経理初心者です。

決算処理について質問させてください。

社会保険料の仕訳なんですが、弊社は毎月25日に

給与   \1,500,000
通勤費  \100,000
               / 預り金(健康保険)    \50,000
               / 預り金(厚生年金)    \150,000
               / 法定福利費(雇用保険) \10,000
               / 預り金(源泉税)      \50,000
               / 預り金(住民税)      \40,000
               / 当座預金         \1,300,000

と仕訳して、末日に

預り金(健康保険)   \50,000
法定福利費       \50,000
預り金(厚生年金)   \150,000
法定福利費       \150,000
法定福利費(児童手当) \5,000
                     / 当座預金  \405,000

と仕訳しています。

決算を向かうに当たって未払処理をしたいのですが、どう仕訳したら良いのか教えていただきたいです。

法定福利費 / 未払金

で良いのでしょうか?
また、上記の決算仕訳をしたときに、次期はどのように仕訳したら良いのかも教えてください。



宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

社会保険料は「翌月徴収」で、決算月もお示しの数字と同額という前提です。



1.決算時の未払金計上の仕訳
法定福利費(健康保険) \50,000
法定福利費(厚生年金) \150,000
法定福利費(児童手当)  \5,000
                    / 未払金  \205,000
2.翌期初月納付時の仕訳
預り金(健康保険)  \50,000
未払金         \50,000
預り金(厚生年金)  \150,000
未払金         \150,000
未払金(児童手当)   \5,000
                    / 当座預金  \405,000

以上のとおりです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり、預り金は残したままでよかったのですね。
勉強になりました。

次からは、minosenninさんの仕訳を参考にさせていただきます。

お礼日時:2013/06/27 13:56

翌月徴収(翌月控除)であれば、No.4の回答者さんの仕訳がベストだ。

健康保険法および厚生年金保険法に基づき社会保険料は月末時点で確定債務となるため、未払金を相手勘定にするのが最もよい。

当月徴収(当月控除)であれば、No.4の仕訳のうち「未払金」を「未払費用」に差し替えた仕訳がベストだ。この場合、健康保険法および厚生年金保険法に基づき社会保険料は月末時点では未だ確定債務となっておらず、経過勘定としての未払費用を相手勘定にするのが最もよい。


なお、当月徴収は違法だ。根拠条文はすでに出ているとおりだ。いずれも強行法規と解されており(昭和2年2月5日保発112号参照)、労使協定等があってもなお違法であって、当該労使協定等は無効となる。当月徴収の場合に社会保険料が月末時点で未だ確定債務とならないのもこのためだ。

社労士のサイトに違法と明記されていないとの回答があるが、明記した社労士のサイトを複数確認している。

当月徴収の会社が少なくないことやソフトウェアで当月徴収の選択が可能となっているのは、違法と知らないか、または知っていても法的リスクが小さいとみているからだろう。ソフトウェアはこれに加えて、利用者のニーズがあることも理由となっているだろう。


最後に、
>当月分の社会保険料を当月の給料から天引きしている会社は多いですが、厳密にいうと違法な処理です。
との回答については、誤っているかまたは誤解を招く表現だ。当月の給料のうち「当月締め翌月払いの給料」からの当月分社会保険料の天引きであれば合法だからだ。健康保険法、厚生年金保険法ともに、支払月の前月の控除を合法としている。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私の質問の趣旨とは逸れてきてしまいましたので、回答を締め切らせていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/27 14:06

#7です。



スミマセン。誤字がありました。
×【厚生年金保健法】 → ○【厚生年金保険法】
でした。

なお補足ですが、「違法」と断定的に言ってしまったのは少し語弊があったかもしれません。
「労使協定でその旨定められていなければ」違法 というほうが正しかったと思います。

失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私の質問の趣旨とは逸れてきてしまいましたので、回答を締め切らせていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/27 14:05

#5です。



#6さんのご指摘がありましたので回答します。

給料からは何でも天引きできる訳ではなく、(1)法律で定められたもの、(2)労使協定で定められたもの が天引き可能です。
社会保険料の天引きは(1)法律で定められたもの になりますが、その根拠法として、

【健康保険法】
第百六十七条  事業主は、被保険者に対して通貨をもって報酬を支払う場合においては、被保険者の負担すべき前月の標準報酬月額に係る保険料(被保険者がその事業所に使用されなくなった場合においては、前月及びその月の標準報酬月額に係る保険料)を報酬から控除することができる。

【厚生年金保健法】
第八十四条 事業主は、被保険者に対して通貨をもつて報酬を支払う場合においては、被保険者の負担すべき前月の標準報酬月額に係る保険料(被保険者がその事業所又は船舶に使用されなくなつた場合においては、前月及びその月の標準報酬月額に係る保険料)を報酬から控除することができる。

とあります。

ですので、法的には「翌月控除」が正しいものと理解しています。

(もっとも、労使協定で「当月控除」が定められていればそれはそれでいいのかもしれません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私の質問の趣旨とは逸れてきてしまいましたので、回答を締め切らせていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/27 14:05

はじめまして、ちょっと気になる回答がありましたので蛇足ながら


投稿させて頂きます。

徴収方法は基本的に翌月徴収で当月徴収は違法ですとの回答
がございますが何を根拠にそのような事を仰られているのか意味
が分かりません。根拠を示して下さい。

弊社は零細企業で給料王というソリマチ社のソフトを使用しており
ますが徴収方法で当月か翌月徴収か選択出来ます。

それに社会保険労務士さんのサイトにも何処にも当月徴収が違法
とは明記されておりません。

匿名なサイトですので間違えている事は間違えていると指摘させて
頂きました。失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私の質問の趣旨とは逸れてきてしまいましたので、回答を締め切らせていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/27 14:02

#2です。



補足ですが、社会保険料は「翌月徴収の翌月納付」が法的には正解です。
当月分の社会保険料を当月の給料から天引きしている会社は多いですが、厳密にいうと違法な処理です。

また、社会保険料は給料の締め日とリンクしている訳ではなく、暦(こよみ)に従って計算されます。
「3月分の社会保険料」というのは3月1日から3月31日までの分、ということです。給料の締め日が25日の場合であっても、決して「2月26日から3月25日までの分」ではありません。ので、日割り計算のようなことは発生しません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですよね。
本当にややこしいお話です。

弊社の前任の方は当月徴収を行ってたみたいなんですが、どうも翌月徴収になってたみたいで、預り金がごちゃごちゃになっていました。

今は、私が訂正して翌月徴収で社会保険料を納付しています。

お礼日時:2013/06/27 13:58

給料締め日以後期末までの勤務の対応する社会保険料はその気の費用に計上する事が出来ます。


翌月の締め日の金額のうち期末までの日数に応ずる部分の金額です。

この場合の仕訳は
 法定福利費 999/ 未払費用  999
で良いでしょう。
時間の経過にしたがって発生する費用は未払費用が適当です。

ここで計上した未払費用は翌期首に
 未払費用  999/法定福利費 999
の反対仕訳を入れます。
    • good
    • 0

>決算を向かうに当たって未払処理をしたいのですが、



たまたま月末日が金融機関休業日で、振替日が翌月初頭にずれ込んだ、という場合でしょうか。
会社負担分について(ご質問の例では50,000+150,000+5,000)

法定福利費/未払費用

でよいです。

翌期、上記計上した分の社会保険料の納付時に
未払費用/現金預金
でよいです。
もしくは、納付時には
法定福利費/現金預金
としておいて、決算修正仕訳で
未払費用/法定福利費
でも問題ありません。


なお、社会保険料は「前月分を当月末に納付する」ことになっています。(例:3月分の社会保険料は4月分給料から天引き、会社負担分と併せて4月末日に納付。)
ですので決算月の分は翌期の最初の月の月末納付になります。
その分についても未払計上することが可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

弊社の社会保険料は、翌月徴収となっております。

月々の未払計上はしていますが、決算の仕訳で、全額を法定福利費にするほうが良いのかどうかと悩んでしまいました。

お礼日時:2013/06/27 13:55

はじめまして、零細企業で経理を主に総務全般を担当している者です。



質問文拝見致しました。社会保険料の徴収方法に当月徴収と前月徴収
とがありますのでそれによっても未払いに計上出来る金額が違って来ます
が弊社の場合は当月徴収ですのでそれに沿って答えさせて頂きますと
当月の25日に預かった保険料は来月末に口座から引き落とされますので
1月分の社会保険料(法定福利費)を未払いとして計上出来ますね。

仕訳は未払金という勘定科目しか無ければそれで仕方ないですが未払金
は貸借上の科目の未払い分を計上する時に使用するような感じがします
ので、

弊社では 借方 法定福利費 xxx,xxx / 貸方  未払費用 xxx,xxx

という仕訳をしております。

ですので次期繰越処理を行ったら口座から引き落としがあった際に

  借方 未払費用 xxx,xxx / 貸方 当座預金 xxx,xxx

とされれば良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
勉強になります。

お礼日時:2013/06/27 13:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q預り金と法定福利費の仕訳について

前任者の仕訳で正しいのかわからないので教えてください。(金額は仮です)
4/25 給料       100000    現金           80000
                    預り金(厚生年金保険料)20000
                
5/1 預り金(厚生年金保険料)  20000  普通預金      40000 
  法定福利費(厚生年金保険料)20000
5/1 預り金(厚生年金保険料)  19800  普通預金      39600
  法定福利費(厚生年金保険料)19800
と金額が合わない月もあります。
9/30 法定福利費(厚生年金保険料)  1000      預り金(厚生年金保険料) 1000  
摘要欄には預り金残高調整仕訳となっています。
おそらく預り金と納付金に差があっての仕訳なのでしょうがこの仕訳は正しいんでしょうか?預り金の勘定科目はきれいに消されますか?
教えてください。

Aベストアンサー

E 4/25の仕訳で、あなたは、住民税と所得税の金額を書いていますか?書いていませんね?だから、貸方、住民税XXXXX所得税DDDDDについては英文字にしたのです。ですからか借方の100,000円とは貸借は一致しないのです。給料の仕訳はこのようにすると言う雛形です。給料80,000円と社会保料80,000円とで貸借が取れるように書いてあります。

F 内容説明。
   借 方             貸 方
(1)基本給+変動給100,000/ 未払費用(給よ)80,000
               /(2)前払費用(社保)20,000
               /(3)預り金(住民税)XX,XXX
               /(4)預り金(所得税)DD,DDD
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貸借合計 100,000   /        100,000

G もしかして(3)住民税も(4)所得税も計算を、し忘れていると思いました?それで(3)と(4)を暫定に付け加えました。

H この人の給料は月100,000円ですから単純に12ヶ月掛けても年間所得1、2000,000円ですよ、年間所得1,030,000円以上は税金の対象になるはずです。調べてください。

I あなたには個別仕訳で説明して方がよさそうですね。賃金計算の方法と言葉は分りましたね?

J 例)仕訳計上処理。
※費用(経費)科目を一旦負債勘定へ振り替えます。なぜか?会社のお金ではないからです。
(1)基本給と変動給100,000/未払い費用100,000

K 負債科目に計上したものを資産・負債勘定へ振り替えます。なぜか?社会保険料は先払いの形になります。(例えば健康保険被保険者証は先払いの形でなければ交付されない)だから社会保険料は前払い費用へ振替するのです。税金は対価の報酬に対してのものだから後払いでよい。

L 資産・負債科目に振替計上します。
(1)未払い費用80,000  / 現預金80,000(個人口座へ振り込んだ等)

(2)未払い費用20,000   /前払い費用へ振替20,000
                 (社会保険料)
(3)未払い費用XX,XXX   /預り金XX,XXX
                 (住民税)
(4)未払い費用DD,DDD   /預り金DD,DDD
                 (所得税)
________________________________
 借 方 100,000    貸 方 100,000
これでJの未払い費用は貸借相殺されましたね(^・^)

M 支払日や納付日にこのように仕訳起票します。
(1)給与は即支払いできますね?既に上のL欄で支払い済みです。

※Lの(2)からは支払い期日が給与支払い日の翌月の大体10日頃と決まっている。
(2)前払い費用20,000 / 預金20,000
(3)預り金  XX,XXX / 預金XX,XXX
(4)預り金  DD,DDD / 預金DD、DDD

※(3)と(4)は暫定だからそのつもりで、このように行う事を理解してください。(3)と(4)はどうして預り金か?従業員から天引きで預っているからです。

N あなたは、簿記で厚生年金保険料の科目振替を預り金と習いましたか?

O それから貸借を計上する時費用・資産・負債を混ぜてもよいと習いましたか?私のように費用から負債に振替て更に用途別の科目に振替て最終的には現預金又は相殺と言うように習いませんか?

P 理屈から言うと貸方は仮払金でも預り金でも未払い金でもよいのです。でもB/Sを作成のとき支障はありませんかと言うことなのです。

E 4/25の仕訳で、あなたは、住民税と所得税の金額を書いていますか?書いていませんね?だから、貸方、住民税XXXXX所得税DDDDDについては英文字にしたのです。ですからか借方の100,000円とは貸借は一致しないのです。給料の仕訳はこのようにすると言う雛形です。給料80,000円と社会保料80,000円とで貸借が取れるように書いてあります。

F 内容説明。
   借 方             貸 方
(1)基本給+変動給100,000/ 未払費用(給よ)80,000
...続きを読む

Q法定福利費と預り金

単純な質問で申し訳ないのですが教えてください。

社会保険料を預り金、雇用保険料を立替金で計上しているのですが、
仕訳の際、社保、雇用保険ともに法定福利費を用いていたのですがこれは間違いですよね?
法定福利費を預り金、立替金にかえればいいだけでしょうか?
けれど立替金は取り崩すだけなのでいいと思うのですが、社保は折半してるので会社負担分は法定福利費にすればいいのでしょうか?
また、振替伝票でしたほうがいいですかねぇ?
教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 こんばんわ。
 雇用保険料を立替金と言いますが、立替金の中に労働保険料が入っていませんか。結構ややこしい仕訳になりますよ。
 仕訳は、jiro7_2007さんのやり方で正解ですが、会社負担分の雇用保険料はどうしていますか。法定福利費ですよね。(労働保険は全額会社負担)
 会社負担分は、社会保険の場合、全て法定福利費に計上して下さい。
 

Q預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

社長に役員報酬を払う際に、国保と年金の納付書を渡されて払っておくように言われています。(社会保険の話はここではおいといてください。)

月末締めの翌月末払いなのですが、通常は例えば

6/30 役員報酬 10万 / 未払費用10万 6月分
7/31 未払費用 10万 / 現金   9万 6月分役員報酬 
   旅費交通費 1万 /        通勤定期代
            預り金 1.5万 年金
            預り金 0.5万 国保

   -------------------
7/31  預り金 2万 / 現金  2万  社長国保・年金

というように仕訳をしています。

ある月、売上があがらず、社長への役員報酬が支払えなかったことがありました。が、年金と国保は納付期限が決められているので、その分だけ出金(預り金2万/現金2万)しました。期末に預り金を集計したところ、当たり前ですがこの2万円の分がマイナスで出てきてしまいました。期末に前月分の役員報酬を払う際に精算してしまえばよかったのですが、うっかり忘れてしまいました。これを翌期に持ち越すのはまずいですよね?支払えなかった月の分と期末の月の分が未払費用でありますが、このあたりでうまく調整することは可能でしょうか。また、「預り金」として出金しましたが、役員報酬を払えなかったので預ったわけでなく、立て替えて払ったということでこのときだけは「立替金」にしたほうがいいのでしょうか。

ご教授いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

社長に役員報酬を払う際に、国保と年金の納付書を渡されて払っておくように言われています。(社会保険の話はここではおいといてください。)

月末締めの翌月末払いなのですが、通常は例えば

6/30 役員報酬 10万 / 未払費用10万 6月分
7/31 未払費用 10万 / 現金   9万 6月分役員報酬 
   旅費交通費 1万 /        通勤定期代
            預り金 1.5万 年金
            預り金 0.5万 国保

   -...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!記帳代行のKSKです。
どうもすみません^^; 文章が雑でご迷惑をおかけしています^^;

>結局は未払費用の額を、支払った国保・年金分2万分減らせばいいということでしょうか。そのための仕訳が「未払費用/預り金 2万円」で、振替伝票に書く、ということなのでしょうか。

◇その通りです。

(確認されるのは、ここまででいいかも。以下は見なくてもいいです^^;




>預り金が消える形になるので・・・

◇預り金はゼロ(消えるカタチ)で良いです。

>この「現金で支払う分は起票しないで」の部分ですが、国保・年金は現金で支払っています。それが出金伝票に相当するのですが・・・

◇その通りです。しかし、この時点では国保・年金分の預かり処理をしていないため、これに相当する分の預り金を未払費用に振り替える仕訳を起こすのです。

月末に起票する役員報酬の発生仕訳、相手勘定:未払費用ですが、この未払費用は社長にまだ払っていない(あとから払いますよの)事を意味していますよね。

通常素直に考えれば、未払費用のその全額を社長に現金で支払います。

でも、実際には社長に現金で8万円を支払い(1)、2万円は会社で預かります(2)。

預かった2万円は社長個人の国保・年金分ですから、社長に代わって会社が支払っています。

今回(1)の支払はあとに延びたので未処理です

(2)は起票しなければ預り金がマイナスになってしまうことや当初から社長の給与から預かって支払うという取り決めになっている事なので 未払費用/預り金 を起票します。



私は、どうしてもプロセスも知って貰いたいので長々となってしまいます。
性分なのでご容赦を^^

会ったこともなく顔も性格も知らない方に文章で説明するのは、とても難しいですね。
自分の文章力の無さに痛感します。

今回で解決できれば幸いですが、補足でも、別件でもなにかあったらお気軽にどうぞ!

こんにちは!記帳代行のKSKです。
どうもすみません^^; 文章が雑でご迷惑をおかけしています^^;

>結局は未払費用の額を、支払った国保・年金分2万分減らせばいいということでしょうか。そのための仕訳が「未払費用/預り金 2万円」で、振替伝票に書く、ということなのでしょうか。

◇その通りです。

(確認されるのは、ここまででいいかも。以下は見なくてもいいです^^;




>預り金が消える形になるので・・・

◇預り金はゼロ(消えるカタチ)で良いです。

>この「現金で支払う分は起票しないで」の部分...続きを読む

Q社員の給料から徴収した社会保険料(預り金)と会社負担分の法定福利費がよ

社員の給料から徴収した社会保険料(預り金)と会社負担分の法定福利費がよくわかりません。

例えば、11月分の社会保険料として給与から335,289円を預り金として徴収したとします。
そして、11月分の社会保険事務所からの請求額が674,103円だとした場合、674,103-335,289=338,814円が法定福利費と考えればよろしいですか?

ただ、社員の退職などがあり、月によっては、社員から預り金として82,744円を徴収したにもかかわらず、社会保険事務所からの請求が0円であったり、賞与の預り金として、820,068円なのに、
社会保険事務所からの請求額が825,682円だったりする月もあります。

預り金と会社負担分の金額は何を基準に算定したらよろしいのですか?

Aベストアンサー

基本的なことを書きます。
A給料計算例
(1)給料ー(2)社会保険料ー(3)住民税(県民税・市民税)ー(4)所得税=(5)給与
B仕訳例
(借方)             (貸方)
給料手当0,000,000 /   社会保険料預り金     000,000・・・・期日に納付
                     住民税  預り金   00,000・・・・期日に納付
                     所得税  預り金   00,000・・・・期日に納付
                     現預金     0,000,000・・・・当月支給
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー-------        合  計0,000,000         合   計  0,000,000

上記のように毎月従業員給料から控除した社会保険料は預り金勘定科目へ計上します。

C社会保険料会社負担分(従業員と会社折半と言うけれど料率折半額)料額表に基いて計上します。
(借方)法定福利費 /(貸方)現預金

〇社員の退職と書いてありますが,その場合に給料計算して控除できるなら預り金へ計上します。金額的に小額で控除できないなら納付はしません。

◎賞与での控除は料額表に基づいて控除すればよいのです。

△社会保険事務所からの通達ウンヌンじゃなくその場合は即TELして相談してください。プロも間違いはあります。

☆最後の預り金と会社負担の金額は料額表がありますからこれを社会保険事務所から頂いてください。

基本的なことを書きます。
A給料計算例
(1)給料ー(2)社会保険料ー(3)住民税(県民税・市民税)ー(4)所得税=(5)給与
B仕訳例
(借方)             (貸方)
給料手当0,000,000 /   社会保険料預り金     000,000・・・・期日に納付
                     住民税  預り金   00,000・・・・期日に納付
                     所得税  預り金   00,000・・・・期日に納付
               ...続きを読む

Q決算時の預り金仕訳について

いつもお世話になっております。
当社は12月に決算ですが、その際の預り金の仕訳についてご指導を
お願いします。
当社は月末締めの翌月15日に給料を支給しています。
12月現在、貸方に、預り金(11月給与分+燃料手当分+冬季賞与分の社会保険料本人負担分)、預り金(11月分+燃料手当+冬季賞与の源泉所得税)預り金(11月分+燃料手当+冬季賞与の住民税)が
計上されています。
決算仕訳として、預り金(11月給与分+燃料手当分の本人負担分)/未払金(1/4口座より引落)としました。冬季賞与分はそのまま貸方
に計上されています。
住民税の預り金はこのまま貸方に計上でいいと思うのですが、11月分+燃料手当+冬季賞与の源泉所得税の計上はこのまま貸方に計上のままでよいのでしょうか?
年末調整をしたので、預り金/未払金(実際に各人に加納分を支払ったのは12月の給与支給日の1/15)の仕訳が必要でしょうか?
初めての決算でよく解らず大変困っています。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です
「未払金」勘定があるので、先の質問を投げかけたのですが、原価計算を行わないのであれば私の杞憂でした。

> 住民税の預り金はこのまま貸方に計上でいいと思うのですが、
> 11月分+燃料手当+冬季賞与の源泉所得税の計上は
> このまま貸方に計上のままでよいのでしょうか?
源泉税に関してはそのままで構いません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報