新しくできた公共の建物の屋上にヘリポートがあるのですが、
単なるヘリポートではなく、空港としての認証を得ている
ヘリポートとのことなのですが、この二つの違いというのは
なんでしょうか?
 機能の違い、運用の違いなどご存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ヘリコプターは航空機の一種です。


航空法第79条は、
「航空機は、陸上にあっては飛行場以外の場所において、水上にあっては運輸省令で定める場所において、
離陸し、又は着陸してはならない。但し,運輸大臣の許可を受けた場合は、この限りでない。」
と定めています。
飛行場というのは、
航空法第38条
「国土交通大臣及び新東京国際空港公団以外の者は、飛行場又は政令で定める航空保安施設を設置しようとするときは、国土交通大臣の許可を受けなければならない。」
という規定に従って設置されます。
おそらく、ご質問の「空港としての認証を得ている」というのはこのことを言っているのではないでしょうか。
最近では病院の屋上のヘリポートなどが「飛行場」として設置されているようです。
このヘリポートは、(公共用・非公共用の別はありますが)恒常的に離発着できるものとして設置されています。

また、上記のヘリポート以外に、航空法第79条但書の
「運輸大臣の許可を受けた場合は、この限りでない」
の適用により、離発着が出来る場所として
場外離着陸場(山間部の木材搬出、物資の輸送等のために許可を受けて設置)、
緊急離着陸場(災害発生時やビル火災時、急病人発生時等の人命救助を目的として設置)
があります。
ご質問の「単なるヘリポート」というのはこちらだと思います。
こちらは、恒常的に使用できる施設ではありません。

ということではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/03/25 12:26

まずヘリポートも含めて飛行場というものがあります。

それには米軍基地とか自衛隊の飛行場もあります。また、飛行場とは別に不時着場というのもありますけどね。そして飛行場の内、法律で第1種から第3種とか、国際空港とか地方空港とか指定されたのが空港です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/03/25 12:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋上ヘリポートのHとRについて

建物の屋上等に設置する緊急離発着場(ヘリポート)についてですが、HとかRって大きい字で表示してあります。
Hは緊急離発着場でRは救急のためのホバーリングのヘリポートだとという事までは、わかっていますが、
この、H・Rは何の略でしょうか?
それから、これについての簡単な航空法か何かの知識がある方は教えて下さい。
あまり、詳しい話ではありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ヘリコプターの着陸施設は航空法や消防法などの制限を受けますが、ICAO(イカオ=国際民間航空機関)の基準に従うのが世界的な着陸施設の標準設置方法で、航空法や消防法あるいは建築基準法これらの法律の制限を受けません。

ICAOの緊急用のマークには2種類有ります。
1つ目が、円の中に「H]の文字を描くもので、「マル・エッチ」と呼び、英語では「サークルH」(Circle H)と云い、病院のヘリポートの識別標識として使われます。
2つ目が、強度や広さの関係で、ヘリコプターが着陸できないに場所に、レスキューの頭文字であるRの文字を円の中に書き、「マル・アール」と云います。
この、「マル・アール」では、ヘリコプターは屋上に降りず、標識の上でホバリングをしながら避難する人をホイストで吊り上げたり、消防隊員がレペリングで降りたりします。 

Q高層ビルの屋上等にあるヘリポートの文字。「H」はわかるけど「R」って何?

ビルの屋上などにヘリポートがある場合「H」の文字が描かれているものがあります。
これは、ヘリコプター/ヘリポートの意味でしょうからわかるのですが、「R」の文字の場合もあります。
これはどういう意味なのでしょうか?

また、「H」とは異なる使い方をするものなのでしょうか?

Aベストアンサー

興味持ったので調べてみました。

-*-*-*-* 以下引用 *-*-*-*-*-*-*-*

もうひとつ最近の日本で増えてきたのは、大都市の高層ビル屋上に設けられた緊急用ヘリポートである。これは、そのビルが火災などで緊急事態に陥った場合、屋上に逃げてきた人を空から救出したり、ヘリコプターで駆けつけた消防隊員がここからビルの中に降りてゆき、消火および救助活動をおこなうための施設である。

 つまり原則としては、その建物自体が緊急状態に陥ったときに使う施設であって、空に向かって開かれた非常口とみなすことができる。したがって、どこかよその場所で緊急事態が発生したときに、ここにヘリコプターが降りて、救援隊や指揮官などが乗降したり、情報収集や救援活動のための拠点にするというわけではない。そのような災害拠点にするためには、法規にもとづいて正式のヘリポートとして承認を受けておこなければならないであろう。

 そうした緊急用ヘリポートは現在、2種類が考えられており、したがって標識も2種類がある。一つは火災などの緊急事態に際してヘリコプターが着陸できる場所で、標識は通常のヘリポートと同じマル・エッチである。

 もうひとつは、強度や広さの問題があって、ヘリコプターの着陸ができないような場所で、標識は円の中にRの文字を描く。Rはレスキューの頭文字である。このような緊急用スペース「マル・アール」では、ヘリコプターは屋上に降りることなく、標識の上でホバリングをしながら避難してきた人をホイストで吊り上げたり、消防隊員がレペリングで降りたりする。

参考URL:http://www2g.biglobe.ne.jp/~aviation/marking.html

興味持ったので調べてみました。

-*-*-*-* 以下引用 *-*-*-*-*-*-*-*

もうひとつ最近の日本で増えてきたのは、大都市の高層ビル屋上に設けられた緊急用ヘリポートである。これは、そのビルが火災などで緊急事態に陥った場合、屋上に逃げてきた人を空から救出したり、ヘリコプターで駆けつけた消防隊員がここからビルの中に降りてゆき、消火および救助活動をおこなうための施設である。

 つまり原則としては、その建物自体が緊急状態に陥ったときに使う施設であって、空に向かって開かれた非常口とみ...続きを読む

Q利益の運用方法の違いを教えてください?

社会福祉法人の利益運用はどうなるのでしょうか?
株式会社との違いを教えてください。

Aベストアンサー

社会福祉法人の利益は、その法人の目的にそった
事業に使用されます。
つまり、社会福祉に使います。

これに対して、株式会社は、その目的にそった
事業に使う場合もありますが、構成員、つまり
株主に配当するのが原則です。
つまり、儲けを山分けするのが株式会社です。
これが営利法人の特徴で、公益法人たる社会福祉
法人と異なる部分です。

公益法人には課税しないが、営利法人には課税する
というのはこういうのが理由です。

Qビル工事現場屋上のクレーン

カテゴリーがよくわからないので、こちらに質問します。
最近大型ビル建設がはやっており、都区内中心部のあちこちで工事現場を見かけます。
それら建設中のビル屋上で、資材の据付などに大型クレーンが活躍しております。
ところでふっと思ったのですが、ビルが完成した後、あの屋上に据付けられている大型クレーンはどのようにして解体されていくのでしょうか。クレーンのアームの長さがビルの幅以上にあるのでちょっと疑問に感じました。
ご存知の方、わかりやすく解説いただければと思います。

Aベストアンサー

>屋上には二つクレーンがあるということなのでしょうか?
>小クレーンはそのまま手に持って現場から出して終わりです。これは屋上で解体することなのでしょうか?

ちょうど良いページが有りました。
参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.iuk.co.jp/mania-jcc.htm

Qビルの屋上のチカチカライトの意味

構想ビルの屋上のチカチカしたライトは、飛行機がビルにぶつからないように光っていると思うのですが、ビルによってはチカチカしないタイプのライトがあります。

この二つに、意味の違いってあるんでしょうか?

気になったので質問させて頂きました。

Aベストアンサー

http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/08_syougai/index.html
http://www.tsukimiya.net/hou/51.html
視認性の問題なので「常時点灯」でも「点滅」でも構いません。
明るさや色は法律で決まっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報