プロが教えるわが家の防犯対策術!

ルーカスの不完全情報モデルとは何ですか?

A 回答 (2件)

簡単に言うと物の値段が上がったとき、それがマネーの増加によるものなのか実物的要因によるものなのか人々は区別できないため、値上がり分の一部は実物要因と考えて生産を増やすので、このように物の値段が上がった要因がはっきりしないとき、金融政策は有効になるというモデル。


だから、政策が有効であるためには人々の予想を欺き続けなければなりません。それが出来ないと金融政策は無効になります。
    • good
    • 0

参考URLによると、ローマーの「上級マクロ経済学」6章にかかれてるようです。



参考URL:http://homepage1.nifty.com/gujyo-economic-res/ro …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実質貨幣残高について

マンキュー マクロ経済学で出てくる「実質貨幣残高」という概念がどうしても理解できません。

まず彼は以下のような式(貨幣需要関数)を提示します。

M/P = kY

M はマネーサプライ、P は物価水準、Y は生産量、k は所得 1 ドルあたりどれだけの貨幣を保有したいと人々が望むかの定数、を示していると言います。

そして彼は、上記の式が「貨幣数量説」と関連性があるのだと言って、式を変形しつつ以下のような式を提示します。

M/P = kY

M(1/k) = PY

ここで V = 1/k とおく

MV = PY

このプロセスが納得できないのです。なぜ V = 1/k とおけることになるのでしょうか。V は「一定期間内に貨幣が何回所有者をかえたかを示している」のだそうですが、それがなぜ k(貨幣保有量)と裏返しの関係にあるんでしょうか。

この疑問の背後には次のような疑問があります。銀行に預けなきゃお金は流動してくれないのでしょうか。貨幣を保有していたって、取引をすれば買い手から売り手にお金が流れるわけですよね。人が貨幣を保有する理由は、それを持って八百屋さんに行って大根を買うためのはずです。そこで貨幣は流動していると言えないんでしょうか。貨幣は、預金すれば銀行に投資されて流通するし、保有すれば店等で取引されて流通する。

そこで先の式の疑問に戻ります。なぜ「k の逆数が V になる」のでしょうか。k の逆数はあくまで 1/k でしかないはずです。いきなり「流通速度」なんかと裏返しでつながったりしないと思います。貨幣は「保有」によっても「預金」によっても流通すると思うので、保有量 k だけが流通速度と単独で表裏の関係にあるかのような仮定には違和感があるのです。では、

M/P = kY

を変形して

M = kPY

これはどう解釈したらいいでしょう。貨幣量は、GDP に対する貨幣保有量に相当する?? やっぱり理解できません。

マンキュー マクロ経済学で出てくる「実質貨幣残高」という概念がどうしても理解できません。

まず彼は以下のような式(貨幣需要関数)を提示します。

M/P = kY

M はマネーサプライ、P は物価水準、Y は生産量、k は所得 1 ドルあたりどれだけの貨幣を保有したいと人々が望むかの定数、を示していると言います。

そして彼は、上記の式が「貨幣数量説」と関連性があるのだと言って、式を変形しつつ以下のような式を提示します。

M/P = kY

M(1/k) = PY

ここで V = 1/k とおく

MV = PY

...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。再度補足します。

> 私は「使うために保有している金額」も保有として考えていた

少なくともその期間中には取引に使われないので、貯蓄の一部です。こういうのを「取引動機(又は予備的動機)に基づく貨幣需要」といいます。

> ただ、単純にお聞きしたいんですが、所得のうち 1/3 を貯蓄(保有)することが、なぜ流通速度が 3(一定期間に 3 回所有者を変える)であることを意味するのでしょうか。

まずある人に1の所得があったとします。すると 1/3 を貯蓄し、2/3 を消費します。この消費は別の誰かの所得になりますから、彼は 1/3*2/3 を貯蓄し、2/3*2/3 の消費を行います。以下同様にすると、
貯蓄 = 1/3 + 1/3*2/3 + ... + 1/3*(2/3^n) + ... = 1
消費 = 2/3 + 2/3^2 + ... = 2
となります。ここで流通した(持ち手を変えた)通貨の総量は最初の所得と消費を足して 3 となり、通貨量は 1 なので、平均で 3 回持ち手を変えたことになります。
これは k が0と1の間にある限り、常に成り立ちます。

#1です。再度補足します。

> 私は「使うために保有している金額」も保有として考えていた

少なくともその期間中には取引に使われないので、貯蓄の一部です。こういうのを「取引動機(又は予備的動機)に基づく貨幣需要」といいます。

> ただ、単純にお聞きしたいんですが、所得のうち 1/3 を貯蓄(保有)することが、なぜ流通速度が 3(一定期間に 3 回所有者を変える)であることを意味するのでしょうか。

まずある人に1の所得があったとします。すると 1/3 を貯蓄し、2/3 を消費します。この消費は...続きを読む


人気Q&Aランキング