痔になりやすい生活習慣とは?

20年近く前にやっていたギターを再び始めました。
久しぶりにエフェクターをつないでみたのですが、エフェクターが効きません。

機種
BOSS Digital Delay 「DD-3」


状況
1.OUTPUTをアンプに接続、INPUTをギターに接続。
  (アンプのINPUTとエフェクターのOUTPUTを接続)
2.エフェクターのランプは点灯する。(ACアダプタ接続)
3.アンプからギターの音は出る。

あまり関係ないかもしれませんが、ヘッドフォンつないでいます。

久しぶりなので、何かおっちょこちょいな事がしでかしてないか確認をさせて下さい。
故障の可能性がある場合は、その旨指摘をお願いします。

できれば、至急で・・・
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

少なくとも接続方法は合ってます。



この情報では原因の特定までは無理ですが、
エフェクタの何らかのトラブルと推定できます。

長期間使用されていないということなので、
フットスイッチのオンオフを繰り返すとか、
ツマミをぐりぐり回してみるとかで様子を見ましょう。


あと、ジャックの接触不良は間違いなく発生している
はずなので、接点復活剤で慎重にクリーニングしましょう。
信号が減衰して出力レベルが下がっているかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ACアダプタを純正にしたら使用可能となりました。
どうもお騒がせしました。
また、回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/29 23:49

先ずはDD-3の各ノブを繰り返し操作し接触性障害対応を試して診て下さい。

この回答への補足

ノブは色々回しましたが、状況は変わりませんね。

補足日時:2013/06/23 09:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ACアダプタを純正にしたら使用可能となりました。
どうもお騒がせしました。
また、回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/29 23:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBOSS SD-1 故障 修理 エフェクター

本日、以下の質問をしようと思い症状をもう一度確認するためSD-1を使ったところ、症状が変わりました。
音がON,OFF両方で同じもの(バイパス音)が出てエフェクターの機能を果たしません。LEVEL,TONE,GAIN全て0にしても10にしても全く同じ音が出ます。
自分で修理したいのですが故障箇所がわかりません。原因がわかる方、どなたか教えてください。




以下は今日質問しようと思ったことです。

BOSSのSD-1(DC)にLINE6のACアダプタを繋いでしまい、音が出なくなってしまいました。(和音を弾くと一瞬ノイズが出ます。大きいアンプだとアンプ側ボリュームフルにしてかすかに音が聞こえます。)エフェクターの電源をオフにすると普通にギターの音が鳴ります。

中をあけてみるとNEC製の11Vツェーナダイオードが真ん中で割れて、基盤のこのパーツがついていた箇所は焦げていました。なので新しく同パーツを買ってハンダ付けしたのですが、状況が全く変わりません。ちなみにテストには電池を使用しました。これは故障前に用いていたもので電力はまだあります。

他に基盤やポッド等のパーツを見てみても焦げ等が見られません。なんとか自分で修理したいのですがどうすればよいのでしょうか

本日、以下の質問をしようと思い症状をもう一度確認するためSD-1を使ったところ、症状が変わりました。
音がON,OFF両方で同じもの(バイパス音)が出てエフェクターの機能を果たしません。LEVEL,TONE,GAIN全て0にしても10にしても全く同じ音が出ます。
自分で修理したいのですが故障箇所がわかりません。原因がわかる方、どなたか教えてください。




以下は今日質問しようと思ったことです。

BOSSのSD-1(DC)にLINE6のACアダプタを繋いでしまい、音が出なくなってしまいました。(和音を弾くと一...続きを読む

Aベストアンサー

電源に過電圧を印加したということでしょうか。

その場合、オペアンプを交換してみましょう。
オペアンプが破損しているのは、ほぼ間違いないと思います。
先の回答者さんから紹介された回路図によると、
8本足のパッケージが1つ搭載されているはずです。

それでも直らない場合は、少々やっかいです。
すべての半導体部品の動作をチェックするか、
片っ端から交換する必要があります。

Qエフェクターの修理と故障

エフェクターの修理と故障

MXRのPHASE90を壊してしまいました…。

原因は、間違ったACアダプターを使ってしまったことかと思います(過電圧?)。
実際、ACアダプターにつなぐところが焦げ臭くなっていました。

今は、電池を入れても電源がつかない状況です。

こういった場合、修理はどうすればいいですか?
また、いくらくらいかかるでしょうか?

Aベストアンサー

どこまで壊れているかが、質問文の情報だけではわかんないですから(そりゃま、専門家が中を見ないとわかんないですからあたりまえ)、
1)買った店
2)正規代理店のサポート
http://www.jdunlop.jp/support/repairs.html
の順に聞いてみるしかないですね。

修理自体は、少なくとも2)では請け負ってくれると思いますが、どれだけの部品が要交換になるかは中を見ないとわかりませんから、現物を見せて見積もって貰うしかないですね。

ただ、電源ジャック部が焦げるほどの過電圧を掛けたなら、「安い店で買い換えた方が安い」修理費になることも、一定覚悟した方が良いとは思います。
(仮に部品総替えになったとした場合で、メーカー標準小売価格(未公開でオープン価格の時でも、メーカー内では基準定価がある)の1.5~2倍が相場ですので)

Qストラトのリア・ピックアップはなぜ斜めについている?

素朴な疑問ですが、一般的なレスポールモデルやセミアコのピックアップは弦に対して直角に取り付けられているのにストラトのピックアップ(主にリア側)はなぜ少し斜めになっているのでしょうか?リア側がハムバッキングタイプの場合、垂直についているものもありますがジェームスタイラーStudio Eliteみたいにやはりすこし斜めになっているものもあります。フロント、ミドル、リア全て斜めのものもあります。また、モズライトのフロントピックアップみたいに逆の角度で斜めになっているものもあります。1弦~6弦の音質補正?単なるデザイン上の遊び心?知っておられる方もしくはギタークラフトマンの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再び失礼します。

ピックアップをスラントに配置することについては、先にも書いたようにそのポジションのピックアップについて、各弦ごとにピックアップが拾う音質を微妙に変化させることを狙った設計から来るものです。 リアが特別そうした影響を強く受けるということではなく、ストラトやテレではリアピックアップに限ってそうした効果を得るための設計がなされていると受け止めるのが妥当かと思います。
実際に同じFenderのモデルでも、ムスタングやジャグスタング、サイクロンなどではフロントPUにスラントマウントが採用されていますが、これはフロントPUでも同じように各弦ごとにピックアップが拾う音質を調整する狙いがあってのことです。 逆にジャガーではシングルコイルPUをリアにも配置していますが、こちらはよりブリッジに近接した位置でもスラントマウントにはなっていません。 ジャガーの設計では、そうした効果を求めていなかったと捉えることはできます。
また、箱物のギターのリアピックアップのマウントにスラントが採用されていないことについては、やはりそれもギターの設計としてスラントマウントで得られる効果を必要としていないために、そうしたデザインになっていると見るのが良いかと思います。 ブリッジからの距離が近い・遠いはあまり関係ないでしょう(実際、ES-335などのブリッジサドルからリアPUまでの距離は、ストラトのそれと大差ありません)。
モデルによって狙う音質があり、それに合わせたデザインが施されていて、その一環としてピックアップのスラントマウントが採用されることがあると見るのが妥当と思います。

また、斜めにするのは、ボールピースのセンターを弦の直下から外すということは焦点ではないでしょう。 あくまでも狙いとしては、ボールピースが弦の張られている方向に対してどの位置に来るかを重視した配置とみるのが妥当です。 ボールピースには直径がありますし、多少斜めにしたところで、ボールピースの上から弦が落ちるほどの移動はないはずです。 むしろ、弦がボールピース上の位置から外れてしまうと、ピックアップの感度が落ちるという害が出ますので、それを狙っていると考えるのは難しいでしょう。 スラントにマウントするとしても、できるだけ弦の直下にボールピースが来るように設計されているはずです。
なお、一つの弦に対してボールピースが二つになるハムバッカーの通常サイズのものでも、スラントマウントが採用されることはあります。 その場合、ボールピースと弦の位置関係などは豪快に無視して通常設計のものを斜めに積むモデル(ジャグスタングなど)もあれば、スラント配置を前提にボビンの位置をずらして両方のボールピースの上を弦が通るように設計されている専用のピックアップを積むモデル(Gibson ナイトホークなど)もあります。 感度の面から言えば、専用設計のものの方が当然有利です。

再び失礼します。

ピックアップをスラントに配置することについては、先にも書いたようにそのポジションのピックアップについて、各弦ごとにピックアップが拾う音質を微妙に変化させることを狙った設計から来るものです。 リアが特別そうした影響を強く受けるということではなく、ストラトやテレではリアピックアップに限ってそうした効果を得るための設計がなされていると受け止めるのが妥当かと思います。
実際に同じFenderのモデルでも、ムスタングやジャグスタング、サイクロンなどではフロントPUにスラン...続きを読む

Qライブでのギターのリバーブって。。

すいません教えてくださいm(. .)m

エレキギターにBOSSのSD-1をかましてライブやるつもりです。

普段のストロークでの音色はアンプで作っておいて、
ソロの時SD-1を踏んでブースターとして使うつもりです。

しかし、そのソロの時結構深いリバーブが欲しくて(だいたい皆さんソロはリバーブ深くないですか)、
その方法をどうすればいいのかわかりません。

以下聞きたいことをまとめてみました。
・PAに「ソロの時だけリバーブ深くしてくれませんか?」と言う。
↑これは一般的ではないのでしょうか?
・リバーブのエフェクターも繋いで、ソロの時SD-1と一緒に踏む。
↑これが一般的な気がするんですが、皆さんそうしてるんですかね。。?

ずっとアコギでライブやってたのでエレキの用い方に関してド素人です。
お答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

皆が、ソロの時に複数のエフェクターをいっぺんに踏んでいるのかどうかという質問ですよね?

2つだったら踏んでいる人を知っています。
いつもPAさんにお願いしている人も知っています。(リハに時間がとれる事が条件でしょう。)

いっぺんに3個以上のエフェクターを踏むのは難しいので、そういった人はマルチエフェクターを使っているのではないでしょうか?

SD-1のようなコンパクトエフェクターの音にこだわりを持っている人は、高価なスイッチングシステムを使っていたりします。

それぞれメリット・デメリットがあると思うのでどれが正解とは、言い難く人それぞれ工夫して好みの音をつくっているのではないかと思います。

わたしは、エフェクターを踏むのが苦手なので、ソロ以外の時にもショートディレイをかけっぱなしで、ソロの時にコンプレッサーを踏んで音を持ち上げています。

ライブ当日、ソロの時にエフェクターを2つ踏む準備だけはしておいて、PAさんにソロのときだけエフェクトをかけてもらえないか相談してみてはいかがでしょうか?

Qエフェクターの電源がつかない?

エフェクターの電源がつかない?
私はこのまえ中古でBOSSのSD1を買いました
アダプタにつないだのですがアダプタの電源にしか灯火がつきません
そのときエフェクタはギターやアンプにつないでません
この場合やはりエフェクタが壊れてるのでしょうか?
それともギターやアンプにつながないとエフェクターの電源はつかないのでしょうか?
アダプタはBOSSの新品です

Aベストアンサー

No.1の方のおっしゃるとおりで、SD-1、及びBOSSの同じラインナップ製品は、すべて「INPUTジャック」が電源スイッチになっていて、INPUTにプラグを挿さないと電源は入りません。

注意点として、「INPUTにプラグを挿している間は常時電源はON」ということがあります。
インジケータは、全体の電源のON/OFFを示しているのではなく、「エフェクトのON/OFF」を示すものです。
だから、INPUTにプラグが挿されている限り、インジケータが消えていても電気は流れ続けています。

電池を抜いて電源アダプタだけ使ってる分にはいいんですが、中に電池が入っていたら、INPUTにプラグが挿しっぱなしだと電気が流れ続けるので、知らぬ間に電池が死んだり、下手したら電池が液漏れを起こしたりしますから、要注意です。

Qバッファーをどこに・・・

ギター(パッシブ) > コンパクトペダル3台 > 7Mのケーブルで真空管アンプに接続しています、さらにアンプのループでわ空間系マルチを使用していて、音の劣化が気になります、そこでバッファーを購入して対応しおうかと思うのですがどこにかますと効果的なんでしょうか?ギターの次?

Aベストアンサー

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
パッシブもアクティブも経験し、エフェクターも何十個と買って試してきました。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問への回答ですが、「バッファーは、ギターの次(直ぐ後)が良い」と思います。
但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。
何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。

ご質問の趣旨が「音痩せ(音劣化)対策」であるならば、以下の回答になろうかと思います。
(1)ギターのメンテ(弦の張り方(ネジレが無い)とペグの巻き方、弦高、オクターブ調整、
   ネックの反り、フレット調整など)をきちんとして、物理的に「鳴る」ギターにする。
   これができていない人が多いですネ。物理的に「鳴らないギター」は、どんなにエフェ
   クターをかましても良い音は出ません。
(2)シールド(ケーブル)は安物は使わない。また、可能な範囲で短く使う。
   特にエフェクター同士をつなぐパッチケーブルは、1本数百円のような物は、中の芯線
   (銅線)が5本程度しか入っていない粗悪品もあり注意が必要です。予算の関係もあろう
   かと思いますが、パッチケーブルは、できれば1本2,000~3,000円のしっかりした物を
   使うことをお薦めします。
(3)エフェクターは直列でつなぐ個数をなるべく少なくする。
   やはり、エフェクターやボリュームペダル等はつなぐ数が多いと音は劣化して行きます。
   直列でつなぐ個数を減らすためには、スイッチングで並列にし、チューナーを別系統に
   するとか、歪み系と空間系に分けるとかにするのも良いですネ。


「バッファーをかませる」と言う行(くだり)は、バッファーが何の役割をするのか?を正しく
理解していないといけませんので関連する事項を少し解説します。

<バッファーの意味>
バッファーとは「物と物の間が衝突や不和の状態にある場合、それを緩衝する(和らげる)」と
いうのが本来の意味です。
エレキギターやベースの世界では、出力側と入力側のインピーダンス(交流信号における抵抗値
/単位:Ω)のマッチング(状態)がよろしくない時に緩衝するのがバッファーの役目です。
通常は「ロー出し:ハイ受け」と言って、出力側のインピーダンスを低い値で出し、入力側の
インピーダンスを高い値で受ける(入力する)と電気信号的に都合が良いとされています。
つまり、出力側のインピーダンスを低くするための機器がバッファーで、言うなれば「インピー
ダンス変換装置」とでも言えます。
例えば、パッシブのベースをPA卓に直接つなぐ時、パッシブPUの出力インピーダンスは数百kΩ~
数千kΩという高い値なので、そのままではPA卓につなぐと音声レベルが低くなり、さらにそのまま
増幅するとノイズ等もいっしょに増幅するため、良い音にならないと言う不都合が生じます。
よって、パッシブPUのベースは、DI(ダイレクト・インジェクションBOX)を介し、インピーダンス値を
低くしてPA卓につなぎます。つまり、このDIがパッファーの役目(インピーダンスの変換役)をする
ワケです。
※DIは、ベースの音痩せを防ぐための機器ではありません。
※市販されている「バッファー」は、ブースターに入っているものが多いため、ブースターを
 バッファーと勘違いされている方も多いようです。

<インピーダンスとノイズ>
出力インピーダンスが高いと他の不都合もあります。
エレキギター等の交流信号はインピーダンス値が高いため、そのままケーブル(シールド)を伝わって
行くと電気ノイズに弱く、いわゆるハイ落ち等の現象が出てきます。
※その「ノイズ」を拾わないために、ケーブルには「シールド」といわれるガードが施されていて、
 ギター・ベースにつなぐケーブルを通称「シールド」と呼んでいますネ。

つまり「バッファー」は音痩せ対策のための機器ではなく、インピーダンスの不和を緩衝(調整)した
り、音声信号への不都合(電気ノイズ、ハイ落ち)を防ぐするための「インピーダンス変換(調整)
装置」と認識された方が良いかと思います。


<ノイズ 対策>
ノイズ対策をすると言う趣旨あれば、以下の回答になろうかと思います。
(1)物理的な対策(ギター本体のアース、スイッチ、ポット、ジャックの状態)をきちんとする。
(2)シールドはなるべく良い物で短く使う。(電気ノイズ対策)
(3)ギターのPUをアクティブ化する。(インピーダンス対策として)

PUをアックティブ化するとバッファ回路が組み込まれます。ギターからの出力インピーダンス値は
低く(ローに)なり、シールドに伝わる音声信号が電気ノイズ等に強くなるワケです。アクティブ
PUはEMGなどから販売されていると思います。
但し、PUをアクティブ化する際は何点か注意が必要です。
ご存知だと思いますが、バッファを組み込んだアクティブ回路のPUは、低インピーダンス値でロー
ノイズになりますが、出力が弱いためプリアンプ(電源が必要)で出力を上げる必要があります。
電源は通常、9Vの電圧(最近のアクティブベースは18Vもあります)が必要で、9Vの四角い電池を
ギターのボディーに収納しなければなりません。収納できなければザグリ(ボディの削り)を広げ
たり、新たに彫ったりすることが必要になります。
また、アクティブ化すると常に電池の残量を気にしていなければなりません。電池がなくなってくると
とてもショボイ音になります。また、LIVEの本番ステージで「電池切れで音が出ない!」ということも
あります。

<その他>
「音痩せ」を防ぐには、元々の音が太く、芯があることが重要です。
「音」は電気的な回路だけで決まるものではありません。ギター本体やネックの材質、ネックと本体の
セット状況、ナットやブリッジの材質・形状、PUの種類・位置、コンデンサーの種類、弾き方など
など、切が無い(?)ほどです。

<まとめ>
ベース暦:40年の経験から言いますと、ベースは特に「太い音」「芯のある音」を追求しますので、
私も「音痩せ」には相当悩みましたが、結局辿りついたことは・・・、
(1)元々「太い音」「芯のある音」でないと、エフェクターをかましても意味がない。
(2)物理的に「鳴る」ように、セッティング・調整を怠らない。
(3)エフェクターはオーディオレベルの物を使い、1系統あたりの個数は可能な限り少なくする。
(4)シールド・ケーブルは良い物を使い、なるべく短い物を使う。

てなところです。 ギターとベースだと少し異なると思いますが、参考にしてください。
「イイ音づくり」は悩みますが、悩めば悩むほど楽しいものです。

 楽しいギターライフを!  長文、失礼しました。

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
パッシブもアクティブも経験し、エフェクターも何十個と買って試してきました。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問への回答ですが、「バッファーは、ギターの次(直ぐ後)が良い」と思います。
但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。
何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。

ご質...続きを読む


人気Q&Aランキング