システムメンテナンスのお知らせ

どちらも、花屋で多年草と聞いて買いました。

家に帰って調べてみるとどちらも暑さには弱く、日本では一年草扱いとなっています。種類にもよるかもしれませんので、花屋さんを信じて(近所の花屋ですので、その地域の気候に合った表示や説明をしているはずですので)夏を越させてやりたいのですが、どうすればよいでしょうか。どちらも花壇に植えてあって午前中日が当たります。大阪在住で夏は35度になります。

よろしくお願い致します。

gooドクター

A 回答 (1件)

ワスレナグサは今当地(大阪よりは北)では大分枯れかけてます。


ワスレナグサはこぼれ種で来年も咲いてくれます。
(放置すると増えすぎるぐらいに)
採種も簡単ですので種から育てるのも楽しいですよ。
無理をして夏越しさせるよりは枯れたら別のお花を植えて
楽しいんだ方が花壇も華やかでいいと思います。

デルフィニウムも大阪なら諦めた方が賢明です。
確かに暑さに強い品種もありますが。
挑戦するならとにかく涼しく、風通し良くするしか方法はないです。
鉢植えなら木陰で管理すればよいのですが、
花壇なら半日陰になるように遮光ネットなどで遮光します。
(地植えたものを鉢植えにしたり、日照時間が少なすぎるのもだめです)
過湿も弱いので夏が来る前に梅雨でダメになることもあります。
下葉をとって蒸れないようにします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ワスレナグサはこぼれ種で増えてくれるのですね。期待しようと思います。デルフィニウムはやっぱりダメそうですね。好きな花だったので残念です。ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/21 09:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング