、一人で帰ったりすることは認められない決まりになっているチームでした。
朝起きると、外に出てボールの壁当てをして、ピッチングを自分なりに練習しています。学...続きを読む

Aベストアンサー

まず「プロ野球選手になる」ことと「プロで活躍すること」というのは別問題なのだということを知っておいてください。
厳しい世界です。

私はプロ選手を何人か輩出している高校の卒業生ですが、野球部の厳しさ、過酷さといったら、それはそのまま社会人の「それ」と同じくらいに苛烈極まりないものでした。
新入生が100人以上は野球部に入ります。
県外県内混ぜてそれくらいの数になります。
約半年間で、その数は「三分の一」に減ります。
そして夏の大会に出られる新入生は、その中の数パーセント…一人か二人です。
後はレギュラー落ち…スタンドでの応援やマネージャー業に転向する人もいます。

その「100人」も、さすがに野球名門校ですから、腕に覚えがある人ばかりが入部してきます。
その中で最終的にレギュラーに選ばれるのは数人にしか過ぎず、ましてや甲子園まで進出してスカウトの目に留まるのは、これはもう「奇跡」という気さえしてきます。

卒業生でプロで活躍されておる方はいますが、過去30年以上の歴史をたどっても、一軍で安定してプレーし、有名な選手に上り詰めた人は、私が知っている限りで数人…大変にメジャーな方もいますが、ほとんどの方はドラフト後位指名でプロ入りし、そのまま何年かプレーして、引退された方がほとんどです。
…厳しい世界、というのは、これだけでもお分かりかと思います。
まさしく言葉どおりの「夢の世界」です。

それと…先にも言いましたとおり、私は野球有名校の出身者です。
ですので「夢に敗れた人がどうなるか」ということも、存じております。
諦めきれずにバイト生活、球団のテストを受け落選…甲子園は純粋過ぎる目標であるがゆえに、その傷も大きいものがあります。
こういった「裏の世界の話」も、出来れば考慮していただきたい。

しかしそれでも「夢を追う」ことは、男子の本懐とでも言えるような、素晴らしい事には違いない。
息子さんとはどうか「二人三脚」を忘れず、夢は大きいのだから、そのためにはどうしても「パートナー」が必要になります。
夢破れたとしても、話し合える関係が構築されていれば、被害は少なくて済みますし、転回も速く出来ます。
言葉として正確かどうかはわかりませんが「半信半疑」くらいに見ていただいたほうが、私はよろしいのではないか?と思うのですが。
…いや「信が7、疑が3」くらいでしょうか?。
いづれにせよ「両方の目」を持って、息子さんには接していくべきではないでしょうか?。

まず「プロ野球選手になる」ことと「プロで活躍すること」というのは別問題なのだということを知っておいてください。
厳しい世界です。

私はプロ選手を何人か輩出している高校の卒業生ですが、野球部の厳しさ、過酷さといったら、それはそのまま社会人の「それ」と同じくらいに苛烈極まりないものでした。
新入生が100人以上は野球部に入ります。
県外県内混ぜてそれくらいの数になります。
約半年間で、その数は「三分の一」に減ります。
そして夏の大会に出られる新入生は、その中の数パーセント…一...続きを読む

Qピッチャーをやらせる基準 少年野球で

愚問ですが、教えてください。
コーチや監督から見て、ピッチャーをやらせようと思う基準にはどういうものがありますか?
左利き、でかい、精神面で強い、くらいしか、判りません。
中には、細い、背の低いピッチャーもいます。
何か素人にはわからない、目の付け所があるのですか?

Aベストアンサー

まず、早い球が投げられるかどうか、ですね。
コントロールは後でどうにでも出来ます。
左右投げも関係ありません。
精神面なんかは試合に出し続ければ簡単に鍛えられます。
要は本人にチームのエースなんだと自覚させれば良いだけです。

プロのスカウトが言ってました。
「高校時代140kmを一回でも投げたことがあれば間違いなくスカウトは見にくる」んだそうです。

少年野球ではコントロールを重視する傾向にあります。

理由は簡単。
コントロールが無いと四死球で塁を埋められ一本のヒット、あるいは四死球の連続で点を入れられる恐れがあるからです。

早い球を投げられるかどうかはある意味天性のものもあります。

背が低くても、ケツ回りがでかい選手は下半身が安定してるのでしっかりした球が投げられるかも知れません。

背が高くて腕が長ければ振り下ろした勢いで早い球が投げられるかも知れません。

まずはこの選手、とこだわらずに、チーム内の全選手をじっくり観察する事から始めるのがセオリーかと思います。

Q硬式野球クラブチーム所属しているわが子の高校進学について

硬式野球クラブチーム所属しているわが子の高校進学について

長男(中3)は地元の野球チームのレギュラーですが、今年はチームとしてはあまりいい成績を残せず先日中学校最後の試合が終わってしまいました。
こうなると、気になるのは進学のことで、とても悩んでいます。

息子は十数チーム所属しているリーグの選抜試合に選ばれ、少しは名前も知れています。
息子個人は結構活躍しているので、才能も少しはあるほうだと思います。
周りは野球で進学したほうがいいと言いますが、来る話は、野球部はそこそこ(甲子園出場経験は無いが県大会上位には入るレベル)だけれども、学力は息子の成績よりはるかに低いレベル(学力は諦める感じの)の高校からのお誘いばかりで、かといって野球に力を入れている公立高校もなく、選択を悩んでいます。

息子の希望は、遠方にある、甲子園出場に今一番近いレベルの私立ですが、そこからのお誘いは全くなく、行くとしたらすべて実費の一般入学で、もちろんそこにはすでに特待生がほとんど内定しているとの噂で、経済的にも無理です。毎月の寮生活費も入れて十万円くらいはいるようです。

通える範囲で長男の学力にぴったりで、野球部もそこそこ熱心、校風もいい公立高校があるのですが、息子は、そこに通うことは半分野球を諦めることになるといいます。
目指すはプロです。(夢半分ですが、本人はマジです^_^;)

でも、私自身、進学校で進み、今の自営業が成功したのも今までの勉強のおかげと思うので、とても悩むのです。
野球ばかりする高校生活もいいですが、勉強も捨てて欲しくはない、親としても欲張りな願いなのです。

同じ経験をした方があれば、アドバイスください。

硬式野球クラブチーム所属しているわが子の高校進学について

長男(中3)は地元の野球チームのレギュラーですが、今年はチームとしてはあまりいい成績を残せず先日中学校最後の試合が終わってしまいました。
こうなると、気になるのは進学のことで、とても悩んでいます。

息子は十数チーム所属しているリーグの選抜試合に選ばれ、少しは名前も知れています。
息子個人は結構活躍しているので、才能も少しはあるほうだと思います。
周りは野球で進学したほうがいいと言いますが、来る話は、野球部はそこそこ(甲...続きを読む

Aベストアンサー

 私は神奈川の桐蔭学園の出身で、夏の甲子園に初出場、初優勝をした年に中学に入学しています。因みに漫画家のやくみつるは中学からの同期で、同じ進学組です。
 その優勝メンバーでプロに進んだのは一人もいません。当時のプロの評価は傑出した選手は一人もおらず、レギュラー全員を取れるなら考えるけど、誰か一人を取れと言われても選ぶのが難しいというのが何かで読んだプロのスカウトの評価です。
 プロに進めたのは私が高校一年時に三年生だったロッテの入沢さん、その一級下でロッテの水上さん、広島に長内さん。
 まず、cooocoさんの息子さんにアドバイスを送るとしたら、高校野球で活躍して、プロに進むという夢は一見正しいようなんだけど実は間違った夢だということです。
 同じ神奈川で73年春の甲子園で優勝投手は横浜高校2年の永川という投手でした。いわゆるドラ1でヤクルトに進みましたが、プロでの実績は1試合1回投げただけで終わっています。同じ甲子園には江川、山倉、達川が出場しています。
 別の意味で最近話題になった掛布も甲子園には出場しましたが、父親が高校野球の監督であったことから知り合いに頼み込んで、テストを受けさせてもらった上での入団です。
 夢だというなら、プロに入るという小さな夢は棄てて、プロで活躍するという夢に変えること。プロの選手は必ずしも甲子園で活躍したとは限らないこと。まずここを理解させることが大事だと考えます。
 次にcooocoさんに野球特待生の裏の仕組みをお教えしますが、甲子園の常連校といわれている学校の野球部員が何人いると思われますか?報徳のように100人を越えている中で3年間いたらどうなります?レギュラーか準レギュラーでなければ中学卒業のときより野球が下手になるだけです。雑用ばかりで練習に参加させてもらえないんですから。
 もっと言わせて貰うなら、高校野球は上下関係が厳しいですから、野球が上手くて1年の時に目立つと先輩からリンチを受けて潰れる選手が多いこともご存知ですか?特待生制度のある学校でどれだけ厳しいとお考えですか?
 お子様の考えの中で、一つ間違っているのは〇〇高校の選手だからスカウトの注目を浴びるのではなくて△△高校にいい選手がいるという評判を聞いてスカウトが集まるんです。
 もう一人プロに進んだ選手を紹介しましょう。岡部憲章という投手がいました。巨人の原監督と東海大相模で同期です。ただし、甲子園では一試合に投げただけです。当時の東海大相模のエースはどう見てもプロ向きではありません。でも卒業時にドラフトで指名されて273試合に登板、32勝しています。プロでの実績は永川より上です。
>通える範囲で長男の学力にぴったりで、野球部もそこそこ熱心、校風もいい公立高校があるのですが、息子は、そこに通うことは半分野球を諦めることになるといいます。
 いいじゃないですか。そこの学校で早くレギュラーの座を掴んで、甲子園に息子さんの手で行けば。野球の名門校の一員で甲子園に行くよりもよっぽどスカウトが欲しがりますよ。野球の実力よりも統率力があるということで。
 最後に。先程名前の出た江川だって法政ではなくて慶応に進学したかったんです。慶応も野球部が全面協力です。入学までの間、学力指導までしていますし、大学も多少なら目を瞑るつもりでした。でも試験の結果がそのレベルにも到達していませんでした。高校卒業時にプロから声がかからなくても大学卒業時に声をかけてもらうためにも学業をおろそかにさせないことです。

 私は神奈川の桐蔭学園の出身で、夏の甲子園に初出場、初優勝をした年に中学に入学しています。因みに漫画家のやくみつるは中学からの同期で、同じ進学組です。
 その優勝メンバーでプロに進んだのは一人もいません。当時のプロの評価は傑出した選手は一人もおらず、レギュラー全員を取れるなら考えるけど、誰か一人を取れと言われても選ぶのが難しいというのが何かで読んだプロのスカウトの評価です。
 プロに進めたのは私が高校一年時に三年生だったロッテの入沢さん、その一級下でロッテの水上さん、広島に...続きを読む

Q息子は、スポーツ少年団で試合に出れません。親としてどうふっきれたらいいのでしょうか。。

 子供の入っているスポーツ少年団は、同級生が20人近くもいます。息子は人並みだと思いますが、上手な子も多く、公式試合には出ることができません。練習は土日ですが結構長く、大切な試合に出れないの親としてはそこまでしなくてもと思います。
 小さな小学校なら低学年から試合に出ている学校もあります。中学生ならいくつかの小学校が集まるので試合に出れなくても仕方ないかなあと思いますが、小学生の息子が試合でいつも応援している姿をみるのがつらいです。
 本人が満足してやっているのであればそれでいいとは思います。親として私はどういうふうに考えたら、ふっきれたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

スポーツ少年団に入れる親の気持ちもまちまちですよね。
たとえばあなたと反対の気持ちの親ごさんでしたら
「試合をする以上、勝利を目指してするのが当然実力のある子をださないで勝利をみすみす逃すのはおかしい」
「うちの子は試合に出るために、人の何倍もの努力をしているそれを悪しき平等主義で、家で練習もろくにしていない人と同じように扱うのは納得がいかない」
「もっと練習に力を入れてほしい。うちの子はそのスポーツに情熱を燃やしているのだから、平日練習だってしてほしい」
など親御さんによって考え方はまちまちです。そして、そのすべての親御さんの希望に沿うのは不可能です。
ですから、そのチームの運営はそのチームの指導者の方にお任せするしかないと思います。

 ただ、小学校からスポーツをされるのであれば、試合に出れるかどうかではなく、チームで一つの目標のために努力する大切さを学ばせてあげるということが大きいと思いますよ。チームスポーツをするということはそういうことだと私は思います。たとえ試合に出れなくても、やめたり、ふてくされたりせずに頑張ってるお子様を誇りに思ってください。そして、もし将来、お子様がレギュラーになれたら、試合に出れない子どもの分まで、試合に出る以上は頑張るんだよと励ましてあげてください。
 
 それと、お子さんと一緒に、レギュラーを目指して、家でも練習するのを手伝い、二人三脚で工夫し努力していくのも、スポーツをさせている親だけが楽しめる一つの親子のスキンシップですよ。そして、もしそれで試合に出れるようになったとしたら、その時得ることの達成感はお子さんにとっても、親御さんにとっても格別なものになります。また、その努力が報われなくても、その努力は別の形でお子さんの成長に大きな意味を持つはずです。せっかく入ったスポーツ少年団なのですから、お子さんだけではなく、親御さんもそれをもっと楽しいでみたらいいと思いますよ。

 

スポーツ少年団に入れる親の気持ちもまちまちですよね。
たとえばあなたと反対の気持ちの親ごさんでしたら
「試合をする以上、勝利を目指してするのが当然実力のある子をださないで勝利をみすみす逃すのはおかしい」
「うちの子は試合に出るために、人の何倍もの努力をしているそれを悪しき平等主義で、家で練習もろくにしていない人と同じように扱うのは納得がいかない」
「もっと練習に力を入れてほしい。うちの子はそのスポーツに情熱を燃やしているのだから、平日練習だってしてほしい」
など親御さんに...続きを読む

Q少年野球の息子を持つ親 親子とも心が弱いのかな

以前にもこちらで質問をさせて頂き回答を頂いた者です

●前回の質問
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5287245.html

みなさんにアドバイスいただき現状を静観していたのですが
やっぱり“これがスポーツやる者の発言なの?”と思う事が多すぎてへこんでます。

毎回練習や試合の後に“今日はどうだった~?”と聞くのですが最近息子から出てくる言葉は“はぁ~。。。”とため息から始まります。

前回、監督の息子(うちの息子よりも年下)が・・・と書きましたが、今秋からその子達の学年とうちの息子の学年が合同チームになったのです。
監督息子だけでなく他の下級生にまでイヤミを言われるようになったというのです。
恐らく監督息子のうちの息子に対しての発言や態度を真似て“こいつには偉そうにしていいんだ”という空気になっているものかと思います。

息子が誘発しているのか・・・とも考えられるかもしれませんが、私も練習・試合は頻繁に顔出しして見ていますが、今までどおりの息子で特に原因を作っているとも思えません。
下級生が合流するまでチーム内でこのような事があった事はありません。

言われている事は
デッドボールだった時、【デッドボールでよかったな。お前打てないもんな】
合同チームになり、監督が下級生に背番号を配っていた。その際監督が“おい△△(息子)、お前○○番(最下番号)にするか?”と言ったそうです。(私としてはこの様な発言もどうかと思う)息子は“イヤです”とはっきり言いましたがその後解散した際、息子と監督息子が横に並んだ際に“お前ベンチやから○○番でいいやんか”と笑って言ったそうです。

上記のような事がまだまだあります。

息子も精神的にしんどくなってきています。
でも自分のチームメイト(下級生合流前)が好きだからこのチームは辞めたくないし野球も続けたい。でも監督に相談する勇気もない・・・。
と言っています。

親としては“イヤミを言う奴は放っておけ!自分は自分のペースで頑張ればいい!○○(息子)が頑張ってるのはよ~く知ってるよ!”と言っています。


私自身このようなスポーツ経験が無いに等しい人間なので、このような事は当たり前なのか?と悩んでいます。
息子は将来プロ野球選手になりたい!と言っています。現在は補欠です。ですが私はスポーツは楽しんでする事に意義があると思っています。それが将来芽を出したらそれはそれで良い結果だと思います。

合同チームになった今、気持ちがしんどいと言っています。
陰から私が監督に相談などする事(息子にはわからない所で)はタブーでしょうか?親ばかでしょうか?

それともやはり“耐えろ!”と言う方がいいのでしょうか。

色んなアドバイスを頂けると嬉しいです。

以前にもこちらで質問をさせて頂き回答を頂いた者です

●前回の質問
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5287245.html

みなさんにアドバイスいただき現状を静観していたのですが
やっぱり“これがスポーツやる者の発言なの?”と思う事が多すぎてへこんでます。

毎回練習や試合の後に“今日はどうだった~?”と聞くのですが最近息子から出てくる言葉は“はぁ~。。。”とため息から始まります。

前回、監督の息子(うちの息子よりも年下)が・・・と書きましたが、今秋からその子達の学年とうちの息子の学年が...続きを読む

Aベストアンサー

息子さん良い経験をされていますね。是非このまま続けて行っていただきたいと思います。

野球でも人間関係でも、辛い思いをすればするほど、お子さんの血となり肉となります。
「若い時の苦労は買ってでもしろ!」との言葉もあります。
息子さんがつらい気持ちも重々承知していますが、人間から辛さを取れば、何の成長もありませんよ。

お父さんは下手に動かない方が良いでしょう。
監督と息子の関係からすれば、お父さんが動いた事が監督の息子に筒抜けになり、更に状況を悪化する可能性が大です。
また、お子さんに「我慢しろ!」とは言わない方が良いですね。
5年生との事ですので、親があれこれと指示をするよりも、そろそろ自分で色々と考えさせてみてください。
そして息子さんの考えを聞いて、耐えていたり工夫したりしているところを見出して、褒めてあげましょう。
親が主体の状態から少しずつお子さん主体の状態に移行して行けば、親に言われてしているのではなくて、「自分の意志でしているんだ!」との気持ち的に大きなバックボーンが形成されます。
いわゆる自主性です。

我が子が辛い目に合っている姿を目にすれば、心が揺らぐ事は良く判りますが、常に手を差し伸べていては何時までたっても自立できません。

中学生になれば記載されているような人間関係は日常茶判事です。
今からそれに備えて練習していると思いましょう。

強い子になって欲しいでしょ?
それなら親は奥歯を噛みしめて、黙って後方支援に徹する事です。
「あーしろ、こーしろ!」ではなくて、出来た事を褒めてあげてください。
大切な事は、お子さんの倍は必要になる親の忍耐です。

息子さん良い経験をされていますね。是非このまま続けて行っていただきたいと思います。

野球でも人間関係でも、辛い思いをすればするほど、お子さんの血となり肉となります。
「若い時の苦労は買ってでもしろ!」との言葉もあります。
息子さんがつらい気持ちも重々承知していますが、人間から辛さを取れば、何の成長もありませんよ。

お父さんは下手に動かない方が良いでしょう。
監督と息子の関係からすれば、お父さんが動いた事が監督の息子に筒抜けになり、更に状況を悪化する可能性が大です。
ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報