AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

僕は19歳です。昨年事故で片目を失明し、後遺障害保険が適用されましたが、そのお金は僕が未成年者であることから、親の元に引き渡されました。ですが、保険金自体は僕のものです。今回、自分の夢を追いたいことで、1人暮らしを始めようと思います。そこで、親に保険金を返してくれというと、無理と僕のお金であるのに関わらず返してくれません。僕のお金は僕が使用する権利があるはずです。なのにこれを親だからといって返してくれないのは違法ではないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

他の方からも指摘がありますが、傷害保険契約の内容によります。


受取人が誰なのかを確認してください。
    • good
    • 0

別のアングルから・・・・


そのお金既に無くなってるのでは?
>そこで、親に保険金を返してくれというと、無理と僕のお金であるのに関わらず返してくれません。
「無理=使い込んで無い」じゃ無いかな?
一度「通帳見せて!」と言っては?

お金を後生大事に「子供のため」と貯金する親は少ないよ・・・
    • good
    • 0

違法ではありません。



傷害保険の契約者=この質問だとおそらく親、契約をした人
被保険者=この質問だと間違いなく質問者さん

契約者である親が保険金を受け取る権利があり、被保険者の質問者さんには受け取る権利はありません。

質問者さんが生きているうち(生前)に、親からこの保険金を相続する(もらう)場合は、一定の額以上だと税金がかかります。
    • good
    • 0

保護者は「未成年の子の財産を管理する義務と責任」があります。



子供が「馬鹿げた事にお金を浪費しようとした場合」には、浪費させないようにする「義務」があります。

貴方の親が「一人暮らしは馬鹿げた事だ」と考えれば、当然、一人暮らしさせないようにするでしょう。それが「義務」ですから。

>僕のお金は僕が使用する権利があるはずです。

満20歳にならなければ、自分のお金を自由に使う権利は発生しません。

民法第5条
1.未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。

なお、もし、親がお金を返してくれても、一人暮らしは不可能です。

なぜなら、未成年者がアパートを借りるには「保護者の同意」が必要だからです。

親の同意も無しに、部屋を貸してくれる不動産屋は居ません。

因みに、成人していても、無職だと部屋は借りれません。

部屋を借りるには(保険収入以外の)「安定した収入」が必要です。

無職の人間に、部屋を貸してくれる不動産屋は居ません。

一人暮らしをするには、不動産屋で部屋を借りねばならず、不動産屋で部屋を借りるには

・成人していること

・正社員として就職していること(バイトやパートは不可)

・保証人が居ること

の3つの条件を満たしている必要があります。

一人暮らししたいなら、まず、成人するまで待って、仕事を探して正社員になって、親以外で貴方を信用してくれる保証人を探さないといけません。

未成年で無職で保証人も居ない場合は「親に部屋を用意してもらう」以外に、一人暮らしする事は不可能です。

今の貴方は「常識知らずのお子様」なので、もう少し、常識を身に付けましょう。

こんな常識も知らないから、親が一人暮らしを認めないのです。

飛べない雛を巣から突き落とす親鳥はいませんからね。

まずは、自分が「羽も生えてない雛」である事を自覚しましょう。
    • good
    • 0

保険の受取人が親になってたから親にお金がいったのでは?



親がかけてた保険ですよね?
だったらあなたのものではありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q片目失明で障害者認定を受けれるか?

私の身内の話なんですが、目の病気で片目を失明してしまいましたが、障害者認定を受けることは出来ますでしょうか?
受けれなかった場合の理由と、受けれたとして、そのメリットはどんなのがあるか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私も片目に障害があり、現在ほとんど見えていませんが、以前かかりつけの医者に訊いたところ、片目失明の場合は身体障害者としては認められないそうです。
 理由は、片目でも日常生活には支障が無く、自動車免許の取得なども可能だからです(視野の検査が別途に必要となります)。
 よく角膜の移植を行う話を聞きますが、その場合も片方しか移植しないようです。それは、片方ずつであれば、1人からの提供で同時に2人への移植が可能だからです。もちろん、この場合でも移植を受けた人が身障者として認定されることは無いようです。

 ただし、もう片方の視力が極度に低い場合は認定を受けられる場合もあります。

http://www.pref.nagano.jp/xsyakai/riha/certificate_qa/certificate_tbl02.htm#視覚障害

Q片目が失明した場合もう片方の目は・・・

私の父親が「片目の視力が急激に落ちた」と言って
最初、目が原因なのではないかと思い、眼科に行ったのですが
父が鼻を一回がんで手術した経験があるからか
医者に「眼科ではないですね、鼻の問題だと思うので耳鼻科じゃないでしょうか?」
といわれ耳鼻科に入院していました。
結局、耳鼻科の病院で鼻の手術をしたのですが特に悪いところが見当たらず、
いぜん片目は視力が低下したままでした。
そして最近、入院中に片目が失明してしまいました。
そこで片目が失明した場合、もう片方の目は大丈夫なのだろうかと不安に思いました。
片目が失明した場合もう片方の目はどうなるのでしょうか?
家をバリアフリーにするという案も出ているのでとても真剣に考えています。
どうか教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

心配ですね。

もちろん担当医から分かる限りの話は聞かれているかと思いますが・・・

従兄弟が車の事故で脳を強打し、右目の視神経が破損し、右目だけが完全に失明しました。左目はもともとの近視のまま、現在も特に悪くはなっていません。

残った左目は、右目の分も頑張ってくれて、ビックリなことに遠近感まで戻ってきて、当初は難しかった車の運転もこなせるまで回復し、卓球でも遊べるまで回復しました。そしてそのまま、目は悪くなってはいません。最初はすぐに目が疲労していて、集中的にマッサージを受けていました。

従兄弟は、他にも重大な脳の後遺症が残ったので、頻繁に専門医を訪れて検査し、リバビリ訓練をバッチリやっていたので、そこでの視神経のマッサージも効果があったと思います。

きちんとケアを受ければ、残りの視力を保つ事が可能だと思うのですが・・・もちろん、お父様のご病気の種類によりますが。原因不明だと不安ですね。

世の中には分からない病気の方が多いです。
患者はいろいろ調べた方がいいんですよね。受け身だと、結局損していることが多いんですよね。

いろーんな書籍で名医が紹介されていたり、多くの善意ある患者が自分のホームページで医療情報を提供しています。時間をかけて、たくさん情報をゲットして、信頼できる医師(名医って本当にいます)と出会えたら、一気に好転する可能性もあります。もちろんこれは私の個人的体験で得たことですが。ここまで情報を得て活用できるようになるまでには、すごく努力して頑張って、根気よ~~~~く調べて、何がフェアで、何が本当に近くて、何が信頼できるのか、調べまくりました。ご参考までに。

心配ですね。

もちろん担当医から分かる限りの話は聞かれているかと思いますが・・・

従兄弟が車の事故で脳を強打し、右目の視神経が破損し、右目だけが完全に失明しました。左目はもともとの近視のまま、現在も特に悪くはなっていません。

残った左目は、右目の分も頑張ってくれて、ビックリなことに遠近感まで戻ってきて、当初は難しかった車の運転もこなせるまで回復し、卓球でも遊べるまで回復しました。そしてそのまま、目は悪くなってはいません。最初はすぐに目が疲労していて、集中的にマッサー...続きを読む

Qもうすぐ失明します

40代の主婦です。夫と小学生の子供2人の4人家族。
既に95%の視野を失っています。
家族円満ですし、視力を失っても死ぬわけではないのだから、特別不幸だと悲観しているわけではないです。
でも、失明まで多分残り少ない時間で、今のうちに何をしておこうかと考え迷っています。結局は自分自身の問題で、誰かに決めてもらうことではないのですが・・・
皆さんだったら、どうしますか??参考までに、教えていただけたら有難いです。

Aベストアンサー

叔母が45歳のときに病気で失明しました。

視力がある間に、従兄弟がまだ小さかった頃に行った旅行先に
もう一度行ったりしていました。

それから、旅行先でも、日常生活でも、
よくビデオを回していたそうです。
撮っている状況を覚えていれば、音を聞くだけでも、
そのときのことを思い出すことができるからだそうです。
写真だとそうはいかないので・・・

従兄弟が言うには、失明するとわかってから「よく頭や手を触られるようになった」だそうです。
失明してからの叔母は、見えない分、
手先で子供の成長などを見ているようです。
私も遊びに行くと手を取って「三十路になってからお肌が乾燥してきてるんじゃない?(笑)」なんて言われます(苦笑)
成長を見るためにも、今からお子さんとたくさん触れ合っておくといいと思います。

あとは、携帯の短縮ダイヤルの整理や、
「食器棚はコンロから振返って右手。お皿は左側から大きい順」
「クローゼットの中は右からコート、上着、シャツ、スカート、パンツ」
・・・という感じで、自分にわかりやすいように並べ替えていました。
細かいところですと、冷蔵庫の中身もそうです。
ポケットの手前から、水、お茶、野菜ジュースなど。
(もちろん、従兄弟たちも家事には協力しています)

元々オシャレな叔母らしいなと思ったことは、
スカートやカットソーなど、色味がわかるように、
タグなどに糸で「赤系=R」「青系=B」という感じで、
目印を縫い付けていました。
(けっこうたくさんあったので、私も手伝いに行きました)
これなら人の手を借りなくても、自分で判断できるんだそうです。
ちなみに、黒い服は一番多かったので、無印だそうです。
視力がなくなってから購入したものは従兄弟が縫っていました。

自分というよりも家族のためという意味では、
どこに何があるという一覧を作っていました。
たとえば・・・
夏物:2階左の部屋・押入れ上段(衣替えのときはここから入れ替える)
扇風機:階段下納戸右側。
・・・という感じで、家族が探しやすくするためです。

あとは・・・いろんなところにラジオを置いていました。
リビング、キッチン、自分の部屋、和室・・・
同じニュースであっても、テレビよりラジオの方が映像に頼る伝え方はしないので、
よく聞いているそうです。
(家の中で持ち歩くと、ふと置いた場合、見つからなくなってしまうので、
 使いそうな場所にはすべて置いています)


「家族や誰かに迷惑をかけるのを気にしてるというよりも、
 事前にこうしておいた方が私がラクチンだから準備してるの」と、
叔母は笑って言っていました。

長々と失礼しました。
最初はとまどうこともたくさんあるかと思いますが、
無理しないようにがんばってください。

叔母が45歳のときに病気で失明しました。

視力がある間に、従兄弟がまだ小さかった頃に行った旅行先に
もう一度行ったりしていました。

それから、旅行先でも、日常生活でも、
よくビデオを回していたそうです。
撮っている状況を覚えていれば、音を聞くだけでも、
そのときのことを思い出すことができるからだそうです。
写真だとそうはいかないので・・・

従兄弟が言うには、失明するとわかってから「よく頭や手を触られるようになった」だそうです。
失明してからの叔母は、見えない分、
手...続きを読む


人気Q&Aランキング