夫A、妻Bには娘が二人います。
長女C、次女Dとします。

妻Bが亡くなった時、C、Dはまだ若かったため
父親であるAがBの財産の全てを相続しました。
その際、遺産分割協議書は作成しました。

のちにAは後妻Eと再婚しました。
次女Dは父親に生前贈与を求めましたが、Eの反対により実現しませんでした。
怒ったDは「父親が亡くなっても知らせて来るな」と言ったきり連絡を絶ちました。
DはAが亡くなっても遺産分割協議書作成には協力しないと言っています。
連絡もとれません。
このような場合、CとEはAの財産を受けられないままになるのでしょうか?

どうすればDなしで遺産分割を進めれば良いでしょうか?

補足
AはDにも遺産がいくように手書き遺言書を残しています。
Eには四分の一、残りはCとDで半分ずつ、と書いています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

法的に有効な遺言がある場合は、遺産分割協議をする必要はありません。



遺言書があっても、遺産分割協議をする必要があるのは「遺言書に書かれていない遺産が出てきたとき」だけです。

なので、遺言書に「すべての遺産の行き先が、きちんとすべて書かれている」のであれば、遺産分割協議は要りませんし、遺産分割協議書も要りません。

但し「遺産の半分を誰に」などのような、曖昧な遺言では駄目です。

財産目録を作り「この土地は誰に、この建物は誰に、この銀行口座の預金は誰に」など、財産1つ1つを、誰に相続させるか、詳細に書いてないといけません。

曖昧な部分があった場合は、その「曖昧な部分」について、遺産分割協議をする必要が出てしまいます。

>補足
>AはDにも遺産がいくように手書き遺言書を残しています。
>Eには四分の一、残りはCとDで半分ずつ、と書いています。

したがって、このような遺言は無意味です。「Eには四分の一」とか「残りはCとDで半分ずつ」では、曖昧過ぎて、遺言としての機能を果たしませんので、遺産分割協議が必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
分かりやすい説明で良く分かりました。
曖昧でない遺言書があれば相続時に困らないのですね。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/28 17:11

蛇足2


根本的に勘違いがあると困るのですが
所在がわかっていて、単に連絡がとれないだけでは「行方不明」ではありません。
戸籍、住民票、実地調査などしたうえで`行方が知れない'という場合の手続きが`不在者管理人'です。
所在がわかっているなら遺産分割調停を申し立てれば良いだけです。

なお、不在者の不利益にならない、とは結局はその者の`法定相続'を残すかたちで分割することです。
遺留分といいますが
そもそも、遺言があるなら遺産分割の必要ないこと先に述べたとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。
Dは現在のところ所在不明です。
A、C、Eの誰とも関わりたくないと言い、姉にも居所を教えません。
数年前にメールが来たきり、住所、電話、携帯、メールアドレス等を変えています。
戸籍がどうなっているかは調べておりません。
やはり法的に有効な遺言書を作成するのが一番ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/29 14:09

蛇足


単に`連絡がとれない'というだけでは
不在者管理人の選任はできません。

なお、仮に不在者管理人が遺産分割協議をする場合、
不在者に不利益となる分割はできないとされています。
念のため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

Aが亡くなった時はDに連絡を取り、葬儀の出席を促すのは当然ですが
どうしても連絡がとれなかった場合は、相続が進まないので家庭裁判所に申し出る、
という理解で良いのでしょうか?

不在者に不利益となる分割は出来ない、との事。
例えばDには遺留分の四分の一に相当する不動産又は現預金、というのは可能でしょうか?

お礼日時:2013/06/29 10:31

ちょっと長くなりそうですから、うっとおしい場合は、


次の回答に進んでください。

Dの連絡がとれない・・・
家庭裁判所に不在者財産管理人選任を申し立て、
不在者財産管理人が行方不明者の代わりに遺産分割協議
に参加し、遺産を分割します。
これでDがいなくても、進みます。

手書きの遺言・・・有効なんですけど
正しく書かれているからと言って、
(実際の財産を半分とか、四分の一とすると、いったん現金化
しないといけないので、家と土地がE、預金証券はC、
有価証券はDみたいに細かく指定します。
それと、日付・本文・氏名を自書し、押印する。)
勝手に開封して、財産分配してはいけません。
検認手続をしないと、5万円以下の過料。
で、手書きの遺言は、この場合Eによって隠匿・改ざん・紛失などの
危険が残ってしまいます。
なので、公正書遺言や秘密証書遺言などでカバーします。

とにかく「相続」は「争続」ですし、私たちの気持ちは変わります。
そして各々に家族が増える。
Dは、一時の感情から連絡を絶っていますが、
これも大切な相続人ですし、なにより家族なわけですから
失踪宣告などできれば、避けたいと感じます。

と言うことで、
Dが居なくても分割は、進む。
補足の遺言内容では、さらに問題が発生する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答をありがとうございます。
最悪Dと連絡がとれなくても進める方法があると分かり少し安心しました。

Eが手書き遺言書を隠滅・・・とおっしゃるのは
本来二分の一の権利がある妻が四分の一なので
隠滅するのでは?という意味ですよね。
そこは慎重にしたいと思います。
現在の遺言書ではかえって揉めるというご意見ですね。

手書きの遺言書は勝手に開封して親族のみで進めてはいけないのですね。
家庭裁判所に持ち込むというのも初めて知りました。

Aの死後、揉めずに仲良くしてほしい、という願いは甘いようです。
「争続」という言葉にハッとしました。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/28 20:04

すでに回答がありますが、


そもそも、遺言書があるなら、そのとおりに執行`しなければ'なりません。
この場合、他の相続人の同意など不要です。
遺言と異なる遺産分割協議はできません(もっともこのことには異論はあるが)。
勿論、遺言書は家庭裁判所の検認を受けたうえ、さらに形式、内容が法的に有効か判断される必要はあるでしょうが。

そのことはさておき、
`遺産分割協議に協力、賛成しない者'がある場合どうするか、
これは
家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てることになります。
調停が成立、もしくは調停不成立で審判となり
確定すれば
遺産分割が有効に成立したこととなります。

なお、蛇足ですが
有効な遺言書がある場合でも
銀行の預金の解約払い戻しには、相続人全員の承諾書(遺産分割協議書、印鑑証明書添付)がなければ
これに応じないとするのが多くの銀行の取扱いです。
そのため、結局のところ調停を申し立てざるを得ないとなるものと
わたくしは考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
協力しない者がある場合は家庭裁判所に申し立てる事になるのですね。
法的に有効な遺言書の作成をしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/28 17:15

書き忘れ。



>どうすればDなしで遺産分割を進めれば良いでしょうか?

法的に有効な遺言書が無い場合は(つまり、遺産分割協議が必要な場合は)「Dに死去してもらう」しかありません。

ですので、こういうケースでは「非協力的な人間が老衰死するのを何十年も待ってる」と言う事案が、たま~~にあります。

相続で揉めて10年以上も相続が終了しない、なんて、良くある話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
法的に有効な遺言書があるかないかで、全然違ってくるのですね。
10年以上も相続が終了しないなど考えていませんでした。
キチンとした遺言書の重要性が良く分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/06/28 17:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法定相続分

相続についてなのですが
実際に法定相続分できっちり
相続が行われるのは稀なのでしょうか。
遺産分割などがおこなわれると
法定相続分の意味があまりないように思えるのですが。。
相続発生時にとりあえず
遺言や遺産分割がなければこれぐらいもらえるという
目安になるということでしょうか。

Aベストアンサー

相続といっても相続財産は現金や預貯金のようにキッチリ割り切れるものばかりではありません。不動産があればその換価額が問題になり、寄与分や特別受益があれば、そちらの勘定も問題です。
そのようなことで結局は当事者の話合と妥協で決まるのが普通です。

おっしゃるように、「相続発生時にとりあえず、遺言がなければこれぐらいもらえるという目安になるということ」で、相続人として主張できる権利の範囲です。
しかし実際には合意分割という形で決まっています。裁判所での調停などもこの合意を形成する手続です。

なお、調停が成立せず、裁判官が審判等で決める場合に基本になるのは、「法定相続分」です。お互いの合意が無ければ法律の定めている原則に戻らざるを得ないわけです。もっとも、寄与分や特別受益を固めた上です。

Q親の遺産協議中、長女につづいて、次女死亡した場合

(3姉妹の親遺産協議中、相続人は、長女子供のみ、次女配偶者のみ、三女のみ) 

<次女に子がいないので、配偶者と兄弟姉妹(第3順位)が相続人になります。ところが長女が先死  亡しているので、1代に限りその子(次女からみて甥姪)が代襲相続人となります。

 1)その甥姪が死亡すると、第4順位に当たるその配偶者や、その子供は代襲相続人になれないと   云う事ですか?

<次女の遺産、および次女が相続するはずの母の遺産相続分1/3を次の割合で分けます。

  配偶者3/4、残り1/4を兄弟姉妹に。

  すなわち三女に1/8、長女の子に1/8、長女の子が数人いるなら等分となります。

2)子供のいない妻(夫)は配偶者が取得した相続財産は配偶者死亡時に、その2/3しか相続でき   なく1/3は配偶者親族の生存者(1代に限り甥姪、姉妹、兄弟)が相続すると云う事で納得しまし  た。

3)新たな続きの質問ですが
 
  次女の死亡後その配偶者が遺産協議続行中に死亡すると、その配偶者の親族が新たな代     襲相続人になるのですか?何代も続くのですか?

4)又、遺産協議続行中に、長女、次女の順で新たに、配偶者・子供のいない三女が死亡すると、三  女の代襲相続人は甥姪のみですか?

5)そしてこの段階で(遺産協議続行中)三女は遺言相続人指定できますか?

(3姉妹の親遺産協議中、相続人は、長女子供のみ、次女配偶者のみ、三女のみ) 

<次女に子がいないので、配偶者と兄弟姉妹(第3順位)が相続人になります。ところが長女が先死  亡しているので、1代に限りその子(次女からみて甥姪)が代襲相続人となります。

 1)その甥姪が死亡すると、第4順位に当たるその配偶者や、その子供は代襲相続人になれないと   云う事ですか?

<次女の遺産、および次女が相続するはずの母の遺産相続分1/3を次の割合で分けます。

  配偶者3/4、残り1/4を兄弟姉妹...続きを読む

Aベストアンサー

> 代襲相続とは被相続人の前に相続人たる子供が死亡した時その子供(孫)が新たな相続人となる時の言葉なのでしょうか

そうです。死亡していた場合だけでなく,欠格事由に該当する場合,廃除によって相続権を失っていた場合も同様です。

> ・・・今回遺産協議中で被相続人の後で死亡なので、前と後では随分違ってくるのでややこしいです

何もややこしくありません。相続は死亡したら即座に完了し,その後のことは別の相続です。
相続が完了したといっても相続割合は決まっていませんから遺産分割協議を行うだけです。

> 1)に関してですが、伴侶と子供がいる甥姪が、死亡すると遺産協議にやってくる権利は具体的に誰なのでしょうか?

甥姪に伴侶と子供がいるのなら,その伴侶と子供が遺産分割協議に加わります。これは甥姪の権利を引き継いだと考えれば,当然です。甥姪の相続人なのですから。

> 3)又、甥姪の子供と伴侶が死亡すると、その子供が相続ですか?もしその子供がいなければ、その伴侶の親族が相続ですか?

その通りです。相続人の権利をその相続人が引き継ぐのです。

> 同じ意味で4)次女の伴侶が死亡するとその甥姪迄で、その子供に又引き続くとは考えにくいですが?

相続は死亡したら即座に完了し,その後のことは別の相続です。

> 直系卑属ではないという点で56年に法改正ではなかったかと・・再代襲相続とかなんとか・遺産協議中の死亡だと再代襲相続には当たらないのか~ まだ呑み込めません

何度も言いますが,代襲相続とは「被相続人が死亡した時点で」相続人が死亡(欠格,廃除を含む)していた場合です。

> 代襲相続とは被相続人の前に相続人たる子供が死亡した時その子供(孫)が新たな相続人となる時の言葉なのでしょうか

そうです。死亡していた場合だけでなく,欠格事由に該当する場合,廃除によって相続権を失っていた場合も同様です。

> ・・・今回遺産協議中で被相続人の後で死亡なので、前と後では随分違ってくるのでややこしいです

何もややこしくありません。相続は死亡したら即座に完了し,その後のことは別の相続です。
相続が完了したといっても相続割合は決まっていませんから遺産分割協議を行うだけ...続きを読む

Q遺産分割事件 最高裁判所に上告できますか?

遺産分割事件 最高裁判所に上告できますか?

家庭裁判所の審判が出て、相手方が即時抗告と一緒に寄与分の申し立てを弁護士を立ててしてきました。
家庭裁判所は、寄与分の申し立てを「寄与分の申し立ての期日を定めており、その期限が過ぎているのでこれを不適法として却下」との判決。また本来なら遺産分割の審判は法定相続分ですが当方で「法定相続分以下でかまわない」という意思を尊重して法定相続分では審判を出しませんでした。
当然相手方の方が、法定相続分以上、また寄与分の申し立ても家裁では却下。高等裁判所での判決も家裁と一緒だろうと弁護士さんは言っていました。が、相手方はまともではありません、高等裁判所の判決に納得いかないと思います。高等裁判所の判決に納得いかない場合上告出来きるのでしょうか?いつの時点で確定するのでしょうか?確定までどのくらいの日数がかかりますか?

Aベストアンサー

>私の場合は、相手方は不服の申し立てができるのですか?

 仮に御相談者のご質問が「家庭裁判所で遺産分割の審判がなされました。これに対して相手方は不服申立ができるのですか。」という質問をしたとします。これに対する回答は、「相手方は、審判の告知を受けた日の翌日から起算して2週間以内に即時抗告をすることができます。」となりますし、そう回答するしかありません。
 現に相手方は即時抗告をしていますから、そのために家庭裁判所の審判が確定していませんよね。(ご質問の文章から、遺産分割の審判について即時抗告がなされたことは分かりますが、寄与分申立の却下審判に対する即時抗告がなされているかどうかは不明ですが。)
 それでは「相手方の即時抗告が認容されて、家庭裁判所の審判が破棄される可能性がありますか。」という質問だとしたらどうでしょうか。それに対する回答は、「事案の内容が分かりませんから、何とも言えません。」とせざるを得ません。

 「高等裁判所での判決も家裁と一緒だろうと弁護士さんは言っていました。」ということであるのであれば、そうなのでしょうとしか言いようがありません。一番事情が分かっている弁護士がそう言っているのに、何の事情も分からない私がその弁護士の意見を正しいとか間違っていると言うことはできません。せいぜい、私が言えるのは、「司法統計を見ると、即時抗告が認容される件数より、棄却や却下される件数が圧倒的に多い。」です。

>相手方の弁護士が何らかの理由をつけて上告もありうるのでしょうか?

 これも私には分かりません。なぜなら、事件の内容も分かりませんし、相手方のキャラクターも分かりませんし、相手の弁護士の事件処理の傾向も分からないからです。確かに特別抗告や許可抗告が認容されて、原審の決定が取消されるというのは、「かなり」ハードルが高いです。
 しかし、そのハードルが高いということと、相手方が申立をするハードルが高いかどうかは別問題です。その弁護士が受任するかどうかは別として、訴訟経済を無視して、客観的には費用と時間の無駄と思えるような申立をする人が、全体から見れば圧倒的な少数かもしれませんが、世の中には「いる」という事実を無視して良いかと言うことです。
 どういう意味で御相談者は、「相手方はまともではありません」と言っているか分かりませんが、そのような発言をされている以上、私はそういう事実を無視しない回答をしました。
 それから、御相談者の事例がそうだということではありませんが、例えば、申立書に書かれている判例違反の指摘が、結果的に判例違反でなかったとしても、「最高裁判所は、裁判に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反があるときは、原裁判を破棄することができる。」とされていますから、可能性が低くても、それを狙って不服の申立をするというのも訴訟戦術としてあるのです。
 そういうことがあるのですから、御相談者が依頼している弁護士が言うのであればまだしも、御相談者も相手方も弁護士も事案の内容も知らないで、99.9%不服の申立はないと私には断言できません。

>私の場合は、相手方は不服の申し立てができるのですか?

 仮に御相談者のご質問が「家庭裁判所で遺産分割の審判がなされました。これに対して相手方は不服申立ができるのですか。」という質問をしたとします。これに対する回答は、「相手方は、審判の告知を受けた日の翌日から起算して2週間以内に即時抗告をすることができます。」となりますし、そう回答するしかありません。
 現に相手方は即時抗告をしていますから、そのために家庭裁判所の審判が確定していませんよね。(ご質問の文章から、遺産分割の審判...続きを読む

Q静岡市で遺産分割協議に詳しい、円満に協議を進めることに実績のある、弁護士を探しています

現状、手紙によるやりとりすら、滞る状態です。

弁護士として、そして人としてベテランの説得力のある専門家に関係者の気を静めて頂けたら、まずは幸いかと思っております。

とりあえずは、電話相談或いは面談相談(1H以上は必要かも)から始められたらと思います。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

弁護士にこだわらず司法書士を活用するのも方法のひとつです。
一部の司法書士には弁護士より法律知識がある人もいます。私が以前依頼した司法書士は、相手方に弁護士がついても強気で対応しますね。もちろん司法書士の出来る範囲もありますがね。

地域の弁護士会などを検索して紹介してもらうのも方法のひとつですよ。

法律家も人間です。法律はその解釈や利用の仕方で大きく変わります。他の人が依頼してよかったと思う弁護士であっても、あなたの希望している弁護士とは限りません。

Q遺産分割で審判書が届きました。相手方が不服の申し立てをするそうですが今

遺産分割で審判書が届きました。相手方が不服の申し立てをするそうですが今後の流れを教えていただきたいです。決審まで何カ月ほどかかるのでしょうか?その決審に対してまた相手方が不服の申し立てができるのでしょうか?審判書の理由に、本来ならば法定相続分にするところだが申立人(私)が法定相続分以下でもかまわないとのことなのでその意思を尊重する、と記載があります。法定相続分以下で判決が出ていても
棄却や却下はされないのでしょうか?

Aベストアンサー

法律の解釈問題を争うのでなければ、高等裁判所でも、家庭裁判所の判断と同じになります。

Q遺産分割協議と異なる遺産相続はどうしたらよいか

主人が亡くなりました。子どもがいなかったので、法定相続人は、私と、主人の両親の3人でした。主人の両親は離婚をしていて、私は主人の父親には今回のことがあるまでお会いしたこともありませんでした。
遺産は、自宅と預貯金が少しでした。このあたりの相場で800万円程度で売りに出ています。私がすべて相続するという遺産分割協議書を作り、捺印してもらいました。家の名義も書き換えをすませたのですが、先日、主人の兄から、「両親の老後の費用などに必要だから、法定相続分を振り込みしてほしい。」と言われました。主人の母親には、今までも生活費を毎月5万円仕送りしていて、他に主人の母の借金の肩代わりもしてきました。主人が亡くなってからも、仕送りは続けようと、兄の口座へ毎月振り込んでいます。仕送りは今後も続けていくつもりです。
主人の退職金や生命保険もあったのに、法定相続分を渡さないと、なんだか私が独り占めしているように思われないかなと悩んでいます。名義が全てだから仕方がないのですが、私の給料を生活費に充てて、主人の給料は利率のいい主人の会社の預金にしていたという実情はありました。
やはり、両親の法定相続分にあたる3分の1を主人の兄へ振り込みした方がいいのでしょうか。また、法定相続分といっても、自宅の価値をどのように算定するのかわからず困っていますので、その算定方法も教えていただければありがたいです。

主人が亡くなりました。子どもがいなかったので、法定相続人は、私と、主人の両親の3人でした。主人の両親は離婚をしていて、私は主人の父親には今回のことがあるまでお会いしたこともありませんでした。
遺産は、自宅と預貯金が少しでした。このあたりの相場で800万円程度で売りに出ています。私がすべて相続するという遺産分割協議書を作り、捺印してもらいました。家の名義も書き換えをすませたのですが、先日、主人の兄から、「両親の老後の費用などに必要だから、法定相続分を振り込みしてほしい。」と...続きを読む

Aベストアンサー

 「遺産分割協議」によって決められた相続人の意志は,法定相続にも遺言にも優先するものですから,協議の済んだ後に,相続人以外の人がとやかく言う筋合いのことではありません。
 ですので,今さら「法定相続分云々」というのは,全くおかしな話なので,相手にする必要は無いと思います。
 純粋に「お母さんに対して,どのような形で援助していくのか?」ということを検討していけば良いと思います。

Q相続した土地建物の遺産分割が済まないうちに二次相続

相続した土地建物の遺産分割が済まないうちに二次相続が発生、二次相続発生後に一次相続の遺産分割協議書を作成した場合、一次相続財産は遺産分割が済んだものとして算定されますか?それとも法定相続分で遺産共有持分があるとして算定されますか?

平成21年一次相続時の被相続人はFで相続人は配偶者Hと子A,B。相続財産は自宅土地建物8000万円のみ。遺産共有の不動産登記を行ったが、遺産分割協議は行わなかった。
また基礎控除額8000万円以内であるため、相続税の申告もおこなわなかった。
自宅には配偶者Hが住み、固定資産税をHが支払っていた。

このままHが他界し二次相続が発生、H固有の財産として株式5000万円あり、二次相続の相続人は子A,B。
そこで、遅まきながら、自宅土地建物をFからAが相続するという一次相続の遺産分割協議書を作成し、子A、Bが捺印した。一次相続時は配偶者Hも相続人であるため、故H相続人Aと故H相続人BとしてA、Bが捺印した。

このような場合、二次相続の課税価格はいくらになるでしょうか?

登記上はH,A,Bによる遺産共有であるため、一次相続時に法定相続分通りに遺産共有が行われているとみて、配偶者Hが土地建物8000万円の1/2である4000万円の土地建物持分と株式5000万円の計9000万円の相続財産を有していると、算定するのでしょうか?。

それとも、Aへの相続による移転登記はなく、また一次相続の遺産分割協議書の日付が二次相続より後であったとしても、遺産分割の効果はFの相続開始時にさかのぼる(民法909条)ため、土地持分はHにはなく、相続財産は株式5000万円のみであると算定するのでしょうか?

(預金等の財産は簡素化のため割愛。土地価格は路線価ベース。)

相続した土地建物の遺産分割が済まないうちに二次相続が発生、二次相続発生後に一次相続の遺産分割協議書を作成した場合、一次相続財産は遺産分割が済んだものとして算定されますか?それとも法定相続分で遺産共有持分があるとして算定されますか?

平成21年一次相続時の被相続人はFで相続人は配偶者Hと子A,B。相続財産は自宅土地建物8000万円のみ。遺産共有の不動産登記を行ったが、遺産分割協議は行わなかった。
また基礎控除額8000万円以内であるため、相続税の申告もおこなわなかった。
自宅には配偶者Hが住...続きを読む

Aベストアンサー

相続を原因として登記されますが、登記時の付属書類に遺産分割協議書がない保全を目的とした登記ですね。
遺産分割協議が整ってない場合には相続税申告書は法定相続分で相続があったとして行い、協議が整った際に修正申告をすることになってます。義務的修正といわれてます。
事案では、基礎控除内の財産なので相続税申告提出をしてなく、協議が成立しての義務的修正が不要なものです。

協議分割が整うことで、Fの遺産はAとBに相続されることが確定するので、当然にHが相続した財産はなかったので、二次相続発生時のHの所有財産に、Fの遺産は含まれません。
Hの相続財産は株式5,000万円のみとして、相続税の申告義務・納税義務の有無を判断しします。

相続を原因とした所有権移転登記だけでは、果たして協議分割がされてるのかどうか不明ですが、遺産分割協議書が登記付属資料にないこと、同登記のあとに遺産分割を原因とした登記があることで、協議分割が整ったので保存を目的とした登記を協議後の持分登記にしたことが客観的にわかります。

当初、共有登記といわれてましたので「?」と感じましたが保存のための遺産分割協議書添付のない単独(あるいは共同)登記だったのですね。回答がまるっきりひっくり帰ることをお詫びします。

ところで資産税は解釈の違いで大きな租税負担が発生します。
本例では税務署長が民法177条を持ち出してHに法定相続分だけ相続がされてるとしての処理を言い出す可能性も否定できません。その際には、相続登記は保全目的の登記であって、所有権を第三者に対抗する目的の登記ではなく、証拠として遺産分割を原因とした登記が改めてされてること、当初登記時には法務局へ遺産分割協議書を提出してないことを説明する立場になります。
一次相続時の申告義務の有無を確認するための税務調査も開始される可能性ありです。
あなたならおそらく大丈夫だと存じますが、理論武装がいるということです。

ネット上での私の無責任な回答を正答と信じずに、税務当局(資産税部門)か資産税に詳しい税理士に相談をなさって確認をなさってくださるように御願いします。

相続を原因として登記されますが、登記時の付属書類に遺産分割協議書がない保全を目的とした登記ですね。
遺産分割協議が整ってない場合には相続税申告書は法定相続分で相続があったとして行い、協議が整った際に修正申告をすることになってます。義務的修正といわれてます。
事案では、基礎控除内の財産なので相続税申告提出をしてなく、協議が成立しての義務的修正が不要なものです。

協議分割が整うことで、Fの遺産はAとBに相続されることが確定するので、当然にHが相続した財産はなかったので、二次相続発生...続きを読む

Q遺産分割協議の為の具体的な遺産内訳がほしい。

遺産分割協議の為の具体的な遺産内訳がほしい。

私たちは3人姉妹です。(姉一人、妹一人、私は真ん中)先日、一番上の姉(子供なし)が亡くなり、姉の成年後見人をしていた妹がすべての遺産(負債含む)を受け継ぐという遺産分割協議書を司法書士に作成してもらい、遺産分割協議を開きましたが、具体的な負債内容を開示しようとせず(分割協議書にはその他一切の債務というように曖昧な記載をしている)、自分が姉の面倒を見たのだからすべての遺産(負債含む)を受け継ぐと主張し譲りません。

妹は、自分が姉の成年後見人をしていたので、姉の負債もすべて知っているのに、それを私に一切開示しないことで、法定相続を私が主張したらいいかの判断をさせないつもりのようです。

妹は姉の成年後見人をしたときに、姉の財産目録(負債を含む)を裁判所に提出していると思うのですが、この財産目録は私が閲覧可能なのでしょうか?

もし可能であるなら、どのような手続をすればいいのでしょうか?

もし、不可能な時は何か別の負債を知る方法をおしえてください。ちなみに妹は姉の成年後見人をしていたので、私には調べるすべがありません。

遺産分割協議の為の具体的な遺産内訳がほしい。

私たちは3人姉妹です。(姉一人、妹一人、私は真ん中)先日、一番上の姉(子供なし)が亡くなり、姉の成年後見人をしていた妹がすべての遺産(負債含む)を受け継ぐという遺産分割協議書を司法書士に作成してもらい、遺産分割協議を開きましたが、具体的な負債内容を開示しようとせず(分割協議書にはその他一切の債務というように曖昧な記載をしている)、自分が姉の面倒を見たのだからすべての遺産(負債含む)を受け継ぐと主張し譲りません。

妹は、自分が姉の...続きを読む

Aベストアンサー

遺産分割は相続人全員の合意が必要です。
合意が無ければ分割(名義変更など)できません。
あなたが財産目録の提示が無いことで協議に応じない(はんこを押さない)という態度を明確にすることで財産目録の開示ぐらいの主導権は握れると思います。

妹さんも負債超過の財産を相続したがるとは考えにくいです。
ですから早期の解決を望むなら財産目録の開示にこだわらず

財産を管理していた相続人である妹さんから財産目録の提示が無い、
妹さんが相続財産の全てを自分のものにしようとしている、
分割協議をするにおいて妹さんに誠意がないなど
分割協議がととのう見込がないことを理由に
家裁に遺産分割の調停を申し立てた方が良いような気がします。

Q遺産分割のやりなおし

遺産分割のやりなおし

受験生から遺産分割のやり直しの質問がありましたので下記のように答えました。
現在の相続による所有権登記を抹消して、新たな遺産分割協議で相続する。
それに対して受験生は私の回答は誤りであり、それは教科書に下記のとうり説明されているということです。

ブリッジ実戦第2版 P347において、遺産分割協議により法定相続分と違う相続分で、「相続」を原因とする相続登記について、再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができる。

登記原因として、合意解除と遺産分割の二つの法律行為を併せて、遺産分割で移転は出来ないと思うのでこの教科書の説明が分かりません。
著者は早稲田セミナー竹下貴浩氏のようですが、検索しますとかなり本を出版しいます。
竹下貴浩氏の説明が誤りなのか引用にミスがあるのか、どなたか現物の本を持っている方いませんかね。
私としては引用された教科書が間違いだったと思っております。

Aベストアンサー

普通に、本屋に売っているので自分で見ること。

Q換価分割の際の遺産分割協議書について

先日亡くなった父が、自宅とは別に未使用の土地(更地)を一筆所有しており、以下の理由から登記上は私(A)の単独相続の形として、売却後諸費用を控除した売却代金を弟(B)と2名で2分の1づつ分配する(換価分割)ように考えました。

(1) 代償分割にしても、当該土地が必ずしも売却できるとは限らないこと。
(2) 他の相続人(母・弟1名)はいずれも遠方におり、売却手続(仲介業者や買主との契約)は私一人で進めるのが便利であること。

このため、次の内容を記載した遺産分割協議書を作成し、法務局の登記相談窓口に提示したところ、「この記載内容では、登記は(すんなり)通らないかもしれない」との反応で、暗に2分の1づつ共有にしたほうがいいとの意見でした。

『相続人AおよびBは、次の不動産を売却換価し、その売却代金から売却費用(不動産仲介手数料・契約書作成費用・登記手続費用等)を控除した金額を、AおよびBが各2分の1の割合で分配するものとする。
 なお、売却はAが担当し、平成25年3月末日までに、金○○○万円以上で売却するものとするものとし、この条件で売却できないときは、再協議のうえ、売却代金を減額して再度売却手続きを行うものとする。』

ご質問なのですが、上記の文言の修正で私単独への移転登記が可能なようにはできないのでしょうか。またもし難しいのなら、換価分割以外の方法で私の希望条件を満たす代替手段はあるでしょうか?
なお、譲渡所得税の問題については、国税通達等により承知済みです。

先日亡くなった父が、自宅とは別に未使用の土地(更地)を一筆所有しており、以下の理由から登記上は私(A)の単独相続の形として、売却後諸費用を控除した売却代金を弟(B)と2名で2分の1づつ分配する(換価分割)ように考えました。

(1) 代償分割にしても、当該土地が必ずしも売却できるとは限らないこと。
(2) 他の相続人(母・弟1名)はいずれも遠方におり、売却手続(仲介業者や買主との契約)は私一人で進めるのが便利であること。

このため、次の内容を記載した遺産分割協議書を作成し、法務局の登記相...続きを読む

Aベストアンサー

>私(A)の単独相続の形として

 なのに「相続人AおよびBは、次の不動産を売却換価」という内容では、Aが単独で相続したことが明確になっておらず、むしろ、A及びBの共有の形で相続すると解釈した方が自然です。ですから、「次の不動産はAが相続する。ただし、Aは遅滞なく当該不動産を売却し、その売却代金から売却費用(不動産仲介手数料・契約書作成費用・登記手続費用等)を控除した金額の2分の1の額の金員をBに支払う。」というように、明確にAが単独で相続する旨の内容にしてください。(課税上の問題が生じないように税務署にも内容を確認してもらってください。)


人気Q&Aランキング