ハイドロテクトのガラスコーティング剤について
市販品のパッケージに『外国車には使えない』旨書いてあります.
その理由をTOTOに問い合わせたところ以下の回答を頂きました.
「外国車には特殊なガラスを使ったものが多く、
ご使用をご遠慮いただくようお願いいたします。
特殊ガラスや撥水ガラス・コーティングガラスは、
下地処理用のクリーナーに含まれる研磨剤や
光触媒の分解作用に弱いためです。」

質問は、私の車は99年式のメルセデスベンツE240ですが、
この車のガラスも下地処理用のクリーナーに含まれる研磨剤や
光触媒の分解作用に弱いのかどうか知りたいのですが.
結局、国産車のガラスと違うの?ハイドロテクトは使えるの?
ってところを教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

メルセデスの場合フロントガラスは、どちらかというとデリケ-トでして、ご質問のコ-ティング剤で、変質する事はないかもしれませんが、大型の一本テレスコピックワイパ-なので、ワイパ-を使うときちゃんとワイピングしなかったり、気になるドドリ音が出る可能性があります。

ご存知のように現在のメルセデスには、MBケアというメンテナンスサ-ビスが付与されております。それによりますとワイパ-ブレ-ドも消耗品であるにもかかわらず無償交換してもらえるはずですよね。ところがお尋ねの加工等を実施された場合、ケアの有効期間中に前記の不具合等その他フロントガラスにかかわるクレ-ムが発生したとしてもせっかくの保証が受けれないことになりかねません。したがって何らかの理由でどうしてもハイドロテクトを使わねばならない訳がおありでない限り、加工はお控えになられたが賢明と思われます。
    • good
    • 0

いやーそんなところにも違いが有るのですね。




残念ながらわかりませんが、ダイムラー・クライスラー日本の
電話サービスに聞いてみては、いかがでしょうか?

ご存知かも知れませんが0120-190610です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報