あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

最近自宅にある不良品をネットで販売していたのですが、

案外儲かることが分かったのでこれからは自分で仕入れて

ネットで継続的に販売していこうと考えています。

継続的に販売する場合、

古物営業許可証が必要なことが分かったのですが、

そこで2点疑問に思っていることがあるので教えて下さい。

1、税金の申告の際に古物営業許可証を取得する前に

  ネットで売っていた不良品の分の経費は計上できるのですか?

2、古物営業許可証にはOO商といくつも種類があるのですが、

  数種類の物を売る場合、その種類分全てのOO商を取得しなければ

  ならないのでしょうか?


ご教授のほど宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>1.



先ず事業では、売上高に対応する費用だけを計上するのが会計の原則です。税法でも同じ考え方です。ですから、不良品を販売して、それを事業の売上高に計上するのであれば、不良品の取得原価を必要経費に計上できます(※)。

しかし、ネットで売却した「自宅にある不良品」とは、自分の生活で使っていたものでしょう。言い換えれば、販売する目的で仕入れたものではない。

自分が使った動産を(不良品であれ、良品であれ)売却して得る利益(=所得)は原則として所得税の課税対象になりません(一定の美術品、貴金属を除く)。従って、その利益(=所得)を確定申告するのはバカバカしいです。

ですから、ネットで売却した「自宅にある不良品」は売上高に含めないで下さい。ということは、ネットで売却した「自宅にある不良品」の取得原価を必要経費に計上しないということです。

※所得税法では、売上高に対応する費用を必要経費という。


>2、

古物商の許可申請書には、「主として取り扱おうとする古物の区分」を記載する欄があり、
01美術品類
02衣類
03時計・宝飾品類
04自動車
・・・など、13区分があります。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/for …


このうち、あなたが当初、主として取り扱う予定の古物について、許可申請します。例えば主として腕時計を販売する予定なら、「03」にだけマルを付して許可申請します。「03」にマルを付して許可証を得たとしても、腕時計のほかに中古自動車を仕入販売しても構わないのです。取り扱う古物の種類が増えても、そのつど許可証を得る必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、大変分かりやすく詳細なご回答をして

頂きまして誠にありがとうございます!

大変参考になりました!

疑問が晴れて安堵することができました。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2013/06/22 20:09

古物商の許可を取る事と税金の申告はあまり関連しません。


不良品?不要品、どちらでしょう?税金から見ると場合によっては扱いがまるで違ってきます。

自身で所有する不要品を売却した場合、これには税金はかかりません。所得には入らないのです。
ただし、売却を目的として仕入れ、継続的に売却するような場合は事業所得と見なします。
何か事業などをやっていて、その際に発生した不良品を売却した場合は事業所得の中に含まれます。

古物商であっても法人登記しなければ単なる個人事業主なので、個人の所得として申告します。
古物商であれば明らかに事業であり、売却には税金がかかり、仕入れ等については経費として引く事ができます。
古物商になる前の部分は、それが先の個人的な不要品ならそもそも課税対象外ですからそれに関わる経費も申告できませんし、事業と見なせる部分であれば経費も引く事ができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、大変分かりやすく詳細なご回答をして

頂きまして誠にありがとうございます!

大変参考になりました!

お礼日時:2013/06/22 20:13

数百万円も商いするわけではないでしょう。



警察に出す書類、10種類のうち、絶対しないものを除いて、8個くらい丸をつけました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、

回答をして頂きまして誠にありがとうございます!

参考になりました!

お礼日時:2013/06/22 20:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオークションで確定申告、古物商の申請は必要ですか。

はじめまして。私は専業主婦です。
不要なものを売ることからはじめたネットオークションですが、今ではお店などで見つけた激安品などを購入して販売するようになり、月に8万円くらいの収入になっています。
最初は自宅の不要品だけ売っていたので確定申告の対象にはならないと思っていましたが、やっぱり今の状況では確定申告は必要ですよね。よく、パート収入は103万円までなら申告がいらないとか聞きますが私の場合、一体年間いくらまででしたら申告対象外なのか教えてください。
それと、私の場合やはり古物商の申請も必要になりますでしょうか。
ちなみに扱っている商品は衣料品、おもちゃ、CD、書籍などが中心です。(中古品の場合もあります。)どなたかぜひ教えてください。

Aベストアンサー

わたしは、オークションで不要なTシャツを手に入れたことがあるのですが、実際に手に取ってみると、質感がずいぶん違っており、がっかりしたことがあります。それで、オークションというのは、不要品の売買というイメージがあるため、そんなに利益がでるとは思わなかったのです。
ただ、「今ではお店などで見つけた激安品などを購入して販売する」のは、厳密にいうと雑所得(事業所得)になると思われます。
つまり、売上から仕入と経費を差し引いた金額が、その所得になります。パートの給料だと、この経費に相当する給与所得控除額が65万円と多いので、パート給与103万円まで所得税がかからないのです。雑所得に対しては、実際にかかった経費しか差し引けないので、その差し引いた後の金額が、38万円(他に何もなければですが)を越えれば、所得税がかかるようになります。

また、この所得が38万円を超えると、昨年から、専業主婦でなくなり、ご主人の扶養控除などから外れることになります。

ただ、現実には、税務署の方も、どれが家にあったもので、どれが仕入れたものかまで分かりませんから、捕捉できていないのだろうと思われます。

また、不特定多数の人たちから、物品を購入して、売るような場合には、古物商の許可も必要ですが、一般の商店などから買う場合は、これにはあたりません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/3105.HTM

わたしは、オークションで不要なTシャツを手に入れたことがあるのですが、実際に手に取ってみると、質感がずいぶん違っており、がっかりしたことがあります。それで、オークションというのは、不要品の売買というイメージがあるため、そんなに利益がでるとは思わなかったのです。
ただ、「今ではお店などで見つけた激安品などを購入して販売する」のは、厳密にいうと雑所得(事業所得)になると思われます。
つまり、売上から仕入と経費を差し引いた金額が、その所得になります。パートの給料だと、この経費に...続きを読む

Q古物商許可を受けた後の税務申請は、必要?

古物商許可を受けた後に税務署への申告、事業開始届は必要でしょうか?
副業で始めて、売り上げもまだ、どうなるかわからない状態です。
副業ですので、現在、就労中で、所得税は、払っています。
どのレベル迄いったら、事業主として、申告するのかがわかりません。
余談ですが、確定申告の経験は、あり、青色申告で、個人事業(営業)をしていた時期はありましたが、売り上げがなかったので、ほぼ、税金を返してもらっていた状況でした。

Aベストアンサー

SURF-STYLEさん こんにちは

 副業を含めた事業を始めると言う事は、利益を出す事を目標に行います。利器が出ればその利益に似合った税金を支払わないとなりません。この利益に似合った税金を払わない事を「脱税」と言い、法律違反です。しかし税法には別則が有り、「売上(間違っても利器ではありません)」が20万円以下の場合は確定申告しなくて良い」となっています。したがって年間売り上げが20万円行かない場合は、確定申告しなくて良い事になります。今回の例では副業と言う事で売り上げが幾らになるか解らないとの事ですから、年間売上が20万円超えた段階で確定申告したらどうでしょうか??SURF-STYLEさんは以前青色申告していた経験が有るとの事ですからご存じと思いますけど、青色申告をしている場合結果として年間売り上げが赤字になった時は3年間繰り越しが出来るわけです。その繰り越しを期待して青色申告で確定申告するのも方法かと思います。

 事業開始届ですが そう言うものはどこにも存在しません。たぶん税務署に届ける「開業届」の事を言われているんだろうと想像します。この開業届ですが、税務署的には出しなさいと言うと思います。しかし法律上どこにも開業届を出さないと事業を始めてはならない的な文言はどこにもありません。例えば芸能人や作家さん等税法上個人事業主に分類される方で有っても、開業届を税務署に届けてない方も沢山居ます。ただし青色申告をする為には開業届が必要になるので、赤字を3年間繰り越ししたい場合は「開業届」を税務署に提出して下さい。

 誰かも言われていましたが、資格を取得するのと確定申告するのとは別問題です。古物商の資格を取得したからって、確定申告や開業届の義務は有りません。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 

SURF-STYLEさん こんにちは

 副業を含めた事業を始めると言う事は、利益を出す事を目標に行います。利器が出ればその利益に似合った税金を支払わないとなりません。この利益に似合った税金を払わない事を「脱税」と言い、法律違反です。しかし税法には別則が有り、「売上(間違っても利器ではありません)」が20万円以下の場合は確定申告しなくて良い」となっています。したがって年間売り上げが20万円行かない場合は、確定申告しなくて良い事になります。今回の例では副業と言う事で売り上げが幾らになる...続きを読む


人気Q&Aランキング