ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

お世話になります、24歳会社員の女です。

私は学生時代からどうしても就きたい職業があったのですが、就職活動当時は募集がなく、元々自分が学校で学んでいた分野の仕事に就きました。

ですが、ついこの間知り合いから、自分の夢見ていた職業をやってみないかと誘われました。
名称につきましては、特殊な職業ですので、あえて伏せさせて頂きます…ご了承ください。
今までお世話になった会社を辞めて夢を追うべきか、それとも今の職を続けるべきか、悩んでおります。
どうかお力添え願えますでしょうか。

夢の職業と今の職業のメリットやデメリット、踏み切れない理由などは以下の通りです。

【今の仕事】

<メリット>
・職場環境が良い
・収入が多い
・福利厚生もしっかりしており、納税などの手続きも面倒がない(待遇○)

<デメリット>
・かなり厳しい職業(主に知識面で)
・残業が多い
・妊娠、出産後の勤務が難しい

<踏み切れない理由>
・今月まで私傷病のため1年半休職していた
・周りの方々に大変お世話になっているので簡単に辞めたくない
・今年、仕事に必要な資格を取る予定(合格の可能性が高い)→ここからさらに次のステップへ進める

【夢の職業】

<メリット>
・10年近く夢見てきた職業であり、高いモチベーションを継続できる
・異動、転勤の可能性がない
・勤務時間が短い

<デメリット>
・収入が少ない(月収6~10万円程度、ムラあり)
・組織に属するというよりバイト感覚(待遇×)
・経験と知識は多少あるものの、通用するかどうか分からない

といったところです。
なお、私は既婚でして、夫の収入が決して多いわけではありませんので、自分自身も正社員でなければ生活が厳しくなります(子供はまだいません)。
【夢の職業】は副業禁止ではないので、アルバイトなどでなんとかなるかもしれませんが…。

夫に相談したところ、「今の仕事はきつそうだし、辞めたら?」と言ってくれますが、社内での自分の立場を鑑みると、辞めたくないというのが本音です。
上記の<踏み切れない理由>にも書きました通り、今の職場の方には沢山のことを教えて頂き、長期間休職してもまだ見捨てずにいてくださっています。
出来れば今はこのまま転職せずに頑張って、会社に恩返しをしたいと思っているのですが、【夢の職業】は募集人数が1~2名と少なく、募集をかけること自体不定期なので、今を逃すともうチャンスが回って来ないのではないかとも思います。
また、【夢の職業】と同種の、別組織の募集要項では「25歳以下」という制約がありました。
年齢的にもここが分岐点かもしれません。

今の場所に留まって、安定した生活を送るか、それとも夢を追いかけるか…みなさんならどちらを選ばれますでしょうか?

補足:私傷病に関してはほぼ完治しました。短時間勤務ならば問題はありません。

A 回答 (9件)

トータル的に見ると今の仕事を続ける方が良い気がします。

なぜならば忙しいながらも満足している様子がうかがえます。夢の仕事といいますが、実際に会社なんて入ってみなければ全くわからない部分が多いです。入った会社がひどい環境でも夢だからと我慢出来る自信があれば別ですが。あと子供を何歳で出産する予定かも大きな選択になるでしょう。じっくり考えて見て後悔ないことを祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早いご回答ありがとうございます。トータルで考えると、やはり今のままのほうが良いですよね。忙しいながらも満足している…他人に言われるまで、気づきませんでした。確かにその通りです。子供に関しては、一応目安を決めているので、育児しながら今の仕事を続けるかは別として、それまで精一杯頑張りたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/22 17:15

職業というのは、突き詰めていけば、どれだけ世の中のお役に立てるかということに尽きます。


その「夢の職業」なるものが何か知りませんが、質問者さんが世の中から必要とされているのであれば、その期待に応える努力をするのは人間として当然のことでしょう。

一方で、世の中から必要とされているわけではなく、単に自分がその仕事をしたいだけとか、そういった私利私欲を満たすことが目的の「夢の職業」であれば、決してお勧めしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
夢の職業はまだまだ発展途上の分野で、世間的には認知度が低く、社会への貢献度としてはまだまだ低いかもしれません。
ただ、必要とされているかどうかで言えばどちらの仕事もイーブンなので、迷っておりました。
将来的には今の仕事のほうが安定しているので、このまま続けたいと思います。

お礼日時:2013/06/22 16:23

月収6~10万しかも不定というのは、そもそも「職業」と言えるのでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。ちょっと詳しくは言えないのですが、はじめのうちはそれくらいの手取りで、自分の努力次第で変わると思います。説明不足ですみません。

お礼日時:2013/06/22 16:26

職種が不明ですし 質問者様の優先順位の基準が分からないですが、理由がともあれ収入が半分以下というのはボライテイア以外考えられません。

 其れで生活出来ないなら問題外です。 「最初は10万円だが 成功して認められたら300万円」とかいうなら別です。
ご実家が資産家でいざとなれば何とかなるなら話は別ですが、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。おっしゃる通り給与に関しては不安ばかりですね。いくつか掛け持ちしながら、という意味で質問させていただきました。

お礼日時:2013/06/22 16:29

その「夢の職業」とやらに飛び込んだ場合、成功率ってどのくらいなのでしょうか。

それ次第だと思います。
職業の実態が分からないので何ともいえないのですが、仮にタレントや女優の場合は、成功率は圧倒的に低いので、絶対に金稼ぎが必要なら辞めましょうという判断ができますよね。

ただ、どうしてもやりたい仕事というなら、どんな問題でもクリアして何とかやり遂げようとするはずですが、ここで他人に質問していると言うことは、質問者の中では「諦めてもいいや」という気持ちがあるのではないでしょうか。
その程度の熱意なら、どんなにいい条件が揃っていたって、夢の仕事は失敗するでしょう。
今の仕事を続けたほうがいいと思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。その職業に就いている人が非常に少なく、特定されてしまうと困るので、不明な点ばかりになってしまいすみません。成功する、しないに関しては、今の仕事と同程度かそれ以上だと思います。もし自分が独身だったなら全てをなげうってでも転職したでしょうが、そういうわけにもいかないので…その程度の熱意rと言われても仕方ないのかもしれませんね。

お礼日時:2013/06/22 16:36

「女性と仕事」というと、妊娠・出産の問題がどうしてもからんできますね。



「今の仕事」が「妊娠、出産後の勤務が難しい」ということは、子供ができた時点で退職を余儀なくされる、ということです。
その仕事を続けることはできませんし、その時点では「夢の仕事」はムリでしょう。

一方、「夢の仕事」では「妊娠・出産」の記述はありません。
特殊な職業ということで、出産後も仕事はできるのではないですか。

子供は作らない、子供ができたら仕事は辞める、ということであれば事情は全く違ってきますが、仕事は続けたい、というのであれば、「夢の仕事」にチャレンジじゃないですか?

ご主人の「今の仕事はきつそうだし、辞めたら?」は、「チャレンジしてもいいよ」でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。出産と子育て…本当に、女性が働く上でこれが一番の課題だと思います。子供が出来たら長時間の勤務は無理ですし、そういう意味では短時間勤務のほうが都合がいいです。仕事はずっと続けたいと思っているので、長く続けられそうなのは夢の職業ですが…。出産を望むなら、お金も必要になってきますし、今の仕事を続けたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/22 16:42

「夢は追わずにあきらめると後悔する」とよくいいますよね。


夢を追って、自分で見切りをつけるならまだしも、できる可能性があるのにしないのであれば、後々後悔しないでしょうか?
私は2児の母ですが、子供が出来てしまうとさらに自分のやりたいようにやれないですよ。
それこそ経済的な理由や、時間の拘束など、自分だけの判断で動くことができなくなります。
恩返しをしたい気持ちも分かりますが、私だったら夢の職業につくかな・・?
質問者さんの話を聞くと、あまり、「先」が見えていないのかなと思います。
5年後、10年後、どんな自分になっていたいのか、ご主人との関係や、子供がいるかどうか、経済的にはどうか、社会的にはどうか、体の健康は???
ということを難しいですがじっくり考えれば、今どの選択が一番ベストなのか答えが出るのではないかと思います。
将来子供がほしいのであれば今のところで働いて貯蓄しておくのもありだと思いますし・・

ご主人と、「今」ではなく、5年後10年後にどう生きていきたいのかをじっくり話し合って、結論を出されるといいと思います。
参考になれば幸いですが・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2児のお母様からのご回答、大変参考になりました。ありがとうございます。最も大事なのは自分の家族ですので、夫に苦労をかけたくないと思っています。そう考えると、金銭的に有利な今の仕事か、それとも早く帰って来れる別の仕事か…かなり悩みました。正直なところ、今は目の前のことしか頭になく、5年後、10年後の自分など想像もつきませんでしたが…やはり、せっかくならばより難しい分野にチャレンジして会社的に必要とされる人物になることとのほうが、自分を含め周りの人のためにもなるのかな、と思います。いつか出来る子供のためにも貯蓄はしておきたいですし、夢とお金、天秤にかけるとお金の方に傾きますね…独身ならそんなことはなかったのかもしれませんが。皆さんのご回答を読み、そして今後のことを考慮すると、今の仕事を続けるのがベターだと思いました。
地域差があるとは存じますが、暑い日が続きますので、お子様ともどもお体にお気をつけください。

お礼日時:2013/06/22 17:02

迷うのは、どっちを選んでも後悔するからですよ。



どっちの後悔ならしてもいいか、で決めるしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。なるほど、と思いました。いつか後悔しても、まあ仕方がないと納得出来る方を選びます。

お礼日時:2013/06/22 17:04

ご質問の内容を拝見した上ですが、私としては夢を追うよりも今の仕事を続ける事をお勧めします。


私自身、高校時代に憧れていたプログラマーとして高校卒業後に就業できたのですが、理想と現実のギャップ、それと自分自身の能力の拙さによって挫折しました。
希望した夢が必ずしも思ってたものと違うという事はよくあります。

あなたが私と同じ轍を踏むとは思いませんが、旦那さんの事や現在の仕事の収入や待遇の良さ、それに将来性等を総合的に判断すると、下手に辞めるよりは今の仕事を続けられた方があなたにとってプラスになると私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。理想とのギャップに失望してしまうかもしれない、とご忠告頂くことは予想していましたが、やはりそうですよね…。好きなことは仕事にしないほうがいいのかもしれません。冷静なご判断とアドバイス、とても参考になりました。

お礼日時:2013/06/22 17:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夢を諦める事で幸せになった人って、本当にいるんでしょうか?

 私は20代半ばの司法浪人兼フリーターです。学生時代から法曹に憧れ、予備校にも通いながら、夢を実現しようと勉強してきましたが、なんでだろう…ここ数ヶ月、以前ほどのぱパワーが無くなったっというか、前向きな気持ちが保てなくなり、諦めることに決めました。友人の多くが合格してしまって孤独になったのが原因かもしれません。
 ただ、今後の人生に今のところ何の希望も持てません。恋人もいないし、夢も失って、正直もう生きていてもしょうがないかなって思ってるぐらいです。応援してくれた両親にも申し訳がないという思いでいっぱいです。
 そこで、「1つの夢諦めて辛い時期があったけど、今は幸せ」、とか「あの時諦めてよかった」と思う事って本当にあるんでしょうか?それとも挫折した人間が幸せになる事はもうないんでしょうか?特に、私と同じように司法試験や会計士試験・国家公務員試験を目指してたけど、諦めた人が今幸せな人生送っているのか、ご意見聞かせてもらえれば嬉しいです。

Aベストアンサー

私の夫は学生時代、卒業生のほとんどが会計士になるゼミに所属しながら、自分に適性がないことに気付き、一般企業に就職しました。
でも、その会社も数年で退職し(20代)、独立を目指し、外食産業で修行し、その後(30代)何故か輸入雑貨の仕事を始め、その経験と知識を生かし海外旅行社でコンサルタントをし・・・もう書ききれないのでこの辺で止めますが、そんなこんなしている時に、私と知り合い結婚。

そして結婚後、仕事に行き詰まり、無収入の時期があり、自室にこもる毎日。(30代後半)

でも、現在、仕事にも恵まれ、不自由ない生活を送っています。
子供にも恵まれました。

あなたが今、希望が持てない心境になるのは、しょうがないことだと思います。
今まで一生懸命やってきた事をあきらめるのですから、落胆や、絶望感があって当たり前なのです。
例えば失恋したとき、すぐ元気になれる人がどれほどいるでしょうか?
真剣な恋愛であったなら、振るほうも振られるほうも、それぞれ傷付くものです。
あなたの夢が真剣な物であったからこそ、その分虚脱感も大きいのだと思います。

夫に言わせれば、人生は夢と挫折の連続だそうです。
確かに、今のあなたのように、虚脱感に襲われた時期もありました。
毎日朝起きて、さて、今日はどうしたらよいのか、と途方にくれたこともあるそうです。
そして今、夫は40代後半になりましたが、今でも夢を追いかけています。
現在、仕事に追われながらも、現在とは違う事業を起こす為、準備中です。
私からすれば、今の状態で十分なのですが、夫にしてみれば、もっともっと夢を実現させたいらしいです。

夢は、いくらだって見つかるのです。
ただ、今のあなたには見えないだけなのです。

それからこれは余談ですが、あなたのおっしゃる試験に合格しても、合格した後が大変らしいです。(夫の友人には弁護士、会計士が多いので)
すぐ収入につながるとは限らないし、思うような仕事ができるとも限りません。
そうそう、私の弟は国家公務員試験I種(って言うんでしたっけ、私の時代は上級試験といったのですが・・・)合格で仕事をしていましたが、もっとしたい仕事が見つかったので、転職しました。

今はあなたにとって、ご自分を見つめなおす時期なのだと思います。
視野を広くして、また、新しい夢を見つけてください。
あなたのお幸せを、お祈りしています。

私の夫は学生時代、卒業生のほとんどが会計士になるゼミに所属しながら、自分に適性がないことに気付き、一般企業に就職しました。
でも、その会社も数年で退職し(20代)、独立を目指し、外食産業で修行し、その後(30代)何故か輸入雑貨の仕事を始め、その経験と知識を生かし海外旅行社でコンサルタントをし・・・もう書ききれないのでこの辺で止めますが、そんなこんなしている時に、私と知り合い結婚。

そして結婚後、仕事に行き詰まり、無収入の時期があり、自室にこもる毎日。(30代後半)

でも、現...続きを読む

Q25歳以上で大学へ行ったひと

経験談を聞かせてください。




1、何の目標があって何学部にいったのか
また、その動機は ?
2、受験勉強の期間
3、就職はできましたか?

Aベストアンサー

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていたので(当時は新校舎が未建設だったのでかなり安かったが、新校舎建設を機に学費が上がったらしい)、それが決め手になりました。

2.受験期間は二年です。何気に浪人しました(笑)一年目は9月くらいから勉強を始め、2月に受験した為、ほとんど勉強らしい勉強をせず、受験に望んだ為、国士舘大学二部政経学部と早稲田大学政経学部を受験し、前者に何故か合格し、後者は当然落ちました(汗)ちなみにその当時の偏差値は20ちょいくらいでした(滝汗)。ゆえに「こんな状態で大学生になるのはおこがましい・・・」という思いがあったので、国士舘大学の入学は辞退して、浪人という道を選びました。そして、一年間の猛勉強の結果、翌年の春は十校くらい受けて、落ちたのが三校ぐらいでしたので、努力が実って晴れて大学生になることが出来ました。

3.就職は現在していますよ。ただ、普通の18~20歳くらいの年齢で入学した大学生のような就職活動は出来ませんよ(※年齢制限があるため、求人がないから)。ゆえに、とりあえず卒業後は法学部だったので、司法試験を受験すべく勉強しました。が、結婚適齢期になったため、今のかみさんに騒がれて断念し、足しげくハローワークに通って、現在の職場を見つけました。

個人的には「25歳以上で大学に入る」という行為はあなたが女性だったら勧めますが、あなたが男性なら絶対勧めません。理由はこんなことをいうと物議をかもし出すかもしれませんが、女性の場合は最悪結婚すれば、永久就職が出来ますが、男性の場合は日本ではまだまだ「専業主夫」は一般的ではないですからねぇ。

『学歴に劣等感がある』からという理由で男性が受験して、入学するには、ハイリスク・ハイリターンの素ですよ。私一個人としては、社会人入学試験は何も大学だけが行っているのではありません。専門学校でも看護学校でも行っています。今、私が25歳なら、間違いなく『医療系の学校』を受験して、手に職をつけるという狙いで受験しますね。医療系の以外の理系学部や文系学部では就職は困難だと思います。

もし受けるのなら、スキルアップして大学を卒業するというのが、もっとも理想的だと思いますので、帝京平成大学のヒューマンケア学部or健康メディカル学部を受験していると思います。医療系は一旦資格を取ってしまえば、その業界は就職が売り手市場なため、年齢制限に関係なく、就職が出来ますしね。

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていた...続きを読む

Q20代後半で上京転職した方いますか?(27歳・女性)

私は現在27歳福岡県で経理事務をしてます
経理をし始めて1年半ですが、
収入の低さから3年経てば転職しようと思ってます。
(残り1年半でその頃28歳になります)

今のうちから情報収集をと転職情報を見てますが
単なる事務員の仕事以上のものを探してるので
なかなか福岡では見つかりません

東京で検索するとかなりの求人数が出て来て
上京も考え始めてます
幸い(?)パートナーもいないので、心配することと言えば親ですが
こちらに兄夫婦がいるので、あまり問題ないと思ってます

ただこの年齢で上京することに、採用企業側は抵抗があるのか
どうなのかわかりません
実際、20代後半で上京転職された女性の方いますか?
やはり結婚のことを予測され(こちらは予定がなくとも採用側が気にする場合)、転職は厳しくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

上京転職の経験はありませんが、アドバイスになればと思いコメントさせていただきます。
参考意見の一つとして読んで下さい。
私も質問者様と年齢が近く、現在、事務系で転職活動中です。(関東在住)

転職活動をしていて感じるのが、女性の場合、20代後半という年齢は、けっこうギリギリということです。

ほぼ毎回、面接で家族構成(両親と同居しているか)を聞かれます。
これは、身元の保証があるかどうかを確認しているんだと思います。

結婚の質問は、セクハラになるためか、あまり聞かれません。
でも似たような経験のある24歳と28歳がいたら、24歳の女性を採用するということはあるかもしれません。

東京は物価が高いです。(会社によっては地域手当が出る所もあります)
衣食住に、おそらく福岡よりお金がかかると思います。
慣れない土地に来て、上手く行かなかった時に一人で頑張れるのか、等の点はどうでしょうか。

もう少し地元で仕事を探してみても宜しいのでは?と感じました。
例えば、リクルートエージェントといった人材紹介会社に登録して、在職中に仕事を探してみるとか・・・
ヤングハローワークなどで、無料のキャリアカウンセリングを受けてみるとか・・・

いくつか試してみて、やはり上京をする決意があれば、それはそれで良いと思います。

良い転職ができるといいですね。頑張ってください。

上京転職の経験はありませんが、アドバイスになればと思いコメントさせていただきます。
参考意見の一つとして読んで下さい。
私も質問者様と年齢が近く、現在、事務系で転職活動中です。(関東在住)

転職活動をしていて感じるのが、女性の場合、20代後半という年齢は、けっこうギリギリということです。

ほぼ毎回、面接で家族構成(両親と同居しているか)を聞かれます。
これは、身元の保証があるかどうかを確認しているんだと思います。

結婚の質問は、セクハラになるためか、あまり聞かれません...続きを読む

Q正社員として働きながら夢を追うことってできますか?

今就職活動している学生です。私は俳優になりたいという夢を断ち切れず就職して働きながら養成所に通おうと思っているのですが正社員などの時間が拘束されている環境で夢を追うことはできるのでしょうか??このような正社員をしながら別の人生の目標を抱いている方いましたら回答のほうよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

程度の問題ですから、出来ないとはいえません。
夢を追うというのは自分の考え方の問題ですから。

しかしながら、駆け出しの俳優として基本的には「いつでも、どんな仕事を請けられること」が原則です。
つまり、自分が仕事で請けられない仕事をライバルたちがかっさらっていくわけです。
小さな仕事をする機会が増えれば、現場スタッフや演出家の知り合いも増え、やがて少しずつ大きな仕事へと結びつく可能性があります。

その点で、ひじょうに不利だと考えておいたほうがいいです。

食うや食わずで舞台や映像の端役の仕事をして、空いた時間でバイトするというのが多くの役者志望の生活です。

ご参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報