精神科に診てもらい、ドーパミンが増えすぎているとのこと。どんな風に発生しどんな症状をもたらすか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大辞林によると。



ドーパミン
[dopamine]
カテコールアミンの一。生体内で、アドレナリン・ノルアドレナリンの前駆体。脳の神経細胞の興奮の伝達に重要な働きをする。

と、書かれています。

ドーパミンは脳を覚醒させ、快感を与え、創造性を発揮させるなどの作用があります。

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.est.hi-ho.ne.jp/siawasesan/ooki/05kai …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/26 18:00

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「血中カテコールアミン」
このページで「検査を行う理由」「異常値の意味」と関連リンク先を参照してください。

詳細は主治医の先生にお尋ねください。

ご参考まで。 

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/26 18:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「好き」という概念の科学的な定義とは?

脳科学で言うとどういうことになるんでしょうか?

「ドーパミンの分泌によって与えられた高評価」とか?

Aベストアンサー

意識の座も関係しているので、未だ研究途上です。

好きな感情を抱いている時には、脳幹の腹側被蓋野と脳の奥に有る尾状核が活性化している事は解っています。

ここは大脳皮質では無い原始脳なので、人間の本能で行っていると考えられます。

また、好きな事をしていたり、見ていたりすると、扁桃核と頭頂・側頭結合部の活動が低くなります。
ここは、不快を感じる部位であるので、そこの活動が抑えられている訳です。
ここも原始脳です。

なので、「好き」に理性が伴う、例えばお金が儲かるからとか、成績が良くなるから、とか、大脳皮質が絡んでいる「好き」は本物では無いといえます。

「好き」と言う感情を、そう「思う」のは意識の座が行なっていますが、そこはサッパリ解明されていません。

脳の感覚野は刺激が0.5秒以上持続しないと無い事にしてしまいます。
それ以上になると、感覚野の情報を前頭連合野が処理して意識の座にもあげ「痛い」とか「熱い」とかを「思い」ます。

例えば、蜂が腕を「チクッ」と指した場合、「痛いっ」と思うまでの時間はどの位かと言うと、「当然0.5秒より後」と思いがちですが、実際は0.1秒後です。

この矛盾の完全解明も出来ていません。
現時点での実験を踏まえた有力な説は「意識のタイムトリップ」です。

0.5秒より後で「痛いっ」と感じた後、0.1秒後の昔にタイプトリップして「痛い」と思うとか、0.5秒より後へタイプトリップして「痛い」と思った後に、0.1秒後の世界に戻ってくる。

中々興味深いです。

意識の座も関係しているので、未だ研究途上です。

好きな感情を抱いている時には、脳幹の腹側被蓋野と脳の奥に有る尾状核が活性化している事は解っています。

ここは大脳皮質では無い原始脳なので、人間の本能で行っていると考えられます。

また、好きな事をしていたり、見ていたりすると、扁桃核と頭頂・側頭結合部の活動が低くなります。
ここは、不快を感じる部位であるので、そこの活動が抑えられている訳です。
ここも原始脳です。

なので、「好き」に理性が伴う、例えばお金が儲かるからとか、成績が良...続きを読む

Q精神科医とはなんだ。ある医師はドンドン薬を出す。ある日、不眠を感じた私は精神科を受診した。薬が切れた

精神科医とはなんだ。ある医師はドンドン薬を出す。ある日、不眠を感じた私は精神科を受診した。薬が切れたので再度、受診すると調子はどうだと言うのでまだよく眠れないというと薬を変えるといい、次には量を増やすといい、更には種類を増やすといい、遂には薬なしでは生活出来ないところまで行き、入院となった。保護室に入れられ酷い目にあった。奴らは薬の売人だ。少々の事では近寄っちゃ危ない。こんな経験した人いませんか?

Aベストアンサー

No.4です。

説明しましたような名医はいます。今、治療を受けています。ただ、稀少ですので、見つけるのは苦労します。名医に当たるまでは、ある程度のドクターショッピングは、やむを得ないかと思います。

効率的な方法としましては、曜日ごとに担当医が異なる病院を受診するという方法があります。例えば、月曜日で受診してみて担当医が良く無さそうなら、都合ができたから次回から火曜日にしたい、などと申し出て担当医を変える訳です。病院は変えてませんので、担当医を変えても初診にはなりませんし、患者の情報は引き継がれますので効率的です。

このような病院では、患者が曜日を変えて担当医を変えるというのは日常茶飯事ですから、遠慮することはないです。こちらは人生がかかっているのですから。

Q【定型精神病薬・非定型精神病薬の非定型・定型とは】

統合失調症には定型精神病薬と非定型精神病薬がありますが、
この”定型”と”非定型”という言葉はどこからくるのでしょうか?
英語を直訳すると、この定型・非定型という訳になると聞いたことがあります。
化学構造式によるものかと推測していますが、理系ではないため
よく理解ができません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけますか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www15.big.or.jp/~frenz/mizuni4.html
によれば
====================================================================
抗精神病薬には定型精神病薬と非定型精神病薬というのがあります。それで定形というのはドーパミンに働きかける薬で、それ以外にも働きかける薬を非定型精神病薬と呼んでいます。
====================================================================
との事ですが、真偽は分かりません。

Q精神科同士であれば患者症状などを詳しく全部

精神科病院同士であれば患者症状などを詳しく全部話すのですか?
それとも相手が病院であっても守秘義務があるのですか?

Aベストアンサー

守秘義務は当然にあります。
ですから、世間話に患者情報を漏らすようなことはありません。

ただし、守秘義務というのは患者の権利を守ることが目的です。従って、より良い治療を行って患者の権利を守る目的で、患者を他の病院に紹介したり、専門家の意見を求めたりする場合には、そのために必要な情報を伝えます。必要な個人情報を伝えなければ患者の権利を守ることができないからです。

Q統合失調症とはどう考えたらいいのか

統合失調症(旧名精神分裂病)に関して、よくわからないことがあります。学術的結論がおそらく出ていないか、検討もされていないようなことではないかと思います。かなり哲学的というか、文学的になってしまいます。

幼児期の、自我形成時期に感じるといわれる
「なぜ自分は自分なのか」
「この番組は自分のためにやっているのではないか」
「親は自分の前でだけ親の演技をしていて、そうでないときは違う姿になっているのではないか?」
「むこうから人が来て丁度転んだ、でもそれは自分に見せるためにわざとやっているんではないか?」

などという、関係妄想的な思考を経験して、次第に社会的感覚にそれが圧倒されていき、大人としての社会生活を営む力をつける、というような流れがあるのではないでしょうか。

片や、統合失調症の関係妄想的な症状が、この幼児期の思考と何か似たところがあるように思いました。これは、一種の幼児帰り的な傾向も絡んでいると考えられないでしょうか。いままで、概説的な紹介文しか読んだことがないので、知らないのですが、もしかしたらそういう学術的説明もあるのでしょうか。

統合失調症(旧名精神分裂病)に関して、よくわからないことがあります。学術的結論がおそらく出ていないか、検討もされていないようなことではないかと思います。かなり哲学的というか、文学的になってしまいます。

幼児期の、自我形成時期に感じるといわれる
「なぜ自分は自分なのか」
「この番組は自分のためにやっているのではないか」
「親は自分の前でだけ親の演技をしていて、そうでないときは違う姿になっているのではないか?」
「むこうから人が来て丁度転んだ、でもそれは自分に見せるためにわ...続きを読む

Aベストアンサー

「>学術的説明」に関する知識はありませんが、私見でよければ述べてみます。

統合失調症の原因は、確か現代科学でも解明されていなかったと思います。
ドーパミンなどの脳内科学物質の代謝異常も一因らしいですが、なぜ、どのようにしてそれが引き起こされるのか、という点については以前不明ということなのでしょう。

ある刺激に対して、ある脳内化学物質が、ある神経細胞間を移動することによって様々な心理現象になるわけですが、なぜそのような回路が選択されるのか、という点に関してもやはり解明はされていないように思います。
この点に関して、帰納的解決を求めることは責められないはずで、
「>哲学的というか、文学的に」仮説を立てることはむしろ有効なようにも思います。

私たちは、どのようなものであっても外界の刺激を一旦取り入れざるを得ませんが、ある程度の取捨も同時に行っていると思います。
一種の振り分け作業ですが、この機能が弱まると、通常流れないような刺激反応物質が通常流れないような神経回路に流れてしまうのではないでしょうか。
一旦その誤った回路が通ってしまうと、それが修復されるまでは誤った物質が誤った回路を通過する、つまり、誤った反応が繰り返される、ということになるのだろうと思います。
本質的には『生命力の弱体化』が何らかの関連性を持っているのでしょう。
生命力という言葉は抽象的ですが、心理が脳内活動の顕現であるのと同時に、心理が脳内活動に影響を及ぼせることもまた確かではないかという気が私はしています。
無論、本当に重大な影響を及ぼすことができるのは主に無意識的な作用だと思いますが、我々の意志がその無意識を左右することも可能だろうという考えもまたあります。
(無意識のことなので、その因果関係を証明するのは難しいことでしょうが)
つまり、生命力は意志によっても(全てでは無論ないが)何らかの影響は蒙る。
と考えます。

やや脱線した感もありますが、
小児期には新しい神経回路が盛んに形成されるといいます。
つまり未舗装の神経回路が残存しているということでもあるでしょう。
統合失調症が先に述べたように、刺激の振り分け機能不全による神経物質の回路逸脱によるものと推定すれば、舗装する以前の旧道を走っているようなものですから、その意味では「>似たところがある」と解釈するのは案外妥当なことなのかもしれません。
 

「>学術的説明」に関する知識はありませんが、私見でよければ述べてみます。

統合失調症の原因は、確か現代科学でも解明されていなかったと思います。
ドーパミンなどの脳内科学物質の代謝異常も一因らしいですが、なぜ、どのようにしてそれが引き起こされるのか、という点については以前不明ということなのでしょう。

ある刺激に対して、ある脳内化学物質が、ある神経細胞間を移動することによって様々な心理現象になるわけですが、なぜそのような回路が選択されるのか、という点に関してもやはり解明は...続きを読む

Q同じ月に同じ診療科の別の病院で保健診療で診てもらうことはできるのかどうか

先週に以前に一度だけ行ったことがある耳鼻咽喉科で健康保険を使って診察をして頂いたんですが症状が全く変わらないので別の耳鼻咽喉科の病院に行こうかと考えているんですが、この場合、健康保険を使って診てもらうことは出来るのでしょうか?

同月なら自費診療になりますか?
1ヶ月経たないと保健を使って診てもらうことは出来ませんか?

ちなみに診てもらおうと考えている耳鼻咽喉科の別の病院は2年ぐらい前に一度だけ行ったことがあります。

Aベストアンサー

多分大丈夫。
私も、同一診療科を、ハシゴした事ありますが、チャンと保険対応してくれました。
もちろん、後日請求もされませんでした。

Q脳内物質が欠乏しているような時に行く病院の科とは

こんにちは。20代前半の男性で大学院生です。

僕は高校の頃から体調を崩し、
怠かったり集中力が無かったり
人の話が聞けなかったり喉に異物感があったり
大変な思いをしてきました。

精神科にかかっていますが一向に良くならず、
「僕はうつ病なのでは?」と聞いても
「そうは見えない」と一蹴され、アスペルガーの診断を受けています。
しかしアスペルガーというだけではこれらの体調不良の説明がつかないのです。


つい先日「もの忘れとウツがなくなる『脳』健康法」という本を
購入し、脳内物質が脳にあるレベルのチェッカーみたいなモノを
やってみたのですが、ステップ1で23点を記録し、
明らかにセロトニンが不足しているんだ、みたいな結果になりました。


医者が「うつ」だと言わない以上、セロトニンが物凄く欠乏しているんだと
思っても損は無いと思いました。


脳の専門医を受診するべきだと書いてあったのですが、

脳神経外来か心療内科のどちらを受診するべきでしょうか?


精神科と心療内科がくっついて独立している所は避けるべきでしょうか?
また石川県内でオススメの病院があれば教えてください(できれば)。

こんにちは。20代前半の男性で大学院生です。

僕は高校の頃から体調を崩し、
怠かったり集中力が無かったり
人の話が聞けなかったり喉に異物感があったり
大変な思いをしてきました。

精神科にかかっていますが一向に良くならず、
「僕はうつ病なのでは?」と聞いても
「そうは見えない」と一蹴され、アスペルガーの診断を受けています。
しかしアスペルガーというだけではこれらの体調不良の説明がつかないのです。


つい先日「もの忘れとウツがなくなる『脳』健康法」という本を
購入し、脳内物質が脳にある...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 不明の点はプロフィールご参照ください。

 鬱というか、鬱病より、「鬱状態」の方がはるかに多いですよ。いろんな病気で鬱状態になります。

 心療内科は基本的には心身症などが守備範囲で、皆さん、「心療内科クリニック」とか言っていますが、はばかって精神科とクリニックが標榜しないからです。基本的には使い方を間違っています。鬱病でも精神科で○です。

 今現在、精神科クリニックですか、そこでも良いかと思うのですが、処方とかですが、統合失調症の治療薬がほんの少しだけ処方されているとかないですか? 統合失調症に近くても鬱状態になりますよ。
 ええと、セロトニンに作用する鬱病の薬も多いですが、統合失調症の新薬、第三世代の薬でもセロトニンにも作用するものがあります。(主にドーパミンに作用しますが) そういう薬を出せるのは精神科です。

 基本的には精神科で正解だと思いますが、気になるのでしたら、転院の前に別の精神科医にセカンドオピニオンを貰うとよいかもしれません。心療内科だけ標榜していて精神科もやるというクリニックもあるので、電話確認かと思います。あるいは発達障害に詳しい医師を探してもいいかもしれないです。
 ということで、たいへんですがぜひお元気で。

 
 

 こんにちは。
 不明の点はプロフィールご参照ください。

 鬱というか、鬱病より、「鬱状態」の方がはるかに多いですよ。いろんな病気で鬱状態になります。

 心療内科は基本的には心身症などが守備範囲で、皆さん、「心療内科クリニック」とか言っていますが、はばかって精神科とクリニックが標榜しないからです。基本的には使い方を間違っています。鬱病でも精神科で○です。

 今現在、精神科クリニックですか、そこでも良いかと思うのですが、処方とかですが、統合失調症の治療薬がほんの少しだけ処方さ...続きを読む

Q小児科って何歳まで診てもらえるんでしょうか??

私は18歳なのですが、小児科でも診てもらえるんでしょうか???

Aベストアンサー

「子供は小型の大人ではない」 と言うように、小児と成人は、代謝機能が大きく異なるために、小児科、と言う分野が確立しています。現在日本では、
新生児 生後 1 ヶ月まで
乳児 生後 1 年まで
幼児 生後 6 年まで
学童 生後 15 年まで
成人 以降
と分類していて、学童までが小児科の管轄です。

しかし、小児科領域から継続診療が必要な場合、敢えて担当医を変更しない場合もあり、このときは 18 歳であっても小児科受診はありえます。

また標榜 (何科、と記載すること) は現在のところ規制されていませんので、小児科を標榜していても、実態は内科であっても構いません。

そこで、質問に対する回答ですが、初診であれば本来の意味の小児科では診察しませんし、内科に行くべきです。単に標榜の問題であれば、その医師の方針しだいでしょう。

Q悟りとは

悟りを開いた状態と言うのはどう言う状態なのでしょうか?
「悟り」という言葉は仏教でよく出てくるように思うのですが、他の宗教でも似たような概念はあるのですか?

また、悟りを開いた方は実際この世に現存するのでしょうか?
「私は悟りを開いている」という方がいらっしゃいましたら何故そう思うのか、単なる思い過ごしでない事を示してください。
悟りを開いた所以なども教えていただけるとありがたいです。

宗教関係の方はどう言う宗教なのか、専門家の方は何の専門家なのかお知らせの上、お答え頂ければと思います。

Aベストアンサー

わたしは、高校が宗教系のところだったのですが、そこで授業の一環として聞いた逸話をはなしますと、悟りとは、というのは唯一ブッタがひらいたもので、仏教では、ほかに悟った人の話はきいたことがありません。しかし、ある意味悟った人がいるとすれば、親鸞上人が(ちがったかも?)悟りの境地にたっするために荒行をしたが、いっこうに悟れず、「人間だけの力じゃむりだ」といったひとがいた。(親鸞じゃなかったかも?)これを軸に考えると、まさにブッタ(唯一無二の人)だったのだという結論にたっするのでした?
 一応こんなかんじでした。参考にしてください。ちなみに、これは浄土真宗東本願寺の話だったようなきがします。なんかメチャクチャになってすみませんでした。

Q瞼が痙攣するので診てもらうには何科?

もう2週間近く、目の下がしばしば痙攣します。
こちらで質問検索をし、似たような質疑応答を閲覧しましたが、
あまり長く続くようなら病院へ行った方がよい、という回答が多々ありました。
私も病院へ診てもらいに行こうと思うのですが、何科に行けばよいかわかりません。
また、平日仕事をしているので、大きな病院に行く時間がありません。
とりあえず内科でも事足りるでしょうか。

Aベストアンサー

元、眼科診療助手をしていたものです。

患者様が、目の周りの痙攣を訴えて来られる方がいましたが、
問診を受けて、末梢神経に関してのお薬を処方することが
ほとんどでした。

私自身、パソコンや勉強?!のしすぎで学生の頃から
たまに痙攣を起こす事がありますが、
ゆっくり睡眠を取り、休息することで
3~4日で治ることが多いです。
また、特に言われるのは「気にしない事」です。

痙攣してるから、と顔を手で覆ってみたりと
自ら痙攣を気にしていると、なかなか治りません。

気を楽にしてることで、自然と忘れてなくなります。

しかし、長期になる場合は、やはり神経科へ行かれた方か
良いかと思われます。
眼科では、問診程度しか診察できないのが、現状です。


人気Q&Aランキング