流体力学になります。
流体力学「ナビエストークス」ですが、対流項の{(Vgrad)V}
であったり電磁流体の誘導方程式の{(Hgrad)V-(Vgrad)H}
非圧縮性の連続の式の(divV=0)の3つなのですけど
導くことはできます(定量的には)しかし定性的な現象の解釈が
できません。
解析学等の参考書では定性的な記述が少なく流体の参考書では
そういったものを省いています。
よい回答を期待しています。よろしければ回答とともに参考文献を教えてください。

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=81469
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング