よくニュースで業務上過失致死って聞きますが、その「業務上」ってどういう
ことなんでしょうか。以前ニュースで、主婦が買い物に行く時か何かの時、
子どもを後部座席にチャイルドシートなしに乗せておいて、車の走行中に
子どもがドアを開け、カーブで子どもが外に放り出され、対向車にひかれて
、死亡するという事故があったのですが、その時、その主婦は「業務上過失
致死で逮捕されました。なぜ「業務上」なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 ちょっと補足的に・・・。


 業務の意義ですが、社会生活上の地位に基づく反復継続行為のほか「他人の生命・身体等に危害を加える恐れのあるものをであることを要するが、行為者の目的がこれによって収入を得るにあるとその他の欲望を充たすにあるとを問わない」とされています。要するに、日常的にある程度危険なこと(車の運転や医療行為など)をしている人には、特にしっかりと注意しルール・手順などをきちんと守ることが要請されます。しかしこうした注意義務を怠って危害を発生させた場合には、特に責任が重く危険も高まったとして、重く処罰されているわけです。
 ですから、日常的に反復していればいいわけではなく、高度の危険を持つものでなければなりません(例えば自転車の運転・主婦がてんぷらを揚げる行為は業務に入らない)。また反復がない場合(初めての運転など)には業務に入らないと解釈することもありえます。
 ちなみに人を故意なくつけた場合には過失傷害罪(30万円以下の罰金又は科料)となりますが、業務上過失傷害罪となると5年以下の懲役もしくは禁固又は50万円以下の罰金となり、かなり重くなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

刑法上の業務の定義がだんだん絞り込まれてきましたね。そうですか。自転車の運転も
業務に含まれるかと思ってました。違うんですね。
有り難うございました。

お礼日時:2001/05/26 15:46

刑法上の業務というのは、「本来、人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う行為(「毎日のように」である必要はありません)であり、かつ、他人の生命・身体に危害を加えるおそれのあるもの」を意味します。

簡単にいえば、日常生活上の行為で他人に危害を加える可能性があるようなものをさします。つまり、「車の運転」という行為は誰がどのような状況で行っていても「業務」に当たるわけです。

これは、交通事犯に対する政策的配慮から、「業務」の概念が拡大されたものです。(要するに、自動車の運転者にも、「狭義の業務」と同程度の高度な注意義務を課したものでしょう。)

なお、「殺人罪」は、「殺す意思」がなければ成立しませんので、この場合は、「未必の故意(「死んでもいいや」と思ってやること)」もありませんので、成立しません。「殺人はきついので」ということではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

刑法上の業務と言うのは、一般的な業務とは違うんですね。勉強になりました。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/05/26 15:42

業務」とは、タクシードライバーの運転のような営業行為の他、専業主婦の買い物、学生の通学のように「日常繰り返し行われる行為」を意味します。



日常行っている行為であれば、通常それに熟知しているわけで、そういった行為の中で発生した過失(ミス)は慣れない行為での過失より責任が重いと判断されます。

この場合でも適用される条項は刑法の「殺人罪」ですが、故意による殺人(謀殺)と区分するためか、またはこのケースで「殺人」はきついので、婉曲な言い回しをしているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか?それは驚きです。主婦の買い物、学生の通学が「業務」扱いとは・・・・。
それで「業務上」なんですね。
納得しました。どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/05/26 06:19

あくまで想像で書きます。



この条項が制定された当時、現在のように「一家に一台」
レベルまで車が普及していない…つまり、「車」と言えば
事実上「業務車両」とイコール、というのが実情だった
からではないでしょうか。
言い換えれば、運転を職業としない“一般人”が事故の
加害者になる、というシチュエーションを想像できなか
ったのではないかと。

例に挙げられたケースは微妙なところですが、飲酒運転
や薬物使用など、事故原因が明らかに違法行為である場
合は「殺人罪」を適用すべきだとは思うんですけどね…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!想像とはいえ、そう言われるとそんな気がしてきました。
そういう事も考えられるのですね。
法律って他にも沢山改正の余地があるんでしょうね。
どうも有り難うございました。

お礼日時:2001/05/26 05:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務委託契約書が必要な業務の境界は、どこで判断すればよろしいですか?

会社案内(紙媒体)作成をデザイン会社に発注する場合、業務委託契約書は必要なのでしょうか?
HP作成をデザイン会社に発注する場合、業務委託契約書を取り交わすことが多々ある事はわかったのですが。。。
業務委託契約書が必要になる業務とそうでない業務は、何で判断すればよろしいのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。

口約束でも契約は有効に成立しますが、それだとあとで問題が起こったときに「言った、言わない」の水掛け論になるので、そういったことを未然に防ぐために「契約書」という書面を作ることが一般的になっています。

なので、特に契約書作成に関する社内規程がなく、契約相手方が非常に信頼できるのであれば、契約書を作る必要はありません。

また、「会社案内(紙媒体)作成をデザイン会社に発注すること」が業務委託になるかならないか、ということですと、これは立派な業務委託契約になるでしょう。
自社のために「本来は」自社でするべきことを、他社にお金を払ってお願いするわけですので。
「普段」自社で行っている業務かどうか、は判断基準にはならないと思います。

Q「業務上過失致死」と「過失致死」の実例を教えてください。

この違いについて、意見の異なる人と論争になってしまいったので色々調べました。
相手:「業務上」とは、「仕事中」のことだ。その他はただの「過失致死」だ。

私:買い物途中の交通事故で「業務上過失傷害」になることを知っておりましたので(TVドラマなどではいつもそう)「仕事中とは違う、何か用事をしていた時だ」と主張しました。

インターネットでいろいろ調べて見て、
医療行為や車の運転中など、「反復的に行っている人の生命に危害を加える類」の事が、「業務上」だということはわかりました。

このサイトで読んだ例では、子どもを車に置き去りにした場合も適用されるとか?

実際に、交通事故以外で、業務上過失致死が適用される例を教えてください。

たとえば、家庭内で、母親が、子どもの入浴中に目を放し、死亡させてしまたっような場合も業務上過失致死にあたるか? みたいな具体例で、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

日高.刑法各論ノート.ISBN 4-326-40113-3p21。
主婦がきのこを調理。毒キノコで全員が中毒。
TVを見ている間に預かった子供が風呂で溺死。
見まわり中にアイロン通電を見落とし火災発生。

Q業務委託契約書の印紙税に関する質問です。

業務委託契約書の印紙税に関する質問です。

新人の経理マンです。

業務委託契約書の印紙税に関する質問です。
次のような場合の文書はいくら課税されるのでしょうか。

原契約の内容は
・清掃業務の委託に関する契約書
・有効期間は一年間でその後は一年ごとの自動更新
・業務委託費については、別途覚書にて定める
となっています。

この場合、原契約の文書は7号文書という扱いで良いでしょうか?

また、業務委託費について定められている覚書はどのような扱いにすればよいでしょうか。
この覚書には、月額の業務委託費のみが記載されております。
次のような扱いを考えてみました。

・月額の業務委託費を記載金額として2号文書扱いとする
・重要事項の変更ということで7号文書扱いにする
・原契約と覚書から導き出した業務委託費を記載金額として2号文書扱いにする

どのような扱いが適切でしょうか?


ご協力お願いします。

Aベストアンサー

>原契約の内容は
>・清掃業務の委託に関する契約書
>・有効期間は一年間でその後は一年ごとの自動更新
>・業務委託費については、別途覚書にて定める


印紙税は文書課税です。
よって、契約書(覚書)の実物を見ないと確実な回答はできません。
(当該文章だけでは、税務署の印紙税担当者でも回答できません)

また、タイトルが覚書であっても
 契約の成立を証する文書は課税文書になります。


上記を踏まえた上で一般論

記載金額の特例 
第2号文書で、その文書に、具体的な契約金額の記載がないものであっても、
その文書に契約金額又は単価、数量、記号その他の記載のある見積書、注
文書その他のこれらに類する文書の名称、発行の日、記号、番号その他の
記載があることにより、当事者間において契約金額を明らかにできるとき
は、その金額がその文書の記載金額になります。
  <平成21年10月 印紙税の手引 参照>

つまり、月額の業務委託費、契約期間1年間、その後は自動更新であれば、
それが覚書と業務委託契約書に別々に記載されていても、契約書(第2号
文書)の記載金額は
  月額契約料×12ヶ月 と見なされます。

課税文書(記載金額)の判断
  業務委託契約書
    これは、月額契約額×12ヶ月を記載金額とする2号文書扱いになります
  覚書
    これは、基本契約書(第7号文書)
 と見なされる可能性があります。
   ※記載内容によっては、覚書が第2号文書、契約書が第7号文書の可能性
    もあります。

つまり、覚書と契約書が記載金額の特例に抵触しないのであれば、民事上の
契約書の体をなしていません。
民事的に有効な覚書と契約書であれば、必ず記載金額の特例で記載金額を判断
されます。

覚書と契約書を分離されているのが、印紙税を安くする為であれば無駄な事です。
(上記特例に必ず抵触します)

それよりも、合法的に印紙税額を安くするのであれば、
  例 契約日 平成21年4月1日 契約の終期 平成22年3月31日 以後 自動更新
    月額契約料100万円 
      この場合は1200万円の請負契約ですから印紙税は2万円です。
          これを
  例 契約日 平成22年3月1日 契約の終期 平成22年3月31日 以後 自動更新
    月額契約料100万円 
      この場合は100万円の請負契約ですから印紙税は200円です。
    上記2例、民事的な意味では同じ契約です。

印紙税は文書課税ですから、こんなマジックのような事が合法になります。

>原契約の内容は
>・清掃業務の委託に関する契約書
>・有効期間は一年間でその後は一年ごとの自動更新
>・業務委託費については、別途覚書にて定める


印紙税は文書課税です。
よって、契約書(覚書)の実物を見ないと確実な回答はできません。
(当該文章だけでは、税務署の印紙税担当者でも回答できません)

また、タイトルが覚書であっても
 契約の成立を証する文書は課税文書になります。


上記を踏まえた上で一般論

記載金額の特例 
第2号文書で、その文書に、具体的な契約金額の記載...続きを読む

Q業務上過失致死罪の「業務上」って?

先日7時間で3軒をはしごして飲んだあと、酔ったまま車を運転、信号を無視して高校生をはねて死傷者を出した事件がありました。
そのとき感じた疑問なのですが、7時間も飲んだ後なのにどうして「業務上」過失致死罪になるでしょうか。

Aベストアンサー

この場合の「業務」は仕事のことではありません。
「普通に生活していて繰り返し行うこと」という意味です。
車の運転はまさにこれにあたりますから、「業務(運転)上」過失致死となるわけです。

詳しくは参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.kachijiten.com/news/negligence.html

Q業務委託契約書について質問させていただきます。

業務委託契約書について質問させていただきます。

数ヶ月前から在宅でライターの仕事を請け負っています。

最初はメールのやり取りのみで仕事に取り掛かったのですが、
業務委託契約書を交わしていないと指導が入るとのことで、今月になって業務委託契約書が送付されてきました。

社印も押されていない業務契約書が1通のみで、それに記名捺印の上、返信するようにとの指示でした。
契約書内には「業務委託契約書は1通作成し、会社側が保管する」という旨の記述がありました。
このコピーはいただけないのか問い合わせたところ、欲しいのなら自分でコピーをとればよい、との事でした。

業務契約書というものは会社側と労働者側とで1通ずつ互いに保管するものかと思っていたのですが、
上記のような会社の対応は問題ないものなのでしょうか?
また、社印もない契約書のコピーをとっておいて、何かのときに役に立つものなのでしょうか?

今まで仕事をしていて、お給料もちゃんといただけていますから、その点の心配はしていないのですが、
契約書という大切な書類だと思うので、このような対応に少し不安を感じ質問しました。
ご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

業務委託契約書について質問させていただきます。

数ヶ月前から在宅でライターの仕事を請け負っています。

最初はメールのやり取りのみで仕事に取り掛かったのですが、
業務委託契約書を交わしていないと指導が入るとのことで、今月になって業務委託契約書が送付されてきました。

社印も押されていない業務契約書が1通のみで、それに記名捺印の上、返信するようにとの指示でした。
契約書内には「業務委託契約書は1通作成し、会社側が保管する」という旨の記述がありました。
このコピーはいただけないのか問...続きを読む

Aベストアンサー

『業務委託契約書』或いは『○○契約書』というのは双方の印があって効力を発揮するものです。
また、コピーは内容を変更できたりしますから、司法の場では無効になる可能性も高いです。

もちろん、相手の印のないコピーを所持していても無意味です。

現在は問題なく履行されているようですが、会社側に都合が良い問題が発生した場合にのみ契約書をちらつかせてくるのでしょう。
会社側に都合の悪い問題が発生した場合には、契約書の存在すら否定するはずです。

質問者さんがおっしゃるように、基本は『双方が同じ内容の印のある原本を交わす事』です。

Q業務上過失致死罪!!?

ここで言う、業務上、と致死罪の意味を教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

業務上 → 運転という業務(仕事という意味じゃなくて)をしていたときの
致死罪 → 相手を死にいたらしめた

つまり → 運転中に相手を死亡させてしまった

Q業務委託契約書を交わすのに、契約書に収入印紙は必要ですか?

税理士さんや会計士と業務委託契約書を今回交わすのです。そこで質問です。

委託する業務内容はWEBサイトで運営している税理士会計士の業務受注の場合の会計業務、給与計算業務が主です。

紹介料あるいはサイトシステム使用料という形ですが、契約書には収入印紙は必要でしょうか?

委託業務の1件単位は20,000円とか5,000円とかが中心です。毎月定期的に発生するようになります。

今のところ収入印紙はなしで契約書交わそうかと考えていますが、問題は無いでしょうか?

宜しくお願いします。
できれば法的に詳しい方からも頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

第2号文書(請負に関する契約書)あるいは第7号文書(継続的取引の基本となる契約書)に該当する可能性があるものと思われます。
第2号文書の場合、契約金額により税額は異なります。第7号文書の場合、#1のMovingWalkさんがおっしゃるように4000円です。いずれの文書に該当するのかは文書を見ない限り判定は困難だと思います。契約前に文書を持参し、税務署でご相談されることをお勧めします。
契約書に収入印紙がないからといって契約自体が無効になることはありませんが、契約書が印紙税法上の課税文書(印紙を貼らなければならない文書)ならば、文書の作成者が脱税していることになります。
契約の相手が税理士ならば了解することはないと思われるのですが・・・

Q業務上過失致死傷罪について

閲覧ありがとうございます。
私は今、業務上過失致死傷罪について勉強しているのですが、業務上過失致傷死の処罰根拠が何なのかいまいち分かりません。どなたか詳しい方、お助け下さい。

Aベストアンサー

高度な注意義務を負っているにもかかわらず、その注意義務を怠り、死亡に至らしめたこと。

Q業務委託契約書について(運送業)

業務委託(例えば運送業)する場合、業務委託契約書の作成は
必須でしょうか?(法律上の義務でしょうか?)

また、口約束や、契約書の体の為さない簡易的なもので、
業務を委託した場合の、デメリット(トラブルの発生)やペナルティについて教えてください。

Aベストアンサー

   
 こんにちは。

 運送業(運輸業)の範囲は意外と広く、運賃等を受領し旅客・貨物の運送を行う場合の輸送する以外にも、保管や荷役(搬出・搬入・仕分)、流通加工、物流にかかる情報処理等もあるそうですから、こうした中には勿論、バス、タクシーの事業も含まれ、これらの業務だけでは顧客間との契約書を交わす法的義務は一切ないでしょうね。

 そして、今回のご質問では恐らくトラックによって荷物の輸送を行う、いわゆる トラック事業 を指していると解釈しますが、この場合でも依頼主と契約書を交わす義務がないのは先の通りでも、依頼された内容を口約束だけで処理してしまえば、後にトラブルが発生する可能性があります。

 これについては、例えば配達先の住所や相手、日時等が違っていたり、また、その荷物の中身も解らない場合では輸送中に壊れてしまったり、時には爆発する様な危険物であったりしますから、契約書までは必要なかったとしても、最低限、これらを明らかにする依頼伝票の様な書面を残し、配達依頼者と受取人双方に対し手渡しているのは既に ゆうぱっく、宅急便等 も同様の続きを経て行われていますね。
   
 

   
 こんにちは。

 運送業(運輸業)の範囲は意外と広く、運賃等を受領し旅客・貨物の運送を行う場合の輸送する以外にも、保管や荷役(搬出・搬入・仕分)、流通加工、物流にかかる情報処理等もあるそうですから、こうした中には勿論、バス、タクシーの事業も含まれ、これらの業務だけでは顧客間との契約書を交わす法的義務は一切ないでしょうね。

 そして、今回のご質問では恐らくトラックによって荷物の輸送を行う、いわゆる トラック事業 を指していると解釈しますが、この場合でも依頼主と契約書を交...続きを読む

Q業務上過失致死傷罪など

業務上過失致死傷罪など
会社に犯罪の責任があった場合
逮捕起訴されるのは誰なのでしょうか?
加害者本人だけですか?
それとも担当課長や社長ですか?

Aベストアンサー

場合によりけりですね
業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪を業務上過失致死罪
業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪を業務上過失傷害罪です

ここで出てくる業務ってのは一般の仕事上という意味の業務ではなく
社会生活上の地位に基づき反復継続して行う行為のことを言います

今は自動車運転過失致死傷罪ってのがありますが
これが出来る前は自動車運転中に人を殺してしまった場合は
業務上過失致死が適応されてました 実際業務上過失致死傷罪のほとんどは自動車事故でしたし
自動車運転は反復継続性があり、また他人に危害を与える可能性があるものなので、
私用による運転であっても業務とみなされてます。

っで加害者本人だけかその上司もしくは会社責任者等が出てくるかどうかってのは
その行為が会社組織として行っているものなのかそうで無いのか

会社としてマニュアル等で安全確認は絶対にしろとかってなっているのにも関わらず
急いでいるからという理由で加害者本人が安全確認を怠り死傷事件を起こしたのか

会社が利益優先の為安全確認をするな!という命令のもと業務を遂行しているのか
でかわってくるでしょうね

場合によりけりですね
業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪を業務上過失致死罪
業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪を業務上過失傷害罪です

ここで出てくる業務ってのは一般の仕事上という意味の業務ではなく
社会生活上の地位に基づき反復継続して行う行為のことを言います

今は自動車運転過失致死傷罪ってのがありますが
これが出来る前は自動車運転中に人を殺してしまった場合は
業務上過失致死が適応されてました 実際業務上過失致死傷罪のほとんどは自動車事故でしたし
自動車...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報